野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【セントルイス・カージナルス】野球人No.1046

2015年 MLBチーム総決算編【セントルイス・カージナルス】野球人No.1046


~アクシデント発生も、今年も見せた王者の
貫録。右翼手の補強がポイント~


Jason Heyward 20151206 

【1】今日の野球人

セントルイス・カージナルス

2015年度成績

[成績]100勝62敗
[順位]中地区1位
[得失点差]+122(1位)
[年俸総額]1億2206万ドル(12位)
[観客動員数]352万人(2位)
[監督]マイク・マシーニー
[GM]ジョン・モゼラック

打撃・走塁成績

[得点]647(11位)
[打率].253(6位)
[本塁打]137(11位)
[出塁率].321(6位)
[盗塁]69(11位)

投手・守備成績

[失点]525(1位)
[先発防御率]2.99(1位)
[救援防御率]2.82(2位)
[WHIP]1.25(7位)
[クオリティースタート]106回(1位)
[セーブ失敗]15回(3位)
[守備防御点]+14(4位)


【総括】

シーズン前に有望株のタベラスを失い、
開幕早々にエースのウェインライトが
アキレス腱を断裂。大混乱の幕開けであった
ものの、王者は慌てず騒がず。的確な補強と
若手の台頭で、見事にカバー。ホリディや
正捕手のモリーナまでもが離脱しながらも、
結局全ての月で勝ち越し、30球団で唯一の
100勝。打撃陣は平凡ながらも、チーム
防御率は驚異の2.94と鉄壁。タベラスの
穴を埋めるために獲得したヘイワードも
攻守を連発し、地区優勝の大きく貢献した。
球団が危機的状況に陥っても、変わらぬ強さを
発揮したカージナルス。あらためて球団運営の
上手さが際立ったシーズンであった。



【今オフの補強等】

今オフ、ライトのヘイワードと先発の
ラッキーがFAに。ラッキーは先日カブスと
契約し、ヘイワードも多くの球団が触手を
伸ばしている。エースのウェインライトが
来季は開幕から万全で、投手陣はそこまで
心配はないだろう。一方、チーム得点が
11位に終わった打撃陣からヘイワードが
抜ければ、パワーはダウンは避けられない。
チームとしては例年通り、無理な深追いは
しないと思われ、どのような補強をする
のかに注目したい。カージナルスらしく、
大きな金額を投資せずとも、的確な補強を
してくるはず。





【2】編集後記

12月に入り、FAの目玉選手が

続々と大型契約をゲット。

プライス 7年2億1700万ドル
グレインキー 6年2億600万ドル
サマージャ 5年9000万ドル

いやいやこれこそ、オフ最大の

楽しみですね~!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31