野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ ナショナルズのカギを握るのは?【ダスティー・ベイカー】野球人No.1129

ナショナルズのカギを握るのは?【ダスティー・ベイカー】野球人No.1129

Dusty Baker 201602272 

【1】今日の野球人
[選手名]ダスティー・ベイカー
[チーム]ワシントン・ナショナルズ
[生年月日]1949/6/15




昨シーズン、『最も期待はずれなチーム』
となってしまったワシントン・ナショナルズ。



開幕前はもちろんチャンピオン候補。
マックス・シャーザーを7年2億1000万
ドルで補強し、30球団No.1の先発
ローテーションを作り上げた。

Nationals 2015年監督GM特集

夏場までは何とか首位を維持するものの、
後半戦に入ると途端に歯車が狂い出した。
7月末にメッツに首位を奪われると、そのまま
ズルズルと後退。結局、ワイルドカードすら
逃してしまった。



オフに入るや否や、監督のウィリアムズと
コーチ陣を一斉に解雇。昨年の雪辱を果た
そうと、並々ならぬ覚悟が伝わってくる。



今オフは、FAで先発右腕のジマーマン、
強打の遊撃手デズモンド、俊足の
スパンらが抜けた。

Jordan Zimmermann 201601014

しかし、同レベルの選手の穴埋めに成功して
おり、大きな戦力ダウンにはなっていない。
ジマーマンの穴も若手のロスでカバーできる。



むしろ心配なのはクローザーのパペルボン。
メジャー屈指のクローザーだが、昨年は
ハーパーとベンチでつかみ合いのケンカを
演じるなど、問題児ぶりは相変わらず。
トレードを画策するも結局まとまらず、
今年もナショナルズで投げる予定。



やはりこのチームのカギを握るのは、
新監督のダスティ・ベイカーだろう。

Dusty Baker 20160227

ジャイアンツ、カブス、レッズと合計20年
監督を務め、通算勝利数は1600勝
越える。現役監督の中ではジャイアンツの
ボウチーに次ぐ2位の勝利数だ。



ベイカーと言えば、やはりジャイアンツの
監督時代の印象が強い。あのバリー・ボンズの
上司役を、長年勤めてきたのだ。クセのある
選手の扱いは慣れている。ボンズに比べれば、
パペルボンやハーパーなどは、可愛いもの
だろう。

Bryce Harper 20151118

昨シーズン、ナショナルズが失墜した要因は、
ウィリアムズ監督に問題があったといわれて
いる。そこで白羽の矢が立ったのが、
大ベテラン監督のベイカー。



ナショナルズのような『成熟した段階』
チームには、ベイカーの様な監督がフィット
するはず。

Dusty Baker 201602273

就任一年目から結果を求められるベイカー。
選手たちの能力をどのように引き出すのかに
注目したい。まずは、プレーオフ進出が最低
条件だろう。






【2】編集後記

今日はこれから、長男のお遊戯会を

ビデオ撮影。そのあとすぐに、

妻の妹の引越しの手伝い。

まさにサービスデーです!(笑)

頑張ります(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31