記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

田中が獲得できなかった場合の『プランB』【ウバルド・ヒメネス】野球人No.309

【1】今日の野球人[選手名]ウバルド・ヒメネス[ポジション]ピッチャー[生年月日]1984/1/22今シーズン、開幕から負けなしの24連勝を飾った田中将大。メジャー各球団が注目する逸材。強豪球団で先発を任せられても、1番手か2番手の投手として務まるだろう。だがここに来て、ポスティングシステムでの移籍が暗礁に乗り上げている。入札金額の高騰により、システム自体を見直そうという話になったのだが、いまだに日米間で合意に至って...

続きを読む

サイヤング賞2度の大投手、復活なるか!?【ロイ・ハラデイ】野球人No.308

 【1】今日の野球人[選手名]ロイ・ハラデイ[ポジション]ピッチャー[生年月日]1977/5/14※現在フリーエージェント2002年、巨人の主砲であった松井秀喜は50本塁打をクリアした。惜しくも三冠王は逃したものの、日本人として久々の50本塁打であった。当時、日本には松井秀喜を抑えられる投手はほとんどおらず、もはや無敵状態。28歳の全盛期だ。この時の松井は、投手の失投をわざと見逃し、相手のウイニングショット(得意の球種...

続きを読む

正しかった『取捨選択』【ベン・チェリントン】野球人No.307

 【1】今日の野球人[選手名]ベン・チェリントン[チーム]ボストン・レッドソックス[生年月日]1974/7/14※現ボストン・レッドソックスGMスクラップ アンド ビルド(Scrap &Build)という言葉がある。日本語で言うところの『取捨選択』だ。必要なものを選び取り、不要なものを捨てるという事。ビジネスの世界、特に会社経営においてよく使われる。例えば、パナソニック。不採算部門であったプラズマテレビ部門を切り捨てて...

続きを読む

『悪の帝国』、次のターゲットは?【ブライアン・キャッシュマン】野球人No.306

【1】今日の野球人[選手名]ブライアン・キャッシュマン[チーム]ニューヨーク・ヤンキース[生年月日]1967/7/3※現ニューヨーク・ヤンキースGM2013年シーズン、屈辱の4位に沈んだヤンキース。プレーオフ進出も逃がし、常勝軍団の面目は完全に潰れてしまった。2013年シーズンはヤンキースにとって『異常な』シーズンであった。主力選手の大半が怪我で離脱。野手で満足に出場できたのは、カノとイチローぐらい。これではまるで話になら...

続きを読む

低コストで、信頼性抜群!【ホセ・モリーナ】野球人No.305

 【1】今日の野球人[選手名]ホセ・モリーナ[ポジション]キャッチャー[チーム]タンパベイ・レイズ[背番号]28[生年月日]1975/6/3[2014年シーズン年俸]225万ドル先日、常勝軍団ヤンキースが、大型契約を締結した。ブレーブスからフリーエージェントになっていたブライアン・マッキャン。ヤンキースは、この29歳の強打の捕手と、5年総額8500万ドル(6年目は成績によるオプション)で契約した。2013年シーズンは、正捕手不在であっ...

続きを読む

新生アストロズの正捕手【ジェイソン・カストロ】野球人No.304

 【1】今日の野球人[選手名]ジェイソン・カストロ[ポジション]キャッチャー[チーム]ヒューストン・アストロズ[背番号]15[生年月日]1987/6/18[2013年シーズン年俸]48万ドル2013年シーズン、ナショナルリーグ中地区から、アメリカンリーグ西地区へと、『引っ越し』したヒューストン・アストロズ。1997年から9年間で6度のプレーオフ進出と90年代後半~2000年代中盤までは黄金時代を築いたアストロズ。だがその後は、相次いで主力...

続きを読む

注目の強打者、古巣復帰の噂も!?【カルロス・ベルトラン】野球人No.303

【1】今日の野球人[選手名]カルロス・ベルトラン[ポジション]ライト[生年月日]1977/4/24※現在フリーエージェント今シーズンオフも、カンザスシティロイヤルズは、積極的に選手を集めるようだ。まずは4年総額3200万ドルでジェイソン・バルガスを獲得した。そんなロイヤルズだが、とある噂が出回っている。現在フリーエージェント中の大物外野手を獲得するのではという話だ。その大物外野手とは、誰であろうカルロス・ベルトラン。球...

続きを読む

ロイヤルズ、来年も『勝負モード』【ジェイソン・バルガス】野球人No.302

 【1】今日の野球人[選手名]ジェイソン・バルガス[ポジション]ピッチャー[チーム]カンザスシティ・ロイヤルズ[背番号]60[生年月日]1983/2/2[2014年シーズン年俸]800万ドルアメリカンリーグ中地区に所属するカンザスシティ・ロイヤルズ。昨年までは10年連続負け越しており、完全な弱小チームだった。年間90敗は確実、100敗を免れれば『御の字』といった状態。年俸総額も常に7000万ドル以下で財政力もメジャー最低クラス。唯一...

続きを読む

ヤンキース帝国、補強『第一弾』【ブレンダン・ライアン】野球人No.301

【1】今日の野球人[選手名]ブレンダン・ライアン[ポジション]ショート[チーム]ニューヨーク・ヤンキース[背番号]35[生年月日]1982/3/26メジャーNo.1の資金力を誇るヤンキース。近年、年俸総額縮小の方向へシフトしているとはいえ、他のチームに比べてアドバンテージがあるのは間違いない。今シーズンオフは、マリアーノ・リベラ、アンディ・ペティットの引退により、資金に余裕ができた。そして、アレックス・ロドリゲスの禁止薬物...

続きを読む

ビック3の一角、再び西海岸へ・・・【ティム・ハドソン】野球人No.300

 【1】今日の野球人[選手名]ティム・ハドソン[ポジション]ピッチャー[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ[背番号]15[生年月日]1975/7/14[2014年シーズン年俸]1150万ドル2000年代前半、ビリー・ビーンGM率いるオークランド・アスレチックスは、まさに『台風の目』であった。名著『マネーボール』で一躍有名となったアスレチックスの選手たち。そして、その中に当時先発の3本柱を担っていた若き3人の投手がいた。この3人、...

続きを読む

『傷モノ』の価値は?【ジョシュ・ジョンソン】野球人No.299

【1】今日の野球人[選手名]ジョシュ・ジョンソン[ポジション]ピッチャー[生年月日]1984/1/31※現在フリーエージェント2013年シーズン開幕前、異例の大型補強を行ったトロント・ブルージェイズ。フロリダ・マーリンズからマーク・バーリーやホセ・レイエスを始め、主力選手をゴッソリと引き取った。ブルージェイズが所属するのは、アメリカンリーグ東地区。ヤンキース、レッドソックス、レイズが所属する、メジャー有数の激戦区であ...

続きを読む

カリスマGMの手腕【落合博満】野球人No.298

 【1】今日の野球人[選手名]落合博満[チーム]中日ドラゴンズ[生年月日]1953/12/9※現中日ドラゴンズGM日本でも随分浸透してきたジェネラルマネージャー、通称GM。メジャーリーグのみならず、アメリカのプロスポーツは、GMというポジションを必ずと言っていいほど設置している。そしてメジャーリーグにも、優秀なGMが大勢いる。中にはメジャー経験はおろか、野球経験すらない人間も大勢いる。元レッドソックスのGMで、現在カブ...

続きを読む

この男も、ヤンキースの獲得候補リストに・・・【ケンドリス・モラレス】野球人No.297

【1】今日の野球人[選手名]ケンドリス・モラレス[ポジション]ファースト、DH[生年月日]1983/8/20※現在フリーエージェント2013年シーズンは、キューバ出身の新人たちが大活躍。久々に当たり年となった。若干21歳でマーリンズのエースとなったホセ・フェルナンデス。威力のある4シームをどんどん投げ込み、オールスターにも出場。文句なしの新人王を獲得した。 レッドソックスからタイガースへと移籍したホセ・イグレシアスも忘...

続きを読む

アジアNo.1スラッガー、FA市場へ【秋信守】野球人No.296

 【1】今日の野球人[選手名]秋信守[ポジション]センター、ライト[生年月日]1982/7/13※現在フリーエージェント現在、台湾で繰り広げられている『アジアシリーズ』。2005年に創設された国際大会である。日本、韓国、台湾、中国、ヨーロッパ、オーストラリアの6カ国が出場。今年の日本代表は、東北楽天ゴールデンイーグルス。当初、田中将大は不参加の予定だったが、大会側の強い要望により参加する事に。まぁ、シーズンオフとい...

続きを読む

頼もしい『番犬』【スコット・ボラス】野球人No.295

【1】今日の野球人[選手名]スコット・ボラス[生年月日]1952/11/2日本プロ野球界でもずいぶんと浸透してきた『代理人制度』。契約社会のアメリカにおいて、交渉ごとに代理人や弁護士を同席させるのは、ごく当たり前である。特にプロのアスリートたちは、世間知らずな人間が多く、交渉を有利に進めるスキルも高いとは言えない。自分の代わりに戦ってくれるプロフェッショナルの力は、絶対に必要だ。おそらくこの男は、今や世界で一番...

続きを読む

2013年オフの主役【ロビンソン・カノ】野球人No.294

【1】今日の野球人[選手名]ロビンソン・カノ[ポジション]セカンド[生年月日]1982/10/22※現在フリーエージェント中南米に浮かぶ小さな島、ドミニカ共和国。言わずと知れた、野球大国だ。2013年度のワールドベースボールクラッシック(WBC)は、過去2連覇の日本を破り、見事に優勝。ドミニカ人の持つ高い身体能力、抜群のスタミナ、そして安い人件費。今やメジャーリーグにとって、ドミニカ人は必要不可欠な存在になった。なぜなら、...

続きを読む

テッドの新たな勲章【テリー・フランコーナ】野球人No.293

【1】今日の野球人[選手名]テリー・フランコーナ[チーム]クリーブランド・インディアンズ[背番号]17[生年月日]1959/4/22※現インディアンズ監督メジャーリーグで、その年最も優れた監督に贈られる賞がある。その名も最優秀監督賞(Manager of the year award)だ。全米記者協会(通称:BBWAA)が投票し、ア・リーグから1人、ナ・リーグから1人選出する。現地時間12日、今年の最優秀監督賞はア・リーグが、テリー・フランコーナ(イ...

続きを読む

引く手あまたの強打の捕手【ブライアン・マッキャン】野球人No.292

【1】今日の野球人[選手名]ブライアン・マッキャン[ポジション]キャッチャー[生年月日]1984/2/20※現在フリーエージェント2000年代中盤、類いまれな才能を持った若い捕手たちが、一気に台頭してきた。彼らはキャッチングやリードだけでなく、バッティングも良く、非常にバランスのとれた捕手たちだった。そして偶然であるが、彼らの頭文字は全員『M』であった。ビクター・マルチネス (Martinez)ヤディアー・モリーナ (Molina)ラ...

続きを読む

巨人を去る、2人の40歳【小笠原道大、谷佳知】野球人No.291

 【1】今日の野球人[選手名]小笠原道大[ポジション]ファースト、サード[生年月日]1973/10/25[選手名]谷佳知[ポジション]レフト、センター[生年月日]1973/2/9『不惑の40歳』と表現することがある。原語は、中国の『論語』に書かれている『四十にしてま惑わず』から来ている。不惑とは、物事の考え方に迷いが無い事。要するに、人間とは40歳にしてやっと、迷いやブレが無くなる、という事。そして、彼らももう、迷いなどないの...

続きを読む

『左のワンポイント』という仕事【ハビアー・ロペス 他】野球人No.290

 【1】今日の野球人[選手名]ハビアー・ロペス[ポジション]ピッチャー[生年月日]1977/7/11※現在フリーエージェント勝負所で左の強打者を迎えた時、ここぞとばかりに呼ばれる投手がいる。対左打者専用、通称『左のワンポイント』と呼ばれる投手だ。メジャーでは、Situational leftyとかLefthanded specialistと呼ばれている。彼らの仕事は、1人1殺。1イニング以上を投げる事はめったにない。だが彼らが登板する状況は、試合の展...

続きを読む

森繁和のドミニカ視察【森繁和】野球人No.289

 【1】今日の野球人[選手名]森繁和[チーム]中日ドラゴンズ[生年月日]1954/11/18『せんみつ』という言葉がある。漢字で書くと『千三つ』。ビジネスでもよく使われる言葉だが、『千個商品を企画しても、本当に成功するのは三個程度』という、商売の難しさを意味する言葉である。日本にやってくる助っ人外国人たち。一昔前は、峠を越えたメジャーリーガーが最後のひと稼ぎの為にやってくるケースが多かった。しかし現在は中南米...

続きを読む

マリナーズの新たなる指揮官【ロイド・マクレンドン】野球人No.288

 【1】今日の野球人[選手名]ロイド・マクレンドン[チーム]シアトル・マリナーズ[生年月日]1959/1/11今年の東北楽天ゴールデンイーグルスは、田中将大のチームだった。90年代後半から00年代前半までのサンフランシスコ・ジャイアンツはバリー・ボンズのチームだった。そして00年代のシアトル・マリナーズは、Mr.200本安打、イチロー・スズキのチームであった。1人のプレイヤーのみ、圧倒的にずば抜けた存在。高校野球で例える...

続きを読む

『世界一低い』サブマリン、海を渡る【渡辺俊介】野球人No.287

 【1】今日の野球人[選手名]渡辺俊介[ポジション]ピッチャー[生年月日]1976/8/27千葉ロッテの先発投手、渡辺俊介がメジャーリーグ挑戦を発表した。ご存知の方も多いだろう。そう、世界一低い位置から投げる男だ。アンダースローは、ナックルボーラーと同じぐらい絶滅危惧種になっているが、渡辺の投げる位置は本当に低い。まさに地面すれすれである。メジャーでもチャド・ブラッドフォードというかなり低い位置からのアンダー...

続きを読む

ゴールデングラブ7度の名手、中日を去る【井端弘和】野球人No.286

【1】今日の野球人[選手名]井端弘和[ポジション]ショート、セカンド[生年月日]1975/5/122013年シーズン、セリーグ4位に沈んだ中日ドラゴンズ。常勝軍団から一転、12年ぶりにBクラスへと転落した。落合政権から高木政権へ移行し、わずか2年。あっという間に船は沈んだ。それにしても2012年のレッドソックスしかり、組織が崩壊する時というのは、あっけない。それに引き替え、組織の立て直しや再建は本当に骨の折れる仕事である。時...

続きを読む

カブスの敏腕社長動くか!?【セオ・エプスタイン】野球人No.285

 【1】今日の野球人[選手名]セオ・エプスタイン[チーム]シカゴ・カブス[生年月日]1973/12/29※現シカゴ・カブス球団社長ナショナルリーグ中地区の古豪球団、シカゴ・カブス。球団が創設されたのは1902年。来年で113年目のシーズンを迎える超老舗球団だ。本拠地はリグレー・フィールド。メジャー通の方ならご存知、30球団で最も美しい球場だ。外野のフェンスに絡まるツタが、古き良き時代を思い出させる。やはりこの球場を見て...

続きを読む

第2のマシーニー監督になれるか!?【ブラッド・オースマス】野球人No.284

【1】今日の野球人[選手名]ブラッド・オースマス[チーム]デトロイト・タイガース※現デトロイト・タイガース監督ワールドシリーズが閉幕してまだ3日。しかし各球団のGMにとって、休まる暇はない。今から春にかけて慌ただしくなってくる。球団の強化の為、首脳陣の入れ替え、選手のトレード、FA補強が始まる。『ストーブリーグ』の開幕だ。前日は、ワシントン・ナショナルズの新監督、マット・ウィリアムズの就任会見が行われた。そ...

続きを読む

注目の新監督、暴れ馬たちをどう束ねる!?【マット・ウィリアムズ】野球人No.283

【1】今日の野球人[選手名]マット・ウィリアムズ[チーム]ワシントン・ナショナルズ※現ワシントン・ナショナルズ監督2012年シーズン、若い選手の活躍で大躍進を遂げたワシントン・ナショナルズ。投打のキーマンは、もちろんこの二人スティーブン・ストラスバーグとブライス・ハーパーだ。無尽蔵の伸びしろを感じるこの2人。もし彼らと長期契約ができれば、少なくとも今後10年はナショナルズの屋台骨を支えられるだろう。そして期待...

続きを読む

キャプテンに、最後の一花を【デレク・ジーター】野球人No.282

 【1】今日の野球人[選手名]デレック・ジーター[ポジション]ショート[チーム]ニューヨーク・ヤンキース[背番号]2[生年月日]1974/6/26[2014年シーズン年俸]1200万ドル中日ドラゴンズの看板選手、井端和弘。7度のゴールデングラブ賞を誇る、球界屈指のショートだ。打撃の方でも、小技にも長け、さらには選球眼も抜群だ。だが近年、年齢による衰えにより、自慢の守備力も徐々に陰りが見えてきた。2013年シーズンも出場試合数は10...

続きを読む

堂々たる敗者たち【マイク・マシーニー】野球人No.281

【1】今日の野球人[選手名]マイク・マシーニー[チーム]セントルイス・カージナルス※現セントルイス・カージナルス監督長かった2013年シーズンが終わりを告げた。しかし、ワールドシリーズの興奮は、まだまだ冷めそうにない。上原の活躍により、日本でも多くのファンが熱狂。アメリカ全土でも『KOJIフィーバー』だ。だが勝者がいれば、敗者もいる。常勝軍団カージナルスの選手たち。レッドソックスに力負けしたものの、今シーズンの...

続きを読む

ボストンを救った英雄【ジョン・ファレル】野球人No.280

【1】今日の野球人[選手名]ジョン・ファレル[チーム]ボストン・レッドソックス※現ボストン・レッドソックス監督上原が、最後の打者マット・カーペンターを空振り三振に仕留めると、マウンド上に歓喜の輪ができた。日本人初の胴上げ投手だ。憎いぐらいにカッコ良く決めてくれた。レッドソックスは6年ぶり8度目の世界一。この10年間で3回目のチャンピオン。この数字だけを見ると、レッドソックスは、完全な黄金期に入っているように...

続きを読む

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。