野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【クリーブランド・インディアンズ】野球人No.1059

2015年 MLBチーム総決算編【クリーブランド・インディアンズ】野球人No.1059


~後半戦ラストスパートも、PO進出ならず。
リンドーアと強力先発陣がカギを握る~

Francisco Lindor 20151219 

【1】今日の野球人

クリーブランド・インディアンズ

2015年度成績

[成績]81勝80敗
[順位]中地区3位
[得失点差]+29(5位)
[年俸総額]8799万ドル(26位)
[観客動員数]138万人(29位)
[監督]テリー・フランコーナ
[GM]クリス・アントネッティ


打撃・走塁成績
[得点]669(11位)
[打率].256(6位)
[本塁打]141(13位)
[出塁率].325(5位)
[盗塁]86(6位)


投手・守備成績
[失点]640(2位)
[先発防御率]3.94(4位)
[救援防御率]3.12(2位)
[WHIP]1.19(1位)
[クオリティースタート]91回(3位)
[セーブ失敗]12回(1位)
[守備防御点]+18(3位)



【総括】

若い先発投手が次々と台頭し、開幕前は
優勝候補に挙がっていたインディアンズ。
フランコーナ監督の元、チームの雰囲気も
非常に良く、期待が高まった2015年。
しかし開幕から投打の歯車がかみ合わず、
夏場までは最下位争い。浮上のきっかけは、
トッププロスペクトのリンドーアの昇格。
攻守にアグレッシブなプレーでチームを牽引。
新人王は逃したが、今後チームの中心選手に
なっていくだろう。結果的に地区3位で
フィニッシュしたが、メジャートップクラスの
先発陣と若手選手の台頭で、実りの多い
シーズンであった。



【今オフの補強等】

エースのクルーバー、2番手のカラスコ等、
主力選手の多くと長期契約を結んでおり、
しばらくは安泰。今オフの課題は何と言っても
打線の強化。レッズのフレイジャーを狙って
いたが、先日ホワイトソックスと契約した為、
レンジャーズのナポリを獲得。他球団が
うらやむほどの先発スタッフを擁しており、
トレードの問い合わせが殺到中。しかし、
GMのアントネッティはこの先発陣こそが
インディアンズの強みと考えている為、
簡単には手放さないだろう。





【2】編集後記

スターウォーズの最新作が

上映されたようですね!

年末は、ロッキーの続編も

上映する予定です。

観に行かねば!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30