野球人.com

TOP2017年MLB 戦力分析編 ≫ 2017年MLB戦力分析編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.1277

2017年MLB戦力分析編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.1277


投打にベテランを補強し、『再建モード』から
一歩踏み出す。新球場元年で弾みをつけたい

Dansby Swanson 20170321

【1】今日のチーム

アトランタ・ブレーブス

2016年度成績

[成績]68勝93敗
[順位]東地区5位
[得失点差]-130(12位)
[年俸総額]8658万ドル(27位)
[観客動員数]202万人(22位)
[監督]ブライアン・スニッカー
[編成総責任者]ジョン・ハート


[予想オーダー]

1 CF インシアーテ
2 SS スワンソン
3 1B フリーマン
4 LF ケンプ
5 RF マーケイキス 
6 2B フィリップス
7 3B ガルシア
8 C フラワーズ

[予想先発ローテーション]

テヘラン
コロン
ガルシア
ディッキー
フォルティネビッチ

[救援投手]

カブレラ
ビスカイーノ
ジョンソン(CL)


【オフェンス】2点(5点満点)

昨シーズン、フリーマンが34本塁打を放ち、
元MVPのケンプの打棒が復活したものの、
得点数はリーグワースト2位。今季は、
ベテランのフィリップスを補強したが、
大幅に戦力アップとは言えない。むしろ、
大型新人のスワンソンに期待したい。将来の
ブレーブスを担う逸材に注目だ。機動力は
平均レベル。インシアーテ、スワンソン、
フィリップス等が足でかき回せるのであれば、
試合が面白くなる。


【ディフェンス】3点(5点満点)

先発防御率4.87(リーグ14位)だった
ローテーションに、コロン、ディッキー、
ガルシアの3本が加わり、確実に戦力は
アップ。40代の2人がチームに与える影響も
大きいはず。エース格のテヘランの更なる
成長にも期待したい。ブルペンには剛腕2人
(ビスカイーノ、カブレラ)と、
ベテランの
ジョンソンが控えており、
まずまずのレベル。
外野守備はインシアーテ、
マーケイキスが
メジャー屈指のレベルだが、
ケンプが穴。


【総括】2(5点満点)

今オフ、編成総責任者のジョン・ハートが
推し進めてきた球団再建が、次のステップ
に移行した。ベテランの補強に関しても、
若手に与える影響を考慮した上でのもの。
優勝争いに加わる可能性は低いかもしれ
ないが、着実にチーム力はアップしている。
さらに、ここ数年で主力選手を放出し、
見返りとして多くの若手有望株を獲得。今や、
ブレーブスのマイナーは若手有望株の宝庫。
チームの将来は明るく、ハートの思い描く
未来予想図に、一歩ずつ近づいている。



【2】編集後記

またこの場所に帰ってきました。

コラムを書くことを、毎日の

ルーティンに戻したいです。

そして、多くの読者の方々と、

喜びと興奮を共有したいです。

それにしても、戦力分析は何度書いても

ワクワクします(笑)

毎年の恒例行事なので・・・^^

期待と不安が入り混じるこの時期。

明日はイチロー選手率いるマーリンズです!

Comment

編集
復帰をたのしみにしていました
これからも楽しく読ませていただきます!
2017年03月22日(Wed) 09:48
編集
いいですねえ懐かしいですこの文章!
opening dayが近いなと実感が湧いてきます!
2017年03月22日(Wed) 10:26
Re: タイトルなし
編集
皆様、コメントありがとうございます!

私も久々に、ワクワクする感覚を
楽しんでおります!

WBCは残念でしたが、開幕まであとわずか!

楽しみです!!
2017年03月22日(Wed) 18:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31