野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ オフシーズン、まだまだ動きそうな5チーム【ドジャース 他】野球人No.1068

オフシーズン、まだまだ動きそうな5チーム【ドジャース 他】野球人No.1068

Alex Gordon 20151228 

【1】今日の野球人

ロサンゼルス・ドジャース 他




2015年のオフシーズンは、比較的
動きが緩やかだ。



目立った大型契約といえば、


・デビット・プライス
(レッドソックス)

7年2億1700万ドル


・ザック・グレインキー
(ダイヤモンドバックス)

6年2億650万ドル


・ジェイソン・ヘイワード
(シカゴ・カブス)

8年1億8400万ドル


・ジョーダン・ジマーマン
(デトロイト・タイガース)

5年1億1000万ドル



今オフ、最大の目玉である左右の2枚
(プライス、グレインキー)は、12月早々に
超大型契約が締結されたが、例年に比べると、
各球団、やや動きが遅い感がある。

David Price 20151228

FAマーケットには、広島の前田をはじめ、

・ジャスティン・アップトン(パドレス)
・アレックス・ゴードン(ロイヤルズ
・チェン・ウェイン(オリオールズ)
・クリス・デービス(オリオールズ
・ヨエニス・セスペデス(メッツ)

等々・・・、一流選手がゴロゴロ
(特に野手)。



『mlb.com』では、

5 teams that could
still make noise
this offseason

(今オフ、まだまだ動きがありそうな
5チーム)

と題し、これから必ず動いてくるであろう
5チームを挙げ、分析を行っている。
今日は、その5チームをチェックしたい。



1. ロサンゼルス・ドジャース


メジャー随一の金満球団だが、今オフは
例年に比べて、かなり慎重だ。それもそのはず
昨年球団編成部のトップに就任したのは、
アンドリュー・フリードマンなのだから。

レイズを小予算で強豪に変えた男の手法は、
ドジャースに移っても変わらない。馬鹿げた
巨額契約は避け、本当にフィットする選手を
厳選しているかのようだ。

とは言え、グレインキーが去った穴を埋め
なければならないし、問題児であるプイーグも
放出したい。



2. カンザスシティ・ロイヤルズ


チャンピオンチームから、先発のクエト、
セットアッパーのマドソン、便利屋の
ゾブリストが抜けた。そしてチームの顔
とも言えるゴードンとも、再契約は
ほぼ絶望的。

若手有望株が控えているとはいえ、
まだまだ経験不足。現状、戦力ダウンは
否めず、補強は必須。

予算に制限がある中で、どのように戦力を
維持するのか。GMの手腕が問われる。



3. タンパベイ・レイズ

先発のマット・ムーアをトレードの駒として、
ロッキーズのカルロス・ゴンザレスを
狙っているとの噂。

フリードマンとマッドン監督がいなくなった
レイズだが、シルバーマンGMとキャッシュ
監督のコンビもなかなか評判が良い。

レイズらしい、『したたかさ』は健在で、
彼ら2人に期待したい。



4. テキサス・レンジャーズ

シーズン終了間際のラストスパートで、
見事地区優勝。しかしながら投手陣は
穴だらけで、今オフ先発の補強は必須。

また、ブルワーズの正捕手、ジョナサン・
ルクロイを狙っているとの噂。攻撃陣は
ともかく、投手を中心とした守りを固めてくる
だろう。



5. ボルチモア・オリオールズ

主砲のクリス・デービスがFAとなり、
GMのデュケットととしては、何としてでも
再契約をしたいところ。

また、マリナーズのマーク・トランボ、
FAのヨエニス・セスペデス、ジャスティン・
アップトンとも接触している模様。

チェンが去った穴は、カズミアーで
埋めてくる可能性も。



クリスマスが終わり、2015年もあとわずか。
しかし、各球団のGMたちには休みはなく、
交渉、交渉・・・の連続。



大晦日でさえも、大きな契約があるかも
しれない。





【2】編集後記

今日から正月休みです。色々と

やりたい事が盛りだくさんなのですが、

まずは、先日購入した、ホームシアター用の

プロジェクタースクリーンを、天井に

取り付ける、という大仕事が

あります^^;

家族で大画面で映画を観る為にも

頑張りたいと思います(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30