野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 投手陣崩壊のタイガース、『K-ROD』を獲得!【フランシスコ・ロドリゲス】野球人No.1030

投手陣崩壊のタイガース、『K-ROD』を獲得!【フランシスコ・ロドリゲス】野球人No.1030

francisco rodriguez 20151120 

【1】今日の野球人
[選手名]フランシスコ・ロドリゲス
[ポジション]ピッチャー
[チーム]デトロイト・タイガース
[生年月日]1982/1/7
[2015年シーズン年俸]350万ドル





今シーズン、ア・リーグ中地区最下位に
沈んだデトロイト・タイガース。



4年連続地区優勝の強豪も、近年は
主力選手の高齢化と年俸総額が高騰。
じわじわと衰退期を迎えつつあった。

Justin Verlander 2014年前半誤算2

そこでチームは、思い切って方針を転換。
夏場に主力選手を放出し、一気に
『再建モード』へと舵を切った。



タイガース低迷の要因はいくつか挙げられるが
とにかく立て直しが急務なのが投手陣。
チーム防御率4.64は、リーグ最下位。


昨年オフ、シャーザーがFAで去り、
プライスも夏場にブルージェイズへトレード。
クローザーのソリアも放出され、先発、
ブルペンともに脆弱な状況に陥った。

detroit tigers 20150912

とくにブルペンはガタガタであった。
クローザーを満足に務められる投手がおらず、
監督のオースマスは色々と試みるが、全く
機能せず。



シーズン途中に通算115セーブのフェリスを
獲得するものの、昔の力は無く、登板すれば
滅多打ちに。


そんな状況の中、オフに入るとGMのアビラは
迅速に動いた。62セーブの記録を持つ、
K-RODこと、フランシスコ・ロドリゲスを
トレードで獲得したのだ。

francisco rodriguez 201511202

ここ数年、親族への暴行で逮捕されるなど、
悪いイメージが定着していたが、昨年あたり
からエンジェルス時代のピッチングが復活
しつつある。


今季もブルワーズで38セーブを挙げ、
ブラウンセーブもわずかに2と、安定感は
抜群であった。



まずは待望のクローザーを獲得した
タイガース。まだまだ課題は山積みだが、
実績のあるクローザーを獲得した事から、
チームを『完全解体』せず、ある程度
来季も、目の前の勝利を獲りに行く姿勢

示したことになる。

Francisco Rodriguez お買い得選手2

タイガース、次の狙いは先発投手か!?






【2】編集後記

やはりMVPは、大方の予想通り、

ハーパーとドナルドソンでしたね。

今季2人の印象度は、ずば抜けて

おりました。

それにしてもドナルドソンを放出した

アスレチックスのビーンは、どの様な

心境なのでしょうか。

周囲が首をかしげたトレードでしたが、

ビーンの狙いは、まだまだ先に

あるのでしょうか・・・。

Comment

No title
編集
トレード内容は別にしても、Asにいてもそこまで昨年と成績は変わらなかったのではと思っています。(守備を含め元々の成績も十分すごいですが)
今年のすさまじい成績はBjの後ろの二人の影響+打者有利の地区、球場の恩恵が大きかった気がします。

エンカーナシオンがあと一本打って40,100が3人の鬼畜打線が見たかった・・・
2015年11月21日(Sat) 21:29
Re: No title
編集
コメント有難うございます!

やはり相乗効果ですね^^

それにしても今年のブルージェイズ打線は
凄かったですね・・・^^;

2015年11月22日(Sun) 12:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31