野球人.com

TOP2017年MLB 戦力分析編 ≫ 2017年MLB戦力分析編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.1284

2017年MLB戦力分析編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.1284


本格的な再建に着手し3年目。経過は順調、
今季も若手の飛躍に期待。

Jonathan Villar 20170328

【1】今日のチーム

ミルウォーキー・ブルワーズ

2016年度成績

[成績]73勝89敗
[順位]中地区4位
[得失点差]-62(10位)
[年俸総額]6390万ドル(30位)
[観客動員数]231万人(16位)
[監督]クレイグ・カウンセル
[GM]デビッド・スターンズ


[予想オーダー]

1 2B ビアー
2 SS アルシア
3 LF ブラウン
4 1B テイムズ
5 RF サンタナ
6 3B ショウ
7 CF ブロクストン
8 C スーザック

[予想先発ローテーション]

ゲラ
デビース
ネルソン
ぺラルタ
ガーザ


[救援投手]

トーレス
ネベル
フェリース(CL)


【オフェンス】3点(5点満点)

本塁打王のカーターとの再契約を見送った
ものの、韓国からテイムズ、レッドソックス
からショウを獲得。大きなマイナスには
ならないだろう。ブルワーズの魅力は何と
いっても、スピード感あふれる若手たち。
ビアー、アルシア、ブロクストン、ペレス等が
今年も足でかき回す。シーズン中にブラウンが
放出された場合は得点力が落ちるが、若手の
競争が激化し、活性化に繋がるだろう。


【ディフェンス】2点(5点満点)

好素材が多い野手に比べ、投手陣はまだまだ
見劣りする。先発は何とか頭数は揃った
ものの、シーズン中、何度も入れ替えが
行われそうだ。期待したいのはトップ
プロスペクトのヘイダー。将来のエース
左腕であり、今期中の昇格が濃厚。
クローザーとして、元新人王のフェリースを
補強。ブルペンは平均レベルといったところ。


【総括】2.5点(5点満点)

スターンズGMが推し進める再建計画は、
順調に進行中。躊躇せず主力選手を放出し、
若手にチャンスを与えている。残すは、
チームの顔であるブラウン。残りの契約は
4年7200万ドルだが、近年復活傾向に
あり、引き取り手は見つかりそうだ。
マイナーの状況は、投手の有望株が
やや心細いか。上記のブラウンを駒に、
エース級の有望株を獲得したいところ。
勝負は2年後、今季も若手の成長を楽しみ
たい。



【2】編集後記

連日、新入社員の面接が続いています。

即戦力となるWebデザイナーを

募集しており、様々な方がお越しに

なられます^^

良い人が見つかりますように・・・。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30