FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

2015年プレーオフ進出チーム ~その2~【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.978

 【1】今日のチームピッツバーグ・パイレーツ昨日に引き続き、プレーオフ進出を決めたチームをチェックしていきたい。今日は、3年連続でプレーオフ進出のパイレーツ。暗黒時代を完全に脱し、いよいよ黄金時代に突入。今シーズンはカージナルスの強さに隠れがちだが、他の地区であれば間違いなく地区優勝のレベルだ。【現在の成績(9月28日現在)】95勝62敗 勝率.605ナ・リーグ中地区2位得点 677失点 576得失点差 +101防御率 ...

続きを読む

2015年プレーオフ進出チーム ~その1~【セントルイス・カージナルス】野球人No.977

 【1】今日のチームセントルイス・カージナルスレギュラーシーズンも残すところあとわずか。今日からは、プレーオフ進出が決まったチームを順次チェックしていきたい。まずは、プレーオフを1番乗りで決めたセントルイス・カージナルスから。【現在の成績(9月27日現在)】98勝58敗 勝率.628ナ・リーグ中地区1位得点 631失点 504得失点差 +127防御率 2.91 (1位)先発防御率 2.97 (1位)救援防御率 2.77 (2位)クオリティ・...

続きを読む

ノスタルジックな対決【バリー・ジト、ティム・ハドソン】野球人No.976

 【1】今日の野球人バリー・ジトティム・ハドソンメジャーリーグは残り10試合前後。プレーオフ進出を決めたチームや、ワイルドカード争いで1つも負けられないチーム、はたまた完全に消化試合モードのチーム等、悲喜こもごも。現地時間26日、オー・ドットコー・コロシアムで、ジャイアンツ対アスレチックスの試合が行われた。アスレチックスはア・リーグ西地区の最下位。ジャイアンツもナ・リーグ西地区2位ながらもプレーオフ...

続きを読む

再建を託された指揮官【ピート・マッカニン】野球人No.975

 【1】今日の野球人ピート・マッカニン今シーズン、主力選手を一気に放出し完全に『再建モード』に入ったフィラデルフィア・フィリーズ。再建期に突入する事を嫌い、ここ数年、ベテラン選手を出し惜しんでいたがついに『観念』した。そしてファンや関係者から評判の悪かったアマロGMが退任。一時的には負けが込むと思われるが、フィリーズは将来に向けて新たな一歩を踏み出した。そんな中チームは、暫定監督として指揮を執っ...

続きを読む

来季はイチローの上司!?マーリンズの監督候補者【マニー・アクタ 他】野球人No.974

 【1】今日の野球人マニー・アクタ 他メジャー3000本安打まで、残りあと66本に迫ったイチロー。マーリンズとの契約は今季いっぱいだが、現地メディアではイチローとの契約延長を推す声が多い。若手中心のマーリンズの中にあって、やはりイチローの存在は非常に大きい。技術的な事はもちろん、試合に対する心構えや考え方等、全てにおいて若手の手本となっている。やはり『レジェンド』だ。しかしながら肝心のチームは、将来...

続きを読む

ロイヤルズ、勝利の方程式をカスタマイズ【ウェイド・デービス、グレッグ・ホランド】野球人No.973

 【1】今日の野球人ウェイド・デービスグレッグ・ホランド昨シーズン、29年ぶりのWS進出で一躍トップチームへと躍り出たロイヤルズ。今シーズンはエースのシールズが去ったものの、被害を最小限に食い止め、戦力を維持。しかも自慢である鉄壁の守備力と、難攻不落の救援陣は健在。現在はタイガースが完全に再建期に突入し、ロイヤルズが首位を独走。2位以下を大きく引き離している。2年連続プレーオフ進出はほぼ確実だ。現在...

続きを読む

常勝軍団、唯一のアキレス腱【ヤディアー・モリーナ】野球人No.972

 【1】今日の野球人[選手名]ヤディアー・モリーナ[ポジション]キャッチャー[チーム]セントルイス・カージナルス[背番号]4[生年月日]1983/7/13[2015年シーズン年俸]1500万ドルナ・リーグ中地区の首位を走るカージナルス。現地時間の19日には、早くもプレーオフ進出を一番乗りで決めた。これで5年連続プレーオフ進出。4月にエースのウェインライトが今季絶望となり一瞬凍りついたものの、見事なリカバリー。この辺りが常勝軍団...

続きを読む

タイトル獲得へ向けて、カブレラを猛追!【ザンダー・ボガーツ】野球人No.971

 【1】今日の野球人[選手名]ザンダー・ボガーツ[ポジション]ショート[チーム]ボストン・レッドソックス[背番号]2[生年月日]1992/10/1[2015年シーズン年俸]54万ドル現在、ア・リーグ東地区4位のレッドソックス。今シーズンも開幕から低空飛行で順位は常に最下位。激戦区の東地区で唯一取り残されていた状態であった。しかしシーズン終盤を迎えた9月、遅まきながらも徐々に調子を上げてきた。気付けばレイズを抜き4位に浮上。3...

続きを読む

ア・リーグ東地区の天王山、いよいよ試合開始! 野球人No.970

こんにちは、マツダタクヤです。現在、ア・リーグ東地区首位を走るブルージェイズ。2位ヤンキースとの差は3ゲーム差。そしていよいよ本日(現地時間21日)から、直接対決3連戦がスタートします。これが今シーズン最後の直接対決になります。この結果次第で地区優勝の行方が決まると言っても過言ではありません。予想先発投手は下記の通り。第1戦目ウォーレン(NYY)vsプライス(TOR)第2戦目セベリノ(NYY)vsエストラーダ(TOR)...

続きを読む

もしも、今日シーズンが終わったら・・・ 野球人No.969

 【1】今日の野球人現地時間19日、ナ・リーグ中地区のカージナルスが一番乗りでプレーオフ進出を決めた。現在、92勝56敗 勝率.6229月に入りややもたついたものの、やはり常勝軍団。今年も安定した強さを発揮した。これで5年連続プレーオフ進出。マシーニー政権になり、まずます地盤が安定した感がある。しかし他の地区に関しては、まだまだ勝負はわからない。特にア・リーグの東地区と西地区。今後さらに熾烈な戦いが待って...

続きを読む

オフの契約は6年以上・・・?【ヨエニス・セスペデス】野球人No.968

 【1】今日の野球人[選手名]ヨエニス・セスペデス[ポジション]レフト[チーム]ニューヨーク・メッツ[背番号]52[生年月日]1985/10/18[2015年シーズン年俸]1050万ドルナショナルリーグ東地区首位を快走するメッツ。9/18現在、2位ナショナルズと8ゲーム差。2006年以来、9年ぶりのプレーオフ進出は、ほぼ間違いない。メッツは昨年まで6年連続の負け越し。若手が徐々に成長しつつあったが、まさかここまで躍進するとは。特に若手投...

続きを読む

『ベースボールチャンネル』にて、プリンス・フィルダーについて書きました 野球人No.967

こんにちは、マツダタクヤです。スポーツWebサイト『ベースボールチャンネル』にて、プリンス・フィルダーついて書きました。  ↓   ↓父は元阪神の助っ人。妻不倫で移籍のフィルダー、猛打復活でダル不在のチームをV争いへ公私共々災難続きで、『終わった選手』と見られていたフィルダー。しかし今シーズン、不死鳥のように蘇りました。...

続きを読む

元ビック3の一角、復活なるか!?【バリー・ジト】野球人No.966

こんにちは、マツダタクヤです。00年代前半、オークランド・アスレチックスは低予算ながら凄まじい快進撃を見せました。その様子は、ドキュメンタリー書籍である『マネーボール』でも克明に描かれております。GMのビリー・ビーンありとあらゆるデータを用い、独自の選手評価を採用。埋もれていた野手たちの才能を開花させ、チームを4年連続プレーオフへと導きました。ただ、当時の快進撃に関して、セイバーメトリクスを用いたビー...

続きを読む

頼れる主砲が戦列復帰!【マット・ホリディ】野球人No.965

こんにちは、マツダタクヤです。メジャーリーグもシーズン大詰めを迎え、増々目が離せなくなってきましたね。ナ・リーグ中地区の首位を走るカージナルスは、9月に入り失速気味。8月までは圧倒的な強さで2位以下を大きく引き離してきましたが、ここに来てやや息切れ。気づけば2位のパイレーツとの差が3ゲームに。常勝軍団のカージナルスですから、『気の緩み』という訳ではないでしょうが、ちょっと気がかりです。そんな中、頼れる...

続きを読む

トゥロの肩の状態は・・・?【トロイ・トゥロウィツキ】野球人No.964

 【1】今日の野球人[選手名]トロイ・トゥロウィツキ[ポジション]ショート[チーム]トロント・ブルージェイズ[背番号]2[生年月日]1984/10/10[2015年シーズン年俸]2000万ドル現在アリーグ東地区の首位を快走するブルージェイズ。先週末のヤンキースとの首位決戦を、3勝1敗で乗り切り、いよいよプレーオフ進出が現実味を帯びてきた。ブルージェイズは1993年以来プレーオフから遠ざかっており、これは30球団の中で最長記録。今年実...

続きを読む

悔しさのあまりに・・・【ドリュー・ストーレン】野球人No.963

こんにちは、マツダタクヤです。ナショナルズのクローザーであるドリュー・ストーレンが、9日のメッツ戦の8回の表に登板。同点の場面で登場したものの、いきなりセスペデスに勝ち越しホームランを浴びました。その後、後続の2人を打ち取ったストーレン。しかしダグアウトに戻ると、悔しさを抑えきれず、自分のロッカーに思いっきりパンチ!それも利き腕である右手で・・・。案の定、右手の親指を骨折。残りのシーズンを棒に振る形...

続きを読む

中南米選手の首領(ドン)、500本塁打を達成!【デビット・オルティーズ】野球人No.962

 こんにちは、マツダタクヤです。レッドソックスの『ビッグパピ』こと、デビッド・オルティーズが、12日のレイズ戦で本塁打を放ち、通算500本塁打を達成しました!レッドソックスが7-0でリードした5回。オルティーズは左腕ムーアのナックルカーブをうまくすくい上げ、打球は右中間スタンドへ。ド派手な金のネックレスを揺らしながら、ダイヤモンドを回る姿は、やはり並々ならぬ貫禄を感じさせます。メジャー19年目。中南米選...

続きを読む

早くも解任の噂!?【ブラッド・オースマス】野球人No.961

 こんにちは、マツダタクヤです。ア・リーグ中地区の強豪、デトロイト・タイガース。昨年まで4年連続地区優勝を果たし、中地区では実力で頭一つ抜け出ていました。しかし、主力選手の高齢化、若手選手の伸び悩み、マイナー人材の枯渇等の問題が徐々に表面化。今季は首位の座をロイヤルズに譲ると、その後ズルズルと後退。夏場にはエースのプライス、クローザーのソリア、主砲のセスペデスを放出し、ジ・エンド。2008年以来の...

続きを読む

新生フィリーズに向け、急加速【ルーベン・アマロ】野球人No.960

こんにちは、マツダタクヤです。今シーズン、2年連続で最下位に低迷しているフィアデルフィア・フィリーズ。2007年から5年連続地区優勝を飾ったのは遠い過去となってしまいました。凋落の要因の一つとして、アマロGMが『再建モード』に移行する事を嫌い、ベテラン選手に固執し続けた事が挙げられます。若手選手の育成よりも、目先のベテラン選手。勝ち続ける為にはそういった時期も必要ですが、あまりに固執しすぎたのかもしれませ...

続きを読む

ビリー・ビーンのベストパートナー、契約延長へ【ボブ・メルビン】野球人No.959

 【1】今日の野球人ボブ・メルビン今シーズン、ア・リーグ西地区の最下位に沈んでいるオークランド・アスレチックス。昨年末、ビリー・ビーンは主力選手を放出しながらも、同時に即戦力となる選手も補強。やや不可解とも思える動きで、2015年シーズンは『再建』or『勝負』か、判断し辛い状況ではあった。しかし、ふたを開けてみればシーズン開幕から低空飛行。やはり戦力低下は否めず、結局、夏場にはさらに主力選手を放出し...

続きを読む

次世代の監督候補たち ~その4~【ラウル・イバニエス】野球人No.958

 【1】今日の野球人ラウル・イバニエス引き続き、次世代の監督候補たちをチェックしていきたい。現在、43歳のラウル・イバニエス。マリナーズ時代はイチローの同僚であった為、日本でもご存知の方は多いのではないだろうか。正式に引退表明はしていないものの、今シーズンはプレーしておらず、実質的には引退状態だ。結局19シーズンもの間メジャーで活躍したイバニエスだが、20代の頃はレギュラーはおろか、メジャーにさえ定...

続きを読む

『ベースボールチャンネル』にて、イチローとコロンについて書きました 野球人No.957

こんにちは、マツダタクヤです。スポーツWebサイト『ベースボールチャンネル』にて、イチローとコロンが魅せた、『匠の技』について書きました。  ↓   ↓好守に指揮官も興奮。ライトで通算100個目の補殺のイチロー、バックトスのコロンベテラン選手が繰り出す、経験に裏打ちされた味のあるプレー。1973年生まれの2人が魅せてくれました。...

続きを読む

次世代の監督候補たち ~その3~【ゲーブ・キャプラー】野球人No.956

 【1】今日の野球人ゲーブ・キャプラー昨日に引き続き、次世代の監督候補たちを見ていきたい。メジャー在籍12年、主に第4の外野手として活躍したゲーブ・キャプラー。2005年には、読売ジャイアンツに所属した事もあり、日本でもまずまずの知名度だ。キャプラーは1995年にタイガースからドラフト指名されて入団。しかしドラフト57順目、全体順位1487番目という、全く期待されていない存在であったキャプラー。一般的に考えて、...

続きを読む

次世代の監督候補たち ~その2~【アレックス・コーラ】野球人No.955

 【1】今日の野球人アレックス・コーラ昨日に引き続き、次世代の監督候補たちを見ていきたい。メジャー14年のキャリアを持つアレックス・コーラ。バッティングはあまり得意ではなかったものの、守備力はトップクラス。内野は捕手を除いて全てのポジションを守れ、監督からすれば、非常に頼もしいユーティリティープレイヤーであった。昨日のグリーン同様、6チームを渡り歩いたジャーニーマン。その過程で、9人もの監督に仕え...

続きを読む

次世代の監督候補たち ~その1~【トッド・グリーン】野球人No.954

 【1】今日の野球人9月に入り、監督人事の噂もチラホラ出始めてきた。あのチームの監督はクビが危ない、あの監督はオーナーに可愛がられているから大丈夫だ・・・等々。FOXスポーツでは、『Next generation of managers』(次世代の監督たち)と題し、次期世代の監督候補たちをピックアップしている。そこには、ついこの前までグラウンドで活躍していた選手もいれば、現役時代にはパッとしなかったが、引退後、指導者と...

続きを読む

あの金の卵が、ついにデビュー!【コーリー・シーガー】野球人No.953

こんにちは、マツダタクヤです。ナ・リーグ西地区は、ジャイアンツがズルズルと後退。そろそろドジャース地区優勝のカウントダウンが始まりそうです。今やヤンキースを抜き、年俸総額でもトップを走るドジャース。しかしながら若手の育成も怠ってはおりません。まずは、ジョク・ペダーソン。夏場からガクンと調子を落としつつあるものの、潜在能力は超Aクラス。今が苦しみのどん底かもしれませんが、間違いなく将来のドジャースを...

続きを読む

再びGM職へ!?【ダン・ジェニングス】野球人No.952

こんにちは、マツダタクヤです。今シーズン、イチロー選手が加入し、国内でも一躍スポットライトを浴びる事になったマイアミ・マーリンズ。しかし、このチームはご存知の様に、『あの』クセモノがオーナーを務めるチームです。そう、ジェフリー・ローリアです。このオーナーのトリッキーぶりは、既に名物となっております。『超大型補強』を行ったかと思えば、すぐさま『大放出』。この光景を何度見てきた事か・・・。あまりに露骨...

続きを読む

期待のプエルトリカン、猛チャージ!【フランシスコ・リンドーア】野球人No.951

こんにちは、マツダタクヤです。2015年シーズンもいよいよ佳境を迎えております。振り返ってみれば、今シーズンも多くの新人たちがデビューしましたね。特にナショナル・リーグは、有望新人の宝庫の年でした。ドジャースのペダーソン、カブスのブライアント、メッツのシンダガード等々・・・。それに比べてアメリカン・リーグは、アストロズのカルロス・コレアの独壇場といった状態でした。しかし、後半戦に入り、猛チャージをかけ...

続きを読む

STATSに表れない能力とは・・・【ジョニー・ゴームズ】野球人No.950

こんにちは、マツダタクヤです。読者の皆様もそうだと思いますが、STATSをはじめとする、『選手の能力を表す数字』を見始めると、私は時間を忘れてしまいます・・・^^;セイバーメトリクス全盛でもある今、主要の数字を眺めるだけで、その選手がどの様なタイプの選手なのか想像がつく時代になりました。しかし、『数字で表す事ができない能力』というのがあります。代表的な例でいえば、元ヤンキースのデレク・ジーター。彼の類い稀...

続きを読む

メジャー屈指の球団社長、トロントへ・・・【マーク・シャピロ】野球人No.949

こんにちは、マツダタクヤです。各チームのフロントが、来季に向けて慌ただしくなってきましたね。最近日本でも増えてきましたが、大企業の社長が、全く違う会社の社長に『移籍』するケースがあります。これは欧米社会では、頻繁にある事です。日本での有名なケースは、原田泳幸さん。元々、アップル日本法人の社長を務めており、その後マクドナルドの社長にヘッドハンティング。そして昨年、ベネッセの社長に就任。最初はコンピュ...

続きを読む

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。