野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 『打てるけど守れない捕手、打てないけど守れる捕手』【里崎智也】野球人No.1127TOP日本プロ野球 ≫ 『打てるけど守れない捕手、打てないけど守れる捕手』【里崎智也】野球人No.1127

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

『打てるけど守れない捕手、打てないけど守れる捕手』【里崎智也】野球人No.1127

里崎20160225 

【1】今日の野球人
[選手名]里崎智也
[生年月日]1976/5/20





今日は約半年ぶりに、日本プロ野球の
ネタを書いてみたい。



ロッテ一筋16年。扇の要として活躍した
捕手、里崎智也。



古田敦也や城島健司、阿部慎之助の様に
『華』のある捕手ではなかったが、
ゴールドグラブ賞2回、ベストナイン2回、
最優秀バッテリー賞2回受賞。

里崎201602252

WBCの正捕手も務めた事もあり、実力的
にはトップクラスの捕手であった。里崎は
2014年いっぱいで現役を引退、現在は
解説者を務めている。



主に日刊スポーツ等でコラムを連載している
のだが、これがなかなか面白い。捕手なら
ではの視点で、マニア心をくすぐる評論を
展開する。



阿部慎之助が捕手に復帰する事もあり、
先日は、


『打てるが守れない捕手、
打てないが守れる捕手、
どちらがいいのか?』


というお題を元に、持論を展開。
なるほど~と思わせる内容であった。

(その際のWebサイトはコチラ

里崎201602253

結論から言うと、里崎であればまずは、
『守れる捕手』を起用するとの事。
確かに、まずは守れなければ意味がない。



メジャーにおいても、ディフェンシブ
キャッチャー(守備型捕手)は重宝される。



エース級の投手は、相性で捕手を変える為、
打てなくても中には、『専属捕手』として
生き残るケースも。

jose molina 20160225

そして近年、メジャーの監督を見てみると、
現役時代はどちらかというとディフェンシブ
キャッチャーであった人物が目立ってきた。



カージナルスのマイク・マーシーニー、
レイズのケビン・キャッシュ、
タイガースのブラッド・オースマス、

・・・・等々

Mike Matheny 20150916

そしてこの里崎も、指導者としてグラウンドに
戻ってきた時は、大いに期待したい。
きっと、優秀なマネージャーになるのでは
ないだろうか。






【2】編集後記

今日は朝から東京出張です。

北欧の家具メーカー『IKEA』の

本社で打合せがありまして。

きっとお洒落な本社かと思うので、

ワクワクしております^^

Comment

編集
マシーニーと言えば現在も脳震盪の後遺症に苦しんでいるみたいですね
是非脳震盪を経験した選手に関する記述なども読んでみたいです
2016年02月26日(Fri) 20:52
Re: タイトルなし
編集
コメント有難うございます!

そうですね、いまだに多くの選手が
苦しんでいるようですからね・・・。

機会を見て纏めてみますね^^
2016年02月27日(Sat) 07:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。