FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その10~【ラウル・イバニエス】野球人No.371

  【1】今日の野球人[選手名]ラウル・イバニエス[ポジション]レフト、DH[チーム]ロサンゼルス・エンジェルス[背番号]28[生年月日]1972/6/2[2014年シーズン年俸]275万ドル来季42歳を迎える強打者が、19年目のシーズンに望もうとしている。ラウル・イバニエスである。左打席から繰り出すパワーあふれるバッティングと、勝負強さを兼ね備えたメジャー屈指のクラッチヒッターだ。2004~2008年のマリナーズ時代はイチローの同...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その9~【ジャロッド・サルタラマッキア】野球人No.370

 【1】今日の野球人[選手名]ジャロッド・サルタラマキア[ポジション]キャッチャー[チーム]マイアミ・マーリンズ[背番号]39[生年月日]1985/5/2[2014年シーズン年俸]600万ドルマイアミ・マーリンズというチームは本当に不可解なチームだ。フロリダ・マーリンズ時代から、このチームの球団運営はトリッキーだった。超大型補強をしたと思えば、突然主力選手をことごとく放出する『ファイヤーセール』を行ったりもする。選手はもち...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その8~【グレイディ・サイズモア】野球人No.369

 【1】今日の野球人[選手名]グレイディ・サイズモア[ポジション]センター[チーム]ボストン・レッドソックス[生年月日]1982/8/2[2014年シーズン年俸]75万ドルやはり、ボストン・レッドソックスのGMベン・チェリントンは、非常に優秀なGMだ。先日チェリントンが結んだ『とても小さな』契約は、レッドソックスが正しい道を進んでいる事を証明していた。オールスター出場3回、20本塁打-20盗塁以上を記録する事4度。5年前まではメ...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その7~【ジョニー・ペラルタ】野球人No.368

 【1】今日の野球人[選手名]ジョニー・ペラルタ[ポジション]ショート、サード[チーム]セントルイス・カージナルス[背番号]27[生年月日]1982/5/282013年、球界全体を揺るがせたバイオジェネシス疑惑は、一応の決着を見せた。処分が下された選手は合計14名。その中で、最も重い処分が下されたアレックス・ロドリゲスは211試合の出場停止。事実上、2014年シーズンは全試合出場する事ができなくなった。今回MLB機構は、疑惑選手た...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その6~【秋信守】野球人No.367

【1】今日の野球人[選手名]秋信守[ポジション]ライト、センター[チーム]テキサス・レンジャーズ[背番号]17[生年月日]1982/7/13[2014年シーズン年俸]1857万ドル今オフ、最も注目されたアジア人と言えば間違いなく田中将大であった。だが現在、アジアNo.1スラッガーに君臨しているのはこの男である。秋信守(チュ・シンス)31歳。今日は、この男がレンジャースと結んだ長期契約を振り返ってみたい。まず秋の才能が完全に開花したのは...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その5~【クレイトン・カーショウ】野球人No.366

 【1】今日の野球人[選手名]クレイトン・カーショウ[ポジション]ピッチャー[チーム]ロサンゼルス・ドジャース[背番号]22[生年月日]1988/3/19連日連夜報道されている、田中将大のヤンキース入団。今日は、その田中よりも、一足先に決まったクレイトン・カーショウの契約について、振り返ってみたい。田中将大と同じ、1988年生まれの左腕は、高校時代から最高級の左腕という評価であった。2006年にドジャースからドラフト1位で...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その4~【ロビンソン・カノ】野球人No.365

 【1】今日の野球人[選手名]ロビンソン・カノ[ポジション]セカンド[チーム]シアトル・マリナーズ[背番号]22[生年月日]1982/10/22今やメジャーNo.1 セカンドに登りつめたドミニカ人、ロビンソン・カノ。今日は全米中を呆れさせたこの男の契約について、もう一度振り返ってみたい。1982年生まれのカノは、現在31歳。ヤンキースのレギュラーに定着して9年。20代前半の頃は選球眼が悪く、悪球打ちが目立つ粗い選手であった。 ...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その3~【ジャコビー・エルズベリー】野球人No.364

 【1】今日の野球人[選手名]ジャコビー・エルズベリー[ポジション]センター[チーム]ニューヨーク・ヤンキース[背番号]22[生年月日]1983/9/11昨年末から続く、ヤンキースの巨額契約ラッシュ。マッキャン、ベルトランに続き、今日はエルズベリーの契約について考えたいと思う。2005年にドラフト1位でレッドソックスに指名されたエルズベリーは、昨年までの7年間、レッドソックスのセンターを守ってきた。通算出塁率.350、盗塁...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その2~【カルロス・ベルトラン】野球人No.363

 【1】今日の野球人[選手名]カルロス・ベルトラン[ポジション]ライト[チーム]ニューヨーク・ヤンキース[背番号]36[生年月日]1977/4/24[2014年シーズン年俸]1500万ドル2013年の開幕前、ヤンキースの外野構想は左翼ガードナー、中堅グランダーソン、右翼イチロー、4人目の外野手としてウェルズといった布陣であった。どうやら来季はガラッと変わりそうだ。12月初旬にジャコビー・エルズベリーと、カルロス・ベルトランをそれぞ...

続きを読む

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その1~【ブライアン・マッキャン】野球人No.362

 【1】今日の野球人[選手名]ブライアン・マッキャン[ポジション]キャッチャー[チーム]ニューヨーク・ヤンキース[背番号]34[生年月日]1984/2/20[2014年シーズン年俸]1700万ドルオフシーズンの愉しみは、やはりストーブリーグである。1月も半ばを過ぎ、戦力補強に成功しているチーム、選手の流出により戦力ダウンしてしまったチーム、色合いがはっきりと分かれてきた。そこでこのオフに纏まった主な契約を、数回に分けて書いて...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その9~【ダニー・サラザール】野球人No.361

 【1】今日の野球人[選手名]ダニー・サラザール[ポジション]ピッチャー[チーム]クリーブランド・インディアンズ[背番号]31[生年月日]1990/1/11[2014年シーズン年俸]48万ドル昨シーズン、インディアンズから一人の速球派投手がデビューした。非常に伸びしろを感じるドミニカ人、ダニー・サラザールだ。24歳の痩身の男は、昨年7月にメジャーデビュー。100マイル近い速球と切れ味鋭いスライダーを武器に、ローテーションに定着。...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その8~【ジェイソン・キプニス】野球人No.360

 【1】今日の野球人[選手名]ジェイソン・キプニス[ポジション]セカンド[チーム]クリーブランド・インディアンズ[背番号]22[生年月日]1987/4/3[2014年シーズン年俸]50万ドルクリーブランド・インディアンズは、トレード巧者のチームと言われている。ドラフト指名した若手を育てるよりも、他チームのマイナーリーガーを連れてくる方が上手い。特に3Aクラスの若手を、インディアンズ独自の査定システムで分析し、メジャーで活躍...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その7~【ブライス・ハーパー】野球人No.359

  【1】今日の野球人[選手名]ブライス・ハーパー[ポジション]ライト[チーム]ワシントン・ナショナルズ[背番号]34[生年月日]1992/10/16[2013年シーズン年俸]215万ドルワシントン・ナショナルズは、投打に最高の逸材を抱えている。そう、スティーブン・ストラスバーグとブライス・ハーパーだ。投打に10年に1人の逸材と呼ばれる選手が所属し(それも20代半ば!)、このチームの将来への展望は非常に明るい。 ただ、昨...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その6~【スティーブン・ストラスバーグ】野球人No.358

 【1】今日の野球人[選手名]スティーブン・ストラスバーグ[ポジション]ピッチャー[チーム]ワシントン・ナショナルズ[背番号]37[生年月日]1988/7/20[2014年シーズン年俸]397万ドル2013年、ワシントン・ナショナルズはナ・リーグ東地区2位の86勝76敗という成績でシーズンを終えた。前年は98勝を挙げて地区優勝をしており開幕前はワールドシリーズ進出さえ夢ではないと言われていた。その為、この結果はいささか期待はずれだった...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その5~【ジェイソン・ヘイワード】野球人No.357

 【1】今日の野球人[選手名]ジェイソン・ヘイワード[ポジション]ライト[チーム]アトランタ・ブレーブス[背番号]22[生年月日]1989/8/9[2013年シーズン年俸]365万ドル今、ナ・リーグ東地区が面白い。この地区は、長年トップに君臨し続けたフィリーズ王朝が、2年前に崩壊。代わってナショナルズとブレーブスが着実に力をつけてきており、今や戦国時代へと突入した。シーズン開幕前は、ナショナルズが有利とされていたものの、蓋...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その4~【クレイグ・キンブレル】野球人No.356

 【1】今日の野球人[選手名]クレイグ・キンブレル[ポジション]ピッチャー[チーム]アトランタ・ブレーブス[背番号]46[生年月日]1988/5/28[2013年シーズン年俸]65万ドル2013年、最強のクローザーであったマリアノ・リベラがマウンドを去った。カットボールだけで652セーブを築き上げ、現役最後のシーズンも44セーブを記録。43歳になってもなお、その投球術は衰える事を知らず、多くのファンが早すぎる引退を惜しんだ。今後も、...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その3~【クリス・アーチャー】野球人No.355

 【1】今日の野球人[選手名]クリス・アーチャー[ポジション]ピッチャー[チーム]タンパベイ・レイズ[背番号]22[生年月日]1988/9/26[2014年シーズン年俸]48万ドル昨日のコラムにも書かせて頂いたが、タンパベイ・レイズのマイナー組織は本当に素晴らしい。特に、先発投手の育成力はメジャーNo.1と言っても過言ではない。毎年の様に、若くて力のある先発投手を輩出しており、これがレイズ最大の強みにもなっている。この強みは、...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その2~【ウィル・マイヤーズ】野球人No.354

  【1】今日の野球人[選手名]ウィル・マイヤーズ[ポジション]ライト[チーム]タンパベイ・レイズ[背番号]9[生年月日]1990/12/10[2014年シーズン年俸]48万ドルタンパベイ・レイズほど、チーム作りが長けているチームはない。球界最低レベルの財政力ながら、毎年優勝争いを繰り広げている。それも、メジャー屈指の激戦区であるア・リーグ東地区でだ。チーム作りが成功している要因は、アンドリュー・フリードマンという、天...

続きを読む

長期契約を結んでおきたい若手たち ~その1~【マイク・トラウト】野球人No.353

 【1】今日の野球人[選手名]マイク・トラウト[ポジション]センター[チーム]ロサンゼルス・エンゼルス[背番号]27[生年月日]1991/8/7[2013年シーズン年俸]51万ドル強豪チームを作り上げるためには、大雑把に言って、2通りあると考えられている。1つ目の手法は至ってシンプルで、FAで実績のある選手を獲得し、スターティングラインナップに並べる事。他のチームから主力選手を引っ張ってくる為、同時にライバルを弱体化する事も...

続きを読む

トレード話がつきまとう男たち ~その5~【ジャンカルロ・スタントン】野球人No.352

 【1】今日の野球人[選手名]ジャンカルロ・スタントン[ポジション]ライト[チーム]マイアミ・マーリンズ[背番号]27[生年月日]1989/11/8[2013年シーズン年俸]53万ドル『宝の持ち腐れ』というのは、まさにこのことを言うのだろう。今やメジャー屈指の大砲へと成長したジャンカルロ・スタントン。ボディービルダーのように鍛え抜かれた肉体は、まさに彫刻のようだ。昨年は通算400試合で100号本塁打に到達。これは史上8位タイのス...

続きを読む

トレード話がつきまとう男たち ~その4~【ブランドン・フィリップス】野球人No.351

 【1】今日の野球人[選手名]ブランドン・フィリップス[ポジション]セカンド[チーム]シンシナティ・レッズ[背番号]4[生年月日]1981/6/28[2014年シーズン年俸]1100万ドルメジャーリーグで活躍する男たち。彼らの多くは少年時代に『野球の天才』と言われ続けて育ってきた。そんな男たちが世界各国から何十万人と集まり、頂点であるメジャーリーグを目指すのだ。天才同士が競争を繰り広げる、熾烈な環境である。そんな彼らのパー...

続きを読む

トレード話がつきまとう男たち ~その3~【ハウィー・ケンドリック】野球人No.350

 【1】今日の野球人[選手名]ハウィー・ケンドリック[ポジション]セカンド、サード[チーム]ロサンゼルス・エンゼルス[背番号]47[生年月日]1983/7/12[2014年シーズン年俸]935万ドルアナハイムは、ロサンゼルスから南東に50km弱に位置する。大都市ロサンゼルスからハイウェイを車で飛ばせば1時間半もあればついてしまう。治安もロサンゼルスに比べれば良い方で、比較的、貧困層も少なく安全な街だ。そして何といっても最高の気候...

続きを読む

トレード話がつきまとう男たち ~その2~【アズドルバル・カブレラ】野球人No.349

 【1】今日の野球人[選手名]アズドルバル・カブレラ[ポジション]ショート[チーム]クリーブランド・インディアンズ[背番号]13[生年月日]1985/11/13[2013年シーズン年俸]1000万ドルインディアンズGMである、クリス・アントネッティは、現在難しい決断に迫られている。昨シーズン、このチームはフランコーナを新監督を迎えて見事に生まれ変わった。やや小粒ではあるものの、若手も順調に育ってきている。 ただ、クリーブラ...

続きを読む

トレード話がつきまとう男たち ~その1~【デビッド・プライス】野球人No.348

 【1】今日の野球人[選手名]デビッド・プライス[ポジション]ピッチャー[チーム]タンパベイ・レイズ[背番号]14[生年月日]1985/8/26[2013年シーズン年俸]1011万ドルタンパベイ・レイズのカリスマGM、アンドリュー・フリードマン。この男の手にかかれば、どんな低予算球団でも、強豪球団に生まれ変わってしまう。その手腕でレイズを6年連続で勝ち越しさせた。それも激戦区のア・リーグ東地区でだ。選手の年俸総額に至っては、何...

続きを読む

放出された若きクローザー【アディソン・リード】野球人No.347

  【1】今日の野球人[選手名]アディソン・リード[ポジション]ピッチャー[チーム]アリゾナ・ダイヤモンドバックス[生年月日]1988/12/27[2014年シーズン年俸]48万ドル昨シーズン63勝99敗という成績に終わり、24年ぶりに地区最下位に転落したシカゴ・ホワイトソックス。就任したばかりのリック・ハーンGMにとって、苦しい幕開けとなってしまった。ただ、前GMであったケン・ウィリアムズからこのチームを引き継いだ時から、...

続きを読む

ケビン・タワーズGMの『わかりやすい』評価基準【ケビン・タワーズ】野球人No.346

 【1】今日の野球人[選手名]ケビン・タワーズ[チーム]アリゾナ・ダイヤモンドバックス[生年月日]1961/12/11※現ダイヤモンドバックスGM『マネーボール』で一躍有名になった、ビリー・ビーンGM。GMに就任したばかりの頃のビーンは、とにかく選手の出塁率を重視した。フリースインガーや選球眼の悪い選手は躊躇なく放出。非常に分かりやすい評価基準である。そして、この男の評価基準も分かりやすい。現在、ダイヤモンドバックス...

続きを読む

復活を期すアスリートたち ~その10~【カーティス・グランダーソン】野球人No.345

 【1】今日の野球人[選手名]カーティス・グランダーソン[ポジション]センター[チーム]ニューヨーク・メッツ[背番号]3[生年月日]1981/3/16[2014年シーズン年俸]1500万ドル長らくナショナルリーグ東地区は、フィリーズが圧倒的戦力で支配し続けた。しかし、その王朝も崩壊。懸念され続けた主力選手の高齢化問題が深刻化し、王朝はついに終焉の時を迎えた。そして昨年は、ブレーブスが8年ぶりに地区優勝を果たし、この地区は群雄...

続きを読む

復活を期すアスリートたち ~その9~【アップトン兄弟】野球人No.344

  【1】今日の野球人[選手名]B.J.アップトン[ポジション]センター[チーム]アトランタ・ブレーブス[背番号]2[生年月日]1984/8/21[2014年シーズン年俸]1345万ドル[選手名]ジャスティン・アップトン[ポジション]レフト[チーム]アトランタ・ブレーブス[背番号]8[生年月日]1987/8/25[2014年シーズン年俸]1425万ドル1999年、クリーブランド・インディアンズに、ロベルト・アロマー二塁手が加入した。この時、インディアンズの...

続きを読む

復活を期すアスリートたち ~その8~【マイケル・ボーン】野球人No.343

  【1】今日の野球人[選手名]マイケル・ボーン[ポジション]センター[チーム]クリーブランド・インディアンズ[背番号]24[生年月日]1982/12/27[2014年シーズン年俸]1200万ドル2013年、最も躍進したチームと言えば間違いなくインディアンズだった。前年よりも24勝を上乗せし92勝。6年ぶりのプレーオフに進出した。勝因は様々な要素が絡み合っているものの、やはり新監督にテリー・フランコーナを迎えた事が大きかった。...

続きを読む

復活を期すアスリートたち ~その7~【ホセ・レイエス】野球人No.342

 【1】今日の野球人[選手名]ホセ・レイエス[ポジション]ショート[チーム]トロント・ブルージェイズ[背番号]7[生年月日]1983/6/11[2014年シーズン年俸]1600万ドル2013年の開幕前、ブルージェイズは大型補強を敢行。実績のある選手たちをかき集め、補強総額は1億6000万ドルにも及んだ。ブルージェイズの再建期は終わりを告げ、完全な勝負モードに舵を切った。しかし蓋を開けてみれば、新戦力たちが揃って期待を裏切り続けた。特...

続きを読む

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。