野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 意外に早く進む、ヤンキースの世代交代【ゲーリー・サンチェス】野球人No.1270

意外に早く進む、ヤンキースの世代交代【ゲーリー・サンチェス】野球人No.1270

Gary Sanchez 201608292 

【1】今日の野球人
[選手名]ゲーリー・サンチェス
[ポジション]キャッチャー
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース
[背番号]24
[生年月日]1992/12/2
[2016年シーズン年俸]48万ドル




今シーズン、ヤンキースは1992年以来の
負け越し覚悟で『再建モード』
ギアチェンジ。



7月末のトレードデッドラインで、多くの
主力選手を放出。目の前の勝利を諦め、
若手有望株をかき集めた。

Clint Frazier 201608012

その為、8月以降のスターティング
ラインナップには多くの若手が並ぶことに。
しかし皮肉にも、若手主体に切り替えた
途端、投打の歯車がかみ合い上昇機運に。



8月以降、15勝10敗と遅まきながら
チームは波に乗り始めた。



その主役ともいえるのが、新正捕手の
ゲーリー・サンチェス。

Gary Sanchez 201608293

8月3日に今季2度目の昇格を果たした
サンチェスだが、そこから一気に
猛打爆発。持ち前の長打をいかんなく
発揮し、8月のみで何と11本塁打。



8月の成績

打率.425 11本塁打 21打点
出塁率.489 OPS.1.427

という、とんでもない成績を挙げて
あっという間に全国区に。暗い話題が
多かったヤンキースの救世主的な存在
なっている。

Gary Sanchez 201608294

さすがに出来過ぎの感はあるものの、今後の
ヤンキースの柱になる選手であろう。



かたや、正捕手の座を奪われたベテランの
マッキャン。長打力は健在ながら、近年、
打率、出塁率ともに低空飛行。サンチェスの
台頭で、すでにトレード候補にすら挙がって
いる。



着々と進むヤンキースの世代交代。マイナー
には、まだまだ金の卵が多く控えている。

Gary Sanchez 20160829

ヤンキースの黄金時代は、意外に早く訪れる
かもしれない。





【2】編集後記

ここ最近、昔の『すべらない話』の

DVDを観なおしております(笑)

やはり始まった当初の『すべらない話』は

緊張感があって面白いですね。

『お笑いのプロ』としての、

プライドを感じます。

話芸の世界も奥が深いですね。

Comment

編集
いやー、サンチェスは良いバッターですね。
全盛期(松井秀喜氏がヤンキースに移籍した頃)のポサダ並の打てる捕手に育ってくれたら、10年は安泰ですな^_^
マッキャンをDHに追いやっていますが捕手としてはどうか…ポサダはキャッチングやリードはイマイチでしたからね^^;
出来れば、ポージー、モリーナ、ペレスの様な、攻守に優れた選手に育って欲しいものです^_^

あ、個人的なご報告ですが、ホテルマンを廃業しましたので、元ホテルマンです(笑)
2016年08月31日(Wed) 09:41
Re: タイトルなし
編集
>MLB好きな元ホテルマンさん

コメントありがとうございます!

本当にいい選手ですね!
やはり『名チームに名捕手あり』ですよね!

仰る通り、ポージー、モリーナ、ペレス級の
選手に育てば、ヤンキースの将来は
一気に明るくなりますね!!

追伸:

元ホテルマンさんになったのですね^^
また近況を楽しみにしております!
2016年09月02日(Fri) 17:59
編集
驚きましたね
サインカードもいっきにあがりましたね
2016年09月06日(Tue) 00:13
Re: タイトルなし
編集
>ニューヨーカーさん

コメントありがとうございます!

そうなのですね!
サンチェス、恐るべき新人です^^;
2016年09月08日(Thu) 16:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30