野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 『チェイス・アトリー・ルール』の適用、第一号!【ニック・マーケイキス 他】野球人No.1167TOPメジャーリーグ ≫ 『チェイス・アトリー・ルール』の適用、第一号!【ニック・マーケイキス 他】野球人No.1167

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

『チェイス・アトリー・ルール』の適用、第一号!【ニック・マーケイキス 他】野球人No.1167

nick markakis daniel murphy 20160405 

【1】今日の野球人

ニック・マーケイキス 他



事件は昨年の10月10日、ナ・リーグ
ディビジョンシリーズ、ドジャース対
メッツの第2戦で起きた。



ドジャースの2塁走者アトリーが併殺崩しの為、
メッツの遊撃手ルーベン・テハダに向かって
激しくスライディング。



大きく体制を崩したテハダは腰のあたりから
落下、地面に激しくたたきつけられた。
テハダは右足の腓骨骨折の重症(その後、
アトリーは2試合の出場停止)。

chase utley 20160405

同様に、9月にもパイレーツの遊撃手、
カン・ジョンホも同様のスライディングを
受け、重傷を負っていた(左ひざの内側
側副靱帯の断裂と、脛骨の骨折で
全治6ヶ月)。



その為、オフの間は『殺人スライディング』
の議論が過熱。走者であったアトリーや
コグランは、一部のファンから『殺人者』
扱いされる騒動も。



日本人選手は2009年にレイズの岩村が
『殺人スライディング』の犠牲者となり、
ひざの靱帯を断裂。2011年にはツインズの
西岡がすねを骨折している。

akinori iwamura 20160405

結果的に、MLB機構と選手会は、

『走者が二塁ベース付近で併殺を阻止する
為の、危険なスライディングを禁止する』

という新ルールを発表。
いよいよ今シーズンから適用される。



そして早速、その新ルールが適用された。



4月4日のナショナルズ対ブレーブス戦。
7回の裏ノーアウト1塁、ランナーの
マーケイキス(ブレーブス)が、セカンドの
マーフィー(ナショナルズ)に向かって、
足を払うような『併殺崩しのスライディング』
を敢行。

nick markakis daniel murphy 20160405

すぐさまマーフィーは抗議。ランナーの
マーケイキスはアウトとなった。



新ルール適用の『第一号』である。現地では
『チェイス・アトリー・ルール』と命名。
その際、マーケイキスが見せた納得の
いかない表情が何とも印象的だ。



おそらく今年は、こういったシーンが何度も
見られるだろう。賛否両論だろうが、まずは
トライアル。



ただ、ショートがスライディングをかわして
送球するポーズは、かなり絵になる。
これが見られなくなるのは少々寂しい気も
するが・・・。

Andrelton Simmons ダンスの様な守備






【2】編集後記

今夜は花見です!

週末天気が崩れましたが、

なんとか桜は持ちこたえてくれました^^

飲みすぎない様に気をつけます(笑)

Comment

No title
編集
こんばんは、
4/5のTORとTBの試合、9回表、新ルール違反の判定でTBの勝ち?!
この新ルール煮詰めるのと各チーム各選手に周知する必要がありそうです。
2016年04月06日(Wed) 13:14
Re: No title
編集
>赤とんぼさん

コメント有難うございます!

仰る通り、まだ浸透していませんね^^;

今後は恐る恐るスライディングする選手も
出てくるような・・・。
2016年04月07日(Thu) 09:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。