野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.1045

2015年 MLBチーム総決算編【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.1045


~安定感抜群の投手陣でリーグ2位の98勝。
地区優勝は逃すも3年連続PO進出~

mark melancon 20151205 

【1】今日の野球人

ピッツバーグ・パイレーツ

2015年度成績

[成績]98勝64敗
[順位]中地区2位
[得失点差]+101(2位)
[年俸総額]9005万ドル(24位)
[観客動員数]249万人(15位)
[監督]クリント・ハードル
[GM]ニール・ハンティントン


打撃・走塁成績

[得点]697(4位)
[打率].260(5位)
[本塁打]140(10位)
[出塁率].323(4位)
[盗塁]98(4位)


投手・守備成績

[失点]596(3位)
[先発防御率]3.53(5位)
[救援防御率]2.67(1位)
[WHIP]1.24(6位)
[クオリティースタート]92回(4位)
[セーブ失敗]14回(1位)
[守備防御点]+7(6位)


【総括】

序盤はカージナルスの独走を許したが、
6月以降はエンジン全開で猛追。結局
地区優勝は逃したものの、2年ぶりの90勝を
クリアし3年連続プレーオフ進出。年俸
総額は9000万ドル程度ながら、激戦区の
ナ・リーグ中地区で堂々たる成績。
若きエースのコールが19勝をマークし、
クローザーのマランソンは51セーブで
タイトルを獲得。チーム防御率はリーグ2位
安定感抜群であった。名捕手マーティンの
流出が懸念されたが、新加入のセルベリが
攻守に大活躍。メジャー8年目で初の正捕手
であったが、見事にチームを引っ張った。


【今オフの補強等】

今オフが殆どの主力選手が残留(38歳の
バーネットが引退予定)。マイナーにも
有望株が控えており、チーム状況としては
理想的な状態。ただし、来年オフは
セルベリ、ウォーカー、マランソンと、
主力選手が次々とFAと
なる為、今オフ、
契約が残っていても
トレードで放出する
可能性もある。
また、『殺人スライディング』
犠牲者となったカンの怪我の回復具合
気がかりだ。




【2】編集後記

ワールドシリーズ制覇に貢献した、

ベン・ゾブリストですが、FA

マーケットで大人気のようですね。

34歳ですが、内外野どこでも守れ、

さらに打撃面でも安定しており、

出塁率も高い。

そりゃ、需要はありますよね^^;

今は、メッツとカージナルスが

強い興味を示しているとの事。

どのような契約内容になるのか

楽しみですね!

Comment

編集
アルバレスはFAになりましたよ
2015年12月06日(Sun) 20:30
Re: タイトルなし
編集
ご指摘ありがとうございます!
修正しました^^;
2015年12月06日(Sun) 21:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31