野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.1131TOP2016年MLB 開幕直前戦力分析編 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.1131

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2016年MLB 開幕直前戦力分析編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.1131


主力選手をさらに放出し、今季は100敗を
覚悟。新球場オープンまでは辛抱の時期。


julio teheran 20160229 

【1】今日のチーム

アトランタ・ブレーブス

2015年度成績

[成績]67勝95敗
[順位]東地区4位
[得失点差]-187(15位)
[年俸総額]9759万ドル(23位)
[観客動員数]200万人(24位)
[監督]フレディ・ゴンザレス
[編成総責任者]ジョン・ハート


[予想オーダー]

1 CF インシアーテ
2 SS アイバー
3 RF マーケイキス 
4 1B フリーマン
5 3B ガルシア
6 2B ピーターソン
7 LF オリベイラ
8 C ピアジンスキー

[予想先発ローテーション]

テヘラン
ウィスラー
ノリス
ヴァニュエロス
ペレス

[救援投手]

ジョンソン
ビスカイーノ
グリリ(CL)


【オフェンス】1.5点(5点満点)

昨シーズン、得点数573はリーグダントツの
最下位。今季も改善しそうな見込みは少なく、
シーズンを通して苦しみそうだ。ただし
楽しみな素材は多く、特にダイヤモンド
バックスから加入したインシアーテは
伸びしろが大きい。下位に座る予定の
ガルシア、オリベイラのキューバ人コンビの
意外性に期待したい。全体的に機動力が高い
ので、足でかき回していきたいところ。
新加入のアイバーも小技が上手い。


【ディフェンス】1.5点(5点満点)

オフにエース格であったミラーを放出。
現状、テヘラン以外の先発陣は流動的で、
シーズン中は激しい入れ替えが行われる
だろう。チーム全体として若手にどんどん
経験を積ませる方向にシフトしており、
先発、救援を含め、聞いた事のない若手
連日登板する事もあるだろう。守備面では
フィールディングバイブル賞を受賞した
インシアーテが加入し、外野は引き
締まった。ただ、芸術的な守備で魅せた
シモンズが去り、内野の守備力は著しく
ダウンしてしまった。


【総括】1.5点(5点満点)

2014年9月に編成総責任者として
ジョン・ハートが就任して以来球団再建が
急激に加速。その手法は徹底しており、
『チームの顔』でさえも躊躇なく放出。
現状、戦力としてはメジャーレベルではなく、
今季は100敗を覚悟せねばならないだろう。
もちろん、見返りで得た有望株たちのお蔭で、
現在マイナー組織は最高の状態。特に投手の
有望株が多く、エース級の素材がゴロゴロ。
ストライキが起こった1994年を除き、
1991年から2005年まで14年連続で
地区優勝を飾った頃の強さを取り戻すべく、
今は辛抱の時期。勝負はあくまで新球場
オープン(2017年)以降だ。





【2】編集後記

今日から始まりました開幕直前戦力分析編。

今回で3年目ですが、やはり何度書いても

この特集はワクワクします(笑)

期待と不安が入り混じるこの時期。

あと1ヶ月ですね!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。