野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 連覇に向け、ロイヤルズがムスタカスと契約延長へ【マイク・ムスタカス】野球人No.1115

連覇に向け、ロイヤルズがムスタカスと契約延長へ【マイク・ムスタカス】野球人No.1115

Mike Moustakas 201602132 

【1】今日の野球人
[選手名]マイク・ムスタカス
[ポジション]サード
[チーム]カンザスシティ・ロイヤルズ
[背番号]8
[生年月日]1988/9/11
[2015年シーズン年俸]264万ドル




2015年、30年ぶりに頂点に上り詰めた
カンザスシティ・ロイヤルズ。



いつまでも勝利の美酒に酔いしれたいところ
だが、今オフもクエト、ゾブリストといった
主力選手が流出。連覇に向けて何としてでも
戦力を維持したいところ。

2014年ALCS Royals 2連勝

ただ、チームの顔であるアレックス・ゴードン
とは再契約に成功し、ローテーションには
イアン・ケネディが加わった。



ロイヤルズ野球の象徴とも言える
『スピード&ディフェンス』は今年も
健在と言えるだろう。



そんな中、チームは強打の三塁手である
マイク・ムスタカスと年俸調停を避け、
2年契約を結んだ。

Mike Moustakas 201602133

昨年のムスタカスは、攻守において
グレードアップ。特に打撃面においては
逆方向へも打球を飛ばせるようになり、
打率、本塁打、OPSなどで自己ベストを
マークした。



契約内容は2年1430万ドル。2016年が
560万ドル、2017年が870万ドルという
内訳だ。

Mike Moustakas 20160215

ムスタカスは2007年ドラフト1順目
(全体順位2位)でロイヤルズに入団。
当時からトッププロスペクトとして、
ゴードンやホズマー等と共に、期待され
続けていた。



ここ数年のロイヤルズを支えているのは、
2000年代中盤~後半にかけてドラフト
指名された彼らなのだ。

Royals Orioles 2014年ALCS分析3

ただ近年、ロイヤルズの総年俸はうなぎ
上り。今季も1億1000万ドルは軽く超える
だろう。ここ数年ドラフト上位指名で獲得
した選手もハズレが多く、マイナー組織も
徐々に弱体化し始めている。



そして同地区のライバルであるタイガース
同様、主力選手の多くが2017年オフに
FAとなる。



長年、弱小球団であったロイヤルズ。
しかし現在は、強豪球団特有の
『戦力維持と若手の育成』という難題に
ぶち当たっている。

Mike Moustakas 20160213 

ロイヤルズが新たなステージ
突入したのは間違いない。







【2】編集後記

清原ネタで最近TVに出始めた

野村貴仁氏。95、96年の

ブルーウェーブ連覇の立役者の

1人です。左のスリークウォーター

から繰り出されるボールは、本当に

クセがありました。私も当時、

『実況パワフルプロ野球』で貴重な

中継ぎエースとして、よく使っていました。

それだけに、あの姿は衝撃というか、

残念というか・・・。

Comment

編集
いつも楽しく読ませていただいています!

マツダさんもファミスタ、パワプロ世代ですね~
僕は最初にファミスタをプレイした感動は今でも忘れません(笑)

かなりゲームからは遠ざかっていましたが、今またMLB The Showにはまっております…
あのゲーム、凄いです。
2016年02月14日(Sun) 20:20
Re: タイトルなし
編集
>たかっちさん

コメント有難うございます!

お恥ずかしながら、大学時代に
『パワプロ』はかなりやりこみました(笑)
特にサクセスモードを・・・^^;

MLB The Show そんなに
凄いのですか!?

気になります!!
2016年02月14日(Sun) 21:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30