野球人.com

TOP2016年MLB 開幕直前戦力分析編 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【アリゾナ・ダイヤモンドバックス】野球人No.1144

2016年MLB 開幕直前戦力分析編【アリゾナ・ダイヤモンドバックス】野球人No.1144


驚きの獲得劇で、先発2枚看板が完成。
世界一となった2001年の再来なるか!?

zack greinke 20160313

【1】今日のチーム

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

2015年度成績

[成績]79勝83敗
[順位]西地区3位
[得失点差]+7(8位)
[年俸総額]8818万ドル(25位)
[観客動員数]208万人(23位)
[監督]チップ・ヘイル
[GM]デーブ・スチュワート


[予想オーダー]

1 2B セグーラ
2 CF ポロック
3 1B ゴールドシュミット
4 LF ペラルタ
5 C カスティーヨ
6 RF トマス
7 3B ラム
8 SS アーメッド


[予想先発ローテーション]

グレインキー
ミラー
コービン
デラロサ
レイ

[救援投手]

チェイフィン
クリッパード
ジーグラー(CL)


【オフェンス】4点(5点満点)

昨年のチーム得点はリーグ2位。中軸の
ゴールドシュミットは今や最強打者の1人
となり、ポロックも5ツールプレイヤー
として覚醒。そこに俊足のセグーラが加わり
トップに座る。ペラルタ、カスティーヨと
いった強打者も控えており、今年も高い得点力
を誇る。また走塁が上手い選手が多く、足を
絡めた攻撃も得意。キューバの大砲トマスが
メジャーに適応できるかにも注目したい。


【ディフェンス】4点(5点満点)

今オフ、FA最大の目玉であったグレインキー
6年2億650万ドルで獲得。さらに、
ドラフト全体1位選手のスワンソンを放出し、
ミラーを獲得。2001年のジョンソン&
シリングのような2枚看板が完成した。
コービンもTJ手術から完全復活しつつあり、
投手陣は間違いなくレベルアップ。また、
守備防御点リーグ1位を誇る守備陣は今年も
健在。なかでもポロック、アーメッド、
ゴールドシュミットの守備は一見の価値あり。


【総括】4点(5点満点)

今オフの主役は間違いなくダイヤモンド
バックスであり、西地区のドジャース、
ジャイアンツの2強に割って入るかたちと
なった。戦力的には2強と遜色なく、有望株を
放出した『出血』を考えれば、PO進出
最低条件。ラルーサCEOの体制となり実質
2年目。ゴールドシュミットを保有できる
2019年までには何とかワールドシリーズに
進出したいところ。今年最も注目したい
チームだ。





【2】編集後記

昨日は『東京野球ブックフェア』に

行ってきました。

昨年同様、多くの方が参加されており、

楽しませて頂きました。

『野球の記録で話したい』の広尾さん

ともご挨拶させて頂きました^^

また来年も参加したいと思います。

tokyo-yakyu20160313.jpg



tokyo-yakyu201603132.jpg

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31