野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【ワシントン・ナショナルズ】野球人No.1040

2015年 MLBチーム総決算編【ワシントン・ナショナルズ】野球人No.1040


~チャンピオン候補がまさかのプレーオフ逸。
FAによる流出も多く、再編成が必要~


max scherzer 20151130
 

【1】今日の野球人

ワシントン・ナショナルズ

2015年度成績

[成績]83勝79敗
[順位]東地区2位
[得失点差]+68(7位)
[年俸総額]1億6201万ドル(6位)
[観客動員数]261万人(11位)
[監督]マット・ウィリアムズ
[GM]マイク・リゾー


打撃・走塁成績

[得点]703(3位)
[打率].251(9位)
[本塁打]177(3位)
[出塁率].321(7位)
[盗塁]57(14位)


投手・守備成績

[失点]635(9位)
[先発防御率]3.70(6位)
[救援防御率]3.46(6位)
[WHIP]1.21(4位)
[クオリティースタート]91回(5位)
[セーブ失敗]23回(13位)
[守備防御点]-11(11位)


【総括】

開幕前、シャーザーを7年2億1000万ドル
で補強し、30球団No.1の先発ローテー
ションを作り上げた。監督のマット・
ウィリアムズも、前年最優秀監督賞を受賞
し、多くの関係者が王者ナショナルズを予想。
しかし、夏場までは何とか首位を維持する
ものの、後半戦に入ると途端に歯車が狂い
出す。7月末にメッツに首位を奪われると、
そのままズルズルと後退。結局、ワイルド
カードすら逃し、チャンピオン候補がまさかの
プレーオフ逸。シャーザーが2度ノーヒッター
を記録し、ハーパーもMVPを獲得する等、
ど派手な活躍を見せた選手もいる一方で、
大量の怪我人を出したシーズンでもあった。


【今オフの補強等】

オフに入るや否や、監督のウィリアムズと
コーチ陣を一斉に解雇。後任には、通算
1671勝のダスティ・ベイカーが就任。また、
先発投手のJ.ジマーマン、フィスター、
野手ではデズモント、スパン等がFAに。
そして来年オフにはストラスバーグがFAと、
次々と主力選手の契約が切れていく。
財政的には『中の上』クラスの為、そこまで
無理はできない状況。再編成は急務で、
今オフのナショナルズの動きに注目が集まる。
とは言え、戦力的には来季も引き続き地区
優勝候補。新監督ベイカーの立て直しに
期待したい。




【2】編集後記

今年の子供たちへのクリスマス

プレゼントは仮面ライダーの

ベルトなのですが、我が家には、

様々な仮面ライダーのベルトが

既に6本も・・・(笑)

ちなみに、生産が終了した過去の

仮面ライダーのベルトは、オークションで

高値で取引されているとか・・・。

どこの世界にもコレクターはいるのですね。

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月01日(Tue) 07:59
Re: タイトルなし
編集
失礼しましたm(_ _)m

ナショナルズの監督に就任したのは
ダスティ・ベイカーです。
2015年12月01日(Tue) 10:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30