野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 地区優勝まであと一歩なのだが・・・【クリーブランド・インディアンズ】野球人No.1094

地区優勝まであと一歩なのだが・・・【クリーブランド・インディアンズ】野球人No.1094

Terry francona 201601233 

【1】今日の野球人

クリーブランド・インディアンズ




ア・リーグ中地区のクリーブランド・
インディアンズ。



予算に制約はあるものの、2012年オフに
名将テリー・フランコーナが監督に就任
してからは、チームの雰囲気が非常に
明るくなった。

Terry francona 201601232

フランコーナの抜群のマネージメント
お蔭もあり、ここ数年で一気に若手が成長。
特に先発投手が素晴らしい。



エースはサイ・ヤング賞投手クルーバー。
2番手はかつてフィリーズのトップ
プロスペクトであったカラスコ。3番手に
若き剛腕サラザー、4番手に2011年の
ドラフト1順目投手バウアー。



全員が20代であり、年俸も安価。FAまで
まだ年数があり、あと数年は保有できる。
他球団が羨む陣容である。

Carlos Carrasco 2014年ブレイク特集2

昨シーズン、チームは夏場まで低調であったが
例年通り後半戦に入り調子を上げてきた。
最終的には、81勝80敗 地区3位で
フィニッシュ。帳尻合わせの感は否めない
ものの、翌年に期待を持たせる形で幕を
閉じた。



スーパースター候補のフランシスコ・
リンドーアもデビューし、チームは上昇機運。
実力的にはもう少しで地区優勝に加われる
レベルまで来た。



しかしながら、今オフの動きが非常に鈍い。
課題である打線の強化が進んでおらず、
目立った補強はベテランスラッガーの
マイク・ナポリ、俊足のラジャイ・デービスが
加わった程度。

Mike Napoli 20160123

巧打の外野手マイケル・ブラントリーが
右肩の手術で開幕アウトが決定している為、
外野陣の補強は必須。



ライバルのタイガースが札束攻勢で
積極補強を展開しているのを尻目に、
インディアンズは非常に地味で静かな
オフである。



大手スポーツメディアの、
『スポーツイラストレイテッド』では



(ナポリの補強は最高だが、
インディアンズはまだまだ補強が必要)


という記事を掲載。サードと外野手の更なる
補強が必要だと説明している。

Indians 2014後半戦

小予算だが、チーム運営は非常に上手い
インディアンズ。開幕までに、安価な
ベテランを掘り出してくるのだろうか?





【2】編集後記

最近、朝6時起きが習慣化

してきました。

やはり早起きは良いですね。

新聞を読み、外を軽くジョギングをし、

シャワーを浴び、朝食をしっかり食べる。

このまま継続していきたいと思います!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30