記事一覧

メジャー屈指の名手、エンゼルスへ【アンドレルトン・シモンズ】野球人No.1032

Andrelton Simmons 20151122 

【1】今日の野球人
[選手名]アンドレルトン・シモンズ
[ポジション]ショート
[チーム]ロサンゼルス・エンゼルス
[生年月日]1989/9/4
[2015年シーズン年俸]314万ドル





少し遅くなってしまったが、11月12日に
行われたブレーブスとエンゼルスのトレードを
改めてチェックしていきたい。


ブレーブス⇒エンゼルス

アンドレルトン・シモンズ(遊撃手)
ホセ・ブリセーニョ(捕手)


エンゼルス⇒ブレーブス

エリック・アイバー(遊撃手)
ショーン・ニューカム(投手)
クリス・エリス(投手)
+金銭(250万ドル)


このトレードの目玉は、何と言っても
アンドレルトン・シモンズ。アクロバティック
で華麗なショートの守備は、もはや芸術的な
レベル。

Andrelton Simmons 守備防御点2

今季も守備防御点は+25と、まさに驚異的。
なぜか(?)ゴールドグラブ賞獲得は
ならなかったが、守備力だけなら間違いなく
メジャーNo.1だ。



そんなシモンズが、エンゼルスへ放出された。
地元の人気選手であり、かつ2014年2月に
7年5800万ドルで、ブレーブスと安価で
長期契約を結んでいた為、これには
驚かされた。



ブレーブスは現在、球団再建の真っ最中。
2017年の新球場移転にターゲットを合わせ、
昨年末から出血覚悟のチーム改革を
断行している。

John Hart 2014年オフGM就任

かつての名伯楽と呼ばれ、現在、編成部門
トップ(実質的なGM)のハートは、
立て続けに主力選手を放出し、若手有望株を
かき集めている。クローザーのキンブレル、
強打者のアップトン、名手のヘイワードに
続き、今回はついにシモンズをも手放した。



ブレーブスが獲得したのは、ベテラン
遊撃手のアイバーと、若手有望株2人。



ブレーブスとしては、マイナーに遊撃手の
オザイノ・アルビスという有望株が控えて
いる為、アイバーはそれまでのつなぎ役なの
だろう。

erick aybar 20151122

そして今回ブレーブスが獲得した若手有望株の
1人、先発左腕のシーン・ニューカム
かなり期待が持てる。



現在22歳で、2014年にドラフト1順目
(全体15位)でエンゼルスに入団。
今季はAAまで昇格した。



196cmの長身から投げおろされる、
90マイル中盤の速球は威力抜群。
スライダー、カーブ、チェンジアップも
平均以上で、高い奪三振能力を持つ。
今季は136イニングで168個の三振を
奪った。

Sean Newcomb 20151122

まだまだコントロールに難があるものの、
2017年の新球場のオープンに合わせ、
メジャーデビューさせるのだろう。



将来に向けて、着々と戦力を整える
ブレーブス。今回のトレードもかなりの痛手を
負ったが、得られる果実も大きいという事か。





【2】編集後記

今日は3連休最終日。

ここ最近多忙で、家族に迷惑を

かけていたので、今日は美味しい

ディナーでもと・・・^^;

いつもありがとうございます

の気持ちを込めてm(_ _)m


コメント

No title

ハイサイ マツダさん。
コアな投稿記事いつも楽しみにしていますよ。
そうですか・・・シモンズは来シーズンからLAA移籍が決まったんですね
Aリーグは日本人選手が所属チーム多いので中継で観る機会がありそうで
楽しみです、又ダルビッシュ投手も戻ってきますので来シーズンが楽しみです。

Re: No title

>ヨコハマさん

コメント有難うございます!

正直、シモンズのトレードには
驚きました^^;

おっしゃるように、ア・リーグの方が
衛星中継が多いので、シモンズの華麗な
守備を目にする機会が増えるかも
しれませんね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア