野球人.com

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

It's your turn ! 【クリーブランド・インディアンズ】野球人No.1244

Francisoco Lindor 20160623 

【1】今日の野球人

クリーブランド・インディアンズ



アメリカン・リーグ中地区の
クリーブランド・インディアンズ。



80年代は『弱小球団の代名詞』。
チャーリー・シーンが主演した映画
『メジャーリーグ』でも、その様子が
面白おかしく描かれている。



90年代に入ると、マニー・ラミレス、
ジム・トーメイ、ケニー・ロフトン、
オマー・ビスケル等、優秀な若手が一気に
台頭。一時期は1番から8番まで3割打者が
ズラリと並ぶなど、超強力打線を形成。
一躍強豪の仲間入りを果たした。

Indiand 20160623

しかしながら2000年代に入ると
良いところまで行くのだが、
『勝負モード』⇒『再建モード』
繰り返し。



チームはクリーブランドというスモール
マーケットを本拠地に、なかなか上手い
球団経営を行っている。しかし、やはり
あと一歩及ばない。



そんな状況の中、2013年に名将テリー・
フランコーナが監督に就任。同時に
若手も育ち始め、チームの雰囲気は次第に
明るくなってきた。

Terry francona 20160123

今シーズンは予想通り先発陣が大活躍。
2014年のサイヤング賞投手コーリー・
クルーバーを筆頭に、カルロス・カラスコ、
ダニー・サラザー、ジョシュ・トムリン、
トレバー・バウアーと、他球団がうらやむ程の
豪華スタッフを形成。現在、チーム防御率は
リーグNo.1。



そして現在、クリーブランドの街は大変
盛り上がっている。



NBAのクリーブランド・キャバリアーズが、
初優勝を果たしたのだ。

Cleveland Cavaliers 20160623

先日の優勝パレードでは、100万人を越える
ファンが殺到。それもそのはず、クリーブ
ランドを拠点とする主要プロスポーツ
チームの栄冠は、1964年のNFLのブラウンズ
以来なのだから。



そうなると、おのずとインディアンズファンも
期待してしまう。チームは2位ロイヤルズに
3ゲーム差をつけて首位を快走中。2007年
以来の地区優勝も現実味を帯びてきた。

Jason Kipnis 2015年4月苦戦

It's your turn
(次は、お前の番だ)



クリーブランド市民の間では、この言葉が
流行している。『お前』というのは、
もちろんインディアンズを意味している。



未来のスーパースター候補、
フランシスコ・リンドーアも台頭し、
チームは大いに盛り上がっている。

Francisco Lindor 20160512

インディアンズはキャバリアーズに続く事が
できるだろうか?舞台は整っている。





【2】編集後記

今週末は東京出張です。

土曜の夜に名古屋に戻る予定ですが、

翌日は、丸1日家族サービス!(笑)

子供たちを連れて『働く自動車見学』と

バッティングセンターです^^;

頑張ります!!

お蔵入りの原稿!? 野球人No.1243

Masahiro Tanaka 201606212 


こんばんは、マツダタクヤです。



先ほど、ベースボールチャンネルさんに
原稿を提出したのですが、諸事情で、
お蔵入りする事になりました^^;



今回の記事は、SBネーションという現地の
サイトから引用したのですが、今後この
サイトからの引用記事を、ベースボール
チャンネルさんでは使用しない事になり
まして・・・。



ですので、今回はブログ記事として(笑)



田中の現地での評価について書きました
ので、宜しければどうぞ。

Masahiro Tanaka 20160621


地時間6月17日、ヤンキースの田中は敵地でのツインズ戦に先発。8回を投げ、7安打1失点 無四球 5奪三振と好投。見事4勝目を挙げた。



しかしながら、ニューヨークのメディアとファンは『世界で最も辛辣』と言われているだけに、田中に対する批判は簡単には収まらない。前回の登板は6月11日のタイガース戦。ここ最近問題視されている中4日の登板ではなく、今回は中5日での登板であったからだ。



そんな状況の中、SB Nationsの記者であるベン・ダイヤモンドは、Masahiro Tanaka is an ace, but he's criminally underappreciated by Yankees fans(田中将大はエースだが、ヤンキースファンから正当な評価を全く受けていない)と題し、田中のエースとしての働きについて報じている。



他球団のファンは、自分が応援するチームのエースに対し、どのような反応を示しているのだろうか。記者は他球団のエースと田中を、下記のように比較している。

When Felix Hernandez starts in Seattle, hundreds of fans flock to join the Kings Court. Clayton Kershaw outings are treated like a holiday in Los Angeles, and time stops in Chicago to watch Jake Arrieta or Chris Sale throw a gem. But in New York, Masahiro Tanaka's games are often met with criticism and complaints

フェリックス・ヘルナンデス(マリナーズ)がシアトルで先発する際、キングス・コート(三塁側スタンド)に多くのファンが群がる。クレイトン・カーショウ(ドジャース)が先発すると、ロサンゼルスの街は休日のようになる。ジェイク・アリエッタ(カブス)とクリス・セール(ホワイトソックス)が投げると、シカゴの街は時間が止まる。しかしニューヨークでは、田中が投げると批判や不満が噴出する。

Tanaka Masahiro 20160615 

確かに、田中は2014年にヤンキースに加入後、エースとしての最低条件である200イニングをクリアしたことがなく、ひじの不安も解消されていない。ニューヨーカーが厳しい見方をすることを差し引いても、1年間ローテーションを守ったことがない事実はかなりのマイナスだ。しかし同記者は、マウンドにさえ上がれば田中はエース級の働きを見せていると報じている。

Since joining the league in 2014, Tanaka has thrown 66 more innings than any other Yankees starter and has also earned the most WAR.

2014年に加入後、田中はヤンキースの他の先発投手と比べ、66イニング以上多く投げており、尚且つWAR(※1)も最も高い。


※1 WAR:
そのポジションの代替可能選手に比べてどれだけ勝利数を上積みしたかを表す。数値が高ければそれだけ価値が高い。



ここ数年ヤンキースの先発投手陣の働きはリーグ平均以下であり、そういった状況の中で田中が何とか踏ん張っていたのは間違いない。

田中 20160126 

また同記者は、2014年からK/9(※2)が8以上、BB/9(※3)が1.75以下、防御率が3.15以下の先発投手は、メジャーで3人しかいないと述べている。カーショウ(ドジャース)、グレインキー(ダイヤモンドバックス)、そして田中だ。圧倒的な実績を持つカーショウとグレインキーだが、田中が残した実績も、彼らと遜色のない、堂々たる数字なのだ。

※2 K/9:
1試合(9イニング)あたりでいくつ三振を奪えるか

※3 BB/9:
1試合(9イニング)あたりでいくつ四球を与えるか



更に同記事では、ファンは田中が早いイニングで降板するイメージを持っているが、決してそうではないと述べている。



He's averaged 6.6 innings per start. That innings per start mark exceeds pitchers like Sonny Gray, Jacob deGrom, Gerrit Cole, Stephen Strasburg, and many other top pitchers.

田中は平均6.6イニング投げている。これはソニー・グレイ(アスレチックス)、ジェイコブ・デグロム(メッツ)、ゲレット・コール(パイレーツ)、ステファン・ストラスバーグ(ナショナルズ)をはじめ、トップクラスの先発投手を越える数字だ。

田中将大2015年4月怪我2  

He is the Yankees' number one starter, and it's time we view him as one.(田中はヤンキースNo.1の先発投手であり、我々は彼をそのように見るべきだ) 記事は最後にこのように締めくくっている。



いずれにせよ、田中に求められるのはコンディションの維持。中4日で1年間ローテーションを守り抜けなければ、厳しいニューヨーカーたちから『真のエース』の称号をもらう事はできない。



『健康さえ維持できれば』
という前置きはニューヨーカーには通用しない。

コメント有難うございます! 野球人No.1242

Dodger stadium 20160620 

よしさん、Varitekさん、ネッピーさん
たかっちさん、シーシェクさん、
MLB好きなホテルマンさんをはじめ、
皆様、多くのコメントを頂き
本当にありがとうございましたm(_ _)m



私はやはり3度の飯よりも
MLBが好きです(笑)



これからも皆さんと一緒に、
MLBについて語り合いたいです。
是非、今後とも宜しくお願いします!



昨日は3年半ぶりにブログを書かない
1日でしたが、ベースボールチャンネルさん
から執筆の依頼が・・・^^;
ゆっくりしたかったのですが・・・。



田中マー君の記事を書く予定です^^
水曜日にはアップされるかと思うので
お楽しみに!



ちなみに、日本プロ野球では、
広島打線が好調なのだとか・・・。
3割打者が6人!



しかし、名前が全然わかりません^^;
ちょっと勉強しないとなぁ~;;


読者の皆様へ・・・ 野球人No.1241

Indians 20160618


こんにちは、マツダタクヤです。
いつも野球人.comをご愛読ありがとう
ございますm(_ _)m



このブログがスタートしたのは
2013年1月27日。それから1日も
休む事なく続けてきました。



出張の際は前日に2本書いて予約投稿、
海外出張の際は飛行機の中で書いて
対応してまいりました。



たださすがに、仕事、社外活動、家庭と
日々忙しさを増しており、さらに昨年
からは紅茶の輸入販売のビジネスも
スタート致しました。



結論から申し上げますと、毎日UPするのが
かなり難しい状況になってきました。



1241日連続で続いてきましたが、明日、
一旦ストップしてみようと思います。



毎日楽しみにして頂いている皆様
申し訳ありませんm(_ _)m



更新頻度はわかりませんが、日々の状況に
合わせて書いていこうと思います。



『ベースボールチャンネル』さんからは
引き続き執筆のご依頼を頂いているので、
頑張っていきたいと思います。



カル・リプケンJrが連続試合出場を
自らストップさせたのとはレベルが
違いすぎますが(笑)、私も大変
心苦しいですが・・・。



今後とも、宜しくお願いします。

かつてのスピードスター、ロッキーズから戦力外に【ホセ・レイエス】野球人No.1240

jose reyes 20160617 

【1】今日の野球人
[選手名]ホセ・レイエス
[ポジション]ショート
[生年月日]1983/6/11





今から12年前、当時西武ライオンズの
スーパースターであった松井稼頭央が、
メジャーリーグに挑戦した。



『リトル松井』が入団した球団は
ニューヨーク・メッツ。



そして当時、メッツの超トッププロスペクト
として期待を寄せられていたのがホセ・
レイエスであった。

jose reyes 201606173

全身バネのような超人的な身体能力と、
走攻守の全てにおいてアグレッシブな
プレースタイル。



日本では圧倒的な成績を残していた
松井稼頭央であったが、目の前に現れた
ライバルは、日本では見た事もないような
レベルに映った事だろう。



そんなレイエスが先日、所属先の
ロッキーズから戦力外となった。

jose reyes 201606172

レイエスは妻に対するドメスティック・
バイオレンスで5月末まで出場停止処分
受けていた。現在は3Aでメジャー復帰に
向けて調整していたが、チームから厳しい
通告を受ける羽目となった。



レイエスは2011年オフに大型契約を
結んでおり、契約は2017年まで残って
いる。詳細は下記のとおり。


16年 1500万ドル
17年 2200万ドル
18年 400万ドルで破棄


ロッキーズは、4000万ドル近い
キャッシュを払い続けなければならないが、
ロースターの空きを作る為に、やむなく
戦力外としたという訳だ。

jose reyes 201606175

近年は故障も増え、かつての輝きを失い
つつあったレイエス。前述のように私生活
でも荒れており、今後も険しい道のりが
待っている。



まだ33歳。
かつてのライバルである松井稼頭央も、
40歳ながら現役で頑張っている。
何とか復活してほしいところだが・・・。






【2】編集後記

今週末、映画『アイアムアヒーロー』を

観に行こうかと思います。

私が今読んでる数少ない漫画の一つが

映画化されましたので^^

忙しくてなかなか行けなかったのですが、

今週末はなんとか時間を作って

行きたいと思います。

球団別、過去最高のドラフト指名選手は?【アメリカン・リーグ編】野球人No.1239

Derek jeter 20160616 

 【1】今日の野球人

球団別、過去最高のドラフト指名選手
~アメリカン・リーグ編~




今日も引き続き、

『30球団別 過去最高のドラフト選手』

をチェックしていきたい。
今日はアメリカン・リーグ。



ボルチモア・オリオールズ
1978年 全体48位
カル・リプケンJr.



ボストン・レッドソックス
1983年 全体19位
ロジャー・クレメンス



ニューヨーク・ヤンキース
1992年 全体6位
デレク・ジーター



タンパベイ・レイズ
2006年 全体3位
エバン・ロンゴリア



トロント・ブルージェイズ
1995年 全体17位
ロイ・ハラディ



シカゴ・ホワイトソックス
1989年 全体7位
フランク・トーマス



クリーブランド・インディアンズ
1991年 全体13位
マニー・ラミレス



デトロイト・タイガース
2004年 全体2位
ジャスティン・バーランダー



カンザスシティ・ロイヤルズ
1971年 全体29位
ジョージ・ブレッド



ミネソタ・ツインズ
1982年 全体3位
カービー・パケット



ヒューストン・アストロズ
1987年 全体22位
クレイグ・ビジオ



ロサンゼルス・エンゼルス
2009年 全体25位
マイク・トラウト



オークランド・アスレチックス
1966年 全体2位
レジー・ジャクソン



シアトル・マリナーズ
1987年 全体1位
ケン・グリフィーJr



テキサス・レンジャーズ
2003年 全体496位
イアン・キンズラー



リプケン(オリオールズ)、ジーター
(ヤンキース)といった、超大物フラン
チャイズプレイヤーが目立つ中、FOX
スポーツが選んだレンジャーズの選手は、
全体496位のイアン・キンズラー。

ian kinsler 20160616

ドラフト順位は17巡目と、全く期待されて
いない選手であったが、見事に這い上がって
きた。今年で34歳となるが、アグレッシブな
プレースタイルはまだまだ健在だ。



また、50年以上の歴史を持つエンゼルス
だが、やはりマイク・トラウトが選ばれた。

mike trout 20160616

まだ24歳だが、既に超一流プレーヤーの
風格。今後大きな怪我さえなければ、
間違いなく殿堂入り候補だ。






【2】編集後記

昨日から、紅茶の輸入販売を

手伝っていただく、私の

アシスタントが入社しました!

Webデザインから、チラシ作成、

商品デザインまで何でもでき、

本当に心強い!

これからが本番です!

『ベースボールチャンネル』にて、田中将大の登板間隔ついて書きました 野球人No.1238



『ベースボールチャンネル』にて、
田中将大の登板間隔について書きました。




Tanaka Masahiro 20160615

田中が最大限のパフォーマンスを発揮
するには、中5日のローテーションが
必要なのでしょうか?

球団別、過去最高のドラフト指名選手は?【ナショナル・リーグ編】野球人No.1237

chipper jones 20160614 

【1】今日の野球人

球団別、過去最高のドラフト指名選手
~ナショナル・リーグ編~





ここ数日続いてきたドラフトの話題。
今日は、また違った角度でドラフトを
見ていきたい。



先日FOXスポーツで特集されていた、

『球団別、過去最高のドラフト指名選手』。

これがなかなか興味深い。



今日と明日に渡り、各球団で今まで獲得
した最高のドラフト選手をみていきたい。
まずはナショナル・リーグから。



アトランタ・ブレーブス
1990年 全体1位
チッパー・ジョーンズ



マイアミ・マーリンズ
2007年 全体76位
ジャンカルロ・スタントン



ニューヨーク・メッツ
1982年 全体5位
ドワイト・グッデン



フィラデルフィア・フィリーズ
1971年 全体30位
マイク・シュミット



ワシントン・ナショナルズ
(モントリオール・エキスポズ)
1972年 全体53位
ゲーリー・カーター



シカゴ・カブス
1984年 全体31位
グレッグ・マダックス



シンシナティ・レッズ
1965年 全体36位
ジョニー・ベンチ



ミルウォーキー・ブルワーズ
1973年 全体3位
ロビン・ヨーント



ピッツバーグ・パイレーツ
1985年 全体6位
バリー・ボンズ



セントルイス・カージナルス
1999年 全体402位
アルバート・プホルス



アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2009年 全体246位
ポール・ゴールドシュミット



コロラド・ロッキーズ
1995年 全体8位
トッド・ヘルトン



ロサンゼルス・ドジャース
1968年 全体13位
スティーブ・ガービー



サンディエゴ・パドレス
1981年 全体58位
トニー・グウィン



サンフランシスコ・ジャイアンツ
2008年 全体5位
バスター・ポージー



やはり目につくのは、同一球団で
キャリアを全うした、
『フランチャイズプレイヤー』
と呼ばれる選手たち。

Tony Gwynn 死去9

ファンにとっては引退後も深く
記憶に刻まれている。



歴史の浅いダイヤモンドバックスは、やはり
ゴールドシュミットがピックアップされた。



ここ数年のゴールドシュミットの安定感は
素晴らしく、チームリーダーとしての
役割も大きい。現状の契約は2019年だが、
是非ともダイヤモンドバックスでキャリアを
全うしてほしいところ。

paul goldschmidt 20151111

明日は、アメリカン・リーグ編。





【2】編集後記

名古屋発祥の喫茶店

『コメダ』が上場するとの事。

すでに国内で676店舗あるそうで、

ちなみにコメダの1号店は近所です。

上場してもコメダらしさは残して

ほしいなぁ~と思います^^

2016年ドラフト指名選手【16位~20位】野球人No.1236

MLB Draft 20160613 

【1】今日の野球人



昨日に引き続き、ドラフト指名
選手をチェックしていきたい。



今日は16位~20位で指名された選手たち。



※選手の能力を(20~80)で評価。
 20が最低、50が平均 80が最高。
 採点はmlb.comより。



1巡目16位:マット・サイス
(ロサンゼルス・エンゼルス)

Matt Thaiss 20160613

ヴァージニア大学
21歳 捕手
右投左打


打撃:55
パワー:45
走力:30
肩:45
守備:40
総合力:50



1巡目17位:フォーレスト・ウィットリー
(ヒューストン・アストロズ)

Forrest Whitley 20160613

アラモ・ハイツ高校
18歳 投手
右投右打


速球:65
カーブ:60
スライダー:50
チェンジアップ:55
コントロール:50
総合力:55



1巡目18位:ブレイク・ラザフォード
(ニューヨーク・ヤンキース)

Blake Rutherford 20160613

チャミネード・カレッジ
19歳 外野手
右投左打


打撃:55
パワー:55
走力:60
肩:50
守備:50
総合力:55



1巡目19位:ジャスティン・ダン
(ニューヨーク・メッツ)

Justin Dunn 20160613

ボストン・カレッジ
20歳 投手
右投両打


速球:60
スライダー:50
カーブ:50
チェンジアップ:45
コントロール:45
総合力:50



1巡目20位:ギャビン・ラックス
(ロサンゼルス・ドジャース)

Gavin Lux 20160613

インディアン・トレイル・アカデミー
18歳 遊撃手
右投両打

打撃:50
パワー:45
走力:55
肩:55
守備:55
総合力:50



若手の育成が上手くいっていないエンゼルス
は、今ドラフトで16番目の指名順位を得た。



指名したのはマット・サイス。mlb.com
のランキングでは35位と、1巡目指名選手
としてはやや小ぶりだが、バッティングは
高評価。プロ入り後は捕手から内野手への
転向もありうる。

Matt Thaiss 201606132

また、ドジャースの編成総責任者アンドリュー
・フリードマンのお眼鏡にかなった選手は、
ギャビン・ラックスという18歳の遊撃手。



身体能力の高い守備型遊撃手といった
イメージだが、フリードマンが選んだ
選手だけに、きっと大物になるのかもと、
期待してしまう。

Gavin Lux 201606132 





【2】編集後記

気がつけば、既にオールスターまで

1か月。そろそろ7月末のトレード

デットラインに向けて、

『売り手』チームと、『買い手』チームが

はっきりと分かれてくる頃ですね。

今年もどんな大型トレードが成立するのか、

本当に楽しみです!

2016年ドラフト指名選手【11位~15位】野球人No.1235

mlb draft 20160610   

【1】今日の野球人

2016年ドラフト指名選手 11位~15位




昨日に引き続き、ドラフト指名
選手をチェックしていきたい。



今日は11位~15位で指名された選手たち。



※選手の能力を(20~80)で評価。
 20が最低、50が平均 80が最高。
 採点はmlb.comより。



1巡目11位:カイル・ルイス
(シアトル・マリナーズ)

kyle Lewis 20160611

マーサー大学
20歳 外野手
右投右打


打撃:55
パワー:60
走力:50
肩:50
守備:50
総合力:55



1巡目12位:ジェイソン・グルーム
(ボストン・レッドソックス)

Jason Groome 201606112

バーニガット高校
17歳 投手
左投左打


速球:65
カーブ:60
チェンジアップ:50
コントロール:55
総合力:60



1巡目13位:ジョシュア・ロウ
(タンパベイ・レイズ)

joshua lowe 20160611

ポープ高校
18歳 三塁手
右投左打


打撃:50
パワー:50
走力:60
肩:60
守備:55
総合力:55



1巡目14位:ウィル・ベンソン
(クリーブランド・インディアンズ)

Will Benson 201606112

ウェストミンスター高校
17歳 外野手
左投左打


打撃:45
パワー:55
走力:55
肩:55
守備:55
総合力:50



1巡目15位:アレックス・キリルロフ
(ミネソタ・ツインズ)

Alex Kirilloff 20160611

プラム高校
18歳 外野手
左投左打

打撃:50
パワー:55
走力:50
肩:55
守備:50
総合力:55



注目は全体12位でレッドソックスから
指名されたジェイソン・グルーム。

Jason Groome 20160611

mlb.comのプロスペクトランキングでも
1位に選ばれていた逸材中の逸材だが、
意外にも敬遠されて結局12位に。



もちろん素材は一級品。一応、チポラ大学
への進学も考慮しており、今後の交渉に
注目が集まる。



14位でインディアンズから指名された
ウィル・ベンソンも面白い逸材。

Will benson 201606112

出身地、体型、能力、ポジションが
カブスのジェイソン・ヘイワードに
似ており、早くも『ヘイワード二世』
との呼び声も。



明日は16位~20位までをチェック
していきたい。





【2】編集後記

昨日、久々にトレーナーと共に

みっちりとウェイトトレーニングを

行いました。

多忙の為、ちょっと間隔があいて

しまったのですが、やはりサボると

ダメですね^^;

いつもなら何でもないウェイトが

かなり重く・・・^^;

焦らずに、フォームをしっかりと

意識しながら元の状態を

取り戻そうと思います。

2016年ドラフト指名選手【6位~10位】野球人No.1234

mlb draft 20160611 

【1】今日の野球人

2016年ドラフト指名選手 6位~10位



昨日に引き続き、ドラフト指名
選手をチェックしていきたい。
今日は6位~10位で指名された選手たち。



※選手の能力を(20~80)で評価。
 20が最低、50が平均 80が最高。
 採点はmlb.comより。



1巡目6位:
A.J.パック
(オークランド・アスレチックス)

AJ Puk 201606112 

フロリダ大学
21歳 投手
左投左打

速球:70
スライダー:55
チェンジアップ:50
コントロール:45
総合力:55



1巡目7位:バクストン・ギャレット
(マイアミ・マーリンズ)

Braxton Garrett 20160611 

フロリダ大学
18歳 投手
左投左打


速球:55
カーブ:60
チェンジアップ:55
コントロール:55
総合力:55



1巡目8位:
カル・クアントリル
(サンディエゴ・パドレス)

Cal Quantrill 20160611 

スタンフォード大学
20歳 投手
右投左打


速球:60
カーブ:55
スライダー:50
チェンジアップ:55
コントロール:50
総合力:50



1巡目9位:
マット・マンニング
(デトロイト・タイガース)

matt manning 20160611 

シェルドン高校
18歳 投手
右投右打


速球:65
カーブ:50
チェンジアップ:45
コントロール:50
総合力:55



1巡目10位:ザック・コリンズ
(シカゴ・ホワイトソックス)

Zack Collins 20160611 

マイアミ大学
21歳 捕手
右投左打


打撃:50
パワー:55
走力:30
肩:45
守備:40
総合力:55



アスレチックスが指名した大型左腕
A.Jパックは、かなり楽しみな逸材だ。



2メートルを越える身長
から繰り出される
速球は、既に迫力満点。96~97マイル
コンスタントに叩きだし、メジャー昇格は
もちろん、将来はローテーションの柱として
期待されている。

AJ Puk 20160611 

マーリンズが全体7番目に指名した
ギャレットも、非常にバランスの取れた
左腕だ。育成が上手いマーリンズだけに、
将来が楽しみな左腕だ。



明日は、11位~15位までの選手を
チェックしていきたい。





【2】編集後記

私が好きなア・リーグ中地区や、

ナ・リーグ中地区は日本人選手が

いない為、BSやCSではあまり

放送されません。

なのでMLB.TVは大変助かります(笑)

まぁ、土日はかなり見てしまうので

家族からは嫌がられますが^^;

2016年ドラフト指名選手【1位~5位】野球人No.1233

mlb draft 201606102 

【1】今日の野球人

2016年ドラフト指名選手 1位~5位





現地時間9日18時、2016年のドラフト
会議がスタートした。



注目のドラフト1巡目1位指名は、
予想通りミッキー・モニアック。
若手選手の成長が著しいフィリーズが、
身体能力の高い高校生を指名した。



無限の可能性が広がる金の卵たち。
今日は昨日指名された1位~5位の
選手たちをチェックしていきたい。



※選手の能力を(20~80)で評価。
 20が最低、50が平均 80が最高。
 採点はmlb.comより。



1巡目1位:ミッキー・モニアック
(フィラデルフィア・フィリーズ)

Mickey Moniak 201606092

ラコスタキャニオン高校
18歳 外野手
右投左打


打撃:55
パワー:45
走力:60
肩:50
守備:60
総合力:55



1巡目2位:ニック・センゼル
(シンシナティ・レッズ)

Nick Senzel 20160610

テネシーカレッジ
20歳 三塁手
右投右打


打撃:55
パワー:50
走力:50
肩:55
守備:55
総合力:55



1巡目3位:イアン・アンダーソン
(アトランタ・ブレーブス)

ian anderson 20160610

シェネンデホア高校
18歳 投手
右投右打


速球:60
スライダー:55
チェンジアップ:50
コントロール:50
総合力:55



1巡目4位:リリー・ピント
(コロラド・ロッキーズ)

Riley Pint 201606102

セントトーマス・アキナス高校
18歳 投手
右投右打


速球:70
カーブ:60
スライダー:50
チェンジアップ:60
コントロール:45
総合力:60



1巡目5位:コーリー・レイ
(ミルウォーキー・ブルワーズ)

Corey Ray 20160610

ルイスビル大学
21歳 外野手
左投左打


打撃:55
パワー:55
走力:60
肩:50
守備:55
総合力:55




やはり、1位~5位の選手は素材がずば抜けて
いる。注目したいのは全体4位でロッキーズ
から指名されたリリー・ピント。



今ドラフトの目玉選手の一人であり、指名
対象選手の中でNo.1右椀との声も。

Riley Pint 20160610

18歳ながら直球は既に97マイルに達して
おり、カーブ、スライダー、チェンジ
アップのレベルも高い。



投手にとって地獄ともいえるロッキーズ
から指名されただけに今後の交渉に注目が
集まる。



明日は、6位から10位の選手をチェック
していきたい。





【2】編集後記

MLB.TVに$100ぐらい払い、

パソコンで試合を見ています。

当たり前ですが、時差の関係上、

試合のほとんどが午前中です

(デーゲームは深夜ですが)。

ですので仕事中に見る事が多いです(笑)。

実際、見てしまうと仕事になりません(笑)。

2016年、運命のドラフト会議がスタート! 野球人No.1232

mln draft 20160609 

【1】今日の野球人

2016年ドラフト会議




いよいよ間近に迫ったドラフト会議。
現地時間9日18時からスタートする。



指名の順番はフィラデルフィア・フィリーズ
から。若手が順調に成長しているフィリーズ
だけに、これはかなり楽しみだ。

mln draft 201606092

2番手以降はレッズ、ブレーブス、
ロッキーズ、ブルワーズ、アスレチックスと
再建期真っ只中の球団が続く。



そして注目の全米1位(いの一番)
はいったい誰になるのか?



mlb.comでは、ミッキー・モニアック
(外野手 ラコスタキャニオン高校)
を予想。

Mickey Moniak 201606093

モニアックは1998年生まれの18歳。
走攻守揃った左打ちの外野手だ。
パワーはまだまだ発展途上だが、
高い身体能力を誇っている。



選球眼も優れており、タイプ的には
マーリンズのクリスチャン・イエリッチ
近いと言われている。



今回のドラフトで指名されるのは確実だが、
もし契約がこじれた場合は、UCLAに進学
するそうだ。

Mickey Moniak 201606092

このブログがアップされる頃には、ちょうど
ドラフト会議がスタートしているはず。



いの一番選手に注目しよう!







【2】編集後記

子供たちとのバッティングセンターですが、

意外にも3歳の次男がはまりそうです(笑)

イチローも松井も男2人の次男坊ですし、

次男の方がはまりやすいのかな?(笑)

今の時期は何でもいいので、とにかく

スポーツを楽しんでくれれば、と思って

おります。

ベンチュラ、またも乱闘騒ぎ【ヨーダノ・ベンチュラ】野球人No.1231

Yordano Ventura 201606083 

【1】今日の野球人
[選手名]ヨーダノ・ベンチュラ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]カンザスシティ・ロイヤルズ
[背番号]30
[生年月日]1991/6/3
[2016年シーズン年俸]120万ドル




やはり大投手になる為には、この位の
血の気の多さは必要なのだろうか?



ロイヤルズの若き剛腕ヨーダノ・ベンチュラが
6月7日のオリオールズ戦でド派手な乱闘騒ぎ
を起こした。



5対1とオリオールズのリードで迎えた5回、
ベンチュラが投じた100マイル近い直球を、
マチャドの腰に直撃。



怒り狂ったマチャドはマウンドへと突進し、
ベンチュラにパンチをお見舞い。そして
ベンチュラの体を抱え込み、その場に
叩き倒した。

Yordano Ventura 201606082

ベンチュラは故意死球ではない事を主張
しているが、多くの『前科』を持つ
ベンチュラだけに、真相はわからない。



昨年の4月のエンゼルス戦では、トラウトと
乱闘騒ぎを起こしたベンチュラ。その後も、
アスレチックス戦でロウリーと、ホワイト
ソックス戦ではイートンと乱闘騒ぎを
起こした。

Yordano Ventura 20160608

見た目はヒョロッとしており穏やかそうに
見えるが、実際はとにかく血の気が多い。
25歳とまだ若い事もあり、怒りの
コントロールができないようだ。
調子の波が激しいのも、こういった事が
影響しているのだろう。



確かにプロスポーツは激しい生存競争が
繰り広げられているだけに、闘争心は
絶対に必要。とは言うものの、ベンチュラは
度が過ぎるケースが多い。

Yordano Ventura 201606084

自分の感情をコントロールできるように
なった時、ベンチュラの本格覚醒が
始まるのだろう。






【2】編集後記

今日は、私の○○歳の誕生日です。

家で妻と子供が何か用意して

くれているはずです・・・。

きっと(笑)

ホワイトソックス、球界屈指のワークホースを獲得!【ジェームズ・シールズ】野球人No.1230

James Shields 201606074 

【1】今日の野球人
[選手名]ジェームズ・シールズ
[ポジション]ピッチャー
[チーム]シカゴ・ホワイトソックス
[背番号]25
[生年月日]1981/12/20
[2016年シーズン年俸]2100万ドル





今シーズン、ホワイトソックスは
見事なスタートダッシュを決めた。



4月終了時点で17勝8敗。エースの
クリス・セールが絶好調で、開幕から
破竹の9連勝。開幕ダッシュの立役者
として大車輪の働きを見せた。

Chris Sale 201605143

2番手のキンターナもセールの陰に
隠れがちであったが、安定感は抜群。
メジャー5年目にして本格開花の兆しを
見せている。



そもそもホワイトソックスは2014年
オフに大型補強を敢行しており、ここ
数年は勝負モード。2015年オフも強打者
トッド・フレイジャーを獲得するなど、
GMのリック・ハーンは今年こそはと
鼻息は荒い。



しかしながらチームは5月中旬から急失速。
難攻不落と思われていたセールも、10勝目を
かけた5月24日のインディアンズ戦で滅多
打ちにあい初黒星。その後もリズムを
崩したのか、白星から遠ざかっている。

Carlos Rodon 20160607

象徴的であったのは、5月28日の
ロイヤルズ戦。6点リードで迎えた
9回の裏に、まさかの大量失点。守護神
ロバートソンが打ち込まれ、大逆転劇を
許してしまった。



5月の成績は11勝17敗。一気に貯金を
減らしてしまい、首位陥落。チームは
悪循環に入りつつある。



そんな状況を打破する為、ハーンGMは
早速動いた。パドレスのベテラン右腕、
ジェームズ・シールズをトレードで
獲得したのだ。

James Shields 201606072

シールズは9年連続2けた勝利、200
イニングをクリアしている球界屈指の
ワークホース(馬車馬)。



シールズとパドレスは2014年オフに
4年7500万ドルで契約。しかしパドレスは
現在再建中であり低迷中。その為、放出は
以前から噂されていた。



これでホワイトソックスのローテーションは
かなり強固となった。

James Shields 20160607

ちなみに中地区は現在、インディアンズが
首位を快走中。インディアンズもメジャー
屈指の先発スタッフを擁しており、チーム力
は高い。



ア・リーグ中地区は、ますます混迷を
極めそうだ。





【2】編集後記

先週末、家族4人でバッティング

センターに行きました。

予想外に子供たちが夢中になり、

結局100球近く打ってきました^^;

子供たちが野球好きになって

くれそうです^^

通算480盗塁のベテラン、戦力外に【カール・クロフォード】野球人No.1229

Carl Crawford 201606062 

【1】今日の野球人
[選手名]カール・クロフォード
[ポジション]レフト
[生年月日]1981/8/5



金満球団であるドジャースが、
苦渋の決断を下した。



通算480盗塁のカール・クロフォードに
対し、戦力外通告を行ったのだ。



クロフォードは2002年にデビルレイズ
(現レイズ)でデビュー後、俊足好打の
トップバッターとして活躍。

Carl Crawford 201606064

オールスター出場4回、盗塁王4回、ゴールド
グラブ賞1回、フィールディングバイブル賞
3回を受賞し、メジャーを代表する外野手
として君臨。



2010年オフにレッドソックスと
7年1億4200万ドルの巨額契約を結んだ。



しかしながらこの契約が大失敗。長年
人工芝でプレーしたことが影響したのか、
レッドソックスに加入以降、パフォーマンスが
一気に低下。故障を頻発し、持ち前のスピード
も徐々に失われていった。

Carl Crawford 201606063

2012年オフに、不良債権を放出する
ような形でドジャースにトレード。現在
ドジャースの編成責任者を務めている
アンドリュー・フリードマンであれば、
絶対に首を縦に振らないトレードだろう
(当時のドジャースのGMは、ネッド・
コレッティ)。



ドジャース加入後もかつての輝きを取り戻す
ことはできず、余剰戦力に。年俸も2000万
ドルを越えているだけに、引き取り手は
見つからなかった。



ドジャースはロースター枠の空きを作る為に、
渋々今回戦力外通告を行ったようだ。

Carl Crawford 20160606

今年で35歳。下半身の故障も増えており、
かつてのスピードはもう望めないだろう。


左の代打の切り札として生き残りたい
ところだが・・・。






【2】編集後記

現在、私のアシスタントを

募集しており、連日書類選考が

続いております。明日は面接。

良いスタッフが来てほしいですm(_ _)m

『ベースボールチャンネル』にて、ダルビッシュの速球のスピードついて書きました 野球人No.1228


『ベースボールチャンネル』にて、
ダルビッシュと速球のスピードに
ついて書きました。




Darvish 20160605 



トミー・ジョン手術後ですが、ダルビッシュの
速球は大幅にパワーアップしました。

ウェイクフィールドの再来!?【スティーブン・ライト】野球人No.1227

Steven Wright 201606042 

【1】今日の野球人
[選手名]スティーブン・ライト
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ボストン・レッドソックス
[背番号]35
[生年月日]1984/8/30
[2016年シーズン年俸]50万ドル




今シーズン、レッドソックスの
打撃陣が好調だ。



ベッツ、ボガーツ、ブラッドリーJrと
いった期待の若手たちが覚醒。それと同時に
ペドロイア、ラミレス、オルティスといった
ベテラン勢も例年になく好調。



若手とベテランがうまくミックスし、驚異の
重量打線を形成している。

Jackie Bradley Jr 201605274

しかしながら投手陣がいまいちピリッと
しない。エースのプライスは徐々に調子を
取り戻しつつあるが、チーム防御率4.43
リーグ12位。


今のところは打線でカバーしているものの、
地区優勝奪還の為には、是が非でも改善
したいところ。



そんな状況の中、ナックルボーラーである
31歳のスティーブン・ライトが大健闘。
プライス、ポーセロに次ぐ先発3番手として、
しっかりとローテーションを支えている。

Steven Wright 20160604

インディアンズ時代の2011年にナックル
ボーラーに転身したライト。ブルージェイズの
ディッキーに似たタイプのナックル
ボーラーで、110~125km/hの速度の
違うナックルを投げ分ける。



長い長い下積み生活を経て、30歳を過ぎて
やっとメジャーに定着した苦労人だ。


今季はこれまで10試合に登板し、


5勝4敗 防御率2.45 61奪三振
被打率.200 WHIP 1.09


と好投。今や、レッドソックス投手陣の
中で、欠かせない存在となっている。

Steven Wright 201606044

そして、レッドソックスのナックルボーラーと
言えば、やはりティム・ウェイクフィールド
思い出す。



200勝を達成し、45歳まで投げたウェイク
フィールド。ボストンのファンの脳裏には、
いまだに彼のナックルが焼き付いている。

Tim Wakefield 20160604

『ウェイクフィールドの再来』として、
ライトのナックルに期待しよう。





【2】編集後記

1998年の創刊号から買い続けている

月刊スラッガーですが、今年から

隔月発行になってしまいましたね;;

やはり雑誌全体の売れ行きは落ちて

いるのですかね。

寂しいなぁ~。

韓国系メジャーリーガー、ヤンキースの秘密兵器となるか!?【ロブ・レフスナイダー】野球人No.1226

rob refsnyder 20160603 

【1】今日の野球人
[選手名]ロブ・レフスナイダー
[ポジション]セカンド
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース
[背番号]38
[生年月日]1991/3/26
[2016年シーズン年俸]50万ドル




今シーズン、開幕から苦しい戦いが
続いているヤンキース。



昨年はベテラン勢の復活もあり、3年ぶりの
プレーオフ進出。今までのようなド派手な
補強は控え、レギュラー陣の平均年齢を
下げるべく、若手の起用にも力を入れている。



しかし今季はベテランプレーヤーたちが
大ブレーキ。特に昨年復活したテシエラや
A-Rodが大不振。打率は2割にも満たず、
ファンの期待を裏切り続けている。

alex rodriguez 20160502

今季のヤンキースは例年になく貧打に
あえいでいる。6月1日のゲームでは、
田中将大が好投しながらも、援護なく
見殺しに。まさに今年のヤンキースを
象徴しているゲームであった。



現在チーム得点数は、ツインズと並んで
リーグ最下位。フラストレーションが
たまる日々が続いている。



そんな中、一人の韓国系アメリカ人に
注目が集まっている。



25歳のロブ・レフスナイダーだ。

rob refsnyder 201606032

レフスナイダーは2012年にドラフト5巡目
(全体順位187番目)で入団したように、
そこまで大きな期待を背負った選手ではない。



しかしながら、まずまずの選球眼を持つ
中距離ヒッターとして、順調にマイナーを
ステップアップ。昨シーズン、念願のメジャー
昇格を果たした。



このレフスナイダー、ルックスを見てわかる
ように、純粋な韓国人。わずか生後3か月で
アメリカに養子に出されたそうだ。本名は
キム・ジョンテとのこと。

rob refsnyder 201606033

そんな過去を持つレフスナイダーだが、
今年も5月下旬に再びメジャーに昇格。
暗い話題が多いヤンキースの中にあって、
ラッキーボーイ的な存在になりつつある。



彗星のように現れたレフスナイダー。
ヤンキースの秘密兵器として期待したい。






【2】編集後記

イチロー選手のスライディング

キャッチ、痺れましたね~!

42歳の動きとは思えないです!

そもそも42歳でセンターって・・・^^;

凄すぎますね!

インディアンズのベテラン外野手、2度目の薬物違反【マーロン・バード】野球人No.1225

Marlon Byrd 201606021 

【1】今日の野球人
[選手名]マーロン・バード
[ポジション]レフト
[チーム]クリーブランド・インディアンズ
[背番号]6
[生年月日]1977/8/30
[2016年シーズン年俸]100万ドル





またもや禁止薬物のニュースが
飛び込んできた。



現地時間1日、インディアンスのマーロン・
バードが、禁止薬物である成長ホルモン
分泌促進剤のイパモレリンの使用により、
162試合の出場停止処分を受ける事に
なった。

Marlon Byrd 201606023

バードはメジャー通算15年目の大ベテラン。
パンチ力のある打撃で、主に第4の外野手的な
役割として活躍。



今季はインディアンズとマイナー契約を結び、
スプリングトレーニングに参加。そこで
何とか結果を残し、開幕メジャーの切符を
手に入れた。



バードはインディアンズでなんと10球団目。
バット1本で数々の球団を渡り歩いてきた
典型的なジャーニーマンだ。

Marlon Byrd 20160602

ちなみにバードは2012年にも禁止薬物に
陽性反応を示し50試合の出場停止処分
受けている。



今回の違反で2度目。処分としては最も重い、
162試合の出場停止処分である。



インディアンズとしても痛手だ。



今季は主軸選手のブラントリーが右肩の
手術の影響もあり、現在故障者入り。また、
右打ちの外野手が少なく、開幕からバードは
貴重な働きを見せていた。まぁ、それが
薬物を使った上でのパフォーマンスでは
あったのだが。

Marlon Byrd 201606022

バードは現在38歳。停止処分が明けるころ
には40歳目前。自身が言っているように、
これでメジャーリーガーとしての人生が
終わってしまうのだろうか・・・。







【2】編集後記

ここ最近、日本プロ野球の情報に

ついていけなくなっています(笑)

ベースボールチャンネルさんで

執筆するようになってから、特に

MLBに特化するようになり・・・^^;

たまには見ないとなぁ・・・。

蘇るか、高速シンカー【王建民】野球人No.1224

chen ming wang 201606014 

【1】今日の野球人
[選手名]王建民
[ポジション]ピッチャー
[チーム]カンザスシティ・ロイヤルズ
[背番号]67
[生年月日]1980/3/31
[2016年シーズン年俸]100万ドル





昨年の王者、カンザスシティ・ロイヤルズ。
鉄壁の守備力と難攻不落の救援陣で、見事
30年ぶりの頂点に。



今年は開幕当初こそもたついたが、徐々に
ロイヤルズらしさを発揮。そして先日、
ホワイトソックスとインディアンズを
かわし、首位へと躍り出た。



『ロイヤルズ野球』は今年も健在。
5月31日現在、ロイヤルズの
救援防御率2.43はリーグトップだ。

Wade Davis 201509232

クローザーのデービスは相変わらず
安定感抜群。既に15セーブの荒稼ぎ。



セットアッパーのへレア、ホッチバー、
ソリアもきっちり仕事をこなしており、
今季もロイヤルズのブルペンは難攻不落だ。



そんな中で、一人のセットアッパーが
注目を浴びている。2006年にヤンキースで
19勝を挙げ、最多勝を獲得した王建民だ。

chen ming wang 20160601

20代の頃は95マイルを超える高速シンカー
を武器に、内野ゴロを量産。メジャー屈指の
シンカーボーラーとしてヤンキースの屋台骨を
支えた。



しかし2年連続19勝を挙げた後は、肩を
痛めて球威が大幅に低下。ヤンキース
退団後はさらに故障が増え、各チームを
転々とする羽目に。



2013年にブルージェイズを解雇された
後は、メジャーから姿を消し、マイナーで
ひっそりと投げ続けていた。

chen ming wang 201606015

そんな王だが、今年ロイヤルズで見事復活。
36歳となり、かつての球威には及ばないが、
伝家の宝刀シンカーはまだまだ健在。



ロイヤルズの最強救援陣の一角として、
まずまずの働きを見せている。



それにしてもさすがはロイヤルズ。
今年も安価なベテランを見事復活させた。

chen ming wang 201606013

2年連続世界一に向けて、より一層
ブルペンが強固になった。








【2】編集後記

2年半ほど、パーソナルトレーナーと共に

ジムでトレーニングを続けているのですが、

以前のトレーナーに戻そうかと、

悩んでいます^^;

以前のトレーナーは、元プロボクサーで

1年半ほどずっと一緒にトレーニングを

指導してもらっていました。

ただ、日程等が合わなくなり、やむなく

パートナーを解消。

とはいえ、やはり指導方法はダントツで

うまく、こちらのモチベーションの

上げ方も心得ています。

投手が相性の良い捕手を選ぶように、

やはり、パートナー選びは重要ですね。


『ミネソタの英雄』は、蘇るのか?【ジョー・マウアー】野球人No.1223

joe mauer 201605313 

【1】今日の野球人
[選手名]ジョー・マウアー
[ポジション]ファースト
[チーム]ミネソタ・ツインズ
[背番号]7
[生年月日]1983/4/19
[2016年シーズン年俸]2300万ドル





昨年地区2位に躍進し、前評判の高かった
ミネソタ・ツインズ。



しかしながら、5月30日現在で15勝35敗。
首位のロイヤルズとは13ゲーム引き離され
ており、既に終戦ムードが漂っている。



チーム防御率、チーム得点数は揃って
リーグ最下位。先発ローテーションも
崩壊しており、惨憺たる状況だ。

Twins 20160531

とは言え、依然多くの若手有望株を
控え、将来性は抜群。チーム期待の
バイロン・バクストンがメジャーの壁に
ぶち当たっているが、素材的には
あらゆる若手有望株の中でNo.1。



今のチーム状況は『産みの苦しみ』
考えたいところだ。



そんな中、チームの顔ともいえる、
ジョー・マウアーの打棒が復活
しつつある。

joe mauer 201605312

ミネソタ生まれのミネソタ育ち、そして
ツインズからドラフト1巡目で指名されて
入団。まさにツインズでプレーするために
生まれてきたマウアー。



巧みなバットコントロールで首位打者3度、
2009年にはMVPを獲得。チームは期待を
こめて2010年に8年1億8400万ドル
という大型契約を締結。名実ともに
チームの顔となった。

joe mauer 20160531

しかしながら捕手という過酷なポジション
ゆえに、相次ぐ脳震盪を併発。医師の
助言を受け入れ、2013年にファーストに
コンバート。



マウアーの打撃成績は、そのあたりから
下降線をたどってきた。



脳震盪の後遺症により、巧みなバットさばきが
影を潜め、ここ数年の打率は2割8分以下。
一塁手としては物足りない成績が続き、
2018年まで続く年間2300万ドルは、
不良債権と揶揄され始めた。

joe mauer 201605315

そんな終わった選手とみられていた
マウアーだが、今季は輝きを取り戻し
つつある。



さすがにMVPを獲得したときほどでは
ないが、出塁率と長打率が上昇。
シュアな打撃が戻ってきた。



マウアーとの契約は今年を含めてあと
3シーズン。真摯なプレースタイルも
若手のよい手本となる。

joe mauer 201605314

まだ33歳。
サノやバクストンといった有望株が独り立ち
するまでは、なんとかマウアーに頑張って
もらわねばならない。



『ミネソタの英雄』の復活に
期待したい。






【2】編集後記

最近、仕事での会食は焼き肉店

ばかりを選定しています。

単純に私が好きだからです(笑)

今日もこれから仕事の関係者と

焼き肉店で打ち合わせをします。

元大関琴光喜が経営している

お店です^^

ご本にもいらっしゃるので、結構

愛用しています。

 ↓  ↓