野球人.com

TOP2015年 MLBチーム総決算編 ≫ 2015年 MLBチーム総決算編【テキサス・レンジャーズ】野球人No.1067

2015年 MLBチーム総決算編【テキサス・レンジャーズ】野球人No.1067


~アストロズの失速にも助けられ、4年ぶりの
地区V。オフは先発陣の補強が最優先事項~


prince fielder 20151227 

【1】今日の野球人

テキサス・レンジャーズ

2015年度成績

[成績]83勝74敗
[順位]西地区1位
[得失点差]+18(7位)
[年俸総額]1億4173万ドル(9位)
[観客動員数]249万人(16位)
[監督]ジェフ・バニスター
[GM]ジョン・ダニエルズ


打撃・走塁成績

[得点]751(3位)
[打率].257(5位)
[本塁打]172(7位)
[出塁率].325(4位)
[盗塁]101(3位)


投手・守備成績

[失点]733(13位)
[先発防御率]4.32(11位)
[救援防御率]4.12(11位)
[WHIP]1.36(14位)
[クオリティースタート]79回(9位)
[セーブ失敗]17回(6位)
[守備防御点]+5(8位)


【総括】

昨シーズンは95敗を喫し、地区最下位。
巨額契約のフィルダーとチュの不振、
エースのダルビッシュがTJ手術と、開幕前は
ネガティブな話題ばかり。前評判は低く、
実際に4月は大きく負け越し、オールスターの
時点でも借金は4。トレードデットラインでは
左腕のハメルズを獲得して勝ちを獲りに行く
姿勢を示したものの、PO進出は厳しいと
見られていた。しかし、後半戦に入ると
首位のアストロズが失速。さらに不良債権
候補だったフィルダーとチュも復活し、
得点力がアップ。投手陣はハメルズ以外は
ピリッとしなかったものの、打線に助けられ、
あれよあれよという間に順位を上げた。
結局、土壇場の首位決戦を制し、4年ぶりの
地区V。アストロズの下剋上を阻止する
かたちとなった。



【今オフの補強等】

西地区を制したとはいえ、チーム防御率は
リーグ13位と、かなり頼りない。来季は
ダルビッシュが戻るとはいえ、先発ローテから
13勝のガヤードと17勝のルイスがFAに。
ダルビッシュ、ハメルズの左右エースは
かなり強力だが、3番手以降はガクンと
力量は落ちる。GMのダニエルズがどのように
穴埋してくるかに注目したい。チームに
とって、フィルダーとチュの復活は安心材料。
巨額な契約だけに来季も活躍してもらわねば
困る。監督のバニスターは1年目から結果を
出し、最優秀監督賞を受賞。昨年、ワシントン
監督が不可解な形で退任し為、この受賞は、
チームにとって何よりも大きいだろう。




【2】編集後記

今日で2015年シーズン総決算編は

終了です。

こうやって30球団を纏めていくと、

色々な事が見えてきますね。

今年のストーブリーグは例年に比べると

動きがやや緩やかですが、まだまだ

これからです。

特にドジャースに関しては、動きが

静かすぎて不気味なぐらい^^;

マエケンの動向をはじめ、目が離せません!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31