野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ ボストンを再び頂点へ導けるか!?【ジョン・ファレル】野球人No.1124

ボストンを再び頂点へ導けるか!?【ジョン・ファレル】野球人No.1124

John Farrell 201602222  

【1】今日の野球人
[選手名]ジョン・ファレル
[チーム]ボストン・レッドソックス
[背番号]53
[生年月日]1962/8/4




今日は『レッドソックス復活特集』のしめ
として、やはりこの人を取り上げないわけに
はいかない。



監督のジョン・ファレルだ。

John Farrell 監督特集

投手コーチ時代は松坂の良き理解者として、
レッドソックスの監督に就任してからは
上原、田澤の上司として、日本のメディア
でも比較的露出度が高い。



コミュニケーションを何よりも重視し、
選手のモチベーションを上手くコントロール
するファレル。インディアンズの監督である
テリー・フランコーナや、カブスの監督である
マッドンとよく似たタイプだ。現代型の
リーダーとも言えるだろう。



2012年オフにブルージェイズから
レッドソックスに、監督として移籍。
就任1年目でいきなりワールドチャンピオン
まで上り詰めた。

John Farrell 戦力分析

当時のGMであるベン・チェリントンと共に、
一躍『ボストンの救世主』的な存在となった
ファレル。このままレッドソックスは、
黄金時代を築いていくであろうと、誰も
が予想していた。



それがまさかの2年連続最下位。チーム
づくりを大きく失敗してしまったとが要因
だが、さすがにファレルに対する風当たりも
強くなってきた。



そして昨年の夏、追い打ちをかけるように
ファレルがステージ1の悪性リンパ腫
患っている事が判明。残り試合を休養する
事になってしまった。

John Farrell 20150816

幸い早期発見であった為、癌は治癒したと
現地では報じられている。今年のキャンプでも
ファレルは元気な姿を見せている。



しかし、ファレルを取り巻く環境は厳しい。



就任以降、二人三脚で歩んできたGMの
チェリントンは更迭され、編成部の責任者は
ドンブロウスキーが座っている。昨年とは
チームカラーが大きく変わり、球団として
何としてでも勝ちに行く姿勢が色濃く出て
いる。

Dave Dombrowski 201508232

おそらく、今季結果が出なければファレルは
解任される可能性が高い。プレーオフ
出場が最低条件だろう。



病み上がりの状態だが、もうあとがない
ファレル。球界屈指のエースと、球界屈指の
クローザーを補強しただけに、もう言い訳は
許されない。






【2】編集後記

ジョン・ファレルですが、個人的には

大好きな監督の一人なんですよね~。

インディアンズ監督のテリー・フランコーナ

とは、現役時代から仲の良く、その友情は

監督同士になった今でも続いています。

彼らの『深イイ話』は色々とあるようです。

頑張って頂きたいです!

Comment

No title
編集
いつも楽しく読ませていただいております。

絶対エースとクローザーの獲得、
そしてガラスのエースの存在、、、。
2004年と同じ?
なーんて、ファンの勝手な妄想ですね(笑)。
オーウェンやスワイハートなどなど、
若手にも期待ですね。
2016年02月24日(Wed) 01:19
No title
編集
こんにちは、
John Farrell今年が正念場ですね。去年治療に入るまでの采配に?マークが多々、有りましたから、最悪シーズン中の交代もあるかもです。そうはなって欲しくないですけど。
2016年02月24日(Wed) 05:50
Re: No title
編集
>アルフォンサスさん

コメント有難うございます!

2004年の再来を期待したいですね!
この時期は私も妄想ばかりです(笑)
2016年02月24日(Wed) 19:09
Re: No title
編集
>赤とんぼさん

コメント有難うございます!

仰る通り、成績如何によっては
シーズン中の交代もあり得ますね。

球団内部にもドンブロウスキ―の
カラーが色濃く出始めていますし、
まさに正念場ですね。
2016年02月24日(Wed) 19:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31