野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ オフシーズンの契約を振り返って ~その12~【ジャスティン・アップトン】野球人No.1090

オフシーズンの契約を振り返って ~その12~【ジャスティン・アップトン】野球人No.1090

Justin Upton 20150119 

【1】今日の野球人
[選手名]ジャスティン・アップトン
[ポジション]レフト
[チーム]デトロイト・タイガース
[生年月日]1987/8/25
[2015年シーズン年俸]1470万ドル



今オフFAの大物外野手の一人、
ジャスティン・アップトンの所属チームが、
昨日ようやく決まった。



ア・リーグ中地区の
デトロイト・タイガースだ。



契約内容は、6年1億3275万ドル。
年平均で約2200万ドルとなる。
かなりの好条件と言えるだろう。

Justin Upton 20150715

タイガース2014年まで4年連続地区優勝を
果たしながら、昨年は世代交代に失敗。
7年ぶりの地区最下位に転落。タイガース
王朝は崩壊した。



その屈辱を晴らす為、今オフの動きはかなり
アクティブだ。まずはナショナルズからFAと
なった、先発ジョーダン・ジマーマン
5年1億1000万ドルで契約。ローテー
ションに大きな柱が立った。



また若手有望株との交換で、クローザーの
フランシスコ・ロドリゲスを獲得。昨年リーグ
ワースト2位であった救援防御率4.38は、
改善されるだろう。

francisco rodriguez 201511202

さらにアップトンの獲得以前に、タイガースは
外野手を既に補強している。かつてのドラフト
1順目で指名したキャメロン・メイビン
トレードで呼び戻したのだ。



これでタイガースの戦力は一気に地区優勝を
奪還できるレベルになった。ドジャース、
ヤンキースといった金満球団は、近年大型
契約に対して慎重になっているが、タイガースは
意に介せず。札束攻勢で攻めている。



それにしても、今オフタイガースが獲得した
選手たちは、クセのある選手が多い。



キャメロン・メイビンは薬物検査に
引っ掛かり、出場停止の経験がある。

cameron maybin 20160119

ジャスティン・アップトンも、素行は
お世辞にも良いとは言えず、チームメイト
と衝突した『前科』が多々ある。



フランシスコ・ロドリゲスに至っては、
過去に暴行容疑で逮捕されている。



全米一治安の悪い街デトロイト。
そんな街にワイルドな男たちが集まってくる。




【2】編集後記

斎藤雅樹氏と工藤公康氏が

野球殿堂入りしましたね!

私の学生時代、彼らはまさに全盛期。

藤田元司監督指導の下、球界の

エースとなった斎藤投手に、日本一

11度経験の優勝請負人、工藤投手。

いやぁ~、球史に残る大投手ですね!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30