野球人.com

TOP2017年MLB 戦力分析編 ≫ 2017年MLB戦力分析編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.1300

2017年MLB戦力分析編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.1300


2年前の王者も、岐路に差し掛かる。
若き剛腕を亡くし、状況次第では球団再建も

Lorenzo Cain 20170413

【1】今日のチーム

カンザスシティ・ロイヤルズ

2016年度成績

[成績]81勝81敗
[順位]中地区3位
[得失点差]-37(12位)
[年俸総額]1億3148万ドル(15位)
[観客動員数]255万人(12位)
[監督]ネッド・ヨスト
[GM]デイトン・ムーア


[予想オーダー]

1 SS エスコバー
2 3B ムスタカス
3 CF ケイン
4 1B ホズマー
5 C ペレス
6 LF ゴードン
7 DH モス
8 RF ソレーア
9 2B モンデシー


[予想先発ローテーション]

ダフィー
ケネディ
ハメル
バルガス
カーンズ


[救援投手]

フリン
ソリア
ヘレーラ(CL)


【オフェンス】2.5~3点(5点満点)

ここ数年、スモールボールで戦い抜いて
きたが、そのスタイル今年もは変わらない。
長打力ではライバル球団に勝てない為、
例年通り小技での勝負となるだろう。
30本塁打をマークしたモラレスは去ったが、
モスとソレーアを獲得。大きなマイナスは
ない。むしろ、怪我に泣いたムスタカスと
不調に苦しんだゴードンが復活できるか
がカギを握る。俊足のダイソンを放出
した事により、機動力は落ちている。


【ディフェンス】3点(5点満点)

3年連続2けた勝利の剛腕ベンチュラを、
悲しい事故で失った。それを受けて
急遽ハメルを獲得。何とか頭数は揃った
ものの層は薄い。ブルペンからは
クローザーのデービスが去り、かつての
優位性はなくなった。外野の守備力は
相変わらず固いが、ダイソンが抜けた穴は
大きい。


【総括】2.5~3点(5点満点)

『スピード&ディフェンス』で天下を獲った
ロイヤルズだが、徐々に面影がなくなって
きた。今オフはホズマー、ムスタカス、
エスコバー、ケイン、バルガスといった
主力選手が一気にFAとなる。成績次第では
夏場のファイヤーセールの可能性もあり、
球団は岐路に差し掛かっている。仮に
優勝争いを繰り広げたとしても、オフに
全員と再契約を交わすことは不可能。
どのように戦力を立て直すのか、ムーア
GMの手腕に注目が集まる。



【2】編集後記

しばらくお休みしておりましたが、

今日で連載1300回目です。

いつもご愛読、ありがとうございます!

やはりメジャーのブログを書くことは

楽しいです^^

今後とも、宜しくお願いします!

Comment

No title
編集
こんばんは、
復帰されていたのですね、良かった! 本当に!!

日々の楽しみが、また1つです。 
2017年04月14日(Fri) 13:11
Re: No title
編集
>赤とんぼさん

コメントありがとうございます!
ご無沙汰しております^^;

今後とも宜しくお願いします!
2017年04月14日(Fri) 16:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31