野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ マカッチェンは、ピッツバーグに骨をうずめるのか?【アンドリュー・マカッチェン】野球人No.1095

マカッチェンは、ピッツバーグに骨をうずめるのか?【アンドリュー・マカッチェン】野球人No.1095

Andrew McCutchen 20160124 

【1】今日の野球人
[選手名]アンドリュー・マカッチェン
[ポジション]センター
[チーム]ピッツバーグ・パイレーツ
[背番号]22
[生年月日]1986/10/10
[2015年シーズン年俸]1020万ドル





3年連続でプレーオフに進出中の
ピッツバーグ・パイレーツ。



今やメジャーNo.1激戦区となった
ナショナル・リーグ中地区で、パイレーツは
堂々たる戦いぶりを披露している。



2015年の年俸総額9500万ドルは、
メジャー30球団中24位。スモール
マーケットを本拠地に置いている事もあり、
資金面は決して恵まれていない。

Pirates 主力2015年開幕戦力分析

しかしながらここ数年のパイレーツの
躍進は素晴らしく、20年連続負け越し
していた頃の『負け犬根性』は、今では
もう微塵も感じられない。



パイレーツが強豪チームに生まれ変わった
要因は色々考えられるが、やはりこの男の
存在が大きいだろう。



その男とはもちろん
アンドリュー・マカッチェン。



既にピッツバーグ市民で、この名前を
知らない人間は、いないだろう。その位
マカッチェンの存在は
大きい。

Andrew McCutchen 201601244

マカッチェンは2005年にドラフト1順目
(全体11位)でパイレーツに入団。
4年半のマイナー生活を経て、2009年に
メジャーデビュー。パイレーツの歴史は
この時から変わったと言っても過言では
ないだろう。



走攻守揃ったスラッガーであり、リーダー
シップも兼ね備えているマカッチェン。彼が
チームに与えた影響は計り知れない。



2012年に7年6500万ドルで結んだ
契約は、既にバーゲン価格となっている。
早期に安価で囲い込んだ契約は大成功と
なった。

Andrew McCutchen 201601242

契約が切れるのは2018年。マカッチェン
本人は再契約に前向きだが、現実的は厳しい
だろうというのが、一般的な見方。



現地メディアのFOXスポーツも、この問題
について報道している。





(パイレーツのオーナーは、マカッチェンと
『永遠に一緒にいたい』と心から望んでいる)

Andrew McCutchen 201601243

今や稀有な存在となってしまった
『フランチャイズプレイヤー』。
ピッツバーグの英雄として、パイレーツの
ユニフォームを着続けて頂きたいところ
だが・・・。





【2】編集後記

セスペデス、ついに決まりましたね。

メッツと3年7500万ドルで再契約。

年平均2500万ドルですが、

2016年オフに行使できる

オプトアウト条項も含まれているとか。

今シーズン、ある程度活躍できれば

セスペデス側は行使しそうですね。

チームとしても、それはそれでよし、

という事でしょうか。

両サイドの思惑が見え隠れする

大変興味深い契約ですね。

Comment

編集
今年こそと思ってましたが、やはりカブスは強かったですね!!

今シーズンは、バリーボンズがパイレーツに在籍していた時みたいに黄金時代を築いてほしいです。
2016年01月25日(Mon) 13:49
編集
PNCパークでメジャー昇格間もないマカッチェンからサインをもらいました。当時はドレッドを後ろで束ねた、今より細い青年でした。それが今やパイレーツどころかMLBを代表する選手に。サイン入りユニは今では宝物です。
2016年01月25日(Mon) 14:48
Re: タイトルなし
編集
>Y.Kさん

コメント有難うございます!

ボンズがいたころのパイレーツ!
いやぁ、懐かしい!!

細いボンズもカッコよかったですよね~。
黄金時代の再現を!
2016年01月25日(Mon) 22:25
Re: タイトルなし
編集
>ネッピーさん

コメント有難うございます!

それ、むちゃくちゃ羨ましいです!

それにしてもPNCパークに行かれるなんて、
凄い!!

本当のマニアしか行かないですよ!(笑)
2016年01月25日(Mon) 22:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31