野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2016年、開幕1ヶ月を振り返って【アメリカン・リーグ中地区】野球人No.1204TOPメジャーリーグ ≫ 2016年、開幕1ヶ月を振り返って【アメリカン・リーグ中地区】野球人No.1204

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2016年、開幕1ヶ月を振り返って【アメリカン・リーグ中地区】野球人No.1204

White Sox 20160512 

【1】今日の野球人

アメリカン・リーグ中地区




引き続き、各地区の状況をチェックして
いきたい。今日はアメリカン・リーグ中地区。



この地区は昨年ワールドチャンピオンを
輩出した地区。スモールマーケットのチームが
多いが、知恵を絞った球団経営が目を引く。

Kansas City Royals 20151007

下記、5月12日現在の順位表。



ホワイトソックス 23勝12敗
インディアンズ 16勝15敗
ロイヤルズ 16勝17敗
タイガース 15勝18敗
ツインズ 8勝25敗



予想外のロケットスタートを果たした
のがホワイトソックス。



開幕前、ラローシュがフロントとトラブルに
なり電撃引退。選手側もラローシュを擁護。
その為、チーム全体の士気が懸念されて
いたのだが・・・。

Chris Sale 20160512

ふたを開けてみれば、セールとキンターナの
W左腕が大活躍。新加入のフレイジャーも
長打が良く出ている。



ライバルが5割前後をうろついている間に
一気に差を広げ、すでに独走状態。とは言え、
全体的にやや出来過ぎの感もある為、夏場に
多少の『息切れ』はあるかもしれない。



ホワイトソックスを追うインディアンズは、
今年もダークホース的存在。クルーバー、
カラスコ、サラザーの先発3本柱はリーグ
トップクラス。昨年、彗星のごとくデビュー
したリンドーアも元気だ。

Francisco Lindor 20160512

例年通り、後半戦に追い込みをかけて
くるだろう。



昨年の覇者ロイヤルズは、今季はスロー
スタート。先発陣がピリッとせず、エース
候補のヴェンチュラももう一皮むけきれない。



強力救援陣は健在なので、これからの
巻き返しに期待したい。

Ian Kennedy 20160512

心配なのはタイガース。



ア・リーグ中地区でダントツの年俸総額
誇るものの、今季も元気がない。



ジマーマン以外の先発投手は頼りなく、
主砲のカブレラも長打がめっきり減り、
衰えが見えてきた。

miguel cabrera 20150716

鳴り物入りで入団したアップトンに至っては
OPS.500台の大不振。カステヤノスが
覚醒しつつあるのが唯一の光だ。



昨年2位のツインズは、完全に蚊帳の外。
サノ、バクストンといった期待の若手は
多いものの、覚醒にはまだ時間がかかり
そうだ。



今季は若手をどんどん起用し、来季以降に
備えたい。

Miguel Sano 20151107

明日は、アメリカン・リーグ西地区を
見ていきたい。







【2】編集後記

ナショナルズのシャーザー、

古巣相手に20奪三振!

インスタグラムでその動画がアップ

されておりました。

シャーザーがガンガン三振を

奪うシーンを上手く編集して

おり、面白いです^^

Comment

編集
ホワイトソックスの独走は、ラローシュにリングを!!という気合いの表れなのでしょうか。
CWSに来てからの成績はともかく、人柄は間違いない選手だったので。

インディアンズは、昔から野手層が薄い印象でしたが(自分がMLBを見出した頃でCHEの野手というとサイズモア位しか思い付きません^^;)今はキプニス、ブラントリーに加えてリンドーアが居ますからね。
センターラインの選手が攻守に高いレベルで固まっているのは強みだと思います。
ただ、復帰してからブラントリーが4番を打ってますが、彼は4番ではなく3番に入れて、キプニス(2番)とリンドーア(3番)の打順を1つずつ上げた方がいいのでは…とも思います。
そして、目立たないですがかつてのNYYのトッププロスペクトである、ジャバチェンバレンが防御率0点台とひっそりと開花していたりもします。(笑)
2016年05月13日(Fri) 07:58
編集
長くなってしまったので2回に。

ロイヤルズに関しては、去年も後半の追い上げで勝ったチームですからね。
勝ち方は知っているチームなので、他が落ちる夏場に標準を合わせている可能性が高いと読んでいます。
トレード期限が勝負かと。

タイガースはMLBの特徴を凝縮した状態になってますね、第2のフィリーズ状態かと。
黄金期に大型契約した選手が衰えて来て、成績は落ちているけど契約が残っている上にマイナーには選手が居なくて再建には移れない。
でも、大型契約が圧迫して勝負に行く補強も出来ない。という中途半端な状況で、その年を凌ぐ為の補強しか出来ず、今年はその補強さえ失敗してますからね(そもそも何故アプットンを獲得したのか…)
良くも悪くも、バーランダーとカブレラという2人と心中する運命な気がします。

ツインズはもう、完全に再建するしかないですね。
去年の2位はいくつもの偶然が全て味方しただけなので。
サノは日によってポジションが変わってますが、正直レフトで良いのではと。
あの巨漢がライト守っていても危なかっかしいですし、サードも下手ですからね。
そして、パクストンは開幕前の新人王候補という評価を裏切る成績でマイナー落ち、今はとにかく打席に立たせてメジャーの投手に慣れさせた方がいいと思うのですが…まさか、勝とうと思ってないですよね?^^;
正直、マウアーは出してしまうのが理想ですが、捕手でなくなった彼に引き取り手は見つからないでしょうね…
2016年05月13日(Fri) 08:35
No title
編集
ア・リーグ中地区はツインズ以外は団子状態になると思っていたのでホワイトソックスの独走にはビックリです。
しかし、インディアンスとロイヤルズはチーム力があると思うのでこれからの巻き返しに期待したいです。
タイガースは、ジマーマン以外の新加入組やバーランダーにも復活の兆しが見えず昨年と同様に苦しいシーズンになりそうです。
2016年05月14日(Sat) 09:50
Re: タイトルなし
編集
>MLB好きなホテルマンさん

詳細なコメント有難うございます!!

中地区は私の思い入れが最も強い地区なので、
今季もしっかり見ようと思います^^
2016年05月14日(Sat) 18:33
Re: No title
編集
>まわりにMLB好きがいないさん

コメント有難うございます!

私もホワイトソックスの独走には
びっくりしました^^;

ラローシュの一軒で、一致団結
したのですかね^^;
2016年05月14日(Sat) 18:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。