野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 各球団の監督の動向 ~その2~【スコット・サービス】野球人No.1003

各球団の監督の動向 ~その2~【スコット・サービス】野球人No.1003

scott service 201510243 

【1】今日の野球人

スコット・サービス




昨日に引き続き、各球団の監督の
動向をチェックしていきたい。



今季、再び下位に沈んだマリナーズ。
昨シーズンは87勝を挙げて5年ぶりに
勝ち越し。オフには大砲のクルーズを
獲得し、チームの雰囲気は上向きに。



明るい兆しが見え、期待が高まった
2015年だったが、ふたを開けてみれば
自慢の投手陣が崩壊。得点力の低さも
例年通りと、全く良い所がないまま閉幕
したマリナーズ。

Mariners 20151024

チームは8月下旬に、7年間GMを務めた
ズレンシックを解任。ただ、以前から評判の
悪いGMであった為、時期としては遅すぎた
感もある。



新GMには、今季途中までエンゼルスでGMを
務めていたジェリー・ディポートが就任。
良い意味で、チームに新たな風が吹き込む
予感が漂う。



そのディポートだが、新監督に、
スコット・サービスを据えると発表した。



サービスは昨年まで、エンゼルスで
ディポートのサポート役として、5年間
GM補佐を務めた、いわばディポート一派の
一人。エンゼルスの前は、レンジャーズで
選手育成部門で働いたが、これまで監督
経験はない。

scott service 20151024

現役時代は捕手として、カブス、アストロズ、
ジャイアンツ、ロッキーズなどでプレー。
ちなみに2000年には、ロッキーズで
当時投手であったディポートと
チームメイトであった。



やや気になるのは、サービスが、GMである
ディポートのイエスマンかもしれない、
という事。これまでの2人の関係上、
そういった危険性もはらんでいる。

jerry dipoto 20151024

純粋に指導力を評価した上での選定で
あれば問題ないのだが・・・。



ともあれ、来季はこれまでとは全く違う
マリナーズが見られそうだ。





【2】編集後記

日本に帰ってきました。

いつもながら、ロシアやスリランカから

帰ってくると、しみじみと実感するのですが、

やはり日本は綺麗で便利だなと(笑)

コンビニがある、電車やバスが時刻どおりに

来る、店員が親切・・・等々。

新興国は日本と比べると、圧倒的に

不便です。

だからこそ、開拓の余地があり、

ビジネスにチャンスがゴロゴロと

転がっているのですが!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30