野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2015年フィールディング・バイブル・アワード発表! 野球人No.1013

2015年フィールディング・バイブル・アワード発表! 野球人No.1013

Andrelton Simmons 201511032 

【1】今日の野球人

フィールディング・バイブル・アワード
受賞者たち




ここ数年で、一気に認知度があがった、
『守備防御点』。



もともと守備の能力を数値化するのは困難を
極めていた。その理由として、評価者の主観が
どうしても入ってしまい、客観的な評価を下す
のが難しいとされてきたからだ。

Adrian Gonzalez 2014年ゴールドグラブ

例えば、何でもないフライを、スタート
ダッシュが遅れた為に、派手なダイビング
キャッチで捕球した場合。今まではこれを
『守備力が高い』と評価されてしまう事が
あった。



しかしながら、近年、ビデオ解析の精度が
格段に向上。守備の能力を、極めて客観的な
数値で導き出す事が可能となった。



その数値と言うのが『守備防御点』。
平均の守備レベルを0とし、そこからプラス、
マイナスされていく。

Jason Heyward 20151103

例えば守備防御点+3であった場合、この
選手はシーズンで平均レベルと比較して、
3点防いだという事になる。



MLBでは2006年から、ゴールドグラブ賞
とは別に、フィールディングバイブル賞
いう名の守備表彰を設けた。これはこの
守備防御点が高かった選手に贈られる賞だ。



先日、今年のフィールディングバイブル賞の
受賞者が発表された。受賞者は下記の通り。



○投手

ダラス・カイケル
(アストロズ)
DRS +13


○捕手

バスター・ポージー
(ジャイアンツ)
DRS +17


○一塁手

ポール・ゴールドシュミット
(ダイヤモンドバックス)
DRS +18


○二塁手

イアン・キンズラー
(タイガース)
DRS +19


○三塁手

ノーラン・アレナード
(ロッキーズ)
DRS +18


○遊撃手

アンドレルトン・シモンズ
(ブレーブス)
DRS +25


○左翼手

スターリング・マーテ
(パイレーツ)
DRS +24


○中堅手

ケビン・キーマイアー
(レイズ)
DRS +42


○右翼手

ジェイソン・ヘイワード
(カーディナルス)
DRS +22


○外野複数ポジション

エンダー・インシアーテ
(ダイアモンドバックス)
DRS +29



顔ぶれを見ていると、『やっぱりなぁ~』
いう面々が並ぶ。シモンズ、ヘイワードに
至っては、もはや受賞して当たり前のレベル。



注目したいのは、センターのキーマイアー。
今年守備面で大ブレイクし、脅威の+42
記録。来季以降、楽しみな守備職人だ。

Kevin Kiermaier 20151103

後ほど発表されるゴールドグラブ賞の
面々と、是非とも比較して頂きたい。





【2】編集後記

昨日は、日帰りで金沢でした。

今回は車ではなく、JRしらさぎで。

名古屋から3時間ですが、

たまには電車の出張も

よいですね。

のどかな景色を楽しみながら、

充実した時間を過ごせました^^

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30