野球人.com

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

成立するか、『世紀の大トレード』【ジョン・レスター】野球人No.552

Jon Lester 2014年7月31日2  

【1】今日の野球人
[選手名]ジョン・レスター
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ボストン・レッドソックス
[背番号]31
[生年月日]1984/1/7
[2014年シーズン年俸]1300万ドル




『世紀の大トレード』と呼ばれるトレードが
ある。英語ではブロックバスタートレード
(Blockbuster trade)

呼ばれる事もある。



最近行われた『大トレード』は、タイガースと
レンジャース間で行われたトレードか。
タイガースからは左の大砲フィルダーが、
レンジャースからは走攻守揃ったキンズラーが
移籍した。2人ともクリーンナップを打てる
主力であり、ファンにとってインパクトの
大きいトレードであった。

Prince Fielder 新天地開幕2 

ノンウェーバートレード期限である
7月31日を間近に控え、レッドソックスの
先発左腕、ジョン・レスターの周囲が騒がしく
なってきた。



メジャー通算110勝、今シーズンも既に
10勝を挙げたレスター。最下位に低迷する
レッドソックスの中で、孤軍奮闘の活躍だ。
そしてレスターの契約は今シーズン限り。
本人はレッドソックス残留を強く希望している
ものの、今日まで延長契約はまとまっていない。
そこで浮上してきたトレード話。

Jon Lester 2014年7月31日3 

優勝をほぼ諦めたレッドソックスは、現在
数球団からレスター獲得の申し込みを受けて
いる。プレーオフ進出の為の、最期の切り札
としての役割だ。



オファーをした球団の一つ、
ロサンゼルス・ドジャース。



現在ナリーグ西地区首位に立つドジャース
だが、ライバルのジャイアンツと熾烈な争いを
繰り広げている。



先発はカーショー、グレインキー、リュの
3本柱にベケット、ヘイレンが続く。
先発防御率3.15はリーグNo.1であり、
十分すぎる程の戦力だ。これにレスターが
加われば、まさに鬼に金棒だろう。



交換相手にはロサンゼルスのスター、
マット・ケンプの名前が挙がっている。
2011年に2冠王を獲得した5ツール
プレイヤーだが、ここ数年冴えない
シーズンを送っている。

Matt kemp トレード2 

キューバの新星ヤシエル・プイーグの台頭も
あり、すっかり影が薄くなってしまった
ケンプ。外野手を豊富に抱えるドジャースの
中で、『余剰戦力』と見られはじめたのだ。



ただ、自慢の長打力は健在。仮にレッド
ソックスに移籍したとしても、高さ11mの
グリーンモンスター
(レフトフェンスの愛称)
を越せる本塁打を打てると、関係者は語る。
レスターとケンプのトレードが成立する
かは判らないが、何とも刺激的な話だ。



青空の下、ドジャースタジアムで快投する
レスターに、グリーンモンスターを軽々と
越すアーチを放つケンプ。

Matt kemp トレード4 

う~む、これはこれでちょっと、
観たい気もする・・・。




【2】編集後記

毎年この時期になると、大物選手の異動

が気になり、ソワソワします(笑)

今年は『大トレード』の噂話はたくさん

出てきますが、全体的に動きとしては

静かです。

このコラムがアップされる頃には

大きな動きがあるかもしれませんね!

通算400セーブを積み上げた、『危機管理能力』【岩瀬仁紀】野球人No.551

岩瀬 危機管理能力5 

【1】今日の野球人
[選手名]岩瀬仁紀
[ポジション]ピッチャー
[チーム]中日ドラゴンズ
[背番号]13
[生年月日]1974/11/10
[2014年シーズン年俸]3億7000万円




『危機管理能力』という言葉がある。



危険な事に対しての対策や、実際に
危険に陥った時の対応する能力の事である。
また、事前にどのようなリスクがあるのかを
分析する事も、『危機管理能力』だろう。



3年前の東日本大震災以降、この言葉を
耳にする機会が増えた。野生の動物たちは、
『危機管理能力』が本能的に備わっている。
天敵から身を守る為、食糧にありつく為、
寒さをしのぐ為・・・等々。



中日ドラゴンズの岩瀬仁紀。



ユニフォームを着ていなければ、
『近所のお兄ちゃん』といった風貌。
時折見せる、人のよさそうな笑顔が印象的だ。

岩瀬 危機管理能力3 

この近所のお兄ちゃんが、先日とんでもない
記録を樹立した。プロ通算400セーブ
達成したのだ。もちろん歴代ダントツ1位。
2位が高津臣吾の286セーブなので、
いかに岩瀬の数字が飛び抜けているかが
ご理解頂けるだろう。



岩瀬といえば、ケガをしない身体と、
切れ味抜群のスライダーが武器だが、
プロとして成功した最大の秘訣は他に
あるそうだ。

岩瀬 危機管理能力 

2012年に中日ドラゴンズの投手コーチを
務めた権藤博は言う。



『岩瀬は“一流の臆病者”。危ないと思ったら
簡単に勝負にいかず、これなら大丈夫という
ところまで、必死に我慢する。単に用心深い
のとは違う。』



なるほど。
『臆病さ』と言うと少々聞こえが悪いが、
要するに『危機管理能力』が飛び抜けて高い
のだ。現状の自分のコンディションを正確に
把握し、打ちそうな気配の打者を本能的に
かぎ分ける。



『今、コイツと正面から勝負を挑んだら
ヤバい』
といった感覚が研ぎ澄まされており、
勝負を急がず、じっくりと、冷静に料理する。
時には危険を回避するために、くさい所を
攻め、勝負を避ける。

岩瀬 危機管理能力2   

力対力の勝負、といったスタイルとは、
対極に位置するかもしれない。しかし、
打たれれば先発投手の勝利を消し、チームが
敗れる。その重圧たるや、並々ならぬものだ。



400セーブという、途方もない数字は岩瀬の
優れた『危機管理能力』のたまものだろう。



現在39歳。
これからも9回を打者3人でビシッと抑える
といったシーンは少ないかもしれない。
しかし、塁は埋まっても、いつのまにか
試合が終わっている。



それがこの男の抑え方なのだから。




【2】編集後記

3歳の息子は、野菜が嫌いです。

夫婦そろって、あの手この手を使って、

食べさせようとしていますが、なかなか

食べません^^;

先日、いつものように野菜を食べさせようと

したところ、寝たふりをしました。

これも3歳児なりの『危険回避』

なんですかね・・・。

『ドジャース・キラー』再び西海岸へ【ジェイク・ピービー】野球人No.550

Jake Peavy 再び西海岸へ 

【1】今日の野球人
[選手名]ジェイク・ピービー
[ポジション]ピッチャー
[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ
[生年月日]1981/5/31
[2014年シーズン年俸]1450万ドル




かつてアスレチックスの所属した
ティム・ハドソンは、今シーズンから
ジャイアンツで投げている。そう、
再び西海岸に戻ってきたのだ。



一年中温暖な気候と、そこに暮らす
陽気な人々・・・。やはりハドソンは
西海岸がよく似合う。

Tim Hudson 西海岸 

そして、この男も再び西海岸に戻ってきた。
かつてサンディエゴ・パドレスのエースを
務めたジェイク・ピービーが、ジャイアンツに
トレードされたのだ。



スリークォーター気味のフォームから、
95マイルを越える速球と、カーブ、
スライダー、チェンジアップ
を投げ込む。
速球はフォーシームの他に、シュート軌道の
ボールや、カッター気味のボールを持って
おり、これらの軌道を要所要所で変えてくる。
さらに、時折腕の角度を変えて投げる事も
できる為、打者としては非常に打ちづらい。

JPeavy2.jpg  

キャリアハイはパドレス時代の2007年。
19勝6敗 防御率2.54 240奪三振
投手三冠を獲得。満票一致でサイ・ヤング賞を
獲得した。



昨年はシーズン途中の7月に、地区優勝を
狙う為、レッドソックスがピービーを獲得。
移籍後10試合で4勝し、見事優勝に貢献
した。今回のジャイアンツへの移籍により、
ピービーは2年連続で7月末にトレード
される事となる。まさしく優勝請負人だ。

Jake Peavy 再び西海岸へ3 

ジャイアンツでの役割は先発4番手あたり。
かつてのパドレス時代の恩師である、
ブルース・ボウチーが監督を務めている事も
プラスに働くだろう。また、パドレス時代には
『ドジャース・キラー』として名を馳せた
ピービー。通算の対ドジャースの成績は
14勝2敗 防御率2.21 と、抜群の 
結果を収めている。



ただし、全盛期は明らかに過ぎた感はある。
ここ数年怪我による離脱も多く、今年も
1勝9敗 防御率4.72 と精彩を欠いて
いる。また現在、非本塁打20
ア・リーグワースト。奪三振率も全盛期と
比較するとかなり落ちている。



ドジャースと熾烈な戦いを繰り広げている
ジャイアンツだが、ピービーの加入は
チームにどのような影響を及ぼすのだろうか。
『ドジャース・キラー』のピッチングに
注目だ。





【2】編集後記

最近、『和食』に凝っています。

きっかけは、ジムでの肉体改造です。

どのような食事を取り入れたら

効率よく体脂肪を減らし、

良い筋肉をつけられるのかを、

半年ほど試行錯誤していたところ

結局『和食』に行き着きました。

やはり日本人には『和食』

一番のようですね。

なかでも採るべき品目は、

・・・豆類(豆腐、納豆)

・・・ごま類(ナッツ、白ごま)

・・・わかめ類(海草類)

・・・野菜(緑黄色野菜)

・・・魚類

・・・しいたけ

・・・いも類(さつまいも、里いも)


通称、

『まごわやさしい(孫は優しい)』

です(笑)

外食の多いビジネスマンの方も、

これらの品目を意識的に

採られる事をオススメ致します!

2014年トレードデットラインの主役【デビット・プライス】野球人No.549

David Price 2014年トレードデッドライン 

【1】今日の野球人
[選手名]デビット・プライス
[ポジション]ピッチャー
[チーム]タンパベイ・レイズ
[背番号]14
[生年月日]1985/8/26
[2014年シーズン年俸]1400万ドル



前半戦、44勝53敗の借金9で折り返した
レイズ。開幕前は東地区の優勝候補に
あげられながら、4月、5月、6月と、
3か月連続で負け越し。レッドソックスと
並んで、今年の『最も期待外れのチーム』
ランクインされるところだった。



ところが7月の声を聴くや否や、死にかけて
いたチームが突然息を吹き返してきた。
8月12日からオールスター休みをはさみ、
怒涛の9連勝。ふくれあがっていた借金も
2まで減った。

Joe maddon 監督特集

ただ、これはこれでちょっと困った事態に
陥った。



シーズン当初から下位に低迷していた
レイズは今年は勝負を諦め、『再建モード』
入るかと思われていた。それはすなわち、
7月31日までのトレードデットラインまでに
主力選手を放出し、若手有望株を獲得する事を
意味する。



レイズには強力な『カード』がある。
そう、メジャー屈指の左腕
デビット・プライスだ。

David Price 2014年トレードデッドライン2

来シーズンでFAとなるプライスは、
シーズン途中でのトレードが噂されていた。
低迷中のレイズがプライスを駒に、
若手有望株を獲得する為だ。



プライスは序盤こそ躓いたものの、
7月以降絶好調。183奪三振
メジャートップ。そしてこの左腕を
欲しがる球団は、およそ5球団以上。



レイズ今、このプライスを7月31日までに
放出するのか、しないのか、とても
難しい決断に迫られている。例年通り、
プレーオフ進出を狙うのであれば、
シーズン終了までプライスを確保したいところ
David Price 2014年トレードデッドライン3

トレード期限まであと4日。



どうやらこの男が、トレードデットラインの
主役になりそうだ。





【2】編集後記

昨日は美容院へ。

いつも切ってもらっている

スタイリストさんは、

予約でいっぱいだったのですが、

僕の為に、わざわざ開店前の早朝に

時間を作って切ってくれました!

客との信頼関係を何よりも大切にする

姿勢、さすがプロです。

これからもこのスタイリストさんに

お世話になりますm(_ _)m

『スラーブ』を操る新星【デリン・ベタンセス】野球人No.548

Dellin Betances 2014年前半戦覚醒3 

【1】今日の野球人
[選手名]デリン・ベタンセス
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース
[背番号]68
[生年月日]1988/3/23
[2014年シーズン年俸]50万ドル





現在53勝48敗で、なんとか優勝戦線に
留まっているヤンキース。昨年は、
プレーオフ進出を逃し、屈辱のシーズンを
味わった。今シーズンは王者奪回を目指し、
並々ならぬ意気込みで臨んだのだが・・・。



現状、見通しは決して明るくない。

Joseph Girardi 監督特集  

なかでも先発投手は火の車状態。
頼みの綱の田中将大まで離脱となっては
打つ手がない。7月31日のトレード期限
までに、先発投手の補強は必須だ。



そんなヤンキースだが、メジャー3年目の
セットアッパー、デリン・ベタンセスが
大ブレイク中だ。

Dellin Betances 2014年前半戦覚醒2 

2mを越える堂々たる体躯から繰り出す
ボールは威力抜群。元々ヤンキースの
トッププロスペクトであったのだが、
伸び悩んでいた。そこで、新しい球種の取得
『スラーブ』(カーブとスライダーの中間の
ような球種)と、先発からセットアッパーへの
転向をきっかけに、才能が一気に開花した。



既に44試合に登板し、

60イニング 91奪三振
被打率.129 WHIP0.71
防御率1.46


という、素晴らしい働きをみせている
ベタンセス。見事オールスターにも選出
された。

Dellin Betances 2014年前半戦覚醒4 

気の早いニューヨークのファンは、この
ベタンセスを『マリアーノ・リベラの
後継者』
と呼び、次期クローザー候補
として期待を寄せている。



ただ、今年から定着したクローザー、
デビット・ロバートソンンも絶好調。
ロバートソンにしてみれば、自分のポジション
を脅かす強力なライバルだが、そう簡単に
譲るわけにはいかない。

David Robertson 2014年前半戦好調 

ともあれ、このベタンセス、ロバートソンの
必勝リレーが確立されたヤンキース。
うしろ2人がしっかりしており、7回まで
リードを保てれば、勝率はグッと上がる。



それだけに、プレーオフ進出には、やはり
1にも2にも、『先発投手』という事になる
だろう。




【2】編集後記

金曜日は久々に友人とナゴヤドームで

野球観戦でした。

結果は巨人0-10 中日。

試合時間も2時間半をきり、

なんともあっけない試合(笑)

ガッツこと、小笠原が見たかった

のですが、昨日は出番なしでした^^;

13年ぶりの『勝負モード』【ケンドリス・モラレス】野球人No.547

kendrys morales マリナーズ復帰 

【1】今日の野球人
[選手名]ケンドリス・モラレス
[ポジション]DH、ファースト
[チーム]シアトル・マリナーズ
[生年月日]1983/6/20
[2014年シーズン年俸]1200万ドル




シアトル・マリナーズが最後にプレーオフに
進出したのは2001年。既に13年が経過
している。そして2001年といえば、
忘れられない出来事がある。



そう、イチローがマリナーズで
鮮烈デビュー
を果たした年だ。

Ichiro 2001年デビュー 

この年のマリナーズは絶好調。『忍者』
呼ばれたイチローが出塁し、すかさず盗塁。
そのイチローをエドガー・マルチネス、
ブレット・ブーン、ジョン・オルルド等で
返す。全体的に長打力はないものの、
イチローの加入で新たな攻撃スタイルを
確立した。




その結果、レギュラーシーズン116勝46敗
という圧倒的な強さをみせつけ、地区優勝。
ちなみに116勝はMLBタイ記録であった。



それから13年・・・。
マリナーズは長い暗黒時代に突入。
まさかこのチームが弱小チームに
成り下がってしまうなど、この時誰も想像
できなかっただろう。

Mariners lose 

そして、そんな弱小球団マリナーズに
13年ぶりのチャンスがやって来た。
前半戦を51勝47敗で折り返し、現在
西地区3位。首位のアスレチックスとは
10ゲーム以上離されているものの、
ワイルドカード狙いであれば、十分勝機は
あるだろう。



勝因はやはり投手陣。エースのフェリックス・
ヘルナンデスと2番手の岩隈の活躍が光る。

Felix hernandez 2014年前半戦 

最大のアキレス腱は得点力不足
(毎年言われている事だが・・・)。
オフにロビンソン・カノを獲得したものの、
396得点リーグワースト2位
出塁率.298に至ってはリーグ最下位だ。



そこで白羽の矢が立ったのが、
ケンドリス・モラレス。キューバ出身の
スイッチヒッターだ。



昨年もマリナーズに所属しており、
23本塁打を記録。オフにFAとなり、
マリナーズからクオリファイング・オファーを
受けるも拒否。ツインズと1年1200万ドル
で契約した。

KendrysMoralesFA.jpg

マリナーズは先日、このモラレスをトレードで
再び獲得。差し出した選手はプライアーと
いう若手有望株。どうやらマリナーズは本気で
プレーオフ進出を目指しているようだ。



これも『カノ効果』なのか・・・?
2009年もケン・グリフィーがマリナーズに
復帰したとき、一時的ではあったが、
マリナーズは浮上した(翌年以降、すぐに
弱小チームに逆戻りしたが)。今シーズンも
また同じパターンなってしまうのだろうか。



ともあれ、2001年の輝いていたマリナーズ
を懐かしむのは、もうやめたいところ
だが・・・。




【2】編集後記

いよいよ本格的な暑さが

やってきましたね^^;

昨日、私の住む名古屋では

最高気温37度を記録しました。

さすがに体温を越えると、強烈な

暑さを感じますね(笑)

週末は子供を連れてプールに

行ってきます^^

アスレチックス先発陣の『事件』 ~その3~ 【ジェフ・サマージャ、ジェイソン・ハメル】野球人No.546

Jeff Samardzija 2014年7月トレード 

【1】今日の野球人
[選手名]ジェフ・サマージャ
[選手名]ジェイソン・ハメル
[ポジション]ピッチャー
[チーム]オークランド・アスレチックス




引き続き、開幕からのアスレチックス
先発陣の動きを纏めていきたい。



かくしてエースであったA.J.グリフィンと
2番手投手のジャロッド・パーカーを失った
アスレチックス。だが、ジェシー・チャベスと
ソニー・グレイ等、救世主らの活躍により、
危機的状況は回避された。

Sonny Gray 救世主 

それどころか先発防御率3.18
リーグ1位を記録。投打の歯車もかみ合い、
前半戦の勝率もメジャートップを誇り、
盤石の態勢かと思えた。しかし、
GMであるビリー・ビーンはさらに動いた。



再建中であるカブスから、なんとエースと
2番手投手をトレードで引っこ抜いたのだ。
これには全米中のファンがド肝を抜かれた。



アスレチックスへ入団したのは

ジェフ・サマージャ(投手)
ジェイソン・ハメル(投手)




一方、カブスに入団したのは

アディソン・ラッセル(内野手)
ビリー・マッキニー(外野手)
ダン・ストレイリー(投手)




トレードの目玉はやはりジェフ・サマージャ。
カブスのエースを務めていた29歳だ。
昨シーズンは200奪三振をクリアしており、
95マイルの4シームでガンガン押す。
決め球のスプリッターも切れ味抜群である。

Jeff Samardzija 2014年7月トレード2 

サマージャは2015年シーズンいっぱいで
FAとなる為、カブスは放出を模索していた。
6月下旬頃から、カブスにはサマージャ獲得の
問い合わせが殺到しており、移籍先は
ヤンキースが有力
だったのだが・・・。
さすがはビーン、見事ヤンキースの寝首を
かいた。



もう一人の先発投手、ジェイソン・ハメルは
サマージャほどポテンシャルは高くないが、
ローテの4番手、5番手には最適。

Jason Hammel 2014年7月トレード 

ただし、この2人を獲得する為に払った
代償は大きい。カブスに放出したラッセルと
マッキニーは、アスレチックス球団内の
『超』有望株と言われていた若手である。
ラッセルが2012年のドラフト1順目、
マッキニーが2013年のドラフト1順目
入団しており、出血覚悟のトレード劇だった。



ともあれ、これで先発投手がより強固と
なったアスレチックス。しかしビーンは、
まだまだ手を緩める事はないと言う。
現時点(7/24)でまだトレードは発表
されていないものの、豊富な先発陣のうち
2人程度を駒にに、更なるトレードを索して
いるそうだ。



今シーズン、ア・リーグ西地区はハイレベルな
戦いを繰り広げている。打撃力のエンゼルスと
投手力のマリナーズが激しく追い上げる中、
この三つ巴の戦いは、さらに激化しそうだ。



トレード期限まであと1週間。
ビーンの動きに世界中のファンが注目する。




【2】編集後記

中国産の鶏肉が問題になっていますね。

こういったニュースが飛び交うと、

子供を持つ親としては、可能な限り

中国産の食品を子供たちに与えたくない、

と思ってしまいます。

中国と取引する日本の企業は、今後も

徹底したリスク管理が必要ですね・・・。

アスレチックス先発陣の『事件』 ~その2~ 【ジェシー・チャベス、ソニー・グレイ】野球人No.545

Sonny Gray 2014年配置転換2 

【1】今日の野球人

[選手名]ジェシー・チャベス
[選手名]ソニー・グレイ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]アスレチックス




昨日に引き続き、アスレチックスの
先発投手陣について、纏めていきたい。



開幕早々、エースと2番手を失ってしまった
アスレチックス。それもよりによって、
2人揃ってトミー・ジョン手術。これにより、
少なくとも1年間は復帰できなくなった。



まさに緊急事態に陥ったアスレチックス。
そんな状況の中、GMであるビリー・ビーンが
取った策は、まずは自前の選手でやり繰り
する事だった。

Billy Beane 目利き20142 

ヤンキースやドジャースであれば、財力に
モノを言わした『力技』で、他球団から
先発投手を引っ張ってくるだろう。しかし、
アスレチックスにはそんな『力技』は、滅多に
使えない(後々、アスレチックスは『力技』を
使うのだが・・・)。



まずは、セットアップのジェシー・チャベスを
先発に配置転換。元々、このチャベスは
ロングリリーフや敗戦処理をもこなす
便利屋的存在だった。しかしながら、先発の
経験は、メジャー在籍6年で2回のみ。
ビーンからしてみれば、わらにもすがる思い
だったのだろう。

Jesse Chavez 2014年配置転換 

ところが、このチャベスが予想外の大健闘。
最速95マイル前後の4シームに、決め球の
カッターが冴えた。課題であった制球難も
克服し、見事ローテーションに定着した。



嬉しい誤算はまだ続く。メジャー2年目の
若手、ソニー・グレイの才能が開花。元々、
メジャー屈指のトップ・プロスペクトだった
のだが、如何せん経験不足。今シーズンで
2年目という事もあり、徐々に本領を発揮して
いくだろうと思われたのだが・・・。今や
エース級の活躍だ。

Sonny Gray 2014年配置転換 

小柄ながら、落差の大きいカーブが武器で、
ゴロの山を築く。大学時代からティム・
ハドソン(現ジャイアンツ)と比較されてきた
男が、見事チャンスをモノにした。



さらには、FAで移籍してきたスコット・
カズミヤーが完全復活。全盛期を彷彿させる
ピッチングで、打者を手玉に取っている。

Scott Kazmir 絶好調 

気づいてみれば、昨年同様、投手王国である
アスレチックス。先発防御率3.18は堂々の
リーグ1位。
開幕当初の危機的状況が、
まるで嘘のようだ。



やはり、ビリー・ビーンの目利きは凄い。
しかしながら、この天才GMは、この状況
さえも良しとはしなかった。明日は、先日
行われた『大型トレード』についてまとめて
いきたい。





【2】編集後記

専属トレーナーと共に行っている

肉体改造も、半年が過ぎました。

食事も大幅に見直し、最近では

プロテイン摂取量は少し減らして、

玄米を食べるようになりました(笑)

だんだん健康志向に・・・(笑)

6パック(腹筋を6つに割る事)まで

もう少しです!

アスレチックス先発陣の『事件』 ~その1~ 【A.J.グリフィン、ジャロッド・パーカー】野球人No.544

ParkerGriffin 2014離脱 

【1】今日の野球人
[選手名]A.J.グリフィン
[選手名]ジャロッド・パーカー
[ポジション]ピッチャー
[チーム]オークランド・アスレチックス





どんな強豪チームでも、何の波風もたたず、
順風満帆にシーズンを終える事などない。
余裕のゴールに見えても、水面下ではピンチの
連続で、いくつもの修羅場を乗り越えた挙句、
苦難のゴール、というのが実情だろう。



オークランド・アスレチックスが好調だ。
開幕から、投打の歯車がガッチリとかみ合い
安定した戦いを披露。ここ最近は2位の
エンゼルスが猛チャージをかけてきているが、
アスレチックスの優位性は変わらないだろう。

Athletics 2014年好調 

しかし前半戦、誰がここまでアスレチックスの
快進撃を予想しただろう。確かに2年連続で
地区優勝
を果たしたものの、緊急事態とも
言える『事件』が発生していたのだ。



今日、明日、明後日の3回に分けて、
その『事件』について纏めていきたい。



開幕投手に指名されていたジャロッド・
パーカーは、現在25歳。2007年に
ダイヤモンドバックスからドラフト1順目
入団した逸材。マイナー時代からトップ
プロスペクトとして注目され、2011年
オフにアスレチックスに移籍。2年連続で
地区優勝に貢献し、今やエース格だ。

Jarrod Parker 2014年離脱2 

武器は95マイル前後の2シームと、
サークルチェンジ。なかでもサークル
チェンジは威力抜群で、2シームと
同じ軌道で落ちていく。



そして2番手はA.J.グリフィン。
パーカーとは対照的に、2010年に
アスレチックスからドラフト13順目
(全体395番目)
という下位での入団。
しかし、過酷な生存競争から這い上がり、
2012年に才能が開花。アスレチックスの
ローテを支える右腕だ。

Griffin 2014年離脱1 

巨漢に似合わず制球重視の技巧派で、
カーブとチェンジアップで打者のタイミングを
外す。球威はないものの、大崩れする事も
少ない安定感のある投手だ。



しかし開幕直前、両者揃って右ひじを故障。
診断結果は最悪の靱帯損傷。あろうことか、
エースと2番手が同時期にトミー・ジョン手術
を受ける事になってしまったのである。

Jarrod Parker 2014年離脱3 

常識的に考えて、エースと2番手が故障した
時点で(それも1年間投げられない!)、
優勝はおろか、勝ち越しさえも難しいだろう。
前年にオフにFAで左腕のカズミヤーを獲得
していたものの、明らかに駒不足。



『今年のアスレチックスはダメだ』
おそらく地元オークランドのファンは
誰もがこうつぶやいたに違いない。



しかしGMであるビーンは、勝負を投げ出さ
なかった。明日は、この2つの大きな穴を、
どのように埋めていったかを纏めていきたい。




【2】編集後記

友人に誘われて、今週25日(金)に

巨人vs中日戦を観てきます。

我が家はナゴヤドームまで車で15分位

なのですが、久々の観戦です。

ちなみに私は、屋外&天然芝の

球場が好きです。

なので、個人的にナゴヤドームは

あまり好きではないです・・・(笑)

メジャーの球場が恋しいです!(笑)

2014年MLB後半戦の展望【アメリカンリーグ編】野球人No.543

Oakland Athletics 2014後半戦2 

【1】今日のチーム

アメリカン・リーグ後半戦の展望



昨日に引き続き、後半戦の展望を纏めて
いきたい。今日はアメリカン・リーグ編。



まずは東地区。
ア・リーグNo.1激戦区であるこの地区は、
今シーズン、開幕から大波乱。昨年の覇者
であるレッドソックスが、まさかの大不振。
同じくここ6年間で5回90勝以上を挙げた
レイズも開幕から低空飛行。この2チームが
勝率5割を切った状態で前半戦を終えた。

Red sox 2014後半戦展望 

首位争いはオリオールズを筆頭に、
ヤンキース、ブルージェイズが3ゲーム差
以内
でひしめいている。ただしヤンキースは、
先発投手に故障者が続出し、やや厳しい状況。
おそらくオリオールズとブルージェイズの戦い
になってくるだろう。

 

続いて中地区。
この地区は当初の予想通り、タイガースが
頭1つ抜き出ている。ただし、穴も多い。
エースであったバーランダーに凋落傾向が
みられ、以前ほど強力先発陣のアドバンテージ
がなくなってしまった。

Tigers 2014後半戦展望 

また、救援投手陣の不甲斐なさも目立つ。
救援防御率4.40はリーグ13位。終盤に
ひっくり返される試合が多いのも気掛かりだ。
ダークホースはインディアンズ。先発投手陣は
頼りないものの、リーグ3位の救援投手陣
武器。フランコーナ監督の元、チームの
雰囲気も良く、後半戦面白い存在になるかも
しれない。

Indians 2014後半戦 



最後に西地区。
ビリー・ビーン率いるアスレチックスが
大躍進。チーム防御率3.12はリーグ1位、
チーム得点数48はリーグ2位と、投打に
バランスが取れている。それに加え、先日
トレードで先発投手を2枚補強。盤石な
体制を築きつつある。

Oakland Athletics 2014後半戦 

追うのは破壊力のエンゼルス(チーム得点数
リーグ1位)と投手力のマリナーズ(チーム
防御率リーグ2位)。この2チームとも昨年
までの不振から脱し、予想外の健闘を見せて
いる。反対に、強豪レンジャーズは投手陣が
崩壊し、現在最下位。今シーズンは優勝を
諦め、『売り手モード』にシフトするだろう。


予想としては、

東地区 オリオールズ

中地区 タイガース

西地区 アスレチックス

ワイルドカード1 エンゼルス

ワイルドカード2 ブルージェイズ


といったところか。
トレード期限である7月31日までに、
アスレチックスがどのような動きを
見せるのだろうか? カリスマGM
ビリー・ビーン
の手腕に注目だ。




【2】編集後記

昨日は我が家の屋上に『人工芝』

敷きました。

敷いて感じた事は、やはり『天然芝』

にはかなわない、という事(笑)

球場もそうですが、やはり

天然芝が一番ですね!

2014年MLB後半戦の展望【ナショナルリーグ編】野球人No.542

Nationals 2014年後半戦 

【1】今日のチーム

ナショナル・リーグ後半戦の展望



現地時間7月18日から後半戦がスタート。
7月に入り、当コラムでは前半戦に予想外の
躍進をみせたチーム、前評判は高かったが
躓いてしまったチームを取り上げてきた。



そこで今日と明日の2日間で、ナ・リーグ、
ア・リーグの後半戦の展望をまとめて
いきたい。



まずはナ・リーグ東地区。この地区は
当初の予想通り、ブレーブスと
ナショナルズの一騎打ち
に。

Atlanta Braves 2014年後半戦 

両チームともメジャー屈指の投手陣を擁する
守り勝つチームカラー。ただし、打撃力に
おいてはナショナルズに軍配が上がる。
後半戦もこの2チームが熾烈な戦いを
繰り広げるだろう。球団再建中のマーリンズも
一時は健闘したものの、やはりズルズルと
落ちてきた。しかしながら、勢いのある若手が
台頭しており、来期以降が楽しみなチームだ。



続いて中地区。
昨年、この地区から3チームがプレーオフに
進出した様に、今やナリーグNo.1激戦区。

STLouis Cardinals 2014年後半戦 
その傾向は今年も変わらず、カブス以外の
4チームが、3.5ゲーム差以内にひしめいて
いる。予想外の大躍進で、開幕ダッシュに
成功したブルワーズ。何とか首位を死守した
まま、後半戦に突入。

Milwaukee Brewers 2014年後半戦 

ただ、実力、経験共にカージナルスが
有利か。
夏場以降の、疲労がピークに
達する頃に、カージナルスの実力が発揮
されるだろう。



最後に西地区。
2012年のワールドチャンピオンである
ジャイアンツが見事復活。昨年はまさかの
地区4位に終わったが、今年はドジャースと
久々のライバル対決を繰り広げている。

Sanfrancisco Giants 2014年後半戦 

他の3チームは優勝争いに加われそうになく、
2強3弱といった状況。昨年、ドジャースは
夏場以降に猛チャージをかけたように、
今年も後半戦に追い込みをかけてくるだろう。

Los Angeles Dodgers 2014年後半戦 

ドジャースはトレードの駒は豊富にある為、
トレード期限である7月31日までに、どんな
補強を仕掛けてくるかに注目だ。



予想としては、

東地区 ナショナルズ

中地区 カージナルス

西地区 ドジャース

ワイルドカード1 ブレーブス

ワイルドカード2 ブルワーズ

といったところか。
個人的には、勢いのある若手と、
実力派の中堅が上手く融合している
ナショナルズを推したい。



【2】編集後記

昨日は、所属している団体の全国大会が

あり、横浜へ行ってました。

久々の横浜出張でしたが、滞在時間は

わずか4時間^^;

中華街や、みなとみらい周辺をもっと

散策したかったのですが・・・^^;

次回はもっと、ゆとりのある出張に

したいです(笑)

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その20~【レンジャーズ投手陣】野球人No.541

Texas Rangers 2014前半戦 

【1】今日の野球人
[選手名]レンジャーズ投手陣
[チーム]テキサス・レンジャーズ



昔から、打高投低のイメージが強い
テキサス・レンジャーズ。本拠地である
グローブライフ・パーク・イン・アーリントン
打者有利の球場である事も、大きく影響
しているだろう。ここ数年は、ダルビッシュを
はじめとする優秀な先発投手が揃っている
ものの、やはり攻撃的なチームカラーだ。



5点取られたら6点取り返す野球、
まるでテキサスの武骨な男たちを
象徴するかのようだ。

秋信守 2014年前半戦 

だが今シーズン打高投低どころか、打高投壊
してしまったレンジャーズ。投手陣は野戦病院
と化し、現在8人もの投手が故障者入り。



なかでも先発投手は深刻で、確実に勝てる
のがダルビッシュただ一人という状況。
ハリソン、ホランド、オガンドーが消え、
到底メジャーでは通用しないような投手で
ローテを回している。

Texas Rangers pitcher 2014前半戦 

チーム防御率4.93はもちろん
リーグ最下位。先発投手の防御率は
もっと深刻で、5.20。先発投手が5点以上
取られてしまっては、勝てるはずがない。



であれば、得意の打撃戦に持ち込みたい
ところだが、これまた不調。今シーズン
ダニエルズGMが打線強化のために獲得
してきた選手たちが、ことごとく期待を
裏切っている。大砲フィルダーは首の手術
早々とリタイヤし、7年1億3000万ドル
獲得した秋信守も、本調子からは程遠く、
低空飛行。

Prince Fielder 首の手術 

チームは現在36勝57敗で西地区の最下位。
あろうことか、球団再建中であるアストロズの
背中を追う恰好となってしまった。



今シーズンは優勝を諦めて、トレード期限
である7月31日までに『売り手』に回る
可能性が高い。トレードの噂が上がっている
選手は、三塁手のエイドリアン・ベルトレーと
走攻守揃った外野手のアレックス・リオスだ。



年俸総額1億3000万ドルのチームが
一旦チームを解体してしまうのだろうか?
4年連続90勝以上の強豪は、後半戦も
苦しい戦いを強いられそうだ。





【2】編集後記

3連休に入りましたが、皆さんは

どのようにお過ごしですか?

あいにく天候は崩れそうですね^^;

我が家も特に予定はないですが、

今話題の『アナと雪の女王』

DVDを購入したましたので、

家族で映画鑑賞になりそうです、^^

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その19~【マリナーズ投手陣】野球人No.540

Seattle MAriners 2014年前半戦 

【1】今日の野球人
[選手名]マリナーズ投手陣
[チーム]シアトル・マリナーズ




昨年オフ、ストーブリーグの主役は
間違いなく田中将大だった。日本を代表する
エースが紆余曲折を経て、ヤンキースと契約。
契約内容は7年1億5500万ドル。
メジャーでの実績ゼロの男に対して、破格の
オファーであった。



いささか、その契約の陰に隠れてしまったが、
ロビンソン・カノとマリナーズの契約も
凄まじかった。10年2億4000万ドル。
イチローさえも愛想を尽かした弱小球団が、
いきなり勝負に出てきたのだ。

Robinson Cano 戦力分析 

今年から就任した新監督のマクレンドンも
前評判は悪かった。GMを含めた球団上層部
に対して批判的な声が上がっていたのも
事実。そんな状態で2014年のスタートを
切ったマリナーズ。しかしながら、大方の
予想裏切る健闘を見せている。



首位のアスレチックスとは8ゲーム差ながら、
51勝44敗の地区3位。プレーオフを狙える
位置をキープしたまま前半戦を終了。



躍進の要因は、やはり強力投手陣。
ここ10年ほどマリナーズは投高打低の
チームカラー
だが、今年の投手陣は
例年にも増して強力だ。

Felix hernandez 2014年前半戦 

『キング』ことフェリックス・ヘルナンデス
と、2番手の岩隈は今年も抜群の安定感。
そこに若手のキューバ人エリアスが
食い込み、さらにはベテランのヤング
が復活し、ローテの下位を支えている。
チーム防御率3.16はリーグ2位。



そして驚きの復活を遂げたのが
クローザーのフェルナンド・ロドニー。
昨年オフにFAで加入した37歳だ。

Fernando Rodney 2014年前半戦 

最速100マイルの4シームでガンガン押すの
が持ち味なのだが、何しろコントロールが
悪い。2012年には突然、制球が安定して
48セーブを挙げたのだが、昨年は元の
ノーコン・クローザーに戻ってしまった。
今シーズン、マリナーズはロドニーと
2年1400万ドルで契約。あまり大きな
期待は禁物だったのだが・・・。



今年は2012年までとはいかないまでも、
四球率は3.0(昨年は4.9)まで減少。
伝家の宝刀チェンジアップも冴え、高い
奪三振率を維持している。現在27セーブは
リーグNo.1。見事オールスターにも選出
された。



ただ、僅差の試合でロドニーが登板すると、
相変わらずハラハラする。まぁ、それも
この男の魅力なのだろう。ふてぶてしい
振る舞い
も面白い。

Fernando Rodney 劇場型クローザー2 

後半戦、ダークホース的な存在になりそうな
マリナーズ。相変わらず打線に期待は
できないが、強力投手陣は侮れない。
2001年以来、13年ぶりのプレーオフ
進出
なるか!?




【2】編集後記

ウクライナとロシアの国境上空にて、

マレーシア航空の旅客機が撃墜されました。

現時点では、誤って狙撃された可能性が

高いと報道されています。

今年の春にもマレーシア航空は墜落

しており、今年に入って2度目です。

私も出張でマレーシア航空に搭乗する

機会が多い為、しばらく搭乗は控えよう

かと・・・。

早速、来月にスリランカへの出張が

あるので、その際は別の便にします。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その18~【エンジェルス打撃陣】野球人No.539

Los Angeles Angels 2014前半戦 

【1】今日の野球人
[選手名]エンジェルス打撃陣
[チーム]ロサンゼルス・エンゼルス




開幕前、ロサンゼルス・エンゼルスの
評判は決して良いとは言えなかった。



マイナーには若手有望株が消え、ラインナップ
には、不良債権化が懸念される左右の大砲、
アルバート・プホルズとジョシュ・ハミルトン
が並ぶ。今やメジャー屈指の5ツール
プレイヤー、
マイク・トラウトが一人で
頑張っても、優勝争いに加わるのは難しい
だろうと見られていた。

Hamilton and Pujols 2014 

しかし、エンゼルスは予想外に健闘。
首位アスレチックスを射程距離に捉えた
状態で前半戦を終了。57勝37敗
地区2位。ゲーム差はわずか1.5だ。



エンゼルス躍進の要因は打撃陣。
前半戦、リーグ1位478得点と、
リーグ2位チーム打率.269を記録。
ア・リーグNo.1の打撃陣を擁する、
デトロイト・タイガースに負けず劣らずの
打線である。

Mike Trout 2014前半戦 

打線の中心はやはり、マイク・トラウト。
今シーズンも走攻守にハイレベルな
パフォーマンスを魅せている。前半戦を

打率.310 (ア・リーグ7位)
本塁打22 (ア・リーグ4位)
打点73 (ア・リーグ3位)

といった成績で折り返し、文句なしで
オールスターに選出。さらにはその
オールスターでも大暴れ。2塁打と3塁打を
放ち、見事MVPに輝いた。

 

ただ、トラウトの活躍はある意味、想定内。
この男のポテンシャルを考えれば、
シーズン前からある程度の予想はついていた。
むしろ、エンジェルスの得点力アップは、
脇役の活躍が大きいのだろう。



特に、アイバー、ケンドリック、コルホーンと
いった選手達だ。彼らはトラウトやプホルズ、
ハミルトンといった選手に比べて派手さは
ないものの、実力派の巧打者たちだ。

Howie Kendrick トレード1  

また、昨年怪我で不振を極めたプホルズに、
復活のきざしが見え始めた。前半戦で20本塁打
64打点
を挙げ、何とか面目を保ったといえる。



ただ、昔のプホルズの姿を望むのは酷であり、
打率.300 OPS.1.000 を
打つ力はもうないが・・・。



ともあれ、2009年以来のプレーオフを狙う
エンゼルス。トレードのデットラインである
7月末までに、どの様な動きを見せるのか?
間違いなく『勝負』をかけてくるだろう。

Albert Pujols 2014前半戦 




【2】編集後記

マー君のヒジの故障もあり、

各メディアで、投手の酷使についての

話題がのぼっていますね。

この件については、アメリカと日本の

考え方の違いも大きく、また指導者に

よっても考え方が様々。

そんな中、ダルビッシュから飛び出した

『中4日は短い』発言。

やはり、ダルビッシュが言うと

もの凄く説得力がありますよね・・・^^;

メジャーで当たり前となっている

『中4日説』に一石を投じる事に

なりました。今後の動きに注目です。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その17~【ホセ・ アルトゥーベ】野球人No.538

Jose Altuve 2014年前半戦嬉しい誤算 

【1】今日の野球人
[選手名]ホセ・アルトゥーベ
[ポジション]セカンド
[チーム]ヒューストン・アストロズ
[背番号]27
[生年月日]1990/5/6
[2014年シーズン年俸]50万ドル




現在、チーム再建真っただ中のアストロズ。
昨年も『3A レベルの戦力』と揶揄され、
球団ワースト記録の111敗を喫した。
今シーズンも年俸総額は5000万ドル
そこそこで、優勝には程遠い戦力。



だが、マイナーには多くの有望株が控えて
おり、若手の充実度はメジャー1,2を争う。
非常に将来が楽しみなチームであり、
『第2のロイヤルズ』になるべく、今は
虎視眈々と、勝負の時を待つ。

Houston Astros 2014年前半戦 

今シーズンも100敗を免れれば御の字、
といった程度の期待でア・リーグ西地区の
最下位は決定的かと思われた。だが
前半戦を40勝56敗で終え、西地区4位。
レンジャーズの予想外の低迷もあったが、
アストロズは大健闘と言えるだろう。



キーマンはやはりこの男だろう。
身長165cmのアスリート、
ホセ・アルトゥーベ。最も背が低いメジャー
リーガーとして、日本でも知名度が
上がってきた。このアルトゥーベが
今シーズン、大ブレイク中なのである。

Jose Altuve 2014年前半戦嬉しい誤算4 

前半戦130本のヒットを量産し、現在
安打数はリーグ1位。打率も.335
リーグ2位。ちなみに首位打者は
レンジャーズのベルトレーで打率.337
3位はマリナーズのカノで打率.334



わずか165cmの男が、超一流と呼ばれる
打者たちと、激しい首位打者争追いを
繰り広げているのだ。



身体能力が抜群のアルトゥーベは、足の方でも
大活躍。前半戦、走りに走りまくり、既に
41盗塁。2位に大差をつけて独走状態だ。
こちらは後半戦にケガをしない限り、タイトル
は獲れそうだ。

Jose Altuve 2014年前半戦嬉しい誤算3 

昨日も自身2度目のオールスターにも出場し、
名実ともにアストロズの顔になってきた。



しかし、悲しいかなアストロズのチーム
打率は.238 でリーグダントツの最下位。
アルトゥーベがヒットを量産しても、なかなか
得点に結びつかない。



将来アルトゥーベの後ろを打つ金の卵たちが、
真のメジャーリーガーとなり、この男の能力が
最大限に生かされるには、あと2~3年は
必要なのかもしれない。

JoseAltuve2.jpg



【2】編集後記

昨日のオールスターはご覧に

なりましたでしょうか?

上原、ダルビッシュと日本人投手も

登板しましたが、主役はやはり

デレック・ジーターでしたね。

今シーズン限りで引退を表明しており、

これが最後のオールスター。

もう来年から観られないかと思うと

やはり寂しいですね。

後半戦、ジーターのプレーを

しっかりと目に焼き付けたいですね。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その16~【ジャスティン・バーランダー】野球人No.537

Justin Verlander 2014年前半誤算2 

【1】今日の野球人
[選手名]ジャスティン・バーランダー
[ポジション]ピッチャー
[チーム]デトロイト・タイガース
[背番号]35
[生年月日]1983/2/20
[2014年シーズン年俸]2000万ドル




昨日に引き続き、ア・リーグ中地区の強豪
デトロイト・タイガースの『誤算』を1つ。



タイガースのエースと言えば、
メジャーを代表する剛腕投手、
ジャスティン・バーランダーであった。

justinverlander20131015.jpg 

100マイルを連発する超パワーピッチャーで
あり、最終回でも100マイルを計測する
タフネス右腕だ。2011年には、

24勝5敗 防御率2.40 250奪三振


という、とんでもない成績で投手三冠を達成。
見事にシーズンMVPとサイヤング賞の
ダブル受賞を果たした。



だが今思えば、この年がピークだったのかも
しれない。この年を境に、バーランダーの
成績は徐々に下降線を辿っていく。昨年は
プレーオフで大活躍したものの、シーズンを
通して不調にあえいだ。



原因は平均球速の低下と言われている。
2011年頃には95マイル近くあった
平均球速が、近年は92マイル程度に低下。
これに加え、得意のカーブやチェンジアップの
制球力も落ち、変化球をスタンドに運ばれる
ケースが格段に増えてしまった。

Justin Verlander 2014年前半誤算 

やはり長年の勤続疲労だろう。剛腕投手は
消耗が激しいうえ、7年連続200イニング
以上(年平均224イニング)
投げている。
そして今シーズン、開幕前に体幹の筋肉の
修復手術を受け、復活を賭けたシーズン
だったのだが・・・。



前半戦20試合に先発し、

8勝8敗 防御率4.88 96奪三振
46四死球 WHIP1.46


であった。立ち上がりや、球数が100球に
近づいた頃に崩れる傾向があり、やはり
以前のバーランダーとは明らかに違う。



そして最も懸念すべき事は、バーランダーの
契約内容。2013年のシーズン開幕前に、
2015年から始まる5年の超大型契約
結んでしまっているのだ。内容は、
2800万ドル×5年。

Justin Verlander 2014年前半誤算3 

契約を結んだタイミングが最悪だったようだ。
今のバーランダーでは1000万ドルの価値も
なく、来年から毎年2800万ドルを払い続け
なくてはならない。



好調の陰に隠れがちだが、タイガースに
ほころびが出はじめた。バーランダーには、
パワーピッチングを捨ててでも復活して
頂きたいところだ。






【2】編集後記

現在日本で大人気のメッセージアプリ、

LINE(ライン)。


もちろん私も、仕事とプライベートの

両方で使ってます。

そのLINEが東証に上場するとの事。

関連記事はコチラ

それにしても、IT業界の成長は、

凄まじいスピードですね・・・^^;

もちろん、海の藻屑となって

消えていくスピードもまた、

凄まじいです。

5年後、LINEは生き残っているん

ですかね・・・。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その15~【ジョー・ネイサン】野球人No.536

Joe nathan 2014年前半誤算4 

【1】今日の野球人
[選手名]ジョー・ネイサン
[ポジション]ピッチャー
[チーム]デトロイト・タイガース
[背番号]36
[生年月日]1974/11/22
[2014年シーズン年俸]1000万ドル




現在、アメリカン・リーグ中地区首位を
走るデトロイト・タイガース。同地区の
4球団に比べて圧倒的な戦力を誇っており、
シーズン前からタイガースの独走は予想
されていた。



強みは何と言っても強力打線。
チーム打率.280、長打率.445
もちろんリーグNo.1

Miguel Cabrera 契約延長 

三冠王打者ミゲール・カブレラを擁する打線が
悪いはずがなく、前後の打者にも好影響を
及ぼす。今シーズンはカブレラの後ろを
打つ打者がプリンス・フィルダーから、
ビクター・マルチネスへと変わった。当初は
打線の脆弱化が懸念されたものの、開幕から
マルチネスは絶好調。



やはり投手からしてみれば、カブレラと
対戦した時点でかなりの集中力を消耗
する
のだろう。カブレラとの対戦が終わり、
ちょっと気を抜いたところをガツンと
打たれる、といったところか。

Victor Martinez 援護砲2  

そんなスター軍団タイガースの唯一の
アキレス腱が救援投手陣。
昨シーズンも
救援投手の防御率は4.01でリーグ12位。
ここ数年、スター選手を擁しながら
チャンピオンリングに手が届かないのは、
やはり試合終盤のツメの甘さだったのかも
しれない。



そんな弱点を補強するべく、昨年オフに
通算341セーブのジョー・ネイサンを獲得。
39歳ながら95マイルを越える4シームと、
切れ味鋭いスライダーは健在。チャンピオン
獲得の為の最後の1ピースかと思われた
のだが・・・。

Joe Nathan 契約 

開幕から炎上続きである。特に直球の威力が
落ち、痛打されるケースが目につく。



現在、防御率は5.61まで跳ね上がり、
WHIPも1.51。セーブ失敗も既に5度
数え、危険水域に達している。

Joe nathan 2014年前半誤算 

ここ数試合はやや持ち直してきたものの、
やはり1点差の試合での登板は怖い。
監督としても、非常に判断が難しいところ
だろう。かといって他に実績のあるクローザー
もおらず、チェンバレンやアルバカーキーと
いったセットアッパーで何とかしのいでいる。



タイガースの救援防御率は4.26
昨年以上に悪化してしまった。
チャンピオン獲得に向けて、救援投手の
補強は必須のタイガース。7月31日の
トレード期限までに、どの様な動きを
見せるのだろうか?この辺りに注目
したい。





【2】編集後記

昨日、日経ビジネスを買いました。

特集は『クール・ジャパン』。

日経ビジネス きゃりーぱみゅぱみゅ 

僕らは輸出業を営んでいますが、

ロシアでも日本のオタク文化は

人気があります。特に、マンガ。

ロシアの若い子たちは、日本人である

僕以上に、日本のマンガをよく知って

おり、逆に教えてもらう事もしばしば(笑)

それにしても、きゃりーぱみゅぱみゅは

凄いですね^^;

日経ビジネスの表紙になるとは・・・。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その14~【マイケル・ブラントリー】野球人No.535

Michael Brantley 嬉しい誤算 

【1】今日の野球人
[選手名]マイケル・ブラントリー
[ポジション]レフト、センター
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]23
[生年月日]1987/5/15
[2014年シーズン年俸]237万ドル




今シーズン、2世選手がブレイクしている。



まずはドジャースのディー・ゴードン。

Dee Gordon 二世対決 

今シーズン、ドジャースのトップバッターに
定着し、持ち前の快足を披露。前半戦、
走りに走りまり、既に42盗塁。父親は、
元レッドソックスなどで活躍したクローザー、
トム・ゴードンだ。



そしてもう一人、インディアンズで
大ブレイクした二世選手がいる。
シュアなバッティングを得意とする、
マイケル・ブラントリーだ。

Michael Brantley 嬉しい誤算2 

父親は読売ジャイアンツでもプレーした事も
ある、ミッキー・ブラントリーだ。



2008年にCC.サバシアの交換相手として
ブルワーズからインディアンズに移籍。だが、
当時のトレードの目玉はマット・ラポルタ
いう若手の長距離砲であり、ブラントリーは、
後日発表選手という扱いで、誰も期待はして
いなかった。



しかしその後、ラポルタは芽が出ず、現在は
メキシカンリーグでプレー中。インディアンズ
にとって、このサバシアのトレードは失敗かと
思われていたのだが・・・。



今シーズン、予想外の大ブレイク。チームと
してはまさに『嬉しい誤算』。マイナー時代
から巧みなバットコントロールには定評が
あったものの、非力さがネックであった
ブラントリー。



しかし今年はパワー面を克服。3番打者として
既に15本塁打。持ち前のコンタクト技術も
冴え、右に左に安打を量産。打率.327
はリーグ6位。


見事オールスターに選出された。

Michael Brantley 嬉しい誤算3 

ちなみにブラントリーのニックネームは、
Dr.Smooth(ドクター・スムース)。
なめらかで、ナチュラルなバッティング
スタイルからこのニックネームがついた
ようだ(Dr.Smoothとは、元々
炭酸飲料のジュース)。



前日のクルーバーといい、このブラントリーと
いい、インディアンズから、なかなか玄人好み
の選手が台頭してきた。



オールスターで是非、このDr.Smooth
に注目して頂きたい。

Michael Brantley 嬉しい誤算4 



【2】編集後記

映画『ロード・オブ・ザ・リング』

シリーズの『ホビット』の新作がDVD

で発売され、早速購入しました。

ただ、上映時間が2時間半以上あるので

我が家で落ち着いて観れるか

どうか・・・^^;

子供たちが寝た後しか無理そうです(笑)

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その13~【コーリー・クルーバー】野球人No.534

Corey Kluber 嬉しい誤算 2014年前半4 

【1】今日の野球人
[選手名]コーリー・クルーバー
[ポジション]ピッチャー
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]28
[生年月日]1986/4/10
[2014年シーズン年俸]50万ドル




昨年、2007年以来のプレーオフに進出した
インディアンズだが、
今シーズンは開幕から
苦しい戦い
が続いている。



インディアンズ最大のアキレス腱は
先発投手陣。昨年プレーオフ進出に貢献した
ウバルド・ヒメネスと
スコット・カズミヤーが
FAで流出し、台所事情が一気に苦しく
なった。しかしチームは若手の底上げで
この穴を埋められると判断し、シーズン前に
目立った補強は行わなかった。

Scott Kazmir FA流出 

だが、さすがにヒメネスとカズミヤーの穴は
大きかった。7/11現在でインディアンズの
先発防御率は4.54(リーグ13位)。
エースのマスターソンが開幕から絶不調
なのも痛い。



そんな中、マスターソンに代わりエース級の
活躍をしているのがコーリー・クルーバーだ。
昨シーズン、ほぼ1年間ローテを守り11勝
挙げた28歳の右腕。

Corey Kluber 嬉しい誤算 2014年前半3 

まだまだ全国的には知名度が低く、地味な
存在だが、非常に面白い投手だ。この男、
とにかくピッチングの組み立てが上手く、
賢い投球をする。



持ち球は最速97マイルの4シームに、
90マイルの2シーム、シンカー、カッター、
カーブ、スライダー、チェンジアップと
非常に多彩。特にカーブの切れ味は抜群で、
まるでゴムボールのように曲がる。

Corey Kluber 嬉しい誤算 2014年前半 

これらのボールを効果的にコーナーに
投げ分け、要所要所で95マイルを越える
4シーム
をズドンと投げる。こういった
考え抜かれた賢いスタイルは、一部の
マニアに大うけとの事。



ちなみにクルーバーは137奪三振で
ア・リーグ5位。
デビッド・プライスや
マックス・シャーザー、フェリックス・
ヘルナンデスらと奪三振王争いを繰り
広げている。



先発投手が苦しいインディアンズだが、
頼もしい投手が台頭してきた。後半戦も
クルーバーの『賢い』ピッチングに
注目しよう。




【2】編集後記

通信教材などを手掛ける

ベネッセ・コーポレーションが先日、

顧客の個人情報760万件が流出したと

発表しました。

ちなみに我が家も、3歳の子供に

幼児用英語教材が毎月ベネッセから

届きます。

我が家の情報も流出したと思うと

本当にぞっとします・・・。

早急な解決を望みます。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その12~【ウィル・マイヤーズ】野球人No.533

Wil myers 誤算 2014前半戦 

【1】今日の野球人
[選手名]ウィル・マイヤーズ
[ポジション]ライト
[チーム]タンパベイ・レイズ
[背番号]9
[生年月日]1990/12/10
[2014年シーズン年俸]50万ドル




昨シーズン92勝を挙げ、見事
プレーオフに進出したレイズ。
激戦区であるア・リーグ東地区において、
ここ6年で5回もの90勝以上を記録した
強豪だ。



メジャー最低クラスの財政力ながら、
ハイレベルな先発陣を擁し、今年も
優勝候補と見られていた。

Tampa Bay Rays 2014前半戦 

しかし開幕から低空飛行が続く。勝率5割を
キープできたのは、開幕後の2週間だけ。
それからずっと借金生活だ。
7/10現在で42勝52敗で借金10。
あろうことか、昨年の覇者レッドソックスと
最下位争いを演じている。



投手陣はそこそこ頑張っている。開幕早々、
先発2番手のマット・ムーアがトミー・ジョン
手術
となったのは非常に痛手だったが、
プライス、アーチャー、オドリッジ、コブ等が
健闘。先発防御率3.84はリーグ4位。
エースであるプライスの移籍が取り沙汰されて
いるが、相変わらずの奪三振マシンぶりを
発揮している。

David Price トレード 

問題は打撃陣だ。昨シーズンも決して
得点力の高いチームではなかったが、
今シーズンは更に悪化。現在の得点数は
359でリーグ14位。3Aレベルと言われた
アストロズよりも得点力が低いのだ。



一番の『誤算』は、若き主砲、
ウィル・マイヤーズの離脱だろう。

Wil myers 誤算 2014前半戦3 

ロイヤルズのトッププロスペクトだった男が
昨年、満を持してレイズでデビュー。
期待にそぐわぬ活躍で、見事新人王を獲得。
今シーズン、更なる飛躍を望まれていたの
だが・・・。



5月30日のレッドソックス戦で、センターを
守るジェニングスと衝突し、右手首を強打。
当初は軽傷と見られていたが、診断の結果は
疲労骨折。復帰まで2か月以上かかる見込み。



シーズンの折り返し地点を迎え、レイズは
岐路に立たされている。トレード期限である
7/31までに、最高級の左腕プライスを放出
するのか? 
プライスの放出は、すなわち
『終戦』を意味する。



まだ借金10。去年までの粘り強さを考え
れば、十分取り返しがつく位置だと思うの
だが・・・。




【2】編集後記

右ひじを故障したマー君に代わり、

上原がオールスターに出場する事に

なりました。

日本人にとって、とても嬉しい事ですが、

個人的には、オールスター休みを

ゆっくり休んでもらいたかったなと^^;

39歳の満身創痍の身体を、酷使し

続けている訳ですからね・・・。

ともあれ、出場するからには、

マウンドに上がってもらいたいですね!

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その11~【ヤンキース打撃陣】野球人No.532

ヤンキース打撃陣2014前半 誤算5 

【1】今日の野球人
[選手名]ヤンキース打撃陣
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース





昨年オフ、お決まりの札束攻勢で大補強を
行ったヤンキース。補強費は5億ドル近く
および、並々ならぬ覚悟で迎えた2014年。
補強の目玉はやはり田中将大だったが、
打撃陣の補強も凄まじかった。



ブライアン・マッキャン
5年8500万ドル

カルロス・ベルトラン
3年4500万ドル

ジャコビー・エルズベリー
7年1億5300万ドル

ケリー・ジョンソン
1年275万ドル

ブライアン・ロバーツ
1年200万ドル

Jacoby Ellsbury 契約 

彼らに加え、復活を期すマーク・テシエラ、
長距離砲のアルフォンゾ・ソリアーノ等も
控え、巧打者のブレッド・ガードナーと
イチローが脇を固める。



2013年はリーグ14位に沈んだ本塁打数と
長打率は、劇的に改善される見込みだった
のだが・・・。



現状、本塁打数、長打率共にリーグ11位。
問題なのは得点数で、これまた366点で
リーグ11位。
これでは投資額に見合って
いない。

ヤンキース打撃陣2014前半 誤算4 

挙句の果てには、1800万ドルの
スラッガー、
ソリアーノを解雇。昨年
この男を獲得した際は多くの関係者が
首をかしげたのだが、またもや無駄な
投資に終わってしまった。

ヤンキース打撃陣2014前半 誤算 

ちなみに得点数のリーグ1位は低年俸
集団のアスレチックスで、452点。
この差は圧倒的である。ただし、今年は
エルズベリーの加入もあり、チーム盗塁数
はアップした。現在64盗塁はリーグ3位。
本来、ビックビールを好む傾向にある
ヤンキースだが、今シーズンは上手く
機動力を生かしている。



ヤンキースの先発投手陣は、ボロボロの状態で
ある為、何とか打撃陣でカバーしたいところ
なのだが・・・。後半戦、ベテラン勢の奮起に
期待しよう。




【2】編集後記

昨日、マー君のコラムを書きましたが、

まさかのDL(故障者リスト)入り・・・。

右ひじの炎症との事ですが、

最悪の場合、トミー・ジョン手術の

可能性もあります。

ヤンキースとしても、マー君が

今季絶望となれば、プレーオフ進出は

まず無理でしょう。

今はとにかく、軽傷である事を

祈りたいです。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その10~【田中将大】野球人No.531

田中将大 嬉しい誤算1 

【1】今日の野球人
[選手名]田中将大
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース
[背番号]19
[生年月日]1988/11/1
[2014年シーズン年俸]2200万ドル




7月に入り『前半戦の誤算or嬉しい誤算』
題し、期待外れの選手や予想外にブレイクした
選手を書いてきた。だが、今シーズンの
前半戦を振り返った時、ヤンキースほど
『嬉しい誤算』がはっきりと現れたチームは
ないだろう。



『嬉しい誤算』だった選手は、もちろん
田中将大。全世界が注目した、
1億5500万ドルの右腕だ。まぁ、
そこそこは活躍すると見られていたが、
まさかここまでとは・・・。

田中将大 嬉しい誤算2 

前年度、楽天で24勝を挙げたものの、
メジャーでの実績はゼロ。
ヤンキースは
田中がもしメジャーに適応
できなければ、
とんでもない負債を抱える事に
なる。
ヤンキースには過去に
『井川慶の失敗』
というトラウマもあり、十分すぎるほどの調査
を行ったと思うのだが・・・。



結果はご存知のように、サイヤング賞級の
活躍だ。16試合連続クオリティースタート
達成し、抜群の安定感を披露。特に外角低め
へのコントロールが素晴らしい。スプリットや
チェンジアップを外角低めにピンポイントで
決められる投手
は、メジャー広しと言えど、
そうそういない。

田中将大 嬉しい誤算3 

また、その日の調子によって器用に調整できる
能力も大きい。要するに悪い時もそれなりに
ごまかせる、
という事だ。ダメな時は全くダメ
という事が少ない為、高い確率でクオリティー
スタートをクリアできるのだろう。



課題はメジャーの過酷なスケジュールを
克服できるかどうか。スタミナ充分の田中と
言えど、夏場以降の疲労が心配だ。ここ
数試合、調子を崩しているのは間違いなく
疲労の蓄積だろう。



オールスターでも引っ張りだこになりそうな
田中。ゆっくり休めそうにはないが、後半戦に
向けて英気を養って頂きたいところだ。

田中将大 嬉しい誤算4 



【2】編集後記

先週の木曜日のトレーニング中に

腰を痛め、しばらく筋トレを中止して

いました。

痛みがなくなった為、昨日から

ジムでのトレーニングを再開しました。

実は、妻や周囲の人間には、

痛めた事を内緒にしてました^^;

もし言おうものなら、

『だから言ったでしょ!』

怒られるので・・・(笑)

これからは慎重に行います・・・^^;

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その9~【ネルソン・クルーズ】野球人No.530

Nelson Cruz 嬉しい誤算4 

【1】今日の野球人
[選手名]ネルソン・クルーズ
[ポジション]DH、ライト
[チーム]ボルチモア・オリオールズ
[背番号]23
[生年月日]1980/5/12
[2014年シーズン年俸]800万ドル





ここ数年で、取り締まりが非常に厳しくなった
『禁止薬物』。昨年はバイオジェネシス問題で
一挙13名が『検挙』された。



手口が一番悪質だったのが、ご存知
アレックス・ロドリゲス。捜査を著しく
混乱させた事もあり、出場停止は
211試合にも及んだ。もうそろそろ、彼の
存在も忘れかけているファンも多いだろう。

Alex Rodriguez 出場停止2 

ヒト成長ホルモンや、ステロイドを、
意図的に外部から注入すれば、筋量を
強制的に増加する事ができる。それに伴い、
瞬発力や個々の筋肉の動きは劇的に向上
する。



副作用(うつ症状、靱帯への過負荷)
激しいが、やはりこの魔力に憑りつかれて
しまうアスリートは多い。オリオールズの
クルーズも、魔力に憑りつかれたスラッガーの
一人だ。

Nelson Cruz 新天地4 

堂々たる体格から放たれる、抜群のパワー。
5年連続で22本塁打以上を記録している
大砲だ。



この男も過去に禁止薬物に手を出しており、
昨年50試合の出場停止処分を喰らった。
どの時期から薬物を使っていたかは定かでは
ないが、今まで築き上げた記録は『色眼鏡』
見られる事になった。



そして昨年オフ、最悪のタイミングでFAと
なったクルーズ。結局、薬物使用の前科が
ある選手に好条件を出す球団はなく、
オリオールズに1年800万ドル+出来高払い
で買い叩かれて入団した。

  

基本的に薬物を辞めた途端、筋量は落ちる。
それに伴い、成績も下降線を辿るのが一般的。
クルーズもどの程度数字を落とすのか、懸念
されていたのだが・・・。



あろうことか、開幕から猛打を振るっている。

Nelson Cruz 嬉しい誤算2  

28本塁打 73打点は、メジャー1位。
チームメイトの大砲、クリス・デービスの
お株を奪う爆発ぶりだ。チームもクルーズの
活躍により、ブルージェイズから首位を奪取。
東地区はさらに混戦模様だ。



クルーズの爆発の理由は良くわからない
ものの、これはどうやらホンモノのようだ。
今シーズン終了後に再度FAとなる為、
より良い条件をゲットする為に奮起したの
だろうか・・・。



ともあれ、今アリーグで一番危険なバッターで
あるのには間違いない。

Nelson Cruz 嬉しい誤算  





【2】編集後記

レギュラーシーズンも7月に入り、

今年勝ちに行くチームと、勝負を

諦めるチームが、徐々にはっきり

してきました。

ただ、毎年この時期に微妙なのは、

勝率5割をちょっと切るぐらいの

チームですよね・・・^^;

トレード期限の31日までに、

ベテランを放出するかどうか、

GMとして非常に難しい判断を

迫られます。

昨年の覇者レッドソックスは現状、

勝率5割を大きく下回っています。

上原の放出も噂されていますが、

このまま勝負を諦めるのでしょうか。

個人的には、フェンウェイパークで

投げる上原を見ていたいのですが・・・。



前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その8~【ティム・ハドソン】野球人No.529

Tim Hudson 嬉しい誤算 

【1】今日の野球人
[選手名]ティム・ハドソン
[ポジション]ピッチャー
[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ
[背番号]17
[生年月日]1975/7/14
[2014年シーズン年俸]1150万ドル




2000年代前半、アスレチックスを支えた
先発三本柱がいた。技巧派左腕のマルダー、
大きく曲がるカーブを操るジト、そして
高速シンカーでゴロを打たせる名人
ハドソン。我々は彼らに敬意をこめて、
『ビック3』と呼んでいた。

Tim Hudson 嬉しい誤算4 

彼らはどのチームに行ってもエースになれる
素材
だった。そして当時は、選球眼重視の
打撃スタイルが特徴の『マネーボール理論』
で一世を風靡していたアスレチックス。
しかし、アスレチックスが好成績をおさめて
いたのは、このビック3の存在が大いに
関係していたのは間違いない。



その後ビック3は、より良い条件を求め、
アスレチックスを離れていった。
それから
10年以上が経過した今、現役で
活躍して
いるのはハドソンだけになって
しまった。

Tim Hudson 嬉しい誤算3 

そのハドソンも今年で39歳。昨シーズン
不運にも右足首を骨折してしまい、選手
としてのキャリアも、そろそろ終わりを
迎えようとしていた。



今シーズンはジャイアンツと2年契約
(2年2300万ドル)。投球内容に、目に
見えた衰えは無かったものの、やはり
ジャイアンツとしては、リスクの高い契約
だった。チームとしては、先発3番手として
何とか180イニングをクリアしてくれれば
御の字、といった具合だろう。



しかしハドソンは今シーズン、昨年の鬱憤を
晴らすかのようなピッチングを披露。得意の
高速シンカーが冴えわたり、全盛期並みに
ゴロを量産中だ。

6月を終え、

7勝5敗 防御率2.53 WHIP1.05
75奪三振 被打率.241


チームとしても、まさかここまで復活するとは
思っていなかっただろう。今やバムガーナーと
共にエース級の活躍である。

Tim Hudson 嬉しい誤算2 

宿敵ドジャースの先発投手陣もベテランが
健闘しているが、ハドソンも負けてはいない。
ベテラン選手を好んで起用するセイビアンGM
も、ほくそ笑んでいるだろう。



アスレチックス時代以来の西海岸。
ビック3と呼ばれていた頃のハドソンが
帰ってきたようだ。





【2】編集後記

大型で非常に強い台風8号が、

沖縄に近づいてきています。

その後の詳しい進路は、まだ

わかりませんが、本州を通過

する事は間違いなさそうですね・・・。

皆さんも、どうかお気をつけ下さい!

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その7~【ジョシュ・ベケット】野球人No.528

Josh Beckett 嬉しい誤算3 

【1】今日の野球人
[選手名]ジョシュ・ベケット
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ロサンゼルス・ドジャース
[背番号]61
[生年月日]1980/5/15
[2014年シーズン年俸]1700万ドル





無尽蔵の資金源を持つ『新・悪の帝国』こと
ロサンゼルス・ドジャース。現在、宿敵の
ジャイアンツと激しい首位争いを演じている。



ドジャースの強みはやはり先発投手。
ローテーションを支える3本柱は最強だ。

現役最高の左腕 カーショウ
サイ・ヤング賞投手 グレインキー
韓国の至宝 リュ

この3本柱は30球団トップクラスであり、
3人で40勝は堅いだろう。

Clayton Kershaw 契約4 

さらに今年は、ローテの下位を支える投手も
好調だ。開幕前は、ベケット、ヘイレン、
マホーム、ビリングズリーが4番手、5番手
候補。彼らは実績抜群だが、近年故障に
苦しんでいた。チームとしてはこの4人で
4番手、5番手を回せればと、考えていたの
だろう。



しかし蓋を開けてみれば、ベケットと
ヘイレンが思いのほか大健闘。



中でもベケットは5月25日のフィリーズ戦で
キャリア初のノーヒッターを達成。20代頃の
『ふてぶてしい』ベケットが、久々に
帰ってきた。

Josh Beckett 嬉しい誤算2 

4シームは90マイルそこそこながら、
チェンジアップとカーブが冴えわたる。
ブレーキングを要所要所でうまく効かせ、
打者のタイミングを狂わす。全盛期の
95マイルを越える剛速球はもうないが、
ベテランらしい円熟味のある投球。

Josh Beckett 嬉しい誤算 

思えばここ数年、ベケットは『不満を抱える
扱いにくい選手』
というレッテルを張られて
いた。レッドソックス時代はワールドシリーズ
制覇に貢献したものの、問題行動が多く、
また怪我にも苦しんできた。
金満球団の
ドジャースに拾われたものの、ベケットは
『もう終わった投手』とみられていたのも
事実。

Josh Beckett 嬉しい誤算4 

チームとしてもベケットの復活はまさに
『嬉しい誤算』。ワールドシリーズ制覇に
向けて、頼もしい右腕が帰ってきた。



ただ、ベケットもヘイレンも30代中盤を
迎える。前半戦は好調だったが、夏場を
過ぎた頃からが勝負。故障あがりの2人には
あまり無理はさせられないだろう。





【2】編集後記

数日前に痛めた腰が

少しずつ良くなってきました。

それにしても腰というのはすごく重要

ですね・・・。

痛めると本当に何もできません^^;

気力や、やる気までもが

奪われます・・・。

これからも怪我には十分注意

しながら
トレーニングを続けたいと

思います。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その6~【グレゴリー・ポランコ】野球人No.527

Gregory Polanco 嬉しい誤算4 

【1】今日の野球人
[選手名]グレゴリー・ポランコ
[ポジション]ライト
[チーム]ピッツバーグ・パイレーツ
[背番号]25
[生年月日]1991/9/14
[2014年シーズン年俸]48万ドル




昨シーズンの『シンデレラチーム』
ピッツバーグ・パイレーツ。9月半ばまで
地区優勝を争い、21年ぶりのポストシーズン
進出した。



今シーズンも序盤こそもたついたが、何とか
勝率5割をキープ。このままブルワーズ、
カージナルスに食い下がり、後半戦に勝負を
かけたいところだ。

Pirates 2014年前半健闘

そんな中、6月10日にパイレーツの
『超』トッププロスペクトがついに
メジャーデビューを果たした。



バリー・ボンズ級の潜在能力と言われる
グレゴリー・ポランコだ。

Gregory Polanco 嬉しい誤算2 

ドミニカ出身のポランコは、2009年に
ドラフト外でパイレーツに入団。類まれな
身体能力を誇り、将来的にはメジャー屈指の
5ツールプレイヤー
になると言われている。



入団時からスピードはずば抜けていたのだが、
課題はバッティングであった。選球眼は
まずまずなのだが、非力であったポランコ。
だがここ数年で一気にパワーをつけ、長打を
量産。今シーズンもAAAで長打率.540
OPS.945
を記録。晴れてメジャー昇格と
なった。

Gregory Polanco 嬉しい誤算3 

当初は、メジャーに適応するのに苦労
すると思われていたが、どうやら稀有に
終わりそうだ。

23試合に出場し

28安打 打率.301 3本塁打 13打点
出塁率.393 OPS.812


という素晴らしい結果を残している。



今や1番ライトが指定席となっており、
センターを守るマカッチェンとは、
名物コンビとなりそうだ。



首脳陣も、まさかここまでやるとは思って
いなかっただろう。レッドソックスの
有望株たち(ボガーツ、ブラッドリー)が
メジャー適応に苦戦をしているのを尻目に、
ポランコは暴れまわっている。



ポランコの活躍は『嬉しい誤算』ではある
ものの、これからが本番。相手投手たちの
研究と対策をはじめるだろう。ともあれ、
この男にパイレーツの将来がかかって
いるのは間違いない。

Gregory Polanco 嬉しい誤算 





【2】編集後記

来週の日曜日から、大相撲

名古屋場所が始まります。

私の家の近所にも相撲部屋がある為、

毎年この時期になると、まげを結った

関取をよく見かけます。

ただ最近は、強い日本人力士が

おらず、さみしい限りですね。

私もここ2年、子供を連れて愛知県体育館に

足を運びましたが、今年はどうしようかなと。

魅力ある日本人力士の台頭に期待したい

ですね。



前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その5~【ビリー・ハミルトン】野球人No.526

Billy Hamilton 誤算5 

【1】今日の野球人
[選手名]ビリー・ハミルトン
[ポジション]センター
[チーム]シンシナティ・レッズ
[背番号]6
[生年月日]1990/9/9
[2014年シーズン年俸]48万ドル




昨シーズン、ナショナルリーグ中地区は
大激戦だった。首位のカージナルス、
2位パイレーツ、3位レッズが揃って
90勝以上を挙げ、プレーオフに進出。
今シーズンも大混戦が予想された。



しかし、蓋を開けてみるとブルワーズが
まさかの快進撃。
優勝候補のカージナルスを
引き離し、首位を独走。レッズも何とか
食い下がっているものの、勝率5割を越える
のが精一杯といったところ。やはり今年も
大激戦だ。

Brewers 2014 好調 

レッズは昨年末、トップバッターの秋信守を
失った。
毎シーズン、出塁率4割を軽く越え、
長打力も抜群。チームとしては大きな痛手と
なったのだが、数年前から将来の1番打者
候補は決まっていた。秋の後継者はこの
男しかいなかった。



そう、韋駄天ビリー・ハミルトンだ。

Billy Hamilton 誤算 

2012年、当時のマイナー記録を塗り替える
155盗塁を記録。リッキー・ヘンダーソンの
再来
と言われる走塁センスで、レッズの
将来を担う選手と期待されていた。



昨シーズンの終盤には、待望のメジャー
デビュー。出場試合はわずか13試合ながら
13盗塁をマーク。秋の穴を埋められるのは
間違いなくハミルトンしかおらず、今シーズン
のハミルトンの出来がチームの命運を
握る
と言っても過言ではなかった。

Billy Hamilton 誤算3 

そして今シーズン、開幕から1番センター
ポジションに座っているハミルトン。バットの
方ではそこそこヒットを量産しているものの、
やはり
足はかなり警戒されている。



79試合に出場し35盗塁。年間70盗塁の
ペースで、一般的にはかなりのハイペースでは
あるが、ハミルトンの実力からすれば、やや
物足りなく感じてしまう。ちなみにトップは、
ドジャースのディー・ゴードン(40盗塁)。


後半戦、この2人による盗塁王争いが
激化するだろう。

Dee Gordon 二世対決 

ハミルトンの弱点を挙げるとすれば、
選球眼の悪さだろう。打率.279ながら、
出塁率はわずか.309。この数字は
トップバッターとしては危険水域だ。



まぁ、今年はレギュラー1年目という事も
あり、前半戦のハミルトンの成績は『誤算』
でも『嬉しい誤算』でもなく、及第点か。

Billy Hamilton 誤算4 

ただ、メジャー適応期間が終了した頃には、
軽く100盗塁を記録する選手になっている
かもしれない。





【2】編集後記

昨日、朝起きた時に腰に痛みがありました。

おそらく前日のトレーニングで痛めた

ようです・・・;;

幸い、大した痛みではないのですが。

本格的なトレーニングに慣れて

きた頃だったので、油断してました。

やはり、怪我は怖いですね。

気を付けます・・・。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その4~【ブライス・ハーパー】野球人No.525

Bryce Harper 誤算3 

【1】今日の野球人
[選手名]ブライス・ハーパー
[ポジション]レフト
[チーム]ワシントン・ナショナルズ
[背番号]34
[生年月日]1992/10/16
[2014年シーズン年俸]90万ドル





シーズン当初もたついていたナショナルズが、
ここに来てやっとエンジンがかかってきた。
6月から本領を発揮し、月間成績は
17勝11敗。一時は5ゲーム差以上あった
ブレーブスとの差も、みるみる縮まってきた。



そして先日、ブレーブスとナショナルズは
ついに並んだ。46勝38敗で同率首位。
開幕前に予想されていたとおり、この2強の
激しい戦いがスタートした。ナ・リーグ東地区
は、ここからが本番だろう。



そしてナショナルズの復調と共に、あの男も
帰ってきた。そう、『傲慢すぎる天才』
ブライス・ハーパーだ。

Bryce Harper 誤算2

4月25日のパドレス戦、先発のアーリンから
長打を放ったハーパーは、サードベースへ
躊躇することなくヘッドスライディング。
走者一掃の価値のある三塁打であったが、
その代償も大きかった。三塁ベースで
左手親指を強打し、靱帯を損傷。早急に
手術を受ける羽目となった。

Bryce Harper 誤算4

攻守ともに『超』がつくほどハッスルプレーが
信条のハーパー。だが、結局2か月以上戦列を
離れる事になり、ファンが大きく落胆したのは
言うまでもない。



昨シーズンも飛球を追い、フェンスに激突。
左ひざを強打し故障者リスト入りした。



有り余る才能と、若さあふれるエネルギッシュ
なプレー。そして自信過剰な傲慢な性格。
観る者を惹きつける要素満載なのだが、
毎年ハッスルプレーの代償を支払っている。

Bryce Harper 誤算

前半戦、ハーパーの怪我は大きな『誤算』。
だが、ここからナショナルズの逆襲が始まる。
監督含めコーチ陣は、ハーパーには
ハッスルプレーを少し自粛するよう
忠告して
いるはず。



まぁ、本人は聞く耳を持たない
だろうが・・・。





【2】編集後記

トレーニングを始めたばかりの頃に比べ、

ベンチプレスで挙げられる重量が、だいぶ

重くなってきました。

もちろん個人トレーナーの厳密な指導に

基づいて、少しずつ重量をUPさせています。

無心でトレーニングする事が、今の私の

ストレス解消になってますね・・・^^;

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その3~【ドモニク・ブラウン】野球人No.524

Domonic brown 誤算2 

【1】今日の野球人
[選手名]ドモニク・ブラウン
[ポジション]レフト、ライト
[チーム]フィアデルフィア・フィリーズ
[背番号]9
[生年月日]1987/9/3
[2014年シーズン年俸]55万ドル






シーズン前の予想通り、ナ・リーグ東地区は
ブレーブスとナショナルズが激しい戦い
繰り広げている。4月、5月とイマイチ調子が
上がらなかったナショナルズだが、ここに
来て本来の強さが戻ってきた。そこに
『ダイヤの原石』がひしめく若き集団、
マーリンズが食い込もうとしている。



そして、メッツとフィリーズが、ひっそりと
最下位争い・・・。
ただ、メッツは投打に
若手選手が育ってきており、チームの
再建計画は順調に進んでいる。



問題なのはフィリーズだ。

Jimmy Rollins トレードの噂4

5連続地区優勝を決めた頃の面影は
もうない。チーム内の新陳代謝も進んで
おらず、
高年俸で働きの悪いベテランが
ラインナップに並ぶ。もちろん、マイナーにも
有望株は見当たらない。



そんな暗い状況の中、昨シーズンブレイクした
ドモニク・ブラウン。入団当初から将来を担う
選手として期待されてきたのだが、メジャーの
レベルに適応できず、伸び悩んでいた。

Domonic brown 誤算 

しかし、メジャー4年目を迎えた2013年、
ブラウンは見事に開花。持ち前の長打力を
如何なく発揮し、27本塁打を放つ。
まだまだ選球眼に課題を残すものの、
一皮むけた印象であった。



これからは、アトリー、ロリンズ、ハワードに
代わり、ブラウンが新しい『チームの顔』
なる、と誰もが期待していたのだが・・・。



ブラウンは、また昔のブラウンに戻って
しまった。

Domonic brown 誤算5 

今シーズンは開幕からずっと低空飛行。
選球眼の悪さばかりが目立ち、バットが
むなしく空を切るシーンが目立つ。
83試合を終了し、

64安打 打率.225 5本塁打 39打点
出塁率.277 OPS.599




出塁率が.280を下回り、OPSが5割台。
この数字は、マイナーに落とすかどうかを
検討するレベル
であり、かなり危険な状態。
また、身体能力は高いのだが、守備はお世辞
にも上手いとは言えない。やはりブラウンは
打ってナンボなのである。



監督であるサンドバーグも辛抱強くブラウンを
使っているが、そろそろ限界かもしれない。



チームの将来が暗い中、唯一の光だった
ブラウン。今シーズンの不振はもちろん
大きな『誤算』。『チームの顔』になるべく、
この壁を乗り越えて欲しいところだが・・・。

Domonic brown 誤算4 


【2】編集後記

楽天の星野監督が腰の手術を受け、

現在休養中です。

代行監督は佐藤義則投手コーチ

が務めていましたが、今度は

2軍監督のデーブ大久保氏が

代行監督を務めるとの事。

※関連記事はコチラ

このデーブ氏、西武のコーチ時代に

選手への暴行や、知人女性の暴行等で

色々と不祥事を起こしていました。

しかし、卓越した打撃理論や、

的確な指導方法は、かなり評価が高い

のも事実です。

ある意味『もろ刃の剣』ですが、

もしかしたら名将の素質が

あるのかもしれませんね。

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その2~【ヘンダーソン・アルバレス】野球人No.523

Henderson Alvarez 嬉しい誤算3 

【1】今日の野球人
[選手名]ヘンダーソン・アルバレス
[ポジション]ピッチャー
[チーム]マイアミ・マーリンズ
[背番号]37
[生年月日]1990/4/18
[2014年シーズン年俸]48万ドル





マイアミ・マーリンズが予想外の
大健闘だ。



チームの大解体から2年弱。ダイヤモンドの
原石たちが、まばゆく輝き始めた。
マーリンズは昨シーズン100敗を喫し、
今シーズンも年俸総額は5000万ドルにも
満たない。
今年も100敗を免れれば御の字
といった具合だったのだが・・・。



6月終了時点で39勝43敗。
一時はブレーブスと首位争いを演じていた
ほど。

Maiami Marlins 前半戦大健闘 

さすがに勢いは落ちてきたものの、
ブレーブスやナショナルズにとって、非常に
厄介な存在だ。



ダイヤの原石たちは、非常に頼もしい。
先発投手のホセ・フェルナンデスは、
昨年華々しくデビューした。ルーキーながら
堂々としたピッチングを披露し12勝。
見事、新人王を獲得した。

jose Fernande ダイヤモンド2 

しかし、今年の5月に右ひじを痛め
トミー・ジョン手術を受ける事に。ファンの
落胆ぶりも激しかっただろうが、今後、球界を
背負っていくであろう21歳だけに、慎重に
リハビリを進めてもらいたいところだ。



しかし、今のマーリンズは、ダイヤの原石が
次から次へと顔を出してくる。そう、
昨シーズン最終戦にノーヒッターを達成した、
ヘンダーソン・アルバレスだ。



ホセ・フェルナンデスの大活躍で、陰に隠れ
がちであったが、この男もマイナー時代から
トッププロスペクトの一人。

Henderson Alvarez 嬉しい誤算1 

92~97マイルを計測するシンカーと、
90マイル近いチェンジアップでゴロの山を
築く。典型的なシンカーボーラーであり、
制球力も素晴らしい。



今シーズン、既に3完封を記録している
ように、省エネピッチングも心得ている。
打たせて取るグラウンドボーラーの為、
やや被打率は高いものの、安定感は抜群だ。
ホセ・フェルナンデスがいない今、間違いなく
この男がエースだ。



ちなみに、同世代のフェルナンデスと
アルバレスは仲も良い。お互い出身が中南米
(フェルナンデスはキューバ、アルバレスは
ベネズエラ)という事もあり、ラテン民族
同士。

Henderson Alvarez 嬉しい誤算4  

この2人が切磋琢磨しあい、ダブルエースと
して機能し始めた時、マーリンズは本格的に
覚醒するのだろう。



『嬉しい誤算』だらけのマーリンズ。
ダイヤの原石たちは、怖いもの知らずだ。






【2】編集後記

我が家のエレクトロラックスの

掃除機がまた壊れました・・・;;

家電好きの私としては、

エレクトロラックスのデザインは

かなり気に入っているのですが、

ちょっと故障が多すぎる気が・・・。

とりあえず保証期間内なので

修理センターに送りました。

早く帰ってきて・・・。