野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【サンディエゴ・パドレス】野球人No.1050

2015年 MLBチーム総決算編【サンディエゴ・パドレス】野球人No.1050


~大補強を行うも、攻守のバランスが狂い
低迷。再び『再建モード』に突入か?~

Matt Kemp 20151210 

【1】今日の野球人

サンディエゴ・パドレス

2015年度成績

[成績]74勝88敗
[順位]西地区4位
[得失点差]-81(10位)
[年俸総額]1億0838万ドル(18位)
[観客動員数]245万人(17位)
[監督]パド・ブラック
   ⇒デーブ・ロバーツ
   ⇒パット・マーフィー
[GM]AJ.プレラー


打撃・走塁成績

[得点]650(10位)
[打率].243(15位)
[本塁打]148(8位)
[出塁率].300(15位)
[盗塁]82(10位)


投手・守備成績

[失点]731(10位)
[先発防御率]4.13(8位)
[救援防御率]4.02(13位)
[WHIP]1.31(8位)
[クオリティースタート]90回(6位)
[セーブ失敗]17回(6位)
[守備防御点]-28(14位)


【総括】

貧打解消の為、シーズン前に大補強を敢行。
ケンプ、アップトン、マイヤーズが加入し、
オールスター級の外野陣を形成。打線の厚みは
確実に増した。さらに投手陣も馬車馬シールズ
とNo.1クローザーのキンブレルを補強。
しかし、ふたを開けてみれば見事に空回り。
打撃力重視となった外野守備は穴だらけで、
先発陣もシールズとロス以外は頼りにならず。
得点力は昨年よりも改善されたものの好守は
非常にアンバランスな状態に。結局、勝ち越し
できた月は7月のみ(13勝11敗)という
有様で、5年連続負け越し。ギャンブルに
近い補強は大失敗に終わってしまった。



【今オフの補強等】

開幕前の大補強で、若手有望株を放出し、
現在は枯渇状態。アップトン(弟)はFAと
なり、キンブレルもレッドソックスへ。さらに
エースのシールズさえもトレード候補に
挙がっている。わずか1年で再び
『再建モード』に突入しつつあり、GMの
プレラーの評価も急落中。今オフは
同地区のダイヤモンドバックスも戦力を
アップさせており、来季もロッキーズと
最下位争いの予感。





【2】編集後記

今月に入り、毎晩会食やら

忘年会やらが入ってます^^;

ちなみに私はほとんどお酒を

飲みません(笑)

20代の頃は無理して飲んで

いましたが、今はもう断れる

年齢になりましたので(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30