野球人.com

TOP2016年MLB 開幕直前戦力分析編 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【ニューヨーク・メッツ】野球人No.1134

2016年MLB 開幕直前戦力分析編【ニューヨーク・メッツ】野球人No.1134


無限の伸びしろを感じる若手投手たち。
大砲の引き留めにも成功し、戦力は充実。

yoenis cespedes 20160303 

【1】今日のチーム

ニューヨーク・メッツ

2015年度成績

[成績]90勝72敗
[順位]東地区1位
[得失点差]+70(5位)
[年俸総額]1億0134万ドル(21位)
[観客動員数]256万人(12位)
[監督]テリー・コリンズ
[GM]サンディ・アルダーソン


[予想オーダー]

1 RF グランダーソン
2 2B ウォーカー
3 3B ライト
4 CF セスペデス
5 1B デューダ
6 C ダーノウ
7 LF コンフォート
8 SS カブレラ

[予想先発ローテーション]

ハービー
デグロム
シンダガード
マッツ
コロン

[救援投手]

バスタード
リード
ファミリア(CL)


【オフェンス】3.5点(5点満点)

昨シーズン、後半戦に入り得点力が急激に
アップ。その立役者であったセスペデスの
引き留めに成功し、少なくとも昨年並みの
得点力は維持している。プレーオフに大爆発
したマーフィーが抜けたが、ウォーカーで
穴は埋まった。機動力はあまり望めないが、
昨年チーム本塁打数が177本(リーグ3位)
だったように、打線はパワフル。セスペデスは
ナ・リーグ2年目でマークが厳しくなるが、
持ち前の積極打法を如何なく発揮したい。


【ディフェンス】4点(5点満点)

何と言ってもハービー、デグロム、シンダ
ガードの若き先発三本柱。この3人は
『ビッグ3』と呼ばれるに値する投手たちだ。
4番手以降は有望株のマッツ、大ベテランの
コロンが控え、先発ローテーションはメジャー
最強との声も。先発陣に比べるとブルペンは
やや不安定。ショートに入るカブレラは拙守。
センターを守る予定のセスペデスも、本来は
ライトかレフトが定位置。守備に関しては
不安な点が多い。


【総括】3.5~4点(5点満点)

昨年、若手投手の台頭で9年ぶりの地区V。
オフには監督のコリンズと、契約を2年
延長しチームは勢いに乗っている。
無限の伸びしろを感じさせる若手が多く、
今年もコリンズのにマネージメントに期待
したい。東地区はメッツとナショナルズの
一騎打ちになる為、直接対決は何が何でも
制したいところ。2年連続でワールドシリーズ
に進出するだけの力は十分ある。





【2】編集後記

最近、落合博満氏の現役時代の

映像を、You Tubeで見ています。

滑らかな手首、ヒジの折りたたみ方、

打席でのリラックスしたたたずまい、

やはりとんでもなく凄いです・・・。

20年以上前の映像ばかりですが、

時間を忘れて見入ってしまいます^^

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31