記事一覧

2015年 MLBチーム総決算編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.1051


~またもや覆せなかったジンクス。層の薄さを
露呈も、オフは積極補強の動き?~ 

Chris Heston 20151211 

【1】今日の野球人

サンフランシスコ・ジャイアンツ

2015年度成績

[成績]84勝78敗
[順位]西地区2位
[得失点差]+69(6位)
[年俸総額]1億7317万ドル(4位)
[観客動員数]337万人(3位)
[監督]ブルース・ボウチー
[GM]ブライアン・セイビアン


打撃・走塁成績

[得点]696(5位)
[打率].267(1位)
[本塁打]136(12位)
[出塁率].326(1位)
[盗塁]93(7位)


投手・守備成績

[失点]627(6位)
[先発防御率]3.95(7位)
[救援防御率]3.33(3位)
[WHIP]1.23(5位)
[クオリティースタート]78回(10位)
[セーブ失敗]15回(3位)
[守備防御点]+28(3位)



【総括】

ここ数年、1年おきにチャンピオンを
獲得し、奇数年はプレーオフ進出を逃す
というジンクス。今季は開幕直後に8連敗
喫したものの、首位のドジャースにしぶとく
食い下がった。投手陣はバムガーナーが
今年も安定感抜群で、ルーキーのヘストンも
ノーヒッターを演じ、大ブレイク。しかし
その他の投手がピリッとせず、層の薄さを
露呈。打線も迫力不足の感は否めず、
ペンス、青木、パニックといった主軸も
次々と故障。結局、例年通りのジンクスに
はまり、プレーオフ進出を逃してしまった。
ただし得失点差は+69と、地力はある
チームなので、来期以降再び頂点に返り咲く
ことも十分可能だろう。


【今オフの補強等】

補強のポイントは明確で、バムガーナー、
ヘストンに続く先発投手と、パワーのある
外野手。オフに入るとGMのセイビアンは
剛腕サマージャを5年9000万ドルで獲得。
少々割高感はあるが、確実にローテーションに
厚みが増した。外野手はヘイワードを獲得
したいところだが、予算的に少々厳しいか。
セスペデス、ゴードンあたりを狙ってくる
かもしれない。いずれにせよ、打線の
パワーアップは必須だ。






【2】編集後記

2015年の総集編ですが、今日で

ナショナル・リーグが終了

しました。

やはり印象的だったのは

シカゴ・カブス。

再建期を経て、ついに本領を

発揮し始めた古豪球団。

来季以降、ナ・リーグ中地区は、

さらに大混戦になりそうですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア