野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【オークランド・アスレチックス】野球人No.1161TOP2016年MLB 開幕直前戦力分析編 ≫ 2016年MLB 開幕直前戦力分析編【オークランド・アスレチックス】野球人No.1161

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2016年MLB 開幕直前戦力分析編【オークランド・アスレチックス】野球人No.1161


選手層薄く、上位進出は厳しい状況。
勝負師ビーンの飽くなき挑戦は続く。

sonny gray 20160330

【1】今日のチーム

オークランド・アスレチックス

2015年度成績

[成績]68勝94敗
[順位]西地区5位
[得失点差]-35(12位)
[年俸総額]8541万ドル(27位)
[観客動員数]176万人(26位)
[監督]ボブ・メルビン
[編成総責任者]ビリー・ビーン


[予想オーダー]

1 CF バーンズ
2 2B ラウリー
3 RF レディック
4 LF デービス
5 3B バレンシア
6 C ボート
7 DH バトラー
8 1B アロンソ
9 SS セミエン


[予想先発ローテーション]

グレイ
ハーン
グレイブマン
アルバレス
バシット


[救援投手]

ヘンドリクス
マドソン
ドゥーリトル(CL)


【オフェンス】2.5点(5点満点)

長打力のあるデービスを獲得できたのは
大きい。とは言え、迫力不足の感は
否めない。ラウリー、アロンソといった
脇役が加入したが、バトラー等が復活
しないと厳しい。カナのような、ルール5
ドラフトでビーンが掘り出してきた選手に
期待するしかない。やはり2014年に
セスペデスやドナルドソンを放出した
ビーンの『ギャンブル』が、ツケとして
大きく響いてきているようだ。


【ディフェンス】3点(5点満点)

エースのグレイは今やリーグトップクラスの
右腕へと成長した。ハーンやグレイブマンも、
若く経験不足の感は否めないが、伸びしろは
大きい。トッププロスペクト左腕のマネイアの
昇格も噂されており、大化けしそうな選手は
数名いる。昨年、救援防御率がリーグ最下位。
そこでオフは、マドソン、アックスフォード、
ゼプチンスキー、ヘンドリクソンと、
クローザー経験者や実績抜群のセット
アッパーを獲得。一気に層が厚くなった。


【総括】2.5~3点(5点満点)

今オフもビーンは、『再建モード』に移行
せず、そこそこの中堅選手を補強して
勝負に挑む。だが現状の戦力では優勝争い
に加わるのは厳しく、現地ではグレイや
レディックを放出し、一度解体した方がよい
のでは、との声も。3年連続地区優勝を飾った
時の勢いは失われてしまっている。これまで
何度も苦境に追い込まれながらも、世界中の
野球ファンを楽しませてくれたビーンだけに、
簡単に白旗を挙げるとは思えない。ビーンの
新たな『ギャンブル』に期待したい。





【2】編集後記

昨日は現地のスリランカ人スタッフと共に、

野生のゾウを観に行きました。

ジープに乗って野生のゾウにギリギリまで

迫るのですが、やはり迫力があって

怖いです^^;

ゾウ 201603302 
ゾウを怒らせると手が付けられない

ぐらいに暴れるので、実はかなり

危険なのです・・・^^;

ゾウ 20160330

途中、ゾウの群れが道路を横断し始めました。

子供のゾウが数匹いた為、親のゾウが

神経質になっており、近づこうとした人間を

威嚇しておりました・・・。

ゾウ 201603303 

やはり、野生動物の本能は凄いですね。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。