野球人.com

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月

2017年MLB戦力分析編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.1302


オフは攻撃陣を積極補強。得点力
アップで、
リーグ優勝を推す声も。

Carlos Correa 20170416

【1】今日のチーム

ヒューストン・アストロズ

2016年度成績

[成績]84勝78敗
[順位]中地区3位
[得失点差]+23(7位)
[年俸総額]9689万ドル(22位)
[観客動員数]230万人(17位)
[監督]A.J.ヒンチ
[GM]ジェフ・ルーノー


[予想オーダー]

1 CF スプリンガー
2 2B アルトゥーベ
3 SS コレア
4 DH ベルトラン
5 C  マッキャン
6 3B ブレグマン
7 RF  レディック
8 1B グリエル
9 LF 青木


[予想先発ローテーション]

カイケル
マキュー
マッカラーズ
ファイアーズ
モートン


[救援投手]

ハリス
グレガーソン
ジャイルズ(CL)


【オフェンス】4点(5点満点)

オフの間は、外野手を中心に積極補強。
強打者ベルトラン、マッキャンに加え、
攻守を兼ね備えたレディックと青木が加入。
得点力は大幅にアップするだろう。今や、
名物コンビとなったアルトゥーベとコレアは、
まだまだ伸びしろ抜群。2人でMVPを競うほど
のレベルだ。さらに昨年デビューした有望株の
ブレグマンにも注目したい。アルトゥーベと
コレアと共に、チームの顔になれる逸材だ。


【ディフェンス】3.5点(5点満点)

エースのカイケルは昨年不調に陥ったが、
今季は開幕から絶好調。2番手以降も力の
ある投手が続く。とは言え層は厚くはなく、
マッカラーズ、マスグローブといった若手が
伸び悩むと、少々苦しい状況に陥る。
クローザーには剛腕ジャイルズが座る。
セットアッパーとして前クローザーの
グレガーソン、昨季28ホールドのハリスが
控えている事も心強い。


【総括】4点(5点満点)

2年連続プレーオフは逃した事もあり、オフは
積極補強を敢行。リーグ屈指の打線が完成し、
今季のダークホースとの声も。コレアを中心
とした若手と、ベルトランを中心とした
『勝利を知る』ベテランが、上手くミックス
されたチームに仕上がった。また、マイナー
に控える有望株が豊富で、シーズン中に
トレードの駒として使われる可能性が高い。
特に先発陣が手薄な為、エース級投手を
狙ってくるかもしれない。いずれにしても
今季非常に注目のチームだ。



【2】編集後記

昨日はイースターという事もあり、

家族で教会に遊びに行きました。

外国人の家族連れも多く、

子供たちも大喜び。

子供たちには様々な文化を

触れさせたいと思っています。
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30