野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ サイ・ヤング賞の候補者たち ~その1~【ナショナル・リーグ編】野球人No.1026

サイ・ヤング賞の候補者たち ~その1~【ナショナル・リーグ編】野球人No.1026

Jake Arrieta 201511162 

【1】今日の野球人

サイ・ヤング賞の候補者たち




先発投手にとって、最高の名誉である
サイ・ヤング賞。発表は現地時間の
11月18日。両リーグ3人ずつ、候補者が
絞られた。



現在、ナショナル・リーグは2年連続で
ドジャースのカーショウが受賞。かたや
アメリカン・リーグは、昨年全くのノーマーク
であったインディアンズのクルーバーが
受賞した。今年はどんな顔ぶれになるのか。



今日はナショナル・リーグの候補者から
チェックしていきたい。



クレイトン・カーショウ
(ドジャース)

Clayton Kershaw 20151116

33試合 232イニング
16勝7敗 防御率2.13 301奪三振
被打率.194 WHIP0.88



球界ナンバーワン左腕が、今季も安定感
抜群のピッチングを見せた。特に7月以降
は無尽蔵の強さを発揮。後半戦は
10勝1敗 防御率1.31と全く危なげない
投球であった。終わってみれば球団史上
2人目の300奪三振をクリア。勝ち星が
あまり伸びなかった事(16勝)が残念。



ザック・グレインキー
(ドジャース)

Zack Greinke 20151116

32試合 222イニング
19勝3敗 防御率1.66 200奪三振
被打率.187 WHIP0.84


ドジャースに移籍して3年目。僚友の
カーショウに刺激されたのか、自己最高の
シーズンを過ごした。クオリティースタートは
何と32先発中30回。防御率1.66は、
もちろんメジャートップ。負け数もわずかに
3と文句の付けようのない投球であった。
サイ・ヤング賞の最有力候補か。



ジェイク・アリエッタ
(カブス)

Jake Arrieta 20151116

33試合 229イニング
22勝6敗 防御率1.77 236奪三振
被打率.185 WHIP0.86



今シーズン、カブスの飛躍を支えた
先発右腕。22勝はリーグトップ。
カーショウ同様、後半戦が素晴らしく、
12勝1敗 防御率0.75と、圧巻の
投球。 8月30日にはドジャース相手の
ノーヒッターを達成。8月、9月には、
2か月連続で月間最優秀投手に
選出された。例年であれば文句なしの
サイ・ヤング賞なのだが、今シーズンは
非常にハイレベル。候補者3人が全員
何らかのタイトルを獲得している。






【2】編集後記

今日は、岐阜県の高山に出張です。

それにしても高山は外国人の

観光客が増えましたね~。

名古屋よりも多いのでは・・・。

名古屋も観光客が集まるスポットが

欲しいところです・・・。

Comment

編集
いつも楽しく読ませていただいています!

飛騨へようこそ!(私、実は飛騨の人間です)
思わずコメントしてしまいました…

そうなんです。最近は海外からの方が増えています。アジア系の方が5割以上だと思いますが、欧米からも来られています。

たまにMLBの帽子を被っている人もいて、それを見るのも密かな楽しみです(笑)

英語が話せてらMLBの話で盛り上がれるのにと思う今日この頃です…(泣)
2015年11月17日(Tue) 22:34
Re: タイトルなし
編集
>たかっちさん

コメント有難うございます!

私も昨日高山にて、
『モントリオール・エクスポズ』の
懐かしいキャップをかぶっている
アメリカ人らしき家族を見ました!

それにしても外国人が多いですね~。
日本の『おもてなし』は、立派な
観光産業ですもんね!

高山は素晴らしい場所です!
2015年11月18日(Wed) 16:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31