野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2016年、開幕1ヶ月を振り返って【アメリカン・リーグ西地区】野球人No.1205TOPメジャーリーグ ≫ 2016年、開幕1ヶ月を振り返って【アメリカン・リーグ西地区】野球人No.1205

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2016年、開幕1ヶ月を振り返って【アメリカン・リーグ西地区】野球人No.1205

Mariners 20160513 

【1】今日の野球人

アメリカン・リーグ西地区





今日は各地区チェック特集の最後、
アメリカン・リーグ西地区を
みていきたい。



下記、5月12日現在での順位表。



マリナーズ 21勝13敗
レンジャーズ 20勝15敗
アスレチックス 14勝21敗
アストロズ 14勝22敗
エンゼルス 13勝21敗



マリナーズは昨年、7シーズンGMを務めて
きたジャック・ズレンシックを解任。監督も
サーヴァイスを据えて、新たなスタートを
切った。



その効果が出たのか、現在西地区の首位を
走っている。チームの雰囲気は今までになく
良さそうだ。

Robinson Cano 20160513

チーム防御率3.11は、リーグトップ。
打線もカノを中心に長打がよく出ているおり、
投打の歯車がうまくかみ合っている印象だ。



レンジャーズはマザラ、オドーアの若手
コンビが大活躍。チーム得点数リーグ2位
記録している要因は、彼ら若手の活躍が
大きい。



夏場にダルビッシュが戻ってくれば、
マリナーズ追い上げムードは更に高まる
だろう。

darvish 20160416

予想外につまづいたのがアストロズ。
昨シーズン、大躍進を果たしたシンデレラ
チームであったが、今季は開幕から低空飛行。



心配なのは昨年、サイヤング賞を獲得
したエースのカイケル。ここ5試合で
めった打ちにあっており、泥沼の5連敗。
5失点以上の試合が4度と、昨年の安定感は
影を潜めている。

Dallas Keuchel 20160513

しかし、エンゼルスの状況に比べればまだ
ましだろう。スター選手をかき集め、年俸
総額は常にトップクラスだが、内情は火の車。



プホルスの年俸分が今後も重くのしかかり、
ハミルトンへの支払いも来年いっぱいまで
続く。



若手選手も育っておらず、2年連続2ケタ
勝利中のリチャーズは、先日ひじを痛めて
トミー・ジョン手術が決定した。

Garrett Richards 20160513

今季、エンゼルスが優勝争いに加わるのは
かなり厳しそうだ。






【2】編集後記

東京都知事の舛添さん、もはや

信頼を失ってしまいましたね・・・。

それにしても前都知事の猪瀬さんといい、

今回の舛添さんといい、問題続きですね^^;

本来であれば東京オリンピックに向けて、

盛り上がっていくはずなのですが・・・。


 

Comment

No title
編集
 ア・リーグ西地区はマリナーズ,レンジャーズの2強になりそうな気がします.
 マリナーズはGM,監督を一新しチーム一丸となって戦う姿勢が見え,これまでのマリナーズと違います.
 レンジャーズは,投手力はリーグ平均を下回るものの打撃力はリーグトップクラスであり,ダルビッシュが帰ってこればさらにマリナーズを脅かす存在になるでしょう.
 個人的にはアストロズに頑張って欲しいですが,昨年の躍進のきっかけになった投手陣が先発,中継ぎがそろって崩壊している状態であり,今のままでは昨年の成績はフロックだったと言わざるを得ません.
2016年05月14日(Sat) 10:33
Re: No title
編集
>まわりにMLB好きがいないさん

コメント有難うございます!

仰る通り、アストロズには頑張って
欲しかったですよね・・・^^;

上昇ムードだっただけに、今年コケて
しまうとちょっと残念です。。
2016年05月14日(Sat) 18:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。