野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ これも『ビーン・マジック』の一つ!?【リッチ・ヒル】野球人No.1193

これも『ビーン・マジック』の一つ!?【リッチ・ヒル】野球人No.1193

Rich Hill 201605012 

【1】今日の野球人
[選手名]リッチ・ヒル
[ポジション]ピッチャー
[チーム]オークランド・アスレチックス
[背番号]18
[生年月日]1980/3/11
[2016年シーズン年俸]600万ドル




開幕前、下馬評の低かったアスレチックス
だが、予想外の大健闘。



4月30日現在で13勝12敗。首位の
レンジャーズとは1.0ゲーム差の
地区3位と、何とか喰い下がっている。

Oakland Athletics 20160501

突出したスタープレイヤーはいないものの、
ビリー・ビーンがかき集めてきた選手たちが
粘り強さを発揮している。



そんな中、今季600万ドルで加入した
左腕のリッチ・ヒルが、これまた予想外の
好投を続けている。




現在、勝利数(3勝)、防御率(2.42)、
奪三振(37)でチームトップ。エースの
ソニー・グレイをしのぐほどの活躍だ。

Rich Hill 20160501

ちなみに今年の開幕戦、開幕投手の予定で
あったソニー・グレイが、食中毒の為、
登板を回避。36歳のヒルに大役が回って
きた。結果は負け投手となってしまったが、
その後は安定感のある投球を披露している。



ヒルは今年で36歳の大ベテラン。



しかしながらその野球人生は波乱万丈
そのもの。2000年代中盤に先発左腕として
頭角を現したが、その後、TJ手術や肩の
故障などで低迷。

Rich Hill 201605014

サイドスローやスリークォーターに投球
フォームを変えるなどしたが、復活には
至らず。



そして昨年、独立リーグまで身を落としたが、
そこから見事に這い上がり、レッドソックスで
復活。



速球と落差の大きいカーブが冴えわたり、
9年ぶりの完封勝利も達成。オフに
1年600万ドルでアスレチックスと契約を
交わした。

Rich Hill 201605013

昨年終盤の活躍はでき過ぎとの声もあった
が、今のところビーンの目利きは正しかった
ようだ。



ただ、カズミアーがそうであったように、
『故障明けの選手を上手く活躍させ、
有望株と交換』という、ビーンの
得意技が飛び出しそうだが・・・。





【2】編集後記

いつの間にやら5月^^;

新緑の季節に入り、近所の公園も

木々が青々と生い茂っています^^

ジョギングが最高に気持ちいい

季節です!

Comment

編集
こんにちは。

ヒルの試合を見てますが、右打者にカーブが面白いように決まりますよね。
ヒルは与四球率も奪三振率も高いので、球数が嵩む投球なのが唯一の欠点かなと思いますが、BABIPも高い割にキチンと数字が残ってますよね。
どんな成績に着地するのかちょっと気になってます。

さすがはビリー・ビーンです。
2016年05月02日(Mon) 17:07
Re: タイトルなし
編集
>いとちんさん

コメント有難うございます!

ヒルのカーブはいいですよね~!
バリー・ジトを思い出します!!

またもやビーンがやってくれましたね!
2016年05月02日(Mon) 18:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30