野球人.com

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

レッドソックスの誤算 その3【ダスティン・ペドロイア】野球人No.521

Dustin Pedroia 誤算4 

【1】今日の野球人
[選手名]ダスティン・ペドロイア
[ポジション]セカンド
[チーム]ボストン・レッドソックス
[背番号]15
[生年月日]1983/8/17
[2014年シーズン年俸]1250万ドル





昨年の覇者、レッドソックス。6月が
終わろうとしているが、復調の兆しが
なかなか見えてこない。



期待のトッププロスペクトがメジャーの壁に
ぶち当たり、ベテラン先発陣が6回を持たずに
降板。



しかし、やはりこの男の元気のなさが目に
つく。そう、レッドソックスの魂であり、
チームの顔、ダスティン・ペドロイアだ。

Dustin Pedroia 誤算 

170cmそこそこの小さな体ながら、内に
秘める闘志は物凄い。チームの精神的支柱で
あり、仲間たちの士気を高めることができる
プレイヤーであるペドロイア。



毎年、打率.290、出塁率.360、
20盗塁
は確実であり、状況に応じて
トップバッターから2番、3番をこなす。
大きなスウィングだが、コンタクト技術は
抜群
で、見かけによらず、非常に器用な
打者だ。おそらく、どんな監督からも重宝
される選手だろう。



しかし、今シーズンはいまいち波に乗り切れて
いない。レッドソックスの低迷を象徴するかの
ようだ。打率.260あたりをうろうろし、
出塁率も.330程度。本人は、シーズン
後半の復調をアピールしているものの、
もしかしたら怪我をしている可能性もある。

Dustin Pedroia 誤算3 

守備は相変わらず素晴らしく、チームの危機を
救うプレーを連発しているのだが。同じく
チームの顔であるデビット・オルティーズは、
打率は低いながらも、ここ一番という場面で
貢献度が高い。例年通り、『神がかり』級の
勝負強さ
は健在だ。

David Ortiz 相変わらずの勝負強さ 

打席で相手投手に与える『にらみ』。
この『にらみ』が勝負強さの秘訣だろう。



そして、昨年活躍したナポリ、ビクトリーノ、
ゴームズといった移籍組。彼らの復活も不可欠
だが、やはりレッドソックスはペドロイアと
オルティーズが屋台骨。この2人が爆発する
ことにより、チームは活気づき、脇役たちが
引き立つというもの。



昨年の覇者が、このままズルズルとシーズンを
終えていくとは考えられない。そろそろ浮上の
きっかけを掴んで頂きたいところだが・・・。






【2】編集後記

今日で6月最後。

明日からは7月にはいるので、

前半戦で活躍した選手、

期待外れだった選手を

順次ピックアップしていきたいと

思います。

どうぞ、お楽しみに!

レッドソックスの誤算 その2【クレイ・バクホルツ 他】野球人No.520

Clay Buchholz 誤算 

【1】今日の野球人
[選手名]クレイ・バクホルツ 他
[ポジション]投手
[チーム]ボストン・レッドソックス





昨日に引き続き、レッドソックスの誤算を
検証していきたい。



シーズン開幕前から予想されていた事だが、
やはり先発投手が崩れている。ある意味
これは『誤算』ではないが・・・。



先発防御率3.98 ア・リーグ10位
救援防御率2.88 ア・リーグ2位



上原、田澤らの活躍で、試合終盤まで
リードを保てば何とかなる。しかし、
昨年オフに先発の補強を見送ったツケが
回ってきた。



開幕ローテーションは、

レスター
ラッキー
バクホルツ
ピービー
ドュブロント


であった。当初からレスター以外、長い
シーズンを安心して任せられる投手がいない
といった状況。そして蓋を開けてみれば
やはり苦しい状況に陥った。

Jake peavy 誤算 

元サイヤング投手のピービーは、かつての
姿からはほど遠く、バクホルツに至っては
例年通り、故障で戦列を離脱。昨年デビュー
したワークマンを先発に起用するなど、
何とかしのいでいるものの、依然厳しい
状態だ。



特に、レスターに続く右のエースとして
毎年期待されているバクホルツは、
非常に高いポテンシャルを秘めながら、
毎年故障を繰り返している。首脳陣をはじめ、
多くのファンが歯痒い思いを抱いている。

Clay Buchholz 誤算2 

後半戦、レッドソックスが盛り返すためには、
先発投手の奮起が不可欠だろう。幸い、
今年のアリーグ東地区のライバルたちも
不調だ。首位を走るブルージェイズも投手陣が
心許ない。



レッドソックスは現在36勝43敗。
非常に微妙な状況だが、7月末のトレード
期限までに勝率5割を越えていれば、
先発陣の補強を行うだろう。



ともあれ、今年も上原、田澤にかかる負担は
かなり大きい。2年連続で大車輪の活躍を
見せる2人だが、39歳の上原にはさすがに
酷というもの。



やりくり上手のファレル監督も頭が
痛いところだ。

上原 田澤 大車輪 


【2】編集後記

先ほど、トム・クルーズの新作映画

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

のチケットを予約しました。

今晩先行上映なので、観てきます^^

50歳を超えても、いまだにキレのある

アクションで、ファンを魅了する

トム・クルーズ。

体もストイックに、かなり鍛えています。

いやいや、こんな50歳を目指したい

ですね~。


レッドソックスの誤算 その1【ジャッキー・ブラッドリーJr】野球人No.519

Jackie Bradley, Jr 誤算4 

【1】今日の野球人
[選手名]ジャッキー・ブラッドリーJr
[ポジション]センター
[チーム]ボストン・レッドソックス
[背番号]25
[生年月日]1990/4/19
[2014年シーズン年俸]48万ドル




2013年の覇者、レッドソックス。
前年度(2012年)は最下位ながら、見事に
頂点まで上り詰めたシーズンだった。

John Farrell 戦力分析 

しかし、今シーズンは苦しい戦いが
続いている。6月27日現在、36勝43敗
東地区4位。中でも5/15から5/25で、
悪夢の10連敗を喫した。この間、
やる事なす事、全てが裏目に出ていた。



そこで、3日間に渡って
『レッドソックスの誤算』と題し、
低迷の原因を探ってみたい。



昨年末、俊足巧打のトップバッター
ジャコビー・エルズベリーが、FAで
チームを去った。



年間50盗塁は確実な脚力と、シュアな
打撃。そして抜群の身体能力を生かした
広い守備範囲で、長きに渡ってレッドソックス
を支えた選手だった。

Jacoby Ellsbury 契約4  

しかし、怪我が多いという欠点を持っており、
GMであるベン・チェリントンは、深追いは
せず、愚かなマネーゲームからは身を引いて
いた。



深追いしなかった理由はもう一つある。
チーム期待のトッププロスペクトである、
ジャッキー・ブラッドリーJrが、控えていた
からだ。

Jackie Bradley, Jr 誤算3 

エルズベリーに負けず劣らず優れた身体能力を
持ち、さらには抜群の選球眼を備えている。
今後、チームの核弾頭に定着するだろうと
見られていた。



だが、その目論見は外れ、ブラッドリーは
開幕から低空飛行を続けている。打率は
2割そこそこで、三振の数も急増中。
メジャーの投手に対応できていないのは
明らかだ。



ブラッドリーの保険として獲得した
サイズモアも、開幕当初は打棒が爆発
したものの、段々と尻つぼみに・・・。

Grady Sizemore フィリーズマイナー4 

この2人がセンターを交互に守っていたが、
とてもエルズベリーの代役は務まっていない。
ついにサイズモアは先日、解雇されて
しまった(その後、フィリーズとマイナー
契約)。



監督であるファレルは、辛抱強く
ブラッドリーを起用し続けているが、
まだまだメジャーのレベルに適用できて
いない。ここ最近は9番センターが指定席だ。



ただ今後、チームの柱になる選手である事には
間違いない。高いポテンシャルを秘めており、
今は我慢の時期。不動の核弾頭に定着する為、
1打席でも多く経験を積まねばならない。

Jackie Bradley, Jr 誤算2  

中途半端な選手を補強せず、
このまま辛抱強くブラッドリーを
育ててほしい所だが・・・。





【2】編集後記

今週末は子供と『レゴ』

買いに行きたいと思います。

僕自身も、いまだに『レゴ』が

好きです(笑)

創造力が養われますし、

なによりもワクワクします。

クリエーター魂に火が付きますね^^

『New リンスカム』によるノーヒッター【ティム・リンスカム】野球人No.518

Tim lincecum no hitter3 

【1】今日の野球人
[選手名]ティム・リンスカム
[ポジション]ピッチャー
[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ
[背番号]55
[生年月日]1984/6/15
[2014年シーズン年俸]1700万ドル




現地時間25日、ジャイアンツの右腕
ティム・リンスカムが、自身2度目の
ノーヒッターを達成した。



打者28人に対し113球
 被安打0 四球1 奪三振6


といった内容だった。

Tim lincecum no hitter4 

リンスカムは昨年の7月にも、今回と
同じパドレスを相手にノーヒッターを
達成している。



しかし投球内容は、前回と全くと言って
いいほど違っていた。



前回は打者32人に対して148球を投げ、
13奪三振 4四球 1死球
 という、
パワーピッチング。要所要所で95マイル近い
4シームで、ガンガン三振を奪った。



今回は直球がほとんど90マイルに満たず、
奪った三振はわずか6つ。サイヤング賞を
獲得したころのリンスカムからは程遠い姿だ。

Tim lincecum no hitter 

しかし、変化球が冴えていた。
特にスライダーとチェンジアップがキレて
おり、パドレス打線を手玉に取った。



ここ最近のリンスカムは、このスライダーと
チェンジアップが生命線
と言っても過言では
ない。この2つの球種の制球が悪ければ、
滅多打ちにあう。



平均球速が目に見えて落ちてきており、
限界説が囁かれていたリンスカム。だが
今回の投球内容を見ると、技巧派への
モデルチェンジ
がスムーズに進んでいる、
という事か。



昨年オフ、2年3500万ドルで契約を
延長した際は多くの関係者が首をかしげた。
『馬鹿げた契約』とさえ、書かれた。



今回のノーヒッター劇で、GMのセイビアンが
誰よりも喜んでいるのでは・・・。


Tim lincecum no hitter2 


【2】編集後記

トレーナーと共に肉体改造を開始して、

5か月。少しずつですが、成果が出て

きました。

やはり大切なのは食生活だなぁと

つくづく感じています。

何をどのように食べればよいのか、

ずっと手探りでしたが、最近

少しだけわかってきました。

1.毎回、食事前にプロテイン

2.副菜を3~4品

3.汁物

3.肉or魚を1品

4.炭水化物を少々(夜は炭水化物なし)

を、この順番で食べています。

1日の摂取エネルギーは

2200Kcal 以内、

タンパク質の摂取量は、

120g以上。

それにしても2200Kcalって、

もの凄く少なく感じます(笑)

6パック(腹筋を6つにわる事)

までもう少し。頑張ります!

今のところは、『無難』!?【ロビンソン・カノ】野球人No.517

Robinson Cano 前半戦 

【1】今日の野球人
[選手名]ロビンソン・カノ
[ポジション]セカンド
[チーム]シアトル・マリナーズ
[背番号]22
[生年月日]1982/10/22
[2014年シーズン年俸]2400万ドル




サッカーの本田圭佑選手は、イタリアの名門、
ACミランに入団した。背番号は10。
自らエースナンバーを希望した。



しかし結果は2得点と、不満の残るかたちで
シーズンを終えた。イタリアのメディアも
本田に対して終始、厳しい評価であった。



やはり『鳴り物入り』で入団した選手は、
凄まじいプレッシャーと戦わねばならない。
よくアスリートは、インタビューで

『重圧を前向きなエネルギーに変えます』


と言うが、言葉で言うほど簡単でない事は、
当の本人が一番よくわかっているだろう。



今シーズン、マリナーズと
10年2億4000万ドルで契約した
ロビンソン・カノ。



多くの物議を呼んだこの契約。まさに
『鳴り物入り』でマリナーズに入団した。

Robinson Cano 戦力分析 

マリナーズは弱小チームなだけに、そこまで
メディアからの注目はないものの、
なにせこの契約だ。もし、期待を裏切るような
成績であれば、マスコミの格好の餌食となる。



開幕から多くの注目を集める中、現在

打率.330 4本塁打 43打点 93安打
OPS.830


といった成績。打率はア・リーグ2位。
まぁ、まずまずといったところか。
マリナーズのユニフォームも、見慣れて
きた。

Robinson Cano 前半戦3 

オールスターの投票でも、二塁手部門で
トップを走っている。6月22日の段階で
200万票以上集め、2位のキンズラーに
大差をつけている。



チームの方も『カノ効果』からか、好調を
維持している。首位のアスレチックスには
及ばないものの、ワイルドカード狙いでの
プレーオフも夢ではない。



とは言うものの、10年契約の1年目。
この契約が成功だったか失敗だったか
という判断は、まだまだ先の話。
現状は、『マスコミから文句を言われない』
程度の成績か。



チームをプレーオフに導くような事になれば、
『チームの救世主』という評価が得られる
かもしれないが・・・。

Robinson Cano 前半戦2 



【2】編集後記

サッカーの日本代表、惜しくも

一次予選敗退・・・。

やはり世界の壁は厚いですね。

本田選手の鮮やかなゴールが

見たかったのですが・・・。

ブラジル人初のメジャーリーガー【ヤン・ゴームズ】野球人No.516

Yan gomes 追加 

【1】今日の野球人
[選手名]ヤン・ゴームズ
[ポジション]キャッチャー
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]10
[生年月日]1987/7/19
[2014年シーズン年俸]55万ドル




連日熱戦が続く、サッカーワールドカップ。
我ら日本代表は現地時間25日、コロンビアと
対戦する予定。



それにしても、開催国ブラジルのサッカー熱は
凄まじい。サッカーは、ブラジル国内で最も
人気のあるスポーツだ。これまでワールド
カップで5回優勝。この数字はもちろん
世界最多。



サッカーは、純粋な『身体能力』が非常に
問われる競技。なにせ90分以上に渡って
フィールドを、全力疾走で駆け回るのだ。
この運動量はもの凄い。農耕民族の我々と、
狩猟民族との差を埋めるには、まだまだ時間が
必要なのかもしれない。



かたやブラジルでの野球人気はと言うと・・・
残念ながら、全くない。隣国のベネズエラや
コロンビアでは野球人気が高く、メジャー
リーガーを続々と輩出しているのだが。

Yan gomes ブラジル初5

そんな中、初のブラジル人メジャーリーガーが
活躍中だ。そう、インディアンズの
ヤン・ゴームズだ。



ブラジルで生まれ、12歳で両親と共に
アメリカに移住。ブラジルに住んでいた
小学生の頃、父の友人が野球のコーチ
をしており、野球をプレーする事に。

Yan gomes ブラジル初


昨シーズンは、ブルージェイズから
インディアンズにトレードで加入。
当初は控え捕手であったが、
メキメキと頭角を現わす。特に、
ノーステップ打法から繰り出す打撃は、
非常にパンチ力がある。下位打線に
座るゴームズは、相手投手からすると、
とても厄介な存在だ。

Yan gomes ブラジル初3

守備面においても堅実だ。
キャッチング、ブロッキング、スローイングも
平均以上。投手陣からも信頼を得ており、
リードも徐々に向上中。インディアンズの
正捕手はサンタナだったのだが、守備に
難があった為、ゴームズがあっという間に
奪ってしまった。



今シーズン初めには、6年2300万ドル
(+2年オプション)という契約を結んだ
ゴームズ。今やチームに不可欠な存在と
なった。

Yan gomes ブラジル初2

ゴームズの活躍で、ブラジル国民も
少しだけ野球に興味を持ってくれただろう。
早速昨年のオフ、ゴームズは生まれ故郷で
野球教室を開催したそうだ。



メジャーリーガー第2号を期待したい。




【2】編集後記

私は、子供の頃から『アウトドアグッズ』

が好きです。

アウトドアでバーベキューをしたり、

釣りをする事ももちろん好きですが、

それよりも、テントや、ランタン、

シュラフ(寝袋)といったグッズを

集めるのが好きなんです^^;

子供がもう少し大きくなったら

グッズ集めだけでなく、

一緒にキャンプを楽しみたいです(笑)

強いパドレスの復活を・・・【オマー・ミナヤ】野球人No.515

Omar minaya バーンズ解雇2 

【1】今日の野球人
[選手名]オマー・ミナヤ
[チーム]サンディエゴ・パドレス

※現パドレス・フロント



日本を代表するメーカー、SONY。



1960年代以降の高度経済成長期に、
SONYは革新的な製品を世に出し続けた。
なかでも『ウォークマン』は、世界中の
音楽愛好家から支持を得た。アップルの
生みの親である、故スティーブ・ジョブズで
さえも、かつてはファンの一人であった。


しかし、悲しいかな、今は見る影もない。
韓国勢の台頭により、液晶テレビやPC部門で
惨敗。現在SONYは窮地に立たされている。



SONYを始め、日本の多くの家電メーカーは
『組織改革』という看板を掲げ、再建に必死に
取り組んでいるのだが・・・。



ここ数年、低迷が続いている
サンディエゴ・パドレス。



今シーズンもナ・リーグ西地区で、
ダイヤモンドバックスと最下位争い
演じている。更には先日、地元の英雄である
トニー・グウィンが死去。暗いニュース
ばかりが続く。



このチームも現在再建の真っただ中だ。
しかし、球団の身売り話も出ており、内部は
非常にゴタゴタしている。状況的には、
『前向きな再建』とは言えないだろう。

San Diego グウィンロス2

そして現地時間22日、パドレスは、
球団副社長兼GMのジョシュ・バーンズを
解雇した、と発表した。



バーンズはハーバード大学出身の超インテリ。
レッドソックスやインディアンズで名GMと
呼ばれた人物の元で修行を積み、非常に
優秀な人物ではあったのだが・・・。

Josh Byrnes 監督特集

さすがにこの状態でチームを任されるのは、
少々酷だったのかもしれない。



後任のGMは、オマー・ミナヤ。
かつてエクスポズ、メッツのGMを
務めた男だ。

Omar minaya バーンズ解雇

ただ、GMの首をすり替えて解決する
問題なのだろうか。まずは身売り問題を
解決し、球団の基盤をしっかりと固めて
頂きたいところだが・・・。



前述のSONY同様、チームの大改革を行う
必要のあるパドレス。天国のグウィンも
強いパドレスの復活を望んでいるだろう。





【2】編集後記

まだ6月なのに、寝苦しい夜が

続いています^^;

夜クーラーをつけて寝るのは、

まだ早いかなと思いつつも


ついつい・・・。

あぁ~、避暑地に遊びに

行きたいです・・・(笑)



問い合わせ殺到の先発右腕【ジェフ・サマージャ】野球人No.514

Jeff Samardzija トレードの噂 


【1】今日の野球人
[選手名]ジェフ・サマージャ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]シカゴ・カブス
[背番号]29
[生年月日]1985/1/23
[2014年シーズン年俸]534万ドル





昨日に引き続き、トレードの噂をもう一つ。
ここ最近、カブスのジェフ・サマージャの
周辺が騒がしくなってきた。



29歳のサマージャは、昨シーズン200奪三振
クリアした剛腕投手である。大学時代から
超有望株として注目され続け、フットボール
でもスーパースターであった。

Jeff Samardzija フットボール 

カブスに入団後はしばらく伸び悩んだが、
2012年に先発転向後、才能が開花。
カブスのエースにのし上がった。



サマージャのスタイルはまさにパワー
ピッチング。平均球速94マイルの4シーム
ガンガン押し、時折スライダーを織り交ぜ、
最後はスプリッターでとどめを刺す。



昨年、4シームの平均球速が先発6位。
スプリッターも空振り率が高い。ただ、
まだまだピッチングが荒削りで、被本塁打
も多い。パワー一辺倒になる事が多く、
崩れる時はあっけない。

Jeff Samardzija トレードの噂4 

もちろん素材的には『超一級品』である為、
もう少し先発の経験を積めば球界を代表する
エースになれる投手だ。



そんなサマージャに、ヤンキースが猛烈に
アプローチをかけているとの事。



ご存知のように、ヤンキースの先発陣は
火の車状態。昨日も先発左腕のヌノが
ノックアウトされ、頼れる先発は、田中と
黒田だけである。先発の補強は急務だ。

Nuno ノックアウト 

かたや、再建真っ只中のカブスにとって、
サマージャは最高の『カード』である。
サマージャを欲しがっている球団は、
ヤンキースだけではない。



カブスの球団社長は、『超やり手』のセオ・
エプスタインだ。抜群の交渉力で、相手から
最高級の有望株を引き出そうとするだろう。



今年のトレードデットラインは、どうやら
サマージャが『主役』になりそうだ。

Jeff Samardzija トレードの噂2 




【2】編集後記

最近、子供が

『烈車戦隊トッキュウジャー』

にはまっています。

私も一緒に見ているのですが、

戦隊シリーズは、昔から一緒ですね^^

違いといえば、役者がものすごく

イケメンな事ですかね!(笑)

元MVP遊撃手に、トレードの噂【ジミー・ロリンズ】野球人No.513

Jimmy Rollins トレードの噂 


【1】今日の野球人
[選手名]ジミー・ロリンズ
[ポジション]ショート
[チーム]フィアデルフィア・フィリーズ
[背番号]11
[生年月日]1978/11/27
[2014年シーズン年俸]1100万ドル





かつてナショナルリーグ東地区を牛耳って
いた、フィアデルフィア・フィリーズ。



2007年から5年連続で地区優勝を果たし、
2008年にはワールドチャンピオン
輝いた。



しかし悲しいかな、現在はメッツと最下位
争いを演じている。なかでも主力選手の
高齢化は深刻だ。若手がなかなか育たず、
黄金時代を築いたロリンズ、アトリー、
ハワード等がいまだにラインナップに
並んでいる。



間違いなく彼らは

『Legend Player
(伝説のプレイヤー)』
だ。

Jimmy Rollins トレードの噂4

多くの選手たちから尊敬を得ており、超一流の
域に達した選手だ。しかし三人とも30代後半に
入り、目に見えて成績が落ちてきている。
かつての姿はもうない。



そんな中、レジェンドの一人である
ロリンズに、トレードの噂が浮上した。
相手はヤンキースである。

Jimmy Rollins トレードの噂2 

今シーズンもヤンキースは故障者続出。
なかでも先発不在は深刻で、現在ルーキーの
田中の一人頼みという状況。さらには内野手も
かなり手薄である。



ヤンキースの狙いとしては、ロリンズを
ジーターのバックアップを務めながら、
セカンドかサードでスタメンで、といった
ところか。



ただ、ロリンズのショートの守備範囲もかなり
狭くなってきており、
かつての名手の面影は
もうない。ロリンズはメジャー昇格後、ずっと
ショートを守ってきた(セカンドでの試合
出場は1試合のみ)。トレードを機に
コンバート、いう事も大いにあり得る。

Jimmy Rollins トレードの噂3 

ともあれフィリーズとしては願ってもない
チャンス。フィリーズ一筋のフランチャイズ
プレイヤーを失うのはとても辛い事だが、
高年俸ベテランと引き換えに、有望株を
獲得できる。



ベテランが大好きなアマロGMだが、
今年の夏はトレードに動くのか?そろそろ
本格的な再建モードにシフトを切り替えても
よいと思うのだが・・・。








【2】編集後記

昨日は妻と共に洋服整理。

着なくなった服が山のように・・・^^;

捨てるもの、売るもの、残すもの、

厳選なドラフトを行いました(笑)

引き続き日曜日もドラフト会議を

行います!

お調子者が魅せた!『逆転サヨナラ満塁ホームラン』【ニック・スウィシャー】野球人No.512

Nick Swisher grand slam4 

【1】今日の野球人
[選手名]ニック・スウィッシャー
[ポジション]ファースト、DH
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]33
[生年月日]1980/11/25
[2014年シーズン年俸]1500万ドル





連日盛り上がる、サッカーのワールドカップ。



我ら日本代表は昨日、ギリシャと対決。
だが、惜しくも0-0の同点という結果に
終わり、一次リーグ突破が少々厳しい展開に
なってきた。



当たり前だが、サッカーという競技は、
1ゴール1得点。



得点するのは至難の業だ。敵陣に深く
切り込み、10人の敵をくぐり抜け、
さらには11人目のゴールキーパーをも
クリアしなければならない。

ワールドカップ本田  

昨日の試合でも、惜しい場面が多々あったが、
敵のディフェンスも硬く、1本が遠かった。
次戦はコロンビアと対決するが、鮮やかな
ゴールを期待したい。



ベースボールという競技は、最大で
4得点入る。そう、

『Grand slam(満塁ホームラン)』

というやつだ。
相手を一気に引き離す満塁弾もあれば、
ドラマチックな逆転満塁弾もある。



現地時間19日、クリーブランドで行われた
エンゼルス対インディアンズ戦で、久々に
鳥肌の立つ一発が飛び出した。



魅せたのはこの男。常にハイテンションの
お調子者、ニック・スウィッシャーだ。

Nick Swisher grand slam 

先発のマスターソンとウィルソンが、共に
1失点の好投。1-1の同点のまま延長戦に
突入。10回表にエンゼルスが2点追加し、
待望の勝ち越し。このまま逃げ切るかと
思われたが、その裏に大逆転劇が待っていた。



ヒットとフォアボールで満塁のチャンスを
つくり、打席にはスウィッシャー。この日
3三振と全く当たっていなかったが、見事に
やってのけた。



92マイルの速球を振り抜き、打球は右中間
スタンドへ。逆転サヨナラ満塁ホームランだ。

Nick Swisher grand slam3

常にハイテンションな男が、更に
ハイテンションになっていた。試合終了後の
インタビューも、興奮しまくっており、あまり
聞き取れず・・・。



これだからベースボールは面白い。
土壇場で試合をひっくり返す、カウンター
パンチ。試合は最後までわからない。
日本代表も、次戦のコロンビア戦で、
奇跡の逆転サヨナラ満塁ホームランを
期待したい。まだまだドラマを作って
くれるはずだ。






【2】編集後記

4月にロサンゼルスから輸入した

10kgのプロテインが

そろそろ少なくなってきました。

我が家に10kgの特大バケツが

到着した際は、かなりびっくり

しましたが(笑)


妻に文句を言われそうですが、

また買おうと思います・・・。

『準』完全試合【クレイトン・カーショウ】野球人No.511

Clayton Kershaw no hitter2 


【1】今日の野球人
[選手名]クレイトン・カーショウ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ロサンゼルス・ドジャース
[背番号]22
[生年月日]1988/3/19
[2014年シーズン年俸]2200万ドル





2011年、2013年のサイヤング投手、
クレイトン・カーショウが現地時間18日、
ロッキーズ戦に先発登板。9回を無安打、
無四球、15奪三振という完璧な投球を披露。
見事ノーヒットノーランを達成した。



惜しむべくは、7回。
先頭打者のコリー・ディカーソンの打球を、
遊撃手のハンリー・ラミレスが送球エラー。
結果的にはこの失策により、完全試合を
逸してしまった。四死球もゼロだった為、
『準』完全試合と言えよう。

Clayton Kershaw no hitter1

ともあれ、圧巻の投球だった。
95マイル近い4シームに、落差の大きい
カーブと、切れ味抜群のスライダー。
女房役のエリスもリードが冴えた。
終わってみれば15奪三振。強打の
ロッキーズ打線を手玉に取った。

Clayton Kershaw no hitter3 

今シーズンは、不安なスタートであった。
オーストラリアでの開幕戦に登板した後、
左肩の肩甲骨付近の筋肉を痛め、故障者リスト
入り。1月には7年契約を結んだばかり。球団
としてはヒヤヒヤもの。



まぁ、昨日の投球を見る限りは、完全復活と
見て大丈夫だろう。



ちなみに今回、カーショウは自身初の
ノーヒットノーラン。
『あれ?カーショウって、初めてだったんだ』
と感じたファンも多いはず。そのぐらい、
カーショウの実力は飛び抜けており、過去に
達成した事があった様に思えてしまう。



今回惜しくも完全試合を逃してしまった
ものの、カーショウほどの投手であれば、
今後もチャンスある。



夏場を迎えナ・リーグ西地区は、いよいよ
ジャイアンツ対ドジャースの一騎打ちの
様相を呈している。やはり西海岸は、
この2チームが強くないと面白くない。

DonMattingly.jpg

今季はベケットに続き、早くも2度目の
ノーヒットノーラン
を達成したドジャース。
選手の士気は最高だ。かたや、首位を
走るジャイアンツは現在5連敗中。



ここから熾烈な争いが始まる。





【2】編集後記

連日盛り上がっているサッカーの

ワールドカップ。

昨年の覇者で大本命のスペインが、

まさかの1次リーグ敗退。

早速マスコミの戦犯さがしが

始まっているようですね。

メジャーリーグもそうですが、

やはり連覇というのは本当に

難しいです。

昨年のワールドチャンピオン、

レッドソックスも今季は低調ですし。

わたしもサッカーには疎いですが(笑)、

にわかファンとして、日本を応援してます!

『グウィン・ロス症候群』【サンディエゴ・パドレス】野球人No.510

San Diego グウィンロス 


【1】今日のチーム

サンディエゴ・パドレス






今から13年前の2001年。
9.11の同時多発テロが起こった年である。



MLBに目を向ければ、イチローがデビュー
した年であり、ヤンキースの世界一連覇が、
3年で途切れた年であった。



そして更に、偉大な2人のプレイヤーが
引退した年でもあった。
そう、カル・リプケンJrと、
先日死去したトニー・グウィンだ。

Cal Ripken グウィンロス

不滅の連続試合出場記録を作ったリプケンと、
7度の首位打者に輝いたグウィン。
同じ1960年に生まれ、41歳までプレーを
続けた2人。6年後の2007年には、
資格1年目にして、2人揃って野球殿堂入り
をする。
.
Tony Gwynn 死去

そして彼らは、球団を代表するフランチャイズ
プレイヤーでもあった。トップクラスの成績を
残し、同一球団で骨をうずめるというのは、
今ではもう珍しくなってしまった。



フランチャイズプレイヤーと言うのは、
成績だけでなく、ファンからも『愛され』
なければならない。



皮肉にも、彼らを失ったオリオールズと
パドレスは、話題の乏しいチームになって
しまった。『リプケン・ロス症候群』であり、
『グウィン・ロス症候群』とも言えよう。



ただ、オリオールズに関しては、ここ数年で
やっと『リプケン・ロス症候群』を克服した
ように見える。デュケットGMと、
ショーウォルター監督のチーム改革が、
やっと実を結び始めてきた。
アダム・ジョーンズや、クリス・デービス、
マニー・マチャド等、客を呼べる選手たちが
台頭してきた。

adam jones グウィンロス

一方、パドレスに関しては、球団の身売り話も
出ており、暗いニュースばかりだ。もちろん、
グウィンや長年クローザーを務めたホフマンの
ような、客から愛されるような選手は出てきて
いない。



人気がない⇒収入が減る⇒選手を補強できない
⇒弱くなる⇒ますます人気がなくなる⇒



といった、お決まりの『負のスパイラル』
陥っている。



『パドレスと言えば、グウィン』
正直なところ、これがいまだにファンが
持つイメージだろう。英雄は13年前に
引退してしまったというのに・・・。



そして先日、英雄はこの世を去った。
生前、グウィンはパドレスに対して、
どの様な想いで見守っていたのだろうか。

San Diego グウィンロス2

サンディエゴは気候も温暖で、治安よく、
とても良い街だ。再び、サンディエゴの街に
ベースボールの活気を取り戻す為にも、
パドレスの若き獅子たちに期待したい。





【2】編集後記

今週末も天気が崩れるようですね。

子供たちはずっと家にいると、

パワーが有り余ってしまいます^^;

晴れていれば、公園で思いっきり

遊ぶ事ができるんですが・・・。

今週末、どうやって子供たちの

相手をするのか、早めに考えて

おかないと・・・(苦笑)

天才打者よ、安らかに・・・【トニー・グウィン】野球人No.509

Tony Gwynn 死去5 

【1】今日の野球人
[選手名]トニー・グウィン
[チーム]サンディエゴ・パドレス
[背番号]19
[生年月日]1960/5/9





現地時間6月16日、サンディエゴが
生み出した天才打者、トニー・グウィンが
この世を去った。享年54歳。あまりにも
早すぎる死に、多くの野球関係者や
ファンたちが、哀しみに暮れた。



2010年に唾液腺がんを患っている事を
発表し、闘病生活を続けていたグウィン。
メジャー通算3141安打、首位打者8度
天才打者も、病に勝つ事はできなかった。



グウィンのバッティングは、本当に柔らかく、
しなやかで、無駄のないフォームだった。
通算打率はなんと.338。メジャー20年で
打率3割を下回ったのは1度のみ。メジャー
1年目のシーズンだけである。引退した年も
.324。
3割2分以上打って引退を決断する
打者など、グウィンぐらいだろう。

Tony Gwynn 死去7 

引退後は、サンディエゴ州立大学の
監督に就任。ナショナルズの金の卵、
スティーブン・ストラスバーグや、
インディアンズのエース、ジャスティン・
マスターソン等を指導した。



パドレス一筋のフランチャイズプレイヤーで
あり、引退後も地元の大学で指導していた、
まさに『サンディエゴの英雄』。
サンディエゴのファンたちは、とても偉大な
英雄を失ってしまった。私自身、最も好きな
打者の一人だった。人柄の良さもまた、
魅力的だった。

Tony Gwynn 死去9  

グウィンの偉大さを物語るエピソードを
ひとつ。



90年代中盤、強打の捕手として名を馳せた
マイク・ピアッツァ。この男もまた、グウィン
に負けず劣らず、抜群のバットコントロールを
備えた打者だった。



そしてピアッツアは、当時グウィンと熾烈な
首位打者争いを繰り広げた、良きライバルで
あった。しかし、ピアッツア本人は、
『グウィンと競う事は馬鹿げている』
コメントしていた。



その理由を聞かれると、こう答えたそうだ。

Tony Gwynn 死去 

『だって、そうだろう。グウィンはホーム
プレートの上を通る球だったら、弱点なんて
どこにもないんだから。はなっから、
かなうわけないんだよ。』




本名、アンソニー・キース・グウィン。
天才打者よ、安らかに。

Tony Gwynn 死去3 



【2】編集後記

昨日、グウィン死去のニュースを

目にした時、さすがに凹みました・・・。

野茂英雄の伝家の宝刀、フォークボールを

いとも簡単にすくい上げ、センター前に

運ぶ姿は驚異的でした。

そんなグウィンも、プライベートでは

野茂の事を大変気に入っており、

『おれはノモのファンだ!』と

フレンドリーに接する姿も印象的でした。

May his soul rest
in peace...


(ご冥福をお祈り致します)



ビリー・ビーンの目利き【ビリー・ビーン】野球人No.508

Billy Beane 目利き20142 

【1】今日の野球人
[選手名]ビリー・ビーン
[チーム]オークランド・アスレチックス
[生年月日]1962/3/29

※現アスレチックスGM




オークランド・アスレチックスが絶好調だ。



6/15現在で42勝27敗。もちろん、
アメリカンリーグ西地区のトップである。
2位のエンゼルスとは、4.5ゲーム差を
つけている。今
シーズンの年俸総額は
8232万ドル。これはメジャー第26位で、
またもや薄給チームがやってくれている。



やはりこの男のチーム作りは天才的だ。
『世界で一番有名なGM』こと、
ビリー・ビーンだ。

Billy Beane 目利き2014 

今さらビーンの手腕を語るのも、もはや
ナンセンスかもしれない。しかしここ数年、
特に投手の補強に関しては、素晴らしい
成功率だ。



まず昨年のバートロ・コロン。



40歳の大ベテランと300万ドル
再契約。そこそこ働けばもうけもの、
といった程度だったが、なんと18勝
マーク。

bartolo colon 2年契約

昨年末にコロンはFAとなったが、ビーンは
もちろん再契約せず。結局コロンは、
メッツと2年2000万ドルという、41歳に
しては破格の契約を勝ち取った。



今シーズン、メッツでそこそこ投げてはいる
ものの、とても契約に見合った内容ではない。
ビーンにしてみれば、41歳のコロンに
300万ドル以上の価値はないという事
だろう。



そこでビーンが代わりに目を付けたのが、
インディアンズで復活を遂げた
スコット・カズミアー。

scottkazmir.jpg

2007年にレイズで奪三振王に輝いた事も
ある左腕だ。一時は天才左腕という評価で
あったが、その後左肩の故障により低迷。
2012年は独立リーグで投げていた。
しかし昨年、見事復活を遂げ、インディアンズ
のプレーオフ進出の立役者となった。



ビーンが提示した金額はなんと、
2年2200万ドル。貧乏球団
アスレチックスにとって、この金額は
とんでもない大金である。



この契約はアスレチックスにとって、
とてもリスキーな契約である。契約年数は
2年に抑えられてはいるものの、カズミアーが
機能しなければ、台所事情は一気に苦しく
なる。それも、左肩に故障歴がある投手だ。

Billy Beane 目利き201423 

結論から言えば、現状、カズミアーの補強は
大成功を収めている。

6/15現在で14試合に先発し、

8勝2敗 防御率2.05 72奪三振
被打率.206 WHIP 0.98


奪三振率はやや下がったものの、変化球が
昨年以上にキレている。好調アスレチックス
投手陣のエース的役割をはたしている。


Scott Kazmir 絶好調 

やはり、ビーンの目利きは素晴らしい。
もしかしたら、また新たな『評価基準』
編み出したのかもしれない。



ただ、カズミアーは相変わらず左肩に
不安がある。もしかしたらビーンの頭の中
では、カズミアーの活躍はそう長くはないと
踏み、価値が上がったカズミアーをトレード
の駒
に使うかもしれない。



独走するアスレチックスだが、ビーンの
次の一手が楽しみだ。




【2】編集後記

元F1レーサーで、史上最多の7度の

チャンピオンに輝いた

ミハイル・シューマッハ氏。

ご存知のように、昨年末、スキーを

楽しんでいる最中に転倒。頭を強打し、

半年以上昏睡状態でした。

ずっと危険な容態が続いていましたが、

昨日、病院を退院したとのニュースが。

詳しい情報はまだわかりませんが、

とりあえずホッとしました・・・。

『すねに傷』を持つ男【ロニー・チゼンホール】野球人No.507

 Lonnie Chisenhall 過去の過ち5 

【1】今日の野球人
[選手名]ロニー・チゼンホール
[ポジション]サード、ファースト
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]8
[生年月日]1988/10/4
[2014年シーズン年俸]48万ドル




アメリカ人は、『再起のストーリー』
大好きだ。



特に過去の過ちを償い、新たなる一歩を
踏み出そうとしている若者に対しては、
惜しみないエールを送る。



それがアスリートとなれば、尚更だ。
ここ数年で最も称賛を浴びたストーリーと
言えば、やはりジョシュ・ハミルトンだろう。

hamilton2.jpg

ドラック地獄から這い上がり、メジャー屈指の
スラッガーへと登り詰めた。このあまりにも
ドラマチックなストーリーは、今後映画化
される予定だ。




そしてもう一人、過去の過ちから決別しようと
している男がいる。



そう、インディアンズの三塁手、
ロニー・チゼンホールだ。
2008年にドラフト1順目で入団した、
球団期待のトッププロスペクトである。

Lonnie Chisenhall 過去の過ち6 

マイナー時代から、穴のない打撃で長打を
連発。バットスピードも速く、将来的には
メジャーで5、6番あたりを打てる打者として
期待されていた。



しかしこの男もまた、『すねに傷』を持って
いる。



サウスカロライナ大学の1年時に、仲間と共に
寮に侵入。ノートパソコンやゲーム機などを
盗み出したのだ。



この事件はすぐに発覚し、チゼンホールは
あえなく逮捕。6か月の保護観察処分が
言い渡された。その後、大学から退学処分と
なり、ピット・コミュニティカレッジという
短大に転校。そこで野球を続け、なんとか
インディアンズのスカウトの目に留まった、
という訳だ。



そんな過去を持つチゼンホールだが、
今シーズン、絶好調。ここ数年、期待
されながらも伸び悩んでいたのだが、
いよいよブレイクの兆しが見えてきた。

Lonnie Chisenhall 過去の過ち2 

6/14現在で

175打席 66安打 打率.377
7本塁打 32打点 OPS.1.022


まだ規定打席には達していないものの、
フランコーナ監督からの信頼も、日に日に
増してきた。



先日6/9の試合では、3本塁打を含む、
5打数5安打9打点
の大爆発。バットが、
打ち出の小づちと化した。ちなみに
その試合で使ったバットは、野球殿堂に
飾られることになった。



現在チゼンホールは、過去の自分が犯した罪を
償い、批判を真摯に受け止める覚悟だそうだ。
そして何よりも、すねに傷のある身であり
ながらも、1順目で指名してくれた
インディアンズに対しては、一生頭が
上がらないだろう。



まだ25歳。名誉挽回するチャンスは、
これから山ほどあるだろう。

Lonnie Chisenhall 過去の過ち 



【2】編集後記

昨日は父の日でした。

親子で幼稚園のイベントに参加し、

炎天下の中、一緒に遊びまわりました。

親子共々、かなり疲れましたが、

とても良い思い出となりました。

これからも子供たちと時間を

大切にしていきたいです。

リンスカムのモデルチェンジ【ティム・リンスカム】野球人No.506

Tim lincecum モデルチェンジ2 

【1】今日の野球人
[選手名]ティム・リンスカム
[ポジション]ピッチャー
[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ
[背番号]55
[生年月日]1984/6/15
[2014年シーズン年俸]1700万ドル




世界の名だたる企業家やIT専門家、
そしてコンピューターおたくが集う街、
サンフランシスコ。



身長180cmながら、体重は70kg台。
ヒョロッとした体型に、なで肩の後ろ姿。



ユニフォームを着ていない時のティム・
リンスカムはとてもじゃないが
メジャーリーガーには見えない。
色白で不健康そうな顔立ちは、
シリコンバレーによく馴染んでいる。



このリンスカムだが、ここ数年
コロコロとルックスが変わっている。
デビュー当時から、自分の世界に
こもるタイプで、当時から独特の
雰囲気を醸し出していたが・・・。



まずはデビューから、2012年辺りまでの
スタイル。

Tim lincecum モデルチェンジ3 

肩甲骨辺りまで伸びたロングヘア。
このインパクトのあるスタイルでデビューした
リンスカム。並み居る強打者たちから三振の
山を築き、2年連続サイヤング賞、3年連続
奪三振王
に輝いた。



そして昨年、自慢のロングヘアをバッサリと
切ってキャンプ地に訪れた。

Tim lincecum モデルチェンジ4 

7:3分けに、黒縁メガネ。
トレンディーなスタイルではあるが、
『オタクの香り』に拍車がかかった
ような・・・。



そして今シーズン。
リンスカムは、口ひげを蓄え始めた。

Tim lincecum モデルチェンジ 

サンフランシスコのファンからは、
あまり評判がよくないとの事。
童顔を隠す為、貫禄が欲しかったの
だろうか・・・。



肝心の成績の方だが、年を追うごとに
凋落傾向にある。昨年はノーヒット・ノーラン
を達成するなど、良い時のリンスカムは
手が付けられないのだが、チェンジアップと
スライダーの制球が悪い時は、滅多打ちに
される。



今シーズンも苦しい投球が続いている。
直球の平均球速が90マイルを下回りつつ
あり、
ルックスだけでなく投球スタイルも
本格的にモデルチェンジをせねばならない
時期に来ている。



ともあれ、個性豊かなキャラクターで
我々の目を楽しませてくれるリンスカム。
今日で30歳の誕生日を迎える。
野球選手として生きる事に、そこまで執着して
いなさそうな気もするが・・・。



まだまだマウンド上で、リンスカム・ワールド
を表現して頂きたい。

Tim lincecum モデルチェンジ5  






【2】編集後記

F1の老舗チーム、フェラーリが

F1レースから撤退するかもしれない

というニュースが。

※ニュースはこちら

確かに、今年F1は大きく変わりました。

私もマレーシアGPで観戦した際、

エンジン音の迫力のなさに、

正直がっかりしました。

そして何よりも、マシンが美しくない!

フェラーリが撤退することは、まずないとは

思いますが、ファンとしてはやはり今の

ルールの見直しをしてもらいたいですね^^;


タイガース王朝のほころび【ジャスティン・バーランダー】野球人No.505

Justin Verlander 不調2 

【1】今日の野球人
[選手名]ジャスティン・バーランダー
[ポジション]ピッチャー
[チーム]デトロイト・タイガース
[背番号]35
[生年月日]1983/2/20
[2014年シーズン年俸]2800万ドル



今年もアメリカン・リーグ中地区は、
タイガースが独走するとみられていた。



三冠王カブレラに、サイヤング賞投手が2人。
メジャー屈指のスター軍団に、他の4球団は
歯が立たないというのが、大方の予想。
案の定、タイガースはスタートダッシュに
成功し、一時は2位に5ゲーム差以上
離していた。



さぁ、ここから独走態勢、といった所だった
のだが、ここに来てズルズルと落ちてきた。



心配なのは、剛腕バーランダーだ。
2011年のサイヤング投手が、今シーズン
滅多打ちにあっている。14試合に先発し

6勝6敗 防御率4.61 WHIP 1.51
91イニング 67奪三振 四死球39


奪三振率が低下し、四球率が上昇
している。

Justin Verlander 不調 

原因は明らかに勤続疲労だろう。馬車馬と
言われたバーランダーだが、さすがにガタが
出てきた。下記、2006年からのイニング数
である。

2006年 186.0
2007年 201.2
2008年 201.0
2009年 240.0
2010年 224.1
2011年 251.0
2012年 238.1
2013年 218.1

軟投派のバーリーや、アローヨもかなりの
イニングを投げているが、バーランダーは
平均球速が95マイル近い。肩やひじにかかる
負担は相当大きいだろう。



バーランダーは不調だが、昨年のサイヤング賞
投手のシャーザーは今年も絶好調。6/12の
ホワイトソックス戦では、3安打完封。
バーランダーの不調をカバーしている。

Max scherzer 完封 

そんなシャーザーだが、今シーズン限りで
FAとなる。タイガースとしては何しても
引き留めたいところだが、状況としては
やや厳しい。



球団は、昨シーズンにバーランダーと
5年総額1億4000万ドル、今年に入り、
主砲のカブレラと8年2億4800万ドル
いう巨額契約を結んでしまっており、
財布に余裕はない。



資金力のあるタイガースではあるが、
ドジャースやヤンキースほど無尽蔵ではない。
今オフはマネーゲームとなる確立が高く、
そうなった場合はタイガースに勝ち目はない
だろう。



であればシーズン途中でのトレード、という
選択肢もあるが、おそらくその可能性は低い。
再建期からまだしも、優勝を狙うチームが
シーズン中にエースを放出するとは思えない。



先発投手が自慢のタイガースだが、ちょっと
不安が見え隠れしてきた。タイガース王朝が
崩壊する程とは思えないが、確実にほころび
見え始めた。

Brad Ausmus 投手交代  

背後にはホワイトソックス、インディアンズ、
ロイヤルズが忍び寄る。



アメリカンリーグ中地区は、群雄割拠の
時代に突入した。





【2】編集後記

先程、専属トレーナーから

LINEでメッセージが。

『腹筋がうっすらと割れてきたので、

夏までに仮面ライダーのような

腹筋にしましょう!』
 と・・・。

仮面ライダーって・・・。

仮面ライダー腹筋

さすがに、ここまでは嫌だなぁ・・・(笑)

プイグとモンデシー【ヤシエル・プイグ】野球人No.504

Mondesi and Puig 

【1】今日の野球人
[選手名]ヤシエル・プイグ
[ポジション]ライト
[チーム]ロサンゼルス・ドジャース
[背番号]66
[生年月日]1990/12/7
[2014年シーズン年俸]200万ドル




現在、メジャーリーガーの5人に1人が
中南米出身者だ。




ドミニカ共和国、キューバ、ベネズエラ、
プエルトリコ・・・、今や最も重要な
人材供給地域である。



抜群の身体能力に、ハングリーが精神旺盛な
メンタル。彼らは非常に明るく、開放的で、
楽天的だ。

Dominicana 気質 

ただ、負の側面もある。何しろ気分のムラが
激しい。また、時折プツっと集中力が途切れ、
ありえないポカをやらかす事も・・・。
まぁ、全てひっくるめて、これが中南米人の
魅力
と言えよう。



ロサンゼルス・ドジャースの暴れ馬、
ヤシエル・プイグ。



昨年彗星のごとくデビューし、瞬く間に
全米中のファンを虜にした。

YasielPuig10.jpg 

超がつくほどエネルギッシュなプレーは、
さすがラテン民族。今シーズンは2年目の
ジンクスが懸念されたものの、どこ吹く風。
開幕から打棒は絶好調。



6/11現在で

打率.329 11本塁打 40打点
OPS.997


という素晴らしい成績だ。



そしてこの男もまた『ザ・中南米人』。
グラウンド上でけでなく、私生活においても
Wild Horse(暴れ馬)。



度重なるスピード違反ならまだしも、最近では
マフィアとの癒着の噂まで出てきた。
これには球団側もかなり手を焼いている。



この男を見ていると、90年代にドジャースで
活躍したラウル・モンデシーを思い出す。
野茂英雄の同僚として、ご存知の方も多い
だろう。

Mondesi and Puig2 

モンデシーもプイグに負けず劣らず、最高級の
身体能力を持ち、エネルギッシュなプレーで
ファンを魅了した。さらには性格的にもムラが
激しく、超ファインプレーを見せたと思えば、
あり得ないエラーを犯す事も。



おそらく現地ロサンゼルスでは、プイグの
プレーに、かつてのモンデシーの姿重ねる
ファンも多いだろう。



ともあれ、プイグは間違いなく客を呼べる
アスリートだ。この男を観る為なら、少々
高い席を買う価値がある。



いつポカをやらかすか、といったスリル
味わわせてくれるのだから。

Mondesi and Puig3



【2】編集後記

映画『スティーブ・ジョブズ』が

やっとDVDになりました。

映画を見逃していたので、

ずっと見たい思ってました。

映画のキャッチフレーズは、

『最低な男が、最高の未来を創った』

まさしくその通りですね・・・(笑)

ジョブズのお世辞にも良いとは

言えない人間性と、天才的な

仕事ぶり・・・。

今週末、ゆっくりと楽しみたいです^^

Steve Jobs 映画

2014年 MLB 監督・GM特集編【GM総まとめ】野球人No.503

GM 総まとめ

【1】今日の野球人



30日間に渡ってお伝えした
監督・GM特集編。昨日は、
監督の総まとめ編という事でお伝え
させて頂いたが、本日はGMの総まとめを
していきたい。



スポーツチームのGMがここまで注目
されるようになったのは、間違いなく
『マネー・ボール』(マイケル・ルイス著)に
依るところが大きいだろう。

Billy and Brad 

元メジャーリーガーであるビリー・ビーンが、
低予算でアスレチックスを強くしていく
ドキュメンタリー。のちに映画化もされた。



ここでクローズアップされたのが、ご存知
『セイバーメトリクス』。統計学を用い、
選手のありとあらゆる能力を数値化していく
手法だ。



導入当初、ビーンは強烈な批判にさらされた。
しかし今や、セイバーメトリクスは野球界の
スタンダード
となってしまった。



成功するGMの特徴を上げたいところだが、
これがなかなか難しい。数年前であれば、
セイバーメトリクスを重視するGM、
昔ながらのスカウティングを重視する
オールドスタイルのGM、といった様な
カテゴライズができたのだが、今や
ほぼ全てのGMがセイバーメトリクスを
用いている。



ただ、トレンドはある。ここ数年、
ハーバードやマサチューセッツ等、
超一流大学の大学院を卒業したエリートが
多い。それもプロ未経験者だ。

Ben Cherington 2013off2 

※写真はレッドソックスGMのチェリントン。
 マサチューセッツを卒業したエリート。
 プロ経験はない。




当たり前だが、彼らは数字にめっぽう強く、
同時に昔ながらのオールドスタイルの評価法
に対しても、敬意を持って取り入れている。



また、自分で採用した監督と密な
コミュニケーションを取り、二人三脚で
チームを作り上げていく姿勢も特徴的だ。
彼らは、球団の進むべき方向をしっかりと
見極め、ブレないビジョンを持っている。



レイズのフリードマン、レッドソックスの
チェリントン、カージナルスのモゼラック等が
今最も注目を集めているGMだろう。



ただ、GMの歴史を変えたのは、間違いなく
ビリー・ビーンだ。選手として惜しくも大成
しなかったが、GMというポジションで
最高の評価を得ている。



願わくば、日本プロ野球界にも、
『健全に機能するGM制度』が根付いて
ほしいところだ。

Billy Beane 2013off 


【2】編集後記

本日で『監督・GM特集編』は終了です。

僕の一番好きなテーマだっただけに、

書いていて本当に楽しかったです。

それにしても、中小企業を経営する

ノウハウと、スモールマーケット球団を

運営するノウハウは、本当に良く

似ているなぁ~と思います。

アスレチックス、レイズ、

インディアンズといった中小企業は、

とても大企業にはかないません。

であれば知恵を絞り、強みに特化する

『選択と集中』が重要になってきます。

彼らのチーム作りを見ていると、

色々と勉強になります。

そういった理由から、やはり

彼らに感情移入してしまいますし、

応援したくなります^^;

今シーズンも、大企業をやっつけて

もらいたいところです(笑)

2014年 MLB 監督・GM特集編【監督総まとめ】野球人No.502

現代型リーダー 


【1】今日の野球人

30日間に渡ってお伝えした
監督・GM特集編。昨日で全30球団が
終了。本日は監督の総まとめ編という事で、
結果を出している監督や、勝てる監督
特徴を見ていきたい。



結論から申し上げると『現代型リーダー』
特徴は、
とにかくコミュニケーション能力が
高い事
が挙げられる。野球に限らず、
ここ最近成功している組織のリーダーは、
まず間違いなくこの能力に長けている。
トレンドと言ってもいいかもしれない。



彼らは時に、選手と同じ目線で感情を共有し、
フレンドリーに振る舞い、前向きな雰囲気を
作り出す。



代表的な監督は、インディアンズのテリー・
フランコーナ
だろう。

terryfrancona2.jpg  

彼は選手とのコミュニケーションだけでなく、
マスコミや記者たちの対応も超一流だ。
選手を食い物にしようとするメディアから
選手を守り、きわどい質問はさらりとかわす。



レイズのマッドン、アスレチックスの
メルビン、レッドソックスのファレル
優れたコミュニケーターだ。



現代はこういったタイプのリーダー良い実績を
作り、そして高い評価を得る傾向にある。



反対に、選手とは一定の距離を保ち、ある種の
壁をつくる監督もいる。威厳を発揮し、時に
恐怖を与え、軍隊の様に絶対服従を強要する
タイプだ。



一昔前はこういったタイプのリーダーが
賞賛されたが、今はもう時代遅れだろう。



確かに、この様なタイプのリーダーが必要な
『時期』もある。それは、チームが再建中で
あったり、負け犬根性が染みつき、緊張感が
薄れているチームだ。



こういった状態のチームには『軍人タイプ』
リーダーがフィットする。オリオールズの
ショーウォルター、楽天の星野仙一等が
このタイプにカテゴライズされるだろう。

Buck Showalter 監督特集

ただ、個々の選手が自分の頭で考え、
主体的に動き、自信を持ってプレーをする
チームを作るには、時にこういったリーダーが
弊害になる事もある。



ある程度チームが成熟してきた段階で、
コミュニケーター型のリーダーにバトンタッチ
するのが望ましいのかもしれない。



明日は、成功しているGMの特徴を
見ていきたい。






【2】編集後記

ここ数日、やや風邪気味です^^;

睡眠時間がやや少なかった事と、

加湿器を消していた為、部屋が乾燥して

いた事が原因かと・・・。

半年近く、筋トレをハードにやって

来ましたので、ここら辺で一旦、

小休止です^^;

ゆっくり休んでまた復活します^^

2014年 MLB 監督・GM特集編【テキサス・レンジャーズ】野球人No.501

Globe Life Park in Arlington 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ロン・ワシントン(監督)
ジョン・ダニエルズ(GM)


※テキサス・レンジャーズ


[年俸総額の変動]

2013年

1億2534万ドル(第8位)

2014年

1億3352万ドル(第10位)


818万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

A-(A~Eの5段階)


[監督]

ロン・ワシントン

就任:2007年(8シーズン目)
通算成績:611勝524敗
プレーオフ進出:3回

Ron washington 監督特集 

現役時代は内野のユーティリティープレイヤー
として活躍。引退後はマイナーのコーチや
アスレチックスの三塁コーチを務め、
2007年にレンジャーズの監督に就任。
人柄の良さは球界屈指。昨年まで4年連続で
90勝
を挙げ、GMのダニエルズと共に
黄金時代を築いた。2010年、11年は
惜しくも2年連続でワールドシリーズで敗退。
チャンピオンリングまで、あと一歩届かない。


[GM]

ジョン・ダニエルズ

就任:2005年10月

John daniels 監督特集 

2005年、MLB史上最年少(28歳)
GMに就任。プロでの野球経験はないものの、
コーネル大学では応用経済学とビジネス管理学
を専攻していた秀才。就任当初は懐疑的な声が
多かったが、今や押しも押されぬ敏腕GMへと
成長。低迷期が続いていたレンジャーズを、
わずか数年で『勝てるチーム』へと変えて
しまった。昨年オフはタイガースとの間で
大型トレードを成立させ、周囲を驚かせた。
また、前球団社長のノーラン・ライアンとは
衝突が絶えなかった。昨年末にはライアンを
追い出す格好
となったが、チーム内には遺恨が
残っている。


[チーム状況 等]

ライバルは2年連続地区優勝の
アスレチックス。総年俸は半分近いが、
今年も既に独走を許してしまっている。
大型トレードで獲得したフィルダーは、
首の手術が決まり今季絶望。契約は
まだ7年
残っており、不良債権化も
懸念される。投手陣も故障者が続出中で、
一昔前の『打高投壊』のレンジャーズに戻って
しまう危険性もある。ただ、マイナーには
有望株が多数おり非常に心強い。彼らを駒に、
先発投手を補強する事も考えられる。




【2】編集後記

先週末は、子供たちが、妻の実家に

遊びに行ってました。

妻の実家は岐阜県の田舎なのですが

とても自然が豊かで良い所です。

子供たちも大自然で思いっきり遊んで

来たようです。

やはり、子供には大自然が一番ですね^^

2014年 MLB 監督・GM特集編【シアトル・マリナーズ】野球人No.500

Safeco Field 監督特集 


【1】今日の監督とGM

ロイド・マクレンドン(監督)
ジャック・ズレンシック(GM)

※シアトル・マリナーズ


[年俸総額の変動]

2013年

8419万ドル(第20位)

2014年

9023万ドル(第21位)


604万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

B
(A~Eの5段階)


[監督]

ロイド・マクレンドン

就任:2014年(1シーズン目)
通算成績:336勝446敗
プレーオフ進出:0回

Lloyd McClendon 監督特集 

2001年から2005年までパイレーツの
監督を務め、その後8年間タイガースの
打撃コーチを務めた。しかし監督としての
成績は芳しくなく、勝ち越したシーズンは
1度もない。
今回が2回目の監督就任だが、
名将ジム・リーランドの元で過ごしていた
経験から、第一期の監督時代とは違った采配を
見せるだろう。マリナーズは若手が伸びないと
言われており、若い芽を伸ばす事ができるかに
注目したい。



[GM]

ジャック・スレンシック

就任:2008年10月

Jack zduriencik 監督特集 

前任者は、2008年までGMを務めたビル・
バベジ。このバベジが、見事なまでに
マリナーズという組織をガタガタにし、
去って行った。その後任としてチームの再建を
任されたのがスレンシック。ブルワーズ等で
GM補佐やスカウトを務め、多大な功績を
残してきた。
しかしGMに就任後は、全く
結果が出ていない。特にここ数年、
前任者
同様、ズレンシックの評判も非常に悪く、
『チームの癌』とまで言われている。今や
球団内で絶大な権力を握っており、しばらくは
GM職にしがみつくかもしれない。昨年オフは
FAのカノと超巨額契約を交わし、さらに
批判を浴びた。



[チーム状況 等]

4年連続で負け越しており、観客動員数は
激減中。
オフに最大の目玉カノを獲得し
注目度は上がったものの、成績に直結するかは
疑問。資金力はそこそこあるにもかかわらず、
補強策は失敗続き。伸び悩む若手が大勢おり、
育成プランも上手くいっていない。球団上層部
を批判する声が多いのも気になる。今シーズン
は珍しく好スタートを切ったが、首位快走する
アスレチックスに追いつくのは厳しいだろう。



【2】編集後記

いつもご愛読ありがとうございます。

今日で連載500回目です^^

いやいや、こんな続くとは・・・(笑)

妻からも

『毎日毎日、よくそんなに書くことがあるね』

と呆れられています(笑)

まぁ、それぐらいMLBが

好きなんでしょうね^^;


海外貿易の仕事をしている事もあり、

数年以内に、何かMLBに関する

ビジネスを始めたいと思っています。


本業は本業で堅実に、

MLBに関しては、趣味程度の

副業で何かできればなぁと・・・。

これから色々と練っていきたいと

思います。

2014年 MLB 監督・GM特集編【オークランド・アスレチックス】野球人No.499

OcoColiseum 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ボブ・メルビン(監督)
ビリー・ビーン(GM)

※オークランド・アスレチックス


[年俸総額の変動]

2013年

6196万ドル(第27位)

2014年

8232万ドル(第26位)

2036万ドルアップ ↑

※年俸総額は開幕時


[資金力]

E(A~Eの5段階)


[監督]

ボブ・メルビン

就任:2011年(4シーズン目)
通算成績:730勝694敗
プレーオフ進出:3回

Bob Melvin 

現役時代はキャッチャー。典型的なバック
アップキャッチャーではあったが、メジャーに
10年在籍した。引退後はコーチを経て、
マリナーズ、ダイヤモンドバックスの監督
を歴任。2007年にはダイヤモンドバックス
を地区優勝に導き、最優秀監督賞を受賞。
しかし、この男の本領が発揮されたのは、
アスレチックスの監督に就任してからだ。
若い選手たちを纏めあげ、ここ2年、
圧倒的な強さで地区優勝を飾っている。
特に投手起用や継投策が抜群に上手く、
さすがは捕手出身といったところ。辣腕GMの
ビーンから、絶大な信頼を得ている事自体、
称賛に値する。今シーズンも西地区を
独走中だ。



[GM]

ビリー・ビーン

就任:1997年10月

Billy Beane 監督特集

ご存知、世界で一番有名なGM。
名著『マネーボール』の主人公になった男だ。
金をかけず、『セイバーメトリクス』
呼ばれる評価法で選手たちを見極める。
今でこそこの手法はメジャー30球団、いや
世界中で浸透しているが、先駆者である
ビーンは当初、痛烈な批判を浴び続けた。
そういった意味では間違いなく
『歴史を変えた男』と言えるだろう。
2000年代前半~中盤に黄金期を作りあげ、
その後5年ほど低迷。しかし現在、再び
黄金期を迎えようとしている。今シーズンも
絶妙なさじ加減でチームを作り上げた。
ビーンマジックは今年も健在だ。


[チーム状況 等]

ライバルであるレンジャーズとアスレチックス
は、2倍近い総年俸を誇る。しかし今や
アスレチックスは追われる立場。3年連続
地区優勝
に向けて、昨年オフは珍しく積極補強
を敢行。年俸総額は8000万ドルを越え、
ビーンがGMに就任して以降、最高額を
更新した。一方、マイナー組織の現状は
あまり良いとは言えない。期待できる有望株が
少なく
粒が小さい。ビーンの巧みなトレードで
有望株を引っ張ってくる方が、効率が良いの
かもしれない。



【2】編集後記

昨日はAKB48の選抜総選挙

のニュースで持ちきりでしたね^^;

それにしても、ここまで社会現象を起こす

アイドルって・・・。

良くも悪くも、アクシデントや事件

によって、さらに人々の注目を

集めています。

このフィーバーはあと何年

続くんですかね・・・。

2014年 MLB 監督・GM特集編【ロサンゼルス・エンゼルス】野球人No.498

Angel Stadium of Anaheim 監督特集 

【1】今日の監督とGM

マイク・ソーシア(監督)
ジェリー・ディポート(GM)

※ロサンゼルス・エンゼルス


[年俸総額の変動]

2013年

1億3727万ドル(第6位)

2014年

1億5454万ドル(第6位)

1727万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

A(A~Eの5段階)


[監督]

マイク・ソーシア

就任:2000年(15シーズン目)
通算成績:1233勝1035敗
プレーオフ進出:6回

Mike scioscia 監督特集 

現役時代は、ドジャース一筋13年
フランチャイズプレイヤー。名捕手として
鳴らし、数々の名投手の女房役として活躍。
バントや盗塁、ヒットエンドラン等、小技を
多用した『スモール・ボール』は今や
ソーシア野球の代名詞となった。また、
ソーシアの元でコーチを務めた人間が、
他球団の監督に就任し、『スモールボール』を
展開する等、門下生も多い。監督在任14年で
プレーオフ進出6回、世界一
1回、最優秀
監督賞2回等、
輝かしい実績を残している。
しかしここ数年の成績は芳しくなく、契約は
2018年まで残っているものの、途中解任の
噂が絶えない。




[GM]

ジェリー・ディポート

就任:2011年10月

Jerry Dipoto 監督特集 

就任早々、2年連続で大物をFAで獲得
(プホルズ&ハミルトン)。しかし2人揃って
大不振に陥り、衰えの兆候も。今後の
不良債権化が懸念され、GMの責任問題
発展している。マイナー組織の弱体化も顕著で
チームを根本的に立て直さなくてはならない。
今年も負け越すようであれば、クビが飛ぶ
可能性が高く、勝負の年となる。




[チーム状況 等]

豊富な資金をバックに、ここ数年札束攻勢で
選手を集めてきた。しかし、成績に直結して
おらず、費用対効果の悪さはフィリーズと並び
メジャーワーストクラス。マイナー組織は
完全に弱体化し、将来を担う有望株が見当たら
ない。幸い、チームの柱であるトラウトとの
契約は完了
したものの、将来は決して明るい
とは言えない。アスレチックスが次々と若手
有望株を輩出するのとは対照的に、
エンゼルスは今後もベテラン頼みだろう。






【2】編集後記

今年の1月下旬から、肉体改造に

取り組んでいるのですが、少しずつ

成果が出てきました。

トレーニングも重要ですが、

もっと重要なのが食事の内容

という事にも気付きました。

高タンパク、低カロリーが基本ですが、

やはりバランスが重要ですね・・・^^。


食事に関しては、妻の協力の元、

試行錯誤してます^^;

2014年 MLB 監督・GM特集編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.497

Minute Maid Park 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ボー・ポーター(監督)
ジェフ・ルーノー(GM)

※ヒューストン・アストロズ


[年俸総額の変動]

2013年

2610万ドル(第30位)

2014年

5048万ドル(第29位)

2438万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

D(A~Eの5段階)


[監督]

ボー・ポーター

就任:2013年(2シーズン目)
通算成績:51勝111敗
プレーオフ進出:0回

Bo porter 監督特集 

昨年アストロズの監督に就任した、41歳の
若き指揮官。就任1年目は予想通り、苦戦を
強いられたシーズンだった。経験不足な若手
たちは、実力的には3Aレベル。球団ワースト
の111敗を喫したが、これもある意味、
想定内だろう。ポーター自身もマーリンズ、
ダイヤモンドバックス、ナショナルズで
コーチ経験があり、発展途上のチームには
慣れている。再建期はまだまだ続くだけに、
しばらくはポーターの若さと情熱で、チームを
引っ張ってもらいたいところだ。



[GM]

ジェフ・ルーノー

就任:2011年12月

Jeff Luhnow 監督特集 

チームの再建を任されて3シーズン目。
球団のアメリカン・リーグ移籍も重なり、
ゼロからチームを作りなおしている状態だ。
ちなみに2013年の年俸総額は、
アレックス・ロドリゲス
1人の年俸と殆ど
変わらない状態であった。しかし、徹底して
マイナー組織を充実化させる姿勢は、非常に
明快で潔い。ドラフト指名順も、
いの一番に
指名できる。ロイヤルズやナショナルズの様に
超有望株を獲得し、チームの柱に育て、
勝てるチームにする事が期待される。


[チーム状況 等]

昨年オフに、先発投手2人を獲得するなど
積極的に補強を行った。しかし、決して勝負に
出た訳ではなく、あくまでも若手の育成を主眼
に置いている。マイナー組織の充実度は、
いまやメジャートップクラスだ。ドラフトや
トレードで集めた有望株が、明日のメジャーを
虎視眈々と狙っている。先日行われたドラフト
でも、いの一番(全米1番目)で超有望株を
指名。今後も、現行のドラフト制度を上手く
活用し、有望株をかき集めていくだろう。
3年後のアストロズが楽しみだ。


【2】編集後記

今週末は、妻と子供たちが実家に

帰ります。

ゴールデンウィークに帰省しなかった

ので、おじいちゃん、おばあちゃんが

孫に会いたがってます^^

ちなみに今回、私は同行せずに

留守番です。

久々の一人の時間なので、ゆっくりと

映画でも行こうと思います^^

2014年 MLB 監督・GM特集編【ミネソタ・ツインズ】野球人No.496

Target field 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ロン・ガーデンハイアー(監督)
テリー・ライアン(GM)

※ミネソタ・ツインズ


[年俸総額の変動]

2013年

8201万ドル(第21位)

2014年

8546万ドル(第23位)


345万ドルアップ ↑

※年俸総額は開幕時


[資金力]

D(A~Eの5段階)


[監督]

ロン・ガーデンハイアー

就任:2002年(13シーズン目)
通算成績:998勝947敗
プレーオフ進出:6回

Ron Gardenhire 監督特集 

2000年代、ツインズの黄金期を支え続けた
名将。スモールマーケット球団ながら、6度の
地区優勝
を成し遂げ、2010年には最優秀
監督賞を受賞
している。ちなみにこの間、
同賞の投票において、5回も次点となって
いる。ただ、プレーオフでは結果が出せて
おらず、大一番で勝てていない事が玉にキズ。
熱血漢で、気性が激しく、退場処分となる事も
しばしば。近年はツインズが再建期に突入した
事もあり成績がふるわないが、優秀な指揮官で
ある事は間違いないだろう。



[GM]

テリー・ライアン

就任:2011年11月

Terry Ryan 監督特集 

1994年から2007年の期間もツインズの
GM職を務めていた。当時、弱小球団であった
ツインズを、ガーデンハイアーと共に改革。
2000年代の黄金期を作り上げた立役者だ。
一時はGM職を離れるものの、崩壊した
ツインズを蘇らせる為に、再び舞い戻って
きた。若手の育成には定評があり、一期目の
GM時代はサンタナとマウアー中心のチームを
つくりあげた。二期目である今回も、マイナー
に優秀な若手が控えている。ライアンの手腕に
注目したい。



[チーム状況 等]

黄金時代が終わりを告げ、ここ3年は60勝台
にとどまっている。昨年オフはFAで2人の
先発投手を獲得したものの、優勝するには
ほど遠い戦力。しかし、このチームの強みは
若手有望株。バイロン・バクストンと、
ミゲル・サノーという超Aクラスの有望株
2人も控えている。この他にも将来のエースと
して期待されるコール・スチュワート等、
本当に楽しみな素材が多い。GMである
ライアンは彼らを軸に、再び黄金期を築く
意気込みだ。長期で契約しているのは
マウアーとノラスコ程度で、財政的にも健全な
状態だ。金の卵をじっくりと育てながら、
虎視眈々と勝負の時期を見計らう。




【2】編集後記

一昨日、ジムでトレーニングが

終わった後、とあるアスリートに

出会いました。

そう、砲丸投げの室伏広治さんです。

我が家の近所の鍼灸院にいました。

遠くからみても、ただ者ではない

オーラが・・・^^;

本物のムロフシさん、むっちゃくちゃ

カッコ良かったです・・・(笑)

2014年 MLB 監督・GM特集編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.495

Kauffman Stadium 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ネッド・ヨスト(監督)
デイトン・ムーア(GM)


※カンザスシティ・ロイヤルズ


[年俸総額の変動]

2013年

8187万ドル(第22位)

2014年

9218万ドル(第19位)


1031万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

E(A~Eの5段階)


[監督]

ネッド・ヨスト

就任:2010年途中(5シーズン目)
通算成績:741勝831敗
プレーオフ進出:0回

Ned Yost 監督特集 

前任者は、かつて日本ハムで監督を務めていた
トレイ・ヒルマン。ヒルマンが2010年途中
に解任され、その後任としてヨストが就任。
以前はブルワーズで約6シーズン監督を務めて
いた。現役時代は捕手であった事もあり、
守りを重視した野球を展開する。昨年も
強力な投手陣と、鉄壁の守備を武器に、
2003年ぶりとなる勝ち越しを果たした。
今年は俊足攻守の青木が加入し、
ネスト野球の幅が広がった。



[GM]

デイトン・ムーア

就任:2006年6月

Dayton Moore 監督特集

昨年、超有望株であったマイヤーズを放出し、
実績抜群のシールズを獲得した。このムーアが
行った、ギャンブルのようなトレードは、
まずは成功したと言えよう。今シーズンも、
久々にFAで選手を補強し、完全な
『勝負モード』へとギアチェンジをした。
ロイヤルズのマイナーシステムは、今や
メジャー屈指。若手有望株がひしめいており、
他球団のGMが、喉から手が出る程欲しい
選手ばかりだ。ドラフト戦略を上手く活用した
ムーアの功績だ。




[チーム状況 等]

長い長い再建期を経て、ようやく勝てる
チームへと変わりつつある。昨年、マイヤーズ
を放出してまで獲得したシールズは、今オフに
FAとなる。資金力が乏しいゆえ、シールズを
引き留めるのはほぼ不可能だろう。それだけに
今シーズン、何が何でもプレーオフ進出に
賭けている。目先の勝利を取りに行くなら
若手有望株をさらに放出し、実績のある
ベテランを獲得するのも手段の一つだが。
ムーアがシーズン中に更なるギャンブル
出るかに注目したい。地区3連覇中の
タイガースもうかうかしていられない。




【2】編集後記

6月2日(月)に放送した、

『プロフェッショナル 仕事の流儀』

今回は、サッカー日本代表の

本田圭佑選手でした。

この番組はいつも楽しみに

見ているのですが、

やはり苦悩するアスリートというのは

ある種の『美しさ』を感じますね。

本田選手も名門ACミランで、苦悩の

日々を送っています。

テレビを通して、本田選手から

多くの勇気をもらいました。

ワールドカップ、期待してます!

2014年 MLB 監督・GM特集編【デトロイト・タイガース】野球人No.494

Comerica Park 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ブラッド・オースマス(監督)
デーブ・ドンブロウスキ―(GM)

※デトロイト・タイガース


[年俸総額の変動]

2013年

1億4869万ドル(第5位)

2014年

1億6363万ドル(第4位)


1494万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

B+(A~Eの5段階)


[監督]

ブラッド・オースマス

就任:2014年(1シーズン目)
通算成績:0勝0敗
プレーオフ進出:0回

Brad Ausmus 監督特集 

今年からタイガースを率いる、45歳の
指揮官。現役時代は、メジャー屈指の
守備型捕手
として活躍。キャッチングや
スローイングだけでなく、クレーバーな頭脳
活かし、リードや駆け引きも上手かった。
ゴールドグラブ賞を3度受賞しており、その
守備力は40歳を過ぎてもバックアップ
キャッチャーとしてオファーが殺到したほど。
引退後はパドレスのフロントで働いていたが、
第3回WBCで、イスラエル代表監督
務めた。メジャーでの監督業は今回が初めて
だが、非常に賢い男なだけに期待が持てる。
上層部がオースマスに要求するのは
チャンピオンリングだけだ。



[GM]

デーブ・ドンブロウスキ―

就任:2002年4月

Dave Dombrowski 監督特集 

2000年代前半、ドンブロウスキーは
タイガースが弱小球団だった時代に就任した。
そこから時間をかけてチームを再構築し、
近年の黄金期を築きあげた。恵まれた予算を
与えられたとはいえ、数々のトレードを成功
させたのは、間違いなくドンブロウスキーの
功績だ。昨年オフのフィルダーとキンズラーの
大型トレードにおいても、現状はタイガースの
大儲けと言えるだろう。一部のメディアでは、
次期コミッショナー候補とも言われている。


[チーム状況 等]

ヤンキースやドジャースと比べても、全く
見劣るする事のない程の戦力。逆に言えば、
今優勝できなければ、これ以上のチャンスは
2度と来ない
、とも言える。
そういった意味
では、戦力的なピークは昨年あたりだった。
今シーズンから顔ぶれが少しずつ変わって
きている。長期契約をしたバーランダーも、
かつての支配力が徐々に弱まってきているのも
気がかりだ。ともあれ、ややレベルの低い
ア・リーグの中地区を独走するには十分すぎる
戦力を擁している。若手に関しては手薄で、
マイナー人材は、粒が小さい。






【2】編集後記

まだ6月に入ったばかりなのに、

もの凄い暑さですね^^;

私のクローゼットには、まだ冬物が

残っているのに・・・(笑)

すでに熱中症の警告も出ております

皆さんもどうぞ、お気をつけて!!




2014年 MLB 監督・GM特集編【クリーブランド・インディアンズ】野球人No.493

Progressive Field 監督特集 

【1】今日の監督とGM

テリー・フランコーナ(監督)
クリス・アントネッティ(GM)

※クリーブランド・インディアンズ


[年俸総額の変動]

2013年

8060万ドル(第23位)

2014年

8445万ドル(第25位)

385万ドルアップ ↑

※年俸総額は開幕時


[資金力]

D(A~Eの5段階)


[監督]

テリー・フランコーナ

就任:2013年(2シーズン目)
通算成績:1098勝973敗
プレーオフ進出:6回

Terry Francona 監督特集 

レッドソックスの監督を8年(04~11年)
務め、2度のワールドチャンピオンに輝いた
名将。バンビーノの呪いを解いた男として、
ボストンでは絶大な人気を誇る。2013年より
インディアンズで指揮を執る。早速、前年より
24勝を上乗せし、プレーオフへと導いた。
レッドソックス時代には2度の世界一に
輝きながらも、最優秀監督賞を受賞した
経験はなかった。しかしスモールマーケット
球団であるインディアンズを、プレーオフへと
導いた功績が評価され、昨年初めて最優秀
監督賞を受賞
した。コミュニケーション能力に
優れ、選手の能力を引き出すテクニックは
マジシャンのようだ。



[GM]

クリス・アントネッティ

就任:2010年10月

Chris Antonetti カブレラ 

前任者は現在の球団社長である、
マーク・シャピロ。敏腕GMであった前任者の
元で、アントネッティはスカウトや育成部門で
多大な功績を挙げていく。2010年にGM
に昇格してからは、スモールマーケット
球団らしからぬ、『強気の補強』でチームを
作りあげてきた。昨年は監督にフランコーナを
迎え、見事にチーム改革に成功。ただし、
観客動員数がメジャー最低レベルである事
など、問題はまだまだ山積み。かつての
強豪復活は、この男の手腕にかかっている。



[チーム状況 等]

オフには目立った補強は行わなかったが、
ライバルのタイガースとの戦力差は歴然。
今年もワイルドカード狙いだろう。しかし、
先日のタイガースの3連戦で3連勝するなど、
意外な底力も秘めている。若手のレギュラー
であるキプニスやブラントリー、ゴームズ等
とは比較的安価な契約で囲い込みに成功。
そしてマイナーには期待の有望株である、
リンドーアが控えている。まだ20歳だが
将来のキャプテン候補とも呼ばれている。
いずれにしてもレイズやアスレチックス同様、
スモールマーケット球団はマイナーの
充実度に全てがかかっている。そういった
意味では、このリンドーアの育成が大きな
カギを握るだろう。



【2】編集後記

田中マー君、6/1時点で

防御率トップです。

もはやヤンキースは田中でしか

勝てない状況です・・・。

監督のジラルディも、現状、

田中が実質的なエースと

認めています。

日本人としては非常に誇らしい

事ですが、チームとしては

深刻な状況ですね・・・。

2014年 MLB 監督・GM特集編【シカゴ・ホワイトソックス】野球人No.492

US Cellular Field 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ロビン・ベンチュラ(監督)
リック・ハーン(GM)


※シカゴ・ホワイトソックス



[年俸総額の変動]

2013年

1億1891万ドル(第10位)


2014年

9006万ドル(第22位)

2885万ドルダウン↓

※年俸総額は開幕時


[資金力]

B(A~Eの5段階)


[監督]

ロビン・ベンチュラ

就任:2012年(3シーズン目)
通算成績:148勝176敗
プレーオフ進出:0回

Robin Ventura 監督特集 

現役時代は強打の三塁手。守備でもゴールド
グラブ賞3度受賞
し、メジャー屈指の三塁手と
して鳴らした。古巣のホワイトソックスの
監督に就任し3年目。再建モードが加速し、
優勝には程遠い戦力だが、持ち前の『熱血さ』
で選手を鼓舞する。今年が契約最終年だが、
チームはまだまだ再建期。ベンチュラのような
タイプの監督は発展途上のチーム向きな
だけに、もうしばらく選手の尻を叩いて
頂きたいところだ。



[GM]

リック・ハーン

就任:2012年10月

Rick hahn 球団再建 

ハーバード大卒のエリート中のエリート。
前任者のウィリアムズの元で、GM補佐として
修業を積んできた。2012年オフに就任後、
元々進んでいたチーム再建をさらに加速
させた。目先の勝利を捨てて、中途半端な
ベテランを放出。それと同時にキューバの
主砲アブレイユを6年6800万ドルで獲得。
これには当初かなりの批判を浴びたが、
今のところハーンの目利きは間違って
いなかったようだ。今年も若手を積極的に
起用していくだろう。



[チーム状況 等]

チームの再建は順調に進んでおり、年俸総額は
3000万ドル近くダウンした。
今や屈指の
左腕へと成長したクリス・セールも、最長で
2019年まで保有できるが、GMのハーンは
条件さえ整えば、トレードも辞さない構えだ。
ただ、マイナーに控える有望株たちが、
粒が小さいのが難点。以前はメジャー最悪の
マイナーとまで言われていたが、近年の
トレードによって、少しは改善した。
いずれにせよ、デビッドソン、イートン、
アブレイユを中心として、チームを再構築して
いく事になるだろう。



【2】編集後記

昨日から神戸です。

後輩の結婚式に出席する為に来た

のですが、家族旅行を
兼ねて

妻と子供たちを連れてきました。

気楽に1人旅・・・、という訳には

いきませんね・・・^^;