野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2016年、トレードデッドラインの主役たち ~その4~【ジョシュ・レディック】野球人No.1251

2016年、トレードデッドラインの主役たち ~その4~【ジョシュ・レディック】野球人No.1251

Josh Reddick 20160721 

【1】今日の野球人
[選手名]ジョシュ・レディック
[ポジション]ライト
[チーム]オークランド・アスレチックス
[背番号]22
[生年月日]1987/2/19
[2016年シーズン年俸]650万ドル




昨日に引き続き、トレードデッドラインに
向け、移籍が噂されている選手をチェック
していきたい。



2012年から3年連続でプレーオフに進出
したアスレチックスだが、昨年に続き、
今季も優勝争いに加わるのは難しそうだ。

Sean Doolittle Stephen Vogt 20160721

4月は何とか勝率5割を維持したものの、
5月に入るとズルズルと後退。現在は
エンゼルスと共に最下位最下位争いを
演じている。



そんな状況の中、やはり注目したいのが
『MLBで最も有名な球団フロント』である
ビリー・ビーン。毎年この時期になると
ビーンのあっと驚くトレード劇を期待して
しまう。



トレードの駒として、数名候補が挙がって
いるのだが、現時点で最も移籍の可能性が
高そうなのがジョシュ・レディック。

Josh Reddick 201607213

2006年にレッドソックスからドラフト
17巡目(全体順位523)で指名された
ように、当初は全く期待されていなかった
レディック。



しかしながら、入団後はマイナーで長打を
連発し、一躍注目される存在に。才能が
完全開花したのは2012年のアスレチックスの
移籍後。



パンチ力のある打撃とアグレッシブなプレー
スタイル、そして甘いマスクで一気にスター
ダムを駆け上がった。

Josh Reddick 201607212

また、2012年にゴールドグラブ賞を獲得
したように、広い守備範囲と強肩も、
レディックの大きな魅力だ。



左腕を苦手にしている事と、故障が多い事が
ネックだが、プレーオフを狙う球団にとっては
頼もしい戦力だ。

Josh Reddick 201607214

興味を示している球団は多いようで、
ジャイアンツ、カブス、ホワイトソックス、
インディアンズも噂に上がっている。



しかしながら、交渉の相手はビリー・ビーン
率いるアスレチックス。相応の有望株
要求してくるのは間違いない。



『ビーン・マジック』に期待したい。

Billy Beane 20150917 





【2】編集後記

昨日の編集後記で、お盆に

ロサンゼルスに行く予定について

触れましたが、私が以前ホームステイ

していたタラスコ家(元阪神の助っ人外国人)

にも顔を出していこうかなと思っています。

ただ、タラスコ氏本人は昨年限りで

ナショナルズのコーチ職を解任され、

今年はパドレスのマイナーでコーチを

しているとの事。

タラスコ氏のお母さんにお会いできればと

思っております。

Comment

No title
編集
マツダさん、ホワイトソックスが売り手に回る動きが
加速?してるようなニュースがちらほらと。
BOSもセールに強い関心あるみたいです。
まあ獲得となると相当の相手を出さないといけませんね。
2016年07月23日(Sat) 09:50
Re: No title
編集
>よしさん

コメント有難うございます!

セールは物凄い『目玉商品』ですね^^;
仰る通り、並大抵の有望株では成立
しなさそうですね・・・。
2016年07月23日(Sat) 15:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31