野球人.com

TOP2017年MLB 戦力分析編 ≫ 2017年MLB戦力分析編【シンシナティ・レッズ】野球人No.1283

2017年MLB戦力分析編【シンシナティ・レッズ】野球人No.1283


再建期真っ只中も、有望株が枯渇気味。
今季も辛抱のシーズンが続く。

Adam Duvall 20170327

【1】今日のチーム

シンシナティ・レッズ

2016年度成績

[成績]68勝94敗
[順位]中地区5位
[得失点差]-138(13位)
[年俸総額]8987万ドル(24位)
[観客動員数]189万人(25位)
[監督]ブライアン・プライス
[編成総責任者]ディック・ウィリアムズ


[予想オーダー]

1 CF ハミルトン
2 SS コザート
3 1B ボトー
4 LF デュバル
5 RF シェブラー
6 3B スアレス
7 C メゾラコ
8 2B ベラーザ

[予想先発ローテーション]

フェルドマン
フィネガン
デスクラファニ
ギャレット
スティーブンソン


[救援投手]

シングラニ
ストーレン
イグレシアス(CL)


【オフェンス】2.5点(5点満点)

昨シーズン、主砲のボトー、ブレイクした
デュバルが中軸に座り、リーグ8位の得点数を
記録。オフにフィリップを放出した為、若手の
ペラーザがチャンスを伺う。ハミルトンとの
俊足コンビに期待したい。チームの若返りを
進めたいところだが、柱になりそうな有望株に
乏しいのが現状。得点力は昨年よりも落ちる
かもしれない。


【ディフェンス】1点(5点満点)

現在、先発、ブルペン共に力量はリーグ
ワーストクラスといった状況。今季も
辛抱強く、デスクラファニ、フィネガン、
スティーブンソン等に経験を積ませたい。
高年俸のベイリーは今や不良債権寸前。
ベテランのフェルドマンが加入したが、
大きな期待はできない。クローザーは
イグレシアスが務める予定だが、1年を
通じて活躍できるかは疑問。クローザー
経験者のストーレンが加入したが、層の
薄さは否めない。


【総括】2点(5点満点)

チーム再建に着手し、今季で3年目。
主力選手を順次放出しているものの、
ボトー、ベイリーといった2000万ドル
越えの選手の、引き取り手が見つからない。
トッププロスペクトと呼ばれた選手たちも
伸び悩んでおり、再建計画は思うように
進んでいない。名門復活にはまだまだ
時間がかかりそうだ。



【2】編集後記

花見の準備を着々と進めています(笑)

名古屋は、4/7が満開とのこと。

しかも金曜日なので、混雑必至。

何とか絶景ポイントを抑えたいです(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31