野球人.com

TOP ≫ CATEGORY ≫ セイバーメトリクス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

わかりやすく解説します、野球の数字~その9~【DRS(守備防御点)】野球人No.585



こんにちは、
管理人のマツダタクヤです。



レギュラーシーズンも残り1ヶ月。
いよいよ大詰めを迎えました。



7月末に、超大型トレードを行った
アスレチックスとタイガースが、
予想外の失速。そして、両チームとも
まさかの首位陥落・・・。
う~む、今後も目が離せません!



さて、今日は『守備の指標』について
解説していきたいと思います。



打者の数値、投手の数値に比べ、
守備力を数値化する、というのは
とても難しい事でした。

Andrelton Simmons 守備防御点2

しかし、多くの統計学者や、野球識者、
そしてスポーツデータ分析会社がこの課題に
取り組み、今ではとても信頼性の高い指標が
確立されました。



それが『DRS(守備防御点)』
呼ばれるものです。各選手の守備力が、
+(プラス)、-(マイナス)で算出
されます。



簡単に説明すると、平均的な守備力を
プラスマイナス0として、それよりも多く
打球を処理すれば+、少なかった場合は
ポイントが与えられます。

carlos gomez 守備防御点

これは、非常に複雑な計算処理を経て、
算出されます。



算出方法を書くと、もの凄く長くなる為、
ここでは割愛しますが、このDRSは、
スポーツデータ分析会社が考案した、
非常に『客観的な』指標です。



今では日本でも浸透してきた指標です。



今までの守備の評価は、評価者の主観に依存
してきました。アクロバティックなプレーや
派手なプレーは、どうしても上手く見えて
しまいがちです。

Manny Machado 守備防御点

しかし、このDRSが一般的になってからは、
ゴールドグラブ賞受賞者でも

『本当に上手いのか?』

といった疑問が投げかけられるように
なりました。



このDRSの犠牲者(?)となったのは、
ヤンキースのジーター。



ジーターと言えば、華麗なジャンピング
スローが印象的ですよね。
2004年~06年、2009年~10年と
5度もゴールドグラブ賞を獲得。

jeterthrow.jpg

しかし、DRSが非常に低い事でも有名に
なってしまいました。2006年~08年の
3年間のDRSの合計点は、なんと
-68



これは当時のレギュラーショートで
最下位の数字でした。



そして現在、DRSが非常に高い選手が
メジャーで活躍しています。



ブレーブスのアンドレトン・シモンズ、
ブルワーズのカルロス・ゴメス、
オリオールズのマニー・マチャド

Andrelton Simmons 守備防御点

彼らは、見た目だけでなく、DRSも
もの凄い高い数値を記録しています。
下記、2013年のDRSデータです。



アンドレトン・シモンズ +41
カルロス・ゴメス +38
マニー・マチャド +35


皆さんも、雑誌でよく見かけると思います
このDRS。ご自身で実際のプレーをご覧に
なったうえで、DRSの数値を参考にして
みて下さい。



さて、今日で9回目を迎えた、
【野球の数字解説編】も
一応、最終回です。



いかがでしたでしょうか?
今後も色々な企画を行っていこうと
思います。



取り急ぎ、多くの読者の方から、
ボールパーク特集のご依頼を頂いて
おります。



私もMLBの球場は大好きですので、
是非ともピックアップしていきたいと
思います。少々お待ちください。



明日からは、また通常のコラムです。
今後とも、どうぞ宜しくお願いします!
スポンサーサイト

わかりやすく解説します、野球の数字~その8~【BABIP】野球人No.584



こんにちは、
管理人のマツダタクヤです。



今日から9月ですね。うちの
3歳の長男も夏休みが終わり、今日から
また幼稚園。



妻は、育児の負担が少しだけ軽くなるので、
ホッとした様子です(笑)



さて、『野球の数字解説編』も今日で8回目。
今日は、ちょっとだけ難しい指標にチャレンジ
してみたいと思います。



今日ご紹介する指標は、『BABIP』。
何やら難しそうですね・・・。



読み方はアルファベットでそのまま
『ビー・エー・ビー・アイ・ピー』と読んだり
『バビップ』と呼ぶ事もあります。



ずばり、この指標が意味する内容は、

『本塁打以外の、グラウンド内に飛んだ
打球が、安打になった割合』

です。

Robinson Cano BABIP

う~む、イマイチよくわかりませんね。
(既にご存知の方は、すみません!)
順を追って、探っていきましょう。



このコラムでも何度かご説明させて
頂きましたが、セイバーメトリクスでは、
『奪三振』『与四球』『被本塁打』の3つは、
全て投手の責任と考えます。



そしてBABIPは、この3つ以外の、

『バットがボールに当たり、それがフェア
グラウンドに飛んだ場合、その打球が安打に
なるか、アウトになるかは、投手の責任では
なく、運が大きく関わる

と考えます。

Stephen Strasburg BABIP

算出方法は、

(安打-本塁打)÷
(打数-三振-本塁打+犠飛)



これは、非常に面倒くさそうな
計算ですね・・・(笑)



簡単に言えば、打者や投手が好成績を上げた
場合、それが本当の実力なのか、それとも単に
『運』の要素が大きかったのか、を見る指標
です。



難しい事は割愛しますが、通常BABIPは、
どんな選手でも

.300 前後

に落ち着きます。

Bryce Harper 長期契約3

もし、この.300という数字から大きく
かけ離れていた場合は、『怪しい』
思って下さい。



例えば、マリナーズのフェリックス・
ヘルナンデスが、8月に抜群の
投球を披露したとします。



そうですね、8月の月間防御率が0.50で
5勝0敗だったとか。

Felix Hernandez BABIP

この場合、BABIPが.300 前後であれば
ヘルナンデスが、真の実力を発揮した、
とみなします。



しかし、BABIPが .235 とかであると
ただ『運』が良かっただけ、と判断します。



これが基本的なBABIPの考え方です。



BABIPは、やや強引な仮説がベースに
なっているので、色々と『弱点』がある事は
否めません。



しかし、現在ではかなり浸透してきており、
その選手の本当の実力や、翌年以降の成績を
占なう上で、重要な指標になってきました。



皆さんも、雑誌や新聞で『BABIP』を
見かけたら、チェックしてみて下さい。



ポイントは、.300前後かどうか、です!

わかりやすく解説します、野球の数字~その7~【GO/AO】野球人No.583



こんにちは、
管理人のマツダタクヤです。



スリランカから帰国後、体調を崩して
いましたが、やっと回復しました。



昨日からトレーナーと共にウェイト
トレーニングを再開。久々でしたので
かなりきつかったですが^^;



さて、今日は投手の指標であるGO/AO
ついてみていきたいと思います。



そもそも『GO/AO』とは・・・?
これは、Ground out/Air out
の略。



そう、
ゴロアウトとフライアウトの比率
です。



皆さんご存知のように、投手には色々な
タイプの選手がいます。



例えば、カージナルスのジャスティン・
マスターソン。彼は、全投球数の
約70%が『シンカー』という典型的な
シンカーボーラーです。

justin masterson GO-AO

ちなみに、MLBで言うところの
『シンカー』は、日本の『シンカー』と
ちょっと違います。MLBの『シンカー』は、
速球の一種で、利き腕と同じ方向に変化し、
低めに沈んでいきます。日本で言うところの
『シュート』が、低めに沈んでいくイメージ
と言えば、わかりやすいかもしれません。



マスターソンは平均球速が90マイルを
越える
シンカーを、ひたすら低めに集めます。
そうなると打者は、必然的にボールの
上っ面を叩く事になり、結果内野ゴロが
増えていきます。



ですからマスターソンはゴロ率が60%
越え、GO/AOは、2.00近くになって
います。



GO/AOが2.00という事は、
ゴロアウトがフライアウトの
2倍ある、という事になります。



ゴロアウトが多い投手の長所は、
被本塁打が少ない事でしょう。

rick porcello GO-AO

欠点としては、味方の内野の守備に大きく
頼らざるを得ない、という事です。



内野手の守備力や守備範囲が、平均以下の
場合、安打になるリスクも高くなって
しまいます。



ジャイアンツのティム・ハドソンも、
このタイプです。GO/AOが、毎年高い
数値を記録する『ゴロ打たせ名人』です。

Tim Hudson 嬉しい誤算2

反対にフライアウトが多い投手の
代表選手は、エンジェルスのジャレット・
ウィーバーでしょう。



彼の場合、GO/AOが0.6前後。フェアに
なった打球のうち、ゴロアウトが30%程度。
ウィーバーは完全なフライボールピッチャー
と言えるでしょう。

Jered Weaver GO-AO

彼らの特徴は、威力のある(回転数の多い)
4シームを持っている事が多いです。高めで
ガンガン空振りを取れる、という事です。



反面、本塁打を浴びる事も多く、これは
フライボールピッチャーの宿命とも言える
でしょう。クアーズフィールドのような、
ボールが飛びやすい打者有利な球場は、
得意ではないです。



いかがでしょうか。



GO/AOをチェックする事によって、
その投手の性質をより深く知る事ができます。
皆さんもぜひ注目してみて下さい。

わかりやすく解説します、野球の数字~その6~【K/BB】野球人No.582



こんにちは、
管理人のマツダタクヤです。



先日ニュースで見たのですが、
バットマンの格好をした男性が、
千葉に出没したとの事。



バットマン好きの私としては、
これはかなり気になります。



その写真がこちら(笑)。


チバットマン

通称『チバットマン』



う~む、かなりクオリティが高いですね。
バットポッド(バイク)もかなりお金をかけて
ますね。



まぁ、欲を言えば、ウエストが太いので、
もう少しカラダを絞って頂きたいところ
ですが・・・(笑)



さて、本題に入ります(笑)



今日は、投手の制球力と奪三振能力
示す数値、K/BBについてお話ししたい
と思います。



セイバーメトリクスでは、
『被本塁打』『与四球』『奪三振』
この3つは、全て投手の責任と考えます。



逆に『被安打』については、味方の守備力や
守備範囲、ポジショニング、打球の方向、
風や球場の形状などに、大きく左右されるので
『被安打は投手一人の責任ではない』
考えます。

Tim Hudson 嬉しい誤算

ですから、投手の純粋な能力を算出しようと
なると、『被本塁打』『与四球』『奪三振』
を使用する事になります。



K/BBは、『奪三振』『与四球』を使用した
指標です。



計算式は、

奪三振÷与四球

という、単純なモノです。



この数値が高ければ高い程、
『コントロールがよく、尚且つ三振を
奪える投手』
という事になります。

Jon Lester Oakland Athletics デビュー6

一般的に、奪三振が多い投手は、
四球が多い傾向にあります。



それは三振を奪うには、ある程度ボール球を
振らせたり、『遊び球』も必要になるから
です。また剛速球や、切れ味の鋭い変化球
というのは、扱いが難しく、コントロール
しにくい、という事もあります。



ダルビッシュ投手や松坂投手は、高い
奪三振能力を持っていますが、四球は
多めですよね。

Darvish 四死球多い

反対に、コントロールの良い投手(四球が
少ない投手)というのは、奪三振が少ない
傾向にあります。



理由としては、ある程度ストライクゾーンに
ボールが集まるので、打者もバットに当て
やすいからです。



昨日紹介した、インディアンズのジョシュ・
トムリンがこのタイプです。



そういった意味から、『制球力』
『三振を奪う力』というのは相反しており、
この能力を両立するのは、大変難しい事なの
です。



クローザーの上原投手は2013年、驚異の
11.22というK/BBを記録しました。
これは救援投手として、歴代5位の記録
でした。



先発投手では、フィリーズのクリフ・リーが
毎年高いK/BBを記録しています。
(2013年は6.94で先発投手No.1)

clifflee artist

K/BBが高い投手というのは、
三振も奪えるし、尚且つ四球を出さない。
まさに完璧ですね。投手としてかなり
完成度が高い、という訳です。



みなさんも、好きな投手の『四球と三振の数』
を見て、一度そのバランスをチェックしてみて
下さい。

わかりやすく解説します、野球の数字~その5~【QS】野球人No.581



こんにちは、
管理人のマツダタクヤです。



8月ももう残りわずか。
だんだん秋らしくなってきましたね。



MLBも10月のプレーオフ進出に向け、
各チーム、ラストスパートに入りました。
皆さんのごひいきのチームはいかがですか?



さて昨日は、投手の指標であるWHIP
ご紹介致しました。WHIPはここ数年で
ずいぶん浸透してきましたね。



防御率は、自責点さえ与えなければ、
何本ヒットを打たれようとも変化は
ありません。WHIPはそういった点を
補ってくれるくれる指標と言えるでしょう。



そして今日は、クオリティースタート
(通称:QS)について、ご説明したいと
思います。



まずそもそも、チームの監督は先発投手に
求める事とは、なんでしょうか?



監督の考え方によって様々だと思い
ますが、まず『試合をつくる』事が
挙げられます。

Madison Bumgarner 戦力分析

序盤に大量失点を与えてしまったり、球数を
多く投げ過ぎて早い回に降板してしまう事、
これを『試合を壊す』と言います。



序盤に大量失点を与えると、チームの戦意は
明らかに喪失します。また、先発投手が
早い回に降板してしまうと、リリーフ陣に
大きな負担がかかり、ひいては長いシーズン、
リリーフ陣の疲労の蓄積に繋がります。

Justin Verlander 2014年前半誤算2

ですので、先発投手には、少ない失点で
なるべく長いイニングを投げてもらいたい
のです。



そこで、先発投手の最低限の
基準(試合をつくったという基準)を、
数値化したのが、クオリティースタート
(以下QS)です。



QSの基準は、

6回以上投げて自責点3以内

です。



6回というと、だいたい100球前後
投げたあたりで、そこを自責点3以内に
抑えれば『合格』
という訳です。



長いシーズン、この基準を毎回クリアする
のは相当タフな事です。

Corey Kluber 嬉しい誤算 2014年前半2

投手は調子の良い日もあれば、悪い日も
あります。

ボールが滑る日もあれば、マメがつぶれる
日もあります。

通常、投球数が100球に近づくにつれ、
スピードやキレは落ち、ボールは高めに
浮いてきます。

シーズン終盤ともなれば、間違いなく体の
どこかを痛めています。



などなど、色々と言い訳をしたくなると思い
ますが、どんな理由があるにせよ、
1年で35回前後の与えられる先発の機会で、
毎回QSを達成する事を求められます。



そして、QSを高い確率でクリアできる投手
こそが、
やはり『エース』と呼ばれる投手
なの
でしょう。



現在、ヒジを痛めているヤンキースの
田中投手ですが、前半戦の活躍は凄まじい
ものがありました。ルーキーながら、抜群の
安定感を披露。崩壊したヤンキース投手陣の
中で孤軍奮闘し、12勝を挙げました。



そんな中、田中投手が記録した
16連続QS。

田中将大 嬉しい誤算3

これは本当に凄い記録です。



ただ、ドジャースのカーショウ、
マリナーズのヘルナンデス等、
『超一流』とよばれる投手たちは、
このQSを、高い確率でクリアし、
尚且つそれを何年も続けています。



田中投手も怪我を克服し、来年以降も
このQSを、高い確率で
クリアしていって
ほしいですね。
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。