野球人.com

TOP2016年MLB 開幕直前戦力分析編 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.1146

2016年MLB 開幕直前戦力分析編【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.1146

 
フリードマン体制2年目で、変わりつつある
チームカラー。先発陣に不安アリ。

kenta maeda 20160315

【1】今日のチーム

ロサンゼルス・ドジャース

2015年度成績

[成績]97勝70敗
[順位]西地区1位
[得失点差]+72(4位)
[年俸総額]2億7160万ドル(1位)
[観客動員数]376万人(1位)
[監督]デーブ・ロバーツ
[編成総責任者]アンドリュー・フリードマン


[予想オーダー]

1 2B ケンドリック
2 SS シーガー
3 1B ゴンザレス
4 3B ターナー
5 RF プイグ
6 LB イーシアー
7 CF ペダーソン
8 C グランダル


[予想先発ローテーション]

カーショウ
カズミアー
前田
リュ
ウッド

[救援投手]

ガルシア
ハウエル
ジャンセン(CL)


【オフェンス】3.5点(5点満点)

昨年、チーム本塁打がリーグ1位、出塁率が
リーグ2位、OPSがリーグ2位と、典型的な
『ビッグボール』。しかし肝心の得点数は
リーグ8位と平凡で、効率は決してよくない。
今季も大物野手には手を出さず、ケンドリック
やアトリーといったベテランと再契約。
ペダーソン、シーガーといった将来を背負う
若手に期待したい。プイグは素行が悪く、
チームメイトからも厄介者扱いされいるが、
実力はトップクラス。プイグが1年間健康を
維持できれば得点力はアップするだろう。


【ディフェンス】3点(5点満点)

グレインキーとの再契約に失敗した事は
大きな痛手。カズミアー、前田という実力派
が加入したものの、グレインキーの代役と
なると厳しい。リュ、ウッド、マッカーシー、
ビーチーと、先発候補は大勢いるが、
『質よりも量』といった状態。むしろ19歳の
有望株、ユリアスに注目が集まっている。
ブルペンに関しては、クローザーのジャンセン
は頼りになるが、セットアッパーはやや
心もとない。


【総括】3.5点(5点満点)

3年連続地区優勝ながらも、ワールドシリーズ
には届かず、マッティングリー監督を更迭。
新監督に就任したロバーツは、沖縄生まれ。
球界トップの総年俸であり、アクの強い選手が
多いチームを、どのように操縦するのかに
注目が集まる。編成総責任者にフリードマンが
就任し、実質2年目のシーズン。湯水のごとく
資金をばら撒いていた以前の体制から、
明らかに変わろうとしている。今季は
先発陣に不安はあるものの、依然として
優勝候補。プレーオフ出場は最低条件だ。





【2】編集後記

連日、野球賭博の話題ばかりですね。

野球ファンとしては悲しい限りです。

そういえば、清原氏がそろそろ

保釈される頃ですね。

う~む、ネガティブな話題ばかり・・・。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31