野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.1037

2015年 MLBチーム総決算編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.1037


~期待が高まるも、またもやトリッキーな球団
運営。楽しみな若手は多いのだが・・・~ 


Marcell Ozuna 20151127 

【1】今日のチーム

マイアミ・マーリンズ

2015年度成績

[成績]71勝91敗
[順位]東地区3位
[得失点差]-65(9位)
[年俸総額]6903万ドル(30位)
[観客動員数]175万人(28位)
[監督]マイク・レドモンド
   ⇒ダン・ジェニングス
[GM]ダン・ジェニングス


打撃・走塁成績

[得点]613(14位)
[打率].260(4位)
[本塁打]120(14位)
[出塁率].310(12位)
[盗塁]112(3位)


投手・守備成績

[失点]678(8位)
[先発防御率]4.25(9位)
[救援防御率]3.66(9位)
[WHIP]1.32(9位)
[クオリティースタート]83回(7位)
[セーブ失敗]21回(4位)
[守備防御点]+37(2位)



【総括】

昨シーズン若手が台頭し、オフには
主砲のスタントンとも長期契約を交わした。
チームは上昇機運に入りつつあり、中でも
スタントン、オズーナ、イェリッチの外野3人
は、全員20代で潜在能力は抜群。開幕前には
地区優勝を推す声もあった。しかしながら蓋を
開けてみれば、終始ちぐはぐな戦いで、
結局低空飛行のままシーズン終了。若手外野手
たちもメジャーの壁にぶつかった感があり、
伸び悩んだ。新加入のゴードンが首位打者、
盗塁王、最多安打を獲得しながらも、得点力は
リーグワースト2位。守備に関してはイチローの
加入もあり、締まった(チームの守備防御点
+37)。



【今オフの補強等】

シーズン中に監督のレドモンドが解任され、
GMであったジェニングスが代理監督を
務めるという、前代未聞の人事となった。
相変わらずオーナーに振り回される格好と
なり、チームの雰囲気は決して良いとは言え
ない。新監督は前ドジャース監督のドン・
マッティングリー。3年連続でドジャースを
地区優勝に導いたものの、年俸総額No.1の
チームから、年俸総額最下位のチームへの
移籍。指揮官としての評価は決して高く
なかっただけに、マッティングリーの真価が
問われる。また、若きエースのフェルナンデス
が、チーム批判を繰り返しているのも
気掛かりだ。





【2】編集後記

年末を間近に控え、12月の予定が

どんどん埋まっております^^;

やはり夜の付き合いが多いです。

私はあまりお酒は飲みませんが、

やはり外食ばかりになると

どうしても体重が増えたり、

コンディションが悪くなりがちです。

気をつけなければ・・・。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31