野球人.com

TOP2017年MLB 戦力分析編 ≫ 2017年MLB戦力分析編【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.1289

2017年MLB戦力分析編【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.1289

 
圧倒的戦力を誇るが、プレーオフが鬼門。
ワールドシリーズ進出が絶対条件。

Corey Seager 20170402

【1】今日のチーム

ロサンゼルス・ドジャース

2016年度成績

[成績]91勝71敗
[順位]西地区1位
[得失点差]+87(3位)
[年俸総額]2億4978万ドル(1位)
[観客動員数]370万人(1位)
[監督]デーブ・ロバーツ
[編成総責任者]アンドリュー・フリードマン


[予想オーダー]

1 2B フォーサイス
2 SS シーガー
3 3B ターナー
4 1B ゴンザレス
5 C グランダル
6 CF ピーダーソン
7 RF プイーグ
8 LF トールズ


[予想先発ローテーション]

カーショウ
ヒル
前田
ユリアス
カズミアー


[救援投手]

ロモ
バイエズ
ジャンセン(CL)


【オフェンス】3.5点(5点満点)

費用がかかっている割に、昨年の得点力は
リーグ平均レベル。オフの目立った動きは、
フォーサイスを獲得した事と、ターナーと
再契約を交わした程度。新人王のシーガー、
5ツールが揃ったピーダーソンへの期待の
大きさが伺える。プイーグは今や和を乱す
存在となってしまい、首脳陣は放出を画策中。


【ディフェンス】4.5点(5点満点)

イマイチな打撃陣に比べ、投手陣は質量共に
リーグトップクラス。カーショウの勤続疲労
が気掛かりだが、弱冠20歳のユリアスの
伸びしろに期待したい。ブルペンはクローザー
のジャンセンと再契約し、前ジャイアンツの
ロモを補強。層は厚くなったが、先発の
ヒル、前田、ユリアス、カズミアー等は
早めに降板するケースが多い為、出番は
多そうだ。


【総括】4点(5点満点)

年俸総額は2億ドルを越え、まさにスター軍団
のドジャース。昨年はロバーツ新監督を
迎えるも、故障者が続出し多難な1年に。
結果的に4年連続地区優勝を飾ったが、
またしてもプレーオフで敗退。これだけの
戦力を擁しているからには、5年連続地区
優勝は当たり前、ファンは1988年以来の
ワールドシリーズ進出を待ち望んでいる。
同時に若手有望株も順調に育っており、
マイナーも充実。名門復活の準備は
整っている。



【2】編集後記

昨日の名古屋は非常に暖かく、

春らしい陽気でした。

そして、開幕まであとわずか。

ワクワク感が止まりません!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30