野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【デトロイト・タイガース】野球人No.1060TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【デトロイト・タイガース】野球人No.1060

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2015年 MLBチーム総決算編【デトロイト・タイガース】野球人No.1060

 
~王朝崩壊で、最下位転落。引き続き
『勝負モード』も、世代交代に不安~


JD martinez 2015 

【1】今日の野球人

タイガース

2015年度成績

[成績]74勝87敗
[順位]中地区5位
[得失点差]-114(15位)
[年俸総額]1億7279万ドル(5位)
[観客動員数]272万人(位)
[監督]ブラッド・オースマス
[GM]デーブ・ドンブロウスキー
 ⇒アル・アビラ


打撃・走塁成績

[得点]689(10位)
[打率].270(1位)
[本塁打]151(11位)
[出塁率].328(2位)
[盗塁]83(7位)


投手・守備成績

[失点]803(15位)
[先発防御率]4.78(15位)
[救援防御率]4.38(14位)
[WHIP]1.37(15位)
[クオリティースタート]72回(11位)
[セーブ失敗]25回(13位)
[守備防御点]+17(4位)


【総括】

昨年まで4年連続で地区優勝を果たし
ながらも、主力選手の高齢化、高年俸化
進み、チーム力は徐々に低下していた。
その不安要素が今シーズン、一気に表面化。
4月は抜群のスタートを切るも、主力選手の
故障離脱等でズルズルと後退。特に投手陣は
ボロボロの状態で、エースのプライス以外は
まともに機能せず。夏場に勝負を諦め、
セスペデス、プライス、ソリアを放出。
後半戦は経験不足の若手がラインナップに
並んだ。昨年ブレイクしたJD.マルティネス
は今季もさらにレベルアップし、38本塁打
マーク。昨年の活躍がフロックでないことを
証明して見せた。



【今オフの補強等】

チームの黄金期を創りあげたGMのドンブロウ
スキーは解任(後にレッドソックスのフロント
入り)。新GMに就任したアビラは、
『再建モード』には入らずにFA補強などで
チームを強化していく方針。オフに入ると、
先発右腕のジョーダン・ジマーマン、
マイク・ペルフリー、クローザーの
フランシスコ・ロドリゲスを補強。リーグ
最低の成績に終わった投手陣の立て直しに
躍起だ。しかしながら、主力選手の高齢化、
高年俸化は改善されておらず、フィリーズの
二の舞になる危険性も。三冠王のカブレラも
年々故障が増えている点も気がかりだ。






【2】編集後記

土日は出張で高山でした。

仕事の合間に飛騨牛を堪能^^

やはり、美味しいですね~。

朝方は氷点下で身が引き締まり

ましたが、朝風呂が最高でした^^

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。