野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ オフシーズンの契約を振り返って ~その8~【アレックス・ゴードン】野球人No.1080TOPメジャーリーグ ≫ オフシーズンの契約を振り返って ~その8~【アレックス・ゴードン】野球人No.1080

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

オフシーズンの契約を振り返って ~その8~【アレックス・ゴードン】野球人No.1080

alex gordon 201601092 

【1】今日の野球人
[選手名]アレックス・ゴードン
[ポジション]レフト
[チーム]カンザスシティ・ロイヤルズ
[背番号]4
[生年月日]1984/2/10
[2015年シーズン年俸]1375万ドル




引き続き、今オフ成立した契約を
振り返っていきたい。



今日はロイヤルズの顔とも言える、
アレックス・ゴードン。



2005年ドラフト1順目で入団して以来、
ロイヤルズ一筋のフランチャイズプレイヤー
であるゴードン。

2014年ALCS Alex Gordon 鉄壁5

大学時代からスター選手であり、マイナーを
わずか1年ちょっとで卒業。2007年に
メジャーに昇格した。



デビュー当初のポジションはサード。
攻守両面で期待通りの活躍をみせたゴードン
だが、本格覚醒したのは2011年。現在の
ポジションであるレフトに転向してから。



それまでまずまずの活躍を見せていたのだが、
怪我や他の選手の台頭もあり、やむなく
外野手に。しかし、これが見事にはまり
大ブレイク。

alex gordon 20160109

打球の読み、反応、ポジショニング、フェンス
際の処理、守備範囲、どれをとってもメジャー
トップクラス。そしてこの守備面での活躍が
打撃面にも好影響を及ぼす事に。長打力を
含めたすべての面でレベルアップし、
ロイヤルズの中心選手へと成長した。



ゴールドグラブ賞4回、フィールディング
バイブル賞3回を受賞し、ゴードンの
守備力は世界中に知れ渡る事に。



2015年、ワールドチャンピオンを獲得した
ロイヤルズは『スピード&フェンス』
最大の強み。ゴードンはまさにそのカラーを
象徴するかのような選手だ。

alex gordon 201601093

今オフ、ゴードンは自ら契約オプションを
破棄し、FAに。その時点で、誰もが残留
する可能性はゼロだろうと見られていた。
しかし状況は一転、ロイヤルズ残留の道を
選んだゴードン。契約内容は4年7200万
ドル。ロイヤルズの球団史上最高額での
契約となった。



これには地元のファンは大喜び。来季以降も
ロイヤルズブルーのユニフォームで戦う事と
なった。

alex gordon 201601094

今年で32歳、契約満了時には35歳となる。
ここ数年怪我には無縁だったが、昨年は
鼠蹊部を痛めて約2ヶ月離脱。今後も
怪我のリスクはあるだろうが、球界屈指の
守備はまだまだ維持できるだろう。





【2】編集後記

今日の夜は、高校時代の同級生と

新年会です。

毎年行っているのですが、仲間と

顔を合わせるのはこの時ぐらい。

会うたびに、それぞれの状況や環境が

変わっており、良い意味で新鮮です(笑)

お酒の量はほどほどにして、楽しんできます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。