野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.1063

2015年 MLBチーム総決算編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.1063

 
~若きスターの開花で、最強二遊間を形成
雌伏の時を経て、大躍進の2015年~


Carlos Correa 20151223 

【1】今日の野球人

ヒューストン・アストロズ

2015年度成績

[成績]86勝76敗
[順位]西地区2位
[得失点差]+111(2位)
[年俸総額]7246万ドル(29位)
[観客動員数]215万人(22位)
[監督]AJ.ヒンチ
[GM]ジェフ・ルーノー


打撃・走塁成績

[得点]729(5位)
[打率].250(11位)
[本塁打]230(2位)
[出塁率].315(8位)
[盗塁]121(1位)


投手・守備成績

[失点]618(1位)
[先発防御率]3.71(2位)
[救援防御率]3.27(4位)
[WHIP]1.20(2位)
[クオリティースタート]94回(2位)
[セーブ失敗]20回(7位)
[守備防御点]+30(2位)


【総括】

昨年オフは野手を中心に、積極補強を敢行。
チームの再建が新たなステージに入り、
そろそろ勝率5割を狙えるか、と現地では
予想。しかし開幕するや否や、驚異の快進撃。
4月中旬以降、ほとんど首位の座をキープする
という、予想を裏切る大躍進。金の卵である
カルロス・コレアもデビューし、いきなり
22本塁打。打線は相変わらず粗いものの、
パワーでねじ伏せた。投手陣はカイケルと
マクヒューの先発2本が大ブレイク。2人で
39勝を挙げるなど、抜群の安定感でチームを
けん引した。終盤に失速し、地区優勝は
逃したものの、アストロズの快進撃は、
今季1番のサプライズといえよう。



【今オフの補強等】

今オフFAとなったのは、左腕のカズミアー、
セットアッパーのシップ、大砲のカーター
(ノンテンダーFA)、ラスマス等。このうち
シップとは新たに契約し、ラスマスはクオリ
ファイングオファーを受け入れ。フロントは
3000万ドルほどの追加資金を用意する
らしく、地元選手のカズミアーを残留させる
べく交渉中。マイナーには豊富な有望株が
控えていたが、トレード等でやや層が薄く
なった(現在、有望株ランキングTOP100
入りの選手が4人)。





【2】編集後記

今日からア・リーグ西地区編。

『2015年総決算篇』も、

残すところあと1地区です。

最後のチェックしていきましょう!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30