野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.1049

2015年 MLBチーム総決算編【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.1049

 
~左右エースの活躍で、3年連続地区V。
POではあっさり敗退し、監督は更迭~


clayton kershaw 20151209 

【1】今日の野球人

ロサンゼルス・ドジャース

2015年度成績

[成績]92勝70敗
[順位]西地区1位
[得失点差]+72(4位)
[年俸総額]2億7160万ドル(1位)
[観客動員数]376万人(1位)
[監督]ドン・マッティングリー
  ⇒デーブ・ロバーツ
[GM]ファラハーン・ザイディ


打撃・走塁成績

[得点]667(8位)
[打率].250(10位)
[本塁打]187(1位)
[出塁率].326(2位)
[盗塁]59(13位)


投手・守備成績

[失点]595(2位)
[先発防御率]3.24(2位)
[救援防御率]3.91(11位)
[WHIP]1.18(3位)
[クオリティースタート]95回(3位)
[セーブ失敗]21回(4位)
[守備防御点]-2(7位)


【総括】

昨年オフ、レイズから敏腕GMアンドリュー・
フリードマンをヘッドハンティング。運営部門
のトップに据え、新体制がスタート。以前
までの金満一辺倒ではなく、若手を積極
起用しつつ、弱点はそこそこのベテランで
補う布陣。しかしながら得点力は平凡で、
期待のペダーソンも後半戦は絶不調。
チームを支えたのは何と言ってもカーショウと
グレインキーのWエース。2人だけで35勝を
挙げ、3年連続地区優勝に大きく貢献した。
以前から評判の高くなかったマッティングリー
は、ディビジョンシリーズで敗退すると、
あっさり解任。後任には、日系人の
ロバーツを据え、フリードマン色の濃い
チームになりつつある。



【今オフの補強等】

右腕のグレインキーがオプトアウト(契約を
途中破棄)を行使し、ダイヤモンドバックスと
契約。すぐさま岩隈と2年2400万ドル
契約したものの、戦力はダウン避けられない。
また、救援防御率リーグ11位に終わった
ブルペンも補強が必要。レッズのチャップマン
を狙っているが、拳銃発砲疑惑が出ており、
暗礁に乗り上げている。ワールドシリーズ
出場は至上命題である為、どんな手を使って
でも補強をしてくるだろう。前田獲得の噂も
出始めた。





【2】編集後記

ワールドシリーズ制覇に貢献した

スーパーユーティリティープレイヤーの

ベン・ゾブリストですが、契約が

決まりましたね~。

カブスと4年5600万ドルとかなりの

好条件!

来年の5月で35歳となりますが、

カブスはまだまだ活躍できると

判断したようです。

ベテランのいぶし銀のプレーに

注目です!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30