野球人.com

TOP2016年MLB 開幕直前戦力分析編 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.1140

2016年MLB 開幕直前戦力分析編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.1140


中地区は3強2弱。レッズ同様、
転換期に入っており、勝負は数年後。

Jimmy Nelson 20160309

【1】今日のチーム

ミルウォーキー・ブルワーズ

2015年度成績

[成績]68勝94敗
[順位]中地区4位
[得失点差]-82(11位)
[年俸総額]1億0423万ドル(20位)
[観客動員数]254万人(13位)
[監督]クレイグ・カウンセル
[GM]デビッド・スターンズ


[予想オーダー]

1 2B ジュネット
2 C ルクロイ
3 RF ブラウン
4 1B カーター
5 LF サンタナ
6 3B ヒル
7 SS ビアー
8 CF ニューウェンハイス


[予想先発ローテーション]

ネルソン
ペラルタ
ガーザ
ヤングマン
アンダーソン

[救援投手]

ジェフレス
スミス
ネベル(CL)


【オフェンス】1.5点(5点満点)

20本塁打のリンド、オールスター遊撃手の
セグラ、さらに先日、27本塁打のデービス
までをも放出。大砲のカーターが加入した
ものの、得点力は大きくダウンした。捕手の
有望株が控えている事もあり、ルクロイの
放出は時間の問題だろう。チームの顔である
ブラウンの契約は、5年1億5000万ドル
残っている。成績はやや持ち直しているが、
なかなか引き取り手は見つからないだろう。
俊足のセグラが放出された為、チームの
機動力もダウンしている。


【ディフェンス】1.5~2点(5点満点)

ローテーションに大きな変化はなく、5番手に
技巧派のアンダーソンが入る。ネルソン、
ペラルタの更なるレベルアップを期待したい。
クローザーのロドリゲスを放出し、ブルペンは
弱体化。スミスやネベルといった投手が
クローザー候補となる。昨年チームの守備
防御点がリーグワースト3位であったが
大きな改善はない。特にファーストに入る
カーターはかなり不安だ。


【総括】1.5~2点(5点満点)

昨年9月にGMに就任したスターンズは
現在30歳。もちろん現役最年少GMだ。
ハーバード大学を卒業し、現在のトレンドとも
言える『インテリ系GM』。そのスターンズが
就任早々大胆な舵取りでチームの再建に
着手している。ナ・リーグ中地区は、現在
3強2弱の状態で、ブルワーズが優勝争いに
加わるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。
資金に制約のあるチームでもある為、焦らず
じっくりと若手を育てた上で、タイミングを
見計らい、勝負を賭けたい。新GMの
フレッシュさに期待したい。





【2】編集後記

昨日、英会話の体験コースへ

行きました。

アメリカ人の講師と30分程度

の会話をしましたが、やはり

思いのほか自分の英語が

酷い!(笑)

新興国と仕事をしているので、やはり

英語が劣化してました・・・。

まぁ、こうやって自分の現状を知り、

凹むことが大切ですね(笑)。

3年計画でじっくり学び直そうと

思いますm(_ _)m

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30